勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

エンド・オブ・ホワイトハウス / Olympus Has Fallen

2013年06月09日 | 洋画(アメリカ系)
ホワイトハウスが陥落するとはね・・・。なんとも衝撃的な物語ですが、かの某国の事を考えると、強ち荒唐無稽とも言えないかもしれません。

冒頭出てくるガンシップはAC-130。USAFのロゴ入りで有ることは、映像で映し出されていますが、これって、内通者が居てハイジャックあるいは盗み出されたという事なんでしょうね。元シークレットサービスを裏切り者に仕立てあげてしまうほどなので、それは簡単なのかな。また、元シークレットサービスが仲間内にいれば、ホワイトハウスの構造も熟知しているでしょうから、簡単に制圧できるという設定なのでしょう。

ただ、所々突っ込みどころが。バニングですが、18ヶ月前の出来事で大統領警護隊から退いているはずなのに、何故に未だにホワイトハウスのシステムにログインできる情報が残っているのはおもいっきりセキュリティホールですし、隠し扉のパスワードが18ヶ月も変わっていないのも問題。それと、昔はシークレットサービスは財務省の管轄下だったけど、9.11以降、国土安全保障省に移管されています。それなのに、未だに財務省の管轄下の様に描かれているのは?あと、外国要人の警護隊とはいえ、ホワイトハウス内に火器を持ち込ませる事は無いのでは?まぁ、そんな事を言っていたら、話しにならないのでスルーですけどね。

そう言えば、以前アメリカが危機に陥る話を描いた映画『エアフォース・ワン』が作られたのは、民主党のクリントン政権でした。そして今回は、やっぱり民主党のオバマ政権。民主党政権の時に、この手の作品が作られるというのは、偶然なんですかね?

それと、この夏には、同様のテーマを描いた『ホワイトハウス・ダウン』も公開されます。それって、地球への彗星衝突を描いた『ディープ・インパクト』『アルマゲドン』が、たまたま同じ頃に作られたのと、何か似ています。

ところで、ホワイトハウスが危機に陥った際、救援部隊が駆けつけるのに必要とされる時間が15分と見積もられており、この作品では、13分でホワイトハウスを陥落させています。ですが、この映画で世界中に救援時間が明かされてしまったわけですから、アメリカも救援に必要な時間を短くするとか、あるいは、防御体制を見なおすとかしているんでしょうね。

ホワイトハウスは、ホンモノを使うわけには行かないので、ルイジアナ州シュリーブポートにレプリカを組み立てたそう。CGで描くのとは違い、レプリカとはいえ、ホンモノの建物のリアル感は圧倒的です。

ドンドン、パチパチの脳味噌筋肉系の内容ではありますが、意外に事実のリサーチがきっちりされていて、「実際にあったらどうしよう」と空恐ろしくなる作品です。

タイトル エンド・オブ・ホワイトハウス / 原題 Olympus Has Fallen
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2013年/アメリカ
監督 アントワン・フークア
出演 ジェラルド・バトラー(マイク・バニング)、モーガン・フリーマン(アラン・トランブル/下院議長)、アーロン・エッカート(ベンジャミン・アッシャー/大統領)、アンジェラ・バセット(リン・ジェイコブズ/シークレットサービス長官)、メリッサ・レオ(ルース・マクミラン/国防長官)、ディラン・マクダーモット(フォーブス)、リック・ユーン(カン)、アシュレイ・ジャッド(マーガレット・アッシャー/大統領夫人)、ロバート・フォースター(ロバート・クレッグ/陸軍参謀総長)、ラダ・ミッチェル(リア・バニング/マイクの妻)、フィンリー・ジェイコブセン(コナー・アッシャー/大統領の息子)

[2013/06/09]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローマでアモーレ / To Rome wit... | トップ | マーヴェリックス 波に魅せられ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
エンド・オブ・ホワイトハウス (Akira's VOICE)
無慈悲すぎて震える。  
劇場鑑賞「エンド・オブ・ホワイトハウス」 (日々“是”精進! ver.F)
単独で、ホワイトハウスを奪取… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306080002/ ポスタ- A4 パターンC エンド・オブ・ホワイトハウス 光沢プリント写真フォ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (あーうぃ だにぇっと)
エンド・オブ・ホワイトハウス@なかのZERO
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 2013年5月20日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 を試写会で鑑賞しました。 かなり見応えある映画でしたよ 【ストーリー】  シークレット・サービスとして大統領の護衛にあたるも、大統領夫人の命を守ることができなかったマイケル(ジェラルド・バトラー)。それから2年後、彼はホ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(5) “小包とプラグ”ってなんともお茶目で楽しい!
エンド・オブ・ホワイトハウス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【OLYMPUS HAS FALLEN】 2013/06/08公開 アメリカ PG12 120分監督:アントワーン・フークア出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター、コール・ハウザー、フィンリー・ジェイコブセン、アシ....
映画:エンド・オブ・ ホワイトハウス Olympus Has Fallen ありえない判断の連発に突っ込まくり楽しむべし (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
なんと! ホワイトハウスが北朝鮮のテロリストに占拠され(ええっ!) 合衆国大統領が人質にとられ(なぬっ!) 核爆弾作動コードを入手(まさかっ!) という設定の映画なので、正しい鑑賞法は以下となる。 次々と繰り出される「社会通念上、そんな判断ありえない....
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 (ラムの大通り)
(原題:Olympus Has Fallen) ----確かこの映画って、 最初のうち、 エイリアン侵略ものと 勘違いしていたヤツだよね。 「そう。 ちょうどアスミックに行った時、 巨大POPを作っていて…。 それがホワイトハウスだったものだから、 『インデペンデンス・デイ』とダブっ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (佐藤秀の徒然幻視録)
アッシャー家の崩壊? 公式サイト。原題:Olympus Has Fallen。アントワーン・フークア監督、ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、アンジェラ・バセット、 ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (とりあえず、コメントです)
ホワイトハウスがテロリストに陥落されてしまうというサスペンス・アクションです。 ジェラルド・バトラー主演でこういうアクションってカッコ良さそうだなとチャレンジしてみました。 何よりも、ほとんど戦場のようになってしまうホワイトハウスの惨状にビックリしてしま...
エンド・オブ・ホワイトハウス  ★★★ (パピとママ映画のblog)
『完全なる報復』『マシンガン・プリーチャー』などのジェラルド・バトラーがプロデューサーと主演を務めたアクション。大統領を人質にホワイトハウスを占拠するテロリストたちを相手に、元シークレット・エージェントの男がたった一人で戦いを挑んでいく。『トレーニング...
エンド・オブ・ホワイトハウス (心のままに映画の風景)
シークレット・サービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、車の事故に巻き込まれた大統領夫人(アシュレイ・ジャッド)の命を守ることができなかった。 2年後の米国独立記念日。 アジア系...
エンド・オブ・ホワイトハウス (ぷかざの映画感想記)
エンド・オブ・ホワイトハウス観てきました。 ホワイトハウスが北朝鮮の特殊部隊に占
エンド・オブ・ホワイトハウス (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Olympus Has Fallen監督:アントワン・フークア出演:ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、アンジェラ・パセット、メリッサ・レオ・・・ホワイトハウス陥落が多い今年・・・
エンド・オブ・ホワイトハウス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
輸送機がワシントン上空に突如出現して始まる15分間のリアルなテロリストの襲撃が迫力満点で、どんどん引き込まれた。元シークレットサービスが孤軍奮闘する様子はダイ・ハードそっくりで、大いに楽しめた。
映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」 (FREE TIME)
映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」を鑑賞しました。
映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」観に行ってきました。タイトルが示す通り、アメリカのホワイトハウスを舞台に繰り広げられるアクション映画。作中では無差別銃撃などで人が血...
エンド・オブ・ホワイトハウス (トレッドストーンblog)
原題は Olympus Has Fallen [ちょっとネタバレ] 北朝鮮のテロリストがアメリカのホワイトハウスを襲撃するという映画。 それ以上でも以下でもないのだけど(笑)、期待値が低かったせいか結構楽しめました。 見どころはホワイトハウスが爆撃機からの第一攻撃を受けて...
映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』★誠意と命をかけて再生する男の物語(^_-)-☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161571/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     ホワイトハウスが、北朝鮮のテロリストに占拠され 大統領が、人質にとられてしまいま...
「エンド・オブ・ホワイトハウス」みた。 (たいむのひとりごと)
ジェラルド・バトラー目当てで鑑賞。(なんだか最近はこんなことばかり言ってる気が・・・)直前に『ホワイトハウス・ダウン』の予告編をやっていたけれど、最近はホワイトハウスをぶっ壊すが流行っているのかしらね
エンド・オブ・ホワイトハウス そんなに簡単でいいのか!? (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=36 うち今年の試写会5】 東京電力柏崎刈羽原発再稼働申請なんて、あり得ない! 原発停止に伴う火力発電の燃料費増加で悪化する収支の改善を図るのが狙いで、これを受け入れないと電気料金を値上げするぞと利用者を脅迫までしているし。 安全対策が順調に進んでいると...
エンド・オブ・ホワイトハウス (そーれりぽーと)
某駅上映画観がトイレの小便コーナーの目線の位置にフライヤーを貼るという反則技でゴリ押しっぷりで興味を持った『エンド・オブ・ホワイトハウス』を観てきました。 ★★★★ アクション映画としては『ダイ・ハード』を彷彿とさせる、限定された建物の中での息をつかせ...
『エンド・オブ・ホワイトハウス』('13初鑑賞50・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 6月8日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 12:30の回を鑑賞。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」 きっと記憶に残らないのだろうなぁ (はらやんの映画徒然草)
んー、頭の中で本作の予告編と今度公開するローランド・エメリッヒの「ホワイトハウス
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 これをやってはいけない (映画のブログ)
 優れた創作者には、現実に起きることを見通す力があるのだろうか。  月刊「創」の篠田編集長は、映画『さよなら渓谷』を観た驚きを同誌2013年7月号に綴っている。1998年に帝京大ラグビー部員が起こした事...
エンド・オブ・ホワイトハウス (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
エンド・オブ・ホワイトハウス '13:米 ◆原題:OLYMPUS HAS FALLEN ◆監督:アントワン・フークア「トレーニング デイ」「ザ・シューター 極大射程」 ◆出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、リック・ユーン、アンジェラ・バセ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (銀幕大帝α)
OLYMPUS HAS FALLEN 2013年 アメリカ 120分 アクション/サスペンス PG12 劇場公開(2013/06/08) 監督:アントワーン・フークア 製作: アントワーン・フークア ジェラルド・バトラー 出演: ジェラルド・バトラー:マイク・バニング アーロン・エッカート:ベ...
エンド・オブ・ホワイトハウス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アントワーン・フークア 出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン 、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター 【解説】 『完全なる報復』『マシンガン・プリーチャー』などのジェラルド・バトラーがプロデューサーと主演を務...
エンド・オブ・ホワイトハウス/ジェラルド・バトラー (カノンな日々)
『トレーニング デイ』のアントワーン・フークア監督がジェラルド・バトラーを主演に迎えホワイトハウスを舞台にテロリストとの決死の戦いを描いたサスペンス・アクション・ムービ ...
『エンド・オブ・ホワイトハウス』 (こねたみっくす)
これぞ21世紀の『ダイ・ハード』だ! と言っても『ダイ・ハード』と『ザ・シークレット・サービス』を銃撃戦映画が得意なアントン・フークア監督が味付けしただけの作品なのですが ...
映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-52.エンド・オブ・ホワイトハウス■原題:Olympus Has Fallen■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:120分■料金:1,800円■観賞日:6月15日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:アントワン・フークア◆ジェラルド・バトラー◆アーロン・エッカート...
エンド・オブ・ホワイトハウス (いやいやえん)
素敵な元シークレット・サービスのジェラルド・バトラーが、素敵な大統領アーロン・エッカートを助ける話…って書くとなんか軽いですが、映画としては真っ向勝負のど迫力のアクション映画です! 実際にはこんな簡単
エンド・オブ・ホワイトハウス (Olympus Has Fallen) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アントワーン・フークア 主演 ジェラルド・バトラー 2013年 アメリカ映画 119分 アクション 採点★★★ ハリウッド映画って、その時々の社会に潜む不安や不満を巧みに題材に盛り込みますよねぇ。タカ派が幅を利かせてる時にはリベラル的な作品が、リベラル政...