勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ローマでアモーレ / To Rome with Love

2013年06月08日 | 洋画(アメリカ系)
ウディ・アレン脚本・監督・出演のラブコメ。

いやぁ、ウディ・アレンの作品は一筋縄では行きませんね。『ミッドナイト・イン・パリ』の時もそうだったんですが(って言うか、『ミッドナイト・イン・パリ』は元々、現実と虚実が絡み合っているのがテーマ)、現実と虚実が絡み合っています。一日の話のようでもあり、何日も経過している話でもあり。現実の話でもあり、想像・空想・妄想の話でも有る。なんとも不思議です。

出演時は豪華絢爛です。アレック・ボールドウィン、ペネロペ・クルス、ジェシー・アイゼンバーグ・・・。見たことの有る俳優が結構出ています。もちろん、ウディ・アレンも。

あまり深く考えると、訳が判らなくなりそうなので、複雑には考えずに、美しいローマを舞台にした軽いラブコメということで良いのではないでしょうか。

原題が『To Rome with Love』。FromではなくToで有る所がミソなのかもしれません。確かに、ローマからというより、ローマに対して愛をという感じです。

タイトル ローマでアモーレ / 原題 To Rome with Love
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2012年/アメリカ・イタリア・スペイン
監督・脚本 ウッディ・アレン
出演 ウッディ・アレン(ジェリー)、アレック・ボールドウィン(ジョン/有名建築家)、ロベルト・ベニーニ(レオポルド)、ペネロペ・クルス(アンナ/娼婦)、ジュディ・デイビス(フィリス/ジェリーの妻)、ジェシー・アイゼンバーグ(ジャック/建築家の卵)、グレタ・ガーウィグ(サリー/ジャックの恋人)、エレン・ペイジ(モニカ/サリーの親友)、アントニオ・アルバネーゼ(ルーカ・サルタ/有名俳優)、ファビオ・アルミリアート(ジャンカルロ/ミケランジェロの父)、アレッサンドラ・マストロナルディ(ミリー/アントニオの新妻)、オルネラ・ムーティ(ピア・フザーリ/有名女優)、フラビオ・パレンティ(ミケランジェロ/ヘイリーの恋人)、アリソン・ピル(ヘイリー/ジェリーの娘)、リッカルド・スカマルチョ(ホテル強盗)、アレッサンドロ・チベリ(アントニオ)

[2013/06/08]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オブリビオン / Oblivion | トップ | エンド・オブ・ホワイトハウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ローマでアモーレ』 2013年5月15日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ローマでアモーレ』 を試写会で鑑賞しました。 久しぶりに笑った×5 【ストーリー】  娘がイタリア人と婚約した音楽プロデューサーのジェリー(ウディ・アレン)は、ローマを訪れる。婚約者の家に招待されたジェリーは、浴室で歌う婚約者の父がオペラ歌手のような...
ローマでアモーレ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
巨匠ウディ・アレン監督が、古都ローマを舞台にさまざまな男女が繰り広げる人間模様を軽妙なタッチで描くロマンチック・コメディー。『タロットカード殺人事件』以来となるウディが自身の監督作に登場するほか、ベテランのアレック・ボールドウィン、『それでも恋するバル...
ローマでアモーレ /To Rome with Love (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 昔からのこだわり、NY舞台をやめてから早数年、コンスタントに新作を送り出すウディ・アレン監督作 最近は「それでも恋するバルセロナ」「ミッドナイト・イン・パリ」など、ヨーロッパがお気に入り。 今度は...
ローマでアモーレ (心のままに映画の風景)
イタリア人と婚約した娘に会うため、ローマにやって来た元オペラ演出家のジェリー(ウディ・アレン)は、フィアンセの父親の美声に驚き、オペラ界への復帰を目論む。 建築家の卵ジャック(ジェシー・アイ...
ローマでアモーレ (だらだら無気力ブログ!)
クスクス笑えて面白かった。
ローマでアモーレ (映画感想メモ)
浴室だと歌が上手く聞こえる……って、この発想は無かったわ( Д) ゜ ゜ いい加
ローマでアモーレ (とりあえず、コメントです)
ウディ・アレン監督の最新作です。 このところ舞台をヨーロッパ各国で転々としていて、今回はローマ!と聞いて楽しみにしていました。 歴史ある街並みと文化を織り交ぜながらのドタバタでラブコメな展開に笑ってしまうような作品でした~
ローマでアモーレ (Some Like It Hot)
■「ローマでアモーレ/To Rome With Love」(2012年・アメリカ) 監督=ウディ・アレン 主演=ウディ・アレン アレック・ボールドウィン ロベルト・ベニーニ ペネロペ・クルス ジェシー・アイゼンバーグ  ヨーロッパが舞台のアレン先生の作品はおとなしい印...
ローマでのアレン模様 (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「ローマでアモーレ」を鑑賞しました。 毎年のように見せてくれる ウディ・アレン監督作です スペイン、パリ、ロンドンと続いて 今回はイタリア! アレンお得意のさまざまな男女の人間模様が描かれる 4つのストーリーを同時進行で見せていく や...
ローマでアモーレ (I am invincible !)
1組目。 旅行でローマにやって来たヘイリー(アリソン・ピル)は、道を尋ねたことがきっかけとなって、弁護士のミケランジェロ(フラヴィオ・パレンティ)とあっと言う間に婚約した。
「ローマでアモーレ」 (セレンディピティ ダイアリー)
ウッディ・アレン監督の最新作、「ローマでアモーレ」(To Rome with L
ローマでアモーレ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ローマでアモーレ』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作は、『恋のロンドン狂騒曲』でロンドン、『ミッドナイト・イン・パリ』でパリというように、このところヨーロッパの大都市を舞台にして映画を制作しているウディ・アレン監督が、今度はローマに場所を移し....
ウディ・アレン監督『ローマでアモーレ (To Rome with love)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ウディ・アレン監督によるローマを舞台に描かれるお馴染みの恋愛群像劇(艶話)『ローマでアモーレ (To Rome with love)』「タロットカード殺人事件」以来の本人出演の他にアレック・ボールドウ
ローマでアモーレ (そーれりぽーと)
いかにもイタリア好き必見なタイトル、しかもウディ・アレン監督作、『ローマでアモーレ』を観てきました。 ★★★★★ 数人の監督が特定の街と愛をテーマに短編を持ち寄ったオムニバス企画映画『パリ、ジュテーム』『ニューヨーク、アイラブユー』を彷彿としますが、一...
『ローマでアモーレ』 (ラムの大通り)
(原題:To Rome with Love) ---この映画って、 邦題があまり評判よくない作品だよね。 ウディ・アレンの新作だっけ? 「そう。 でも観てみたら、このタイトルを付けた人たちの気持ちが分かる、 そういう映画なんだ。 夕景の陽のような暖かい光の中、 ローマの名所が全編...
ローマでアモーレ (KATHURA WEST)
ローマでアモーレ 原題:To Rome with Love 監督:ウディ・アレン 出演:アレック・ボールドウィン、ロベルト・ベニーニ、ペネロペ・クルス、ジュディ・デイヴィス、ジェシー・アイゼンバーグ、エレン・ペイジ、他 2012/アメリカ=イタリア=スペイン オフィ...
ローマでアモーレ (映画の話でコーヒーブレイク)
前回の「グランド・マスター」を見た後、引き続き本作を鑑賞しました。 ウッディ・アレン監督はニューヨークからヨーロッパに作品の舞台を移し、 ロンドンからバルセロナ、パリ、そして本作はローマです。 それぞれの街の雰囲気がストーリーの中に色濃く活かされていて、 ...
「ローマでアモーレ」 (Con Gas, Sin Hielo)
同じ説明不能なら、楽しい方がいい。 W.アレンの映画では、いつも愚かな人間が出てきてイタい行動をする。ただ、描き方がさらっとしているからか、喜劇にしろ悲劇にしろ何故か観た後に心の中にどこか温かな空間が生まれる気がする。 齢70を過ぎて突然世界を回り始めたW...
「ローマでアモーレ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「To Rome with Love」2012 USA/イタリア/スペイン ローマ、ヴェネチア広場にあるヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂近くで交通整理する警察官の語りからドラマは始まる。やがてアメリカからやって来た旅行者ヘイリーがカンピドーリオ広場でローマに住むミケランジ...
映画:ローマでアモーレ To Rome with Love なぜか「都市の魅力度」について考察するはめに(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
元々NYの魅力を描かせたら天下一品だったウディ・アレン。 最近では、 2010「恋のロンドン狂騒曲」 2011「ミッドナイト・イン・パリ」    ときて、今回の「ローマでアモーレ」、と世界の都市を巡っている。 さてローマ。 この物語の狂言まわしは、英語がほとんど...
映画『ローマでアモーレ』★誤解と自虐とおバ〇が絶妙なアレン作品♪ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161844/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     ウディ・アレン の監督・脚本・出演―― と来れば、観たくなること必至...
ローマでアモーレ (悠雅的生活)
小悪魔の嘘。シャワー中の美声。おれに関する噂。
[映画『ローマでアモーレ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆こりゃ、面白かった!  ウッディ・アレンらしい、予算は大きいのだろうが、その中で、軽妙で小粋な語りぐちの傑作でした。  と言うほど、ウッディ・アレンの作品を見てないのだか、よく見る方は「また、このパターンか」とか思うのかな?  私には新鮮でした。  ...
愛しのローマ♪ ~『ローマでアモーレ』 (真紅のthinkingdays)
 TO ROME WITH LOVE  旅行中に出逢った弁護士と婚約した娘に会うため、元オペラ演出家のジェリ ー(ウディ・アレン)はローマにやってくる。ローマでホリデイを過ごすジョン(ア レ...
「ローマでア・モーレ」 (ここなつ映画レビュー)
ウディ・アレンは、自身の回顧趣味と若者(中年を含む)へのエールを上手くミックスした作品が最近多いように思う。今回のテーマは(きっと、多分、)「夢が叶ったら」。夢が叶った後どうなるか、その後行き過ぎていく中で夢が覚めたらどうなるか、をアイロニーも含めて...