勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

マン・オブ・スティール (3D字幕) / Man of Steel

2013年09月01日 | 洋画(アメリカ系)
ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウと言う錚々たるメンバーが出演していますし、制作/原案にはクリストファー・ノーランも参加。なんか、それだけでも凄いことになっています。

凄いのは出演者だけではありません。出演者に応じて、内容もすごいです。これまでの、スーパーマンシリーズでは、スーパーマン誕生の秘密は、言葉では語られた事がありますが、映像化されたことはありませんでした。だってねぇ。ゾッド将軍って、名前は聞いたことがありましたが、マーベルでは出てきているのかもしれませんが、映画の映像で見たのは初めてです。

今回の作品で素晴らしいのは、スーパーマン誕生の秘密を描いたということにも関連しますが、スーパーマンの苦悩、人となりを描き出したということ。「鳥だ!飛行機だ!いや!スーパーマンだ!」ではなく、自分の脳力に悩み、どう生きるべきかを考えに考えた、スーパーマンの姿。しかも、同じクリプトン人との対立不可避で、単純な勧善懲悪ではないストーリーは、物語になります。

クリプトンライトに曝されたスーパーマンが、力を失う描写をした作品は嘗てありましたが、今回は、クリプトン星の環境に曝されると弱ってしまうという設定。それも、スーパーマンが地球で、地球人と一緒に育ったから、地球の環境に最適化されてしまったからという事のようです。

ラッセル・クロウもカッコイイけど、ケビン・コスナーもカッコイイんだよなぁ。たまりませんよ。カンザスでクラークが生まれ育ったという設定は、クラークの育ての父親ジョナサンが、ああ言う形で亡くなってしまうと言うこととも関連しています。あの最期は、『“父”の教え』なんですね。こう言う意味では、本当の父のジョー=エルも信念を持った人物。本当の父も、育ての父も、なかなかの人物なんですね。

ロイスが、ボツにされた記事をリークするために接触した人物が、何となく、ジョナサン・アサンジ氏の風貌を彷彿とさせるのは、意図的なんでしょうか(笑)?

いやぁ、それにしても、重厚なスーパーマンです。クリストファー・ノーランっぽい気がします。って言うか、物語終盤に“スーパーマン”の言葉は少しだけ出てきますが、基本的には、殆どスーパーマンと言うキーワードは出てきません。それも、この物語に流れている、「地球人と一緒にどう生きるか」と言う事と関連しているんでしょうね。いきなり「鳥だ!飛行機だ!いや!スーパーマンだ!」では、地球で生きるために苦悩すると言うコンセプトは描けないですからね。

なかなか、心にズッシリと来る素晴らしい作品でした。

タイトル マン・オブ・スティール / 原題 Man of Steel
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2013年/アメリカ
監督 ザック・スナイダー
出演 ヘンリー・カビル(クラーク・ケント/カル=エル)、エイミー・アダムス(ロイス・レイン)、マイケル・シャノン(ゾッド将軍)、ケビン・コスナー(ジョナサン・ケント)、ダイアン・レイン(マーサ・ケント)、ローレンス・フィッシュバーン(ペリー・ホワイト)、アンチュ・トラウェ(ファオラ=ウル)、アイェレット・ゾラー(ララ・ロー=ヴァン)、クリストファー・メローニ(ネイサンハディ大佐)、ラッセル・クロウ(ジョー=エル)、ハリー・レニックス(スワンウィック将軍)

[2013/09/01]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スター・トレック イントゥ・ダ... | トップ | サイド・エフェクト / Side Effects »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「マン・オブ・スティール」 (日々“是”精進! ver.F)
あなたは、奇跡を起こした… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308300003/ マン・オブ・スティール (スーパーマン) ポスター MAN OF STEEL - (HOPE)¥3800...
映画『マン・オブ・スティール』★それでこそ“スーパーマン”なラストへ(^_-)-☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157426/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     赤いマントをなびかせて、飛ぶも良し、立つもカッコ良しの、スーパーマン♪ ...
「マン・オブ・スティール」みた。 (たいむのひとりごと)
クリストファー・ノーラン製作でザック・スナイダー監督の新生スーパーマンが始動ということで、とても楽しみにしていた作品。最初は3D鑑賞も考えていたけれど結局2D字幕で鑑賞。3D効果を意識した作りになって
映画「マン・オブ・スティール」@よみうりホール&109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 私は運よく本作を試写会で2回見ることが出来た。
マン・オブ・スティール (花ごよみ)
クリストファー・ノーラン脚本、製作、 ザック・スナイダー監督によって、 新たに制作された「スーパーマン」、 誕生からスーパーマンになるまでを描いています。 スーパーマン、クラーク・ケントには、 ヘンリー・カビル。 生みの親にはラッセル・クロウ 育ての親にケ...
マン・オブ・スティール ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す。『シャドー・チェイサー』などのヘン...
マン・オブ・スティール (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 地球外知的生命体による侵略モノとしても一級品!
マン・オブ・スティール (Memoirs_of_dai)
ビジュアルから変わったスーパーマン 【Story】 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリ...
マン・オブ・スティール (悠雅的生活)
滅びゆく星。善なる者。文字ではない。
★マン・オブ・スティール(2013)★ (Cinema Collection 2)
MAN OF STEEL 新スーパーマン、始動。 誰もが知るヒーローの、誰も知らない誕生の瞬間。 上映時間 143分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/08/30 ジャンル アクション/SF/アドベンチャー 映倫 G 新スーパーマン、始動。  【解....
マン・オブ・スティール (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MAN OF STEEL】 2013/08/30公開 アメリカ 143分 監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、アンチュ・トラウェ、アイェレット・ゾラー、クリ...
『マン・オブ・スティール』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
「スーパーマン」は1978年に超大作映画『スーパーマン』が作られ、以後『スーパーマンII/冒険篇』(1981)、『スーパーマンIII/電子の要塞』(1983)とシリーズ化され、外伝の『スーパーガール』(1984)が作られた後は製作会社が変わって『スーパーマン4/最強の敵』...
マン・オブ・スティール (2013) MAN OF STEEL 143分 (極私的映画論+α)
コスチュームもめちゃダーク(笑)
『マン・オブ・スティール』 (時間の無駄と言わないで)
「リターンズ」は無かったコトにして、ビギンズ的な感じで仕切り直しに。 クリストファー・ノーランにハンス・ジマーにゴイヤーにと、もうそこらじゅうからバットマン三部作臭が ...
映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論に(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 にもかかわらず... 当ブログ的に最も印象に残ったのは、エイミー・アダムス!(写真:右) ノー...
[映画『マン・オブ・スティール』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かったし、王道の傑作でしょう。         プロデューサーの関係で『ダークナイト』的なノワール感があるように語られていたが、そんなことはなかった。  先ず、リブート物なので、その生い立ちから語られなくてはならず、それが「かったるい」のが予想さ...
マン・オブ・スティール (あーうぃ だにぇっと)
マン・オブ・スティール@よみうりホール
マン・オブ・スティール(3D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、 ラッセル・クロウ 【あらすじ】 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇...
『マン・オブ・スティール』 2013年8月15日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マン・オブ・スティール』 を試写会で鑑賞しました。 よみうりホールでまたまた3Dでの試写会です。 3Dだから目も疲れるし、椅子もあれだし、傾斜も少ないから、 よみうりホールで2時間越える映画は、かなり辛いです。 【ストーリー】  ジョー・エル(ラッセル...
マン・オブ・スティール (はるみのひとり言)
試写会(3D字幕)で観て来ました。久しぶりに梅田ブルグに行ったら、ロビーの雰囲気が変わってた。予告を観たスーパーマン誕生までの感動のお話なんだろうと期待は高まるばかりだったんですが。。スーパーマンの故郷「クリプトン星」でクラーク(地球名)が生まれるシー...
『マン・オブ・スティール』 Man of Steel 、その他感想 (グドすぴBlog)
灼熱で有無を言わさず連日晴れ続けた真夏から一転、連日の雨天が続く今日この頃。 どっちにしてもあまり外には出たくない時に、今夏は面白そうな映画がどんどん公開されるので映画鑑賞が捗りますね! 『マ...
『マン・オブ・スティール』 (こねたみっくす)
父親から息子へ受け継がれる、決して諦めない鉄の心。 トイレでゲイ監督から直々にスカウトされたブランドン・ラウスのことなどすっかり忘れ、にわかヲタク監督によりアクション ...
映画『マン・オブ・スティール』 (健康への長い道)
 最初にこの映画のことをフライヤー(チラシ)で知ったときには「またスーパーマンかぁ~。アメリカ人も好きやねぇ~」と思ったのですが(そういう自分もいまだにヤマト、仮面ライダー、ウルトラマンが好きだったりするのだが・・・)、予告映像が良かったので、鑑賞。 ...
マン・オブ・スティール (心のままに映画の風景)
クリプトン星の滅亡を悟ったジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前、生まれたばかりの息子カルを宇宙船に乗せて地球へと送り出す。 偶然、宇宙船を発見したジョナサン(ケヴィン・コスナー)と...
マン・オブ・スティール (to Heart)
原題 MAN OF STEEL 上映時間 143分 監督 ザック・スナイダー 脚本 デヴィッド・S・ゴイヤー 音楽 ハンス・ジマー 出演 ヘンリー・カヴィル/エイミー・アダムス/ローレンス・フィッシュバーン/ダイアン・レイン/ケビン・コスナー/ラッセル・クロウ/マイケル・シャノン/ア....
マン・オブ・スティール (だらだら無気力ブログ!)
スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ!
『マン・オブ・スティール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール」 □監督 ザック・スナイダー □脚本 デビッド・S・ゴイヤー□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン■鑑賞日 8月31日(土)■劇場...
ドラゴンボール実写版(劇場版あの花とかマン・オブ・スティール(映画)とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【戦姫絶唱シンフォギアG 第9話】未来さんの生存確認&敵として登場の巻。前回生死不明となったばかりだというのに、今回もう未来さんは敵としての再登場しちゃうんですね…。展 ...
「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか (はらやんの映画徒然草)
なかなか感想を書きにくい作品だなと思いました。 今までのアメコミのヒーロー映画と
マン・オブ・スティール やるならここまでやらなきゃ! (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【45 うち今年の試写会5】 今日は昨日より波が小さくそのうえ風も吹いてだめ~、だもんで徹底的に筋トレして、それから映画を観に川崎へ。 この3日間で、「マンオブスティール」「スター・トレック イント...
映画:「マン・オブ・スティール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年9月10日(火)。 映画:「マン・オブ・スティール」。 監  督:ザック・スナイダー 脚  本:デイヴィッド・S・ゴイヤー 原  案:デイヴィッド・S・ゴイヤー 、 クリストファー・ノーラン キャスト: クラーク・ケント:ヘンリー・カヴィル ...
「マン・オブ・スティール」 Man of Steel (2013 WB) (事務職員へのこの1冊)
わたしの世代だと、スーパーマンといえば1978年製作の(日本公開は悠長な時代だか
マン・オブ・スティール(3D日本語吹替版) 監督/ザック・スナイダー (西京極 紫の館)
【出演】  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  マイケル・シャノン  ケヴィン・コスナー  ラッセル・クロウ  ダイアン・レイン  ローレンス・フィッシュバーン 【ストーリー】 ジョー・エルは、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船...
マン・オブ・スティール (銀幕大帝α)
MAN OF STEEL 2013年 アメリカ 143分 アクション/SF/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/30) 監督:ザック・スナイダー『ウォッチメン』 製作:クリストファー・ノーラン 原案:クリストファー・ノーラン 出演: ヘンリー・カヴィル:クラーク・ケント/カ...
マン・オブ・スティール (いやいやえん)
海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこ...
映画『マン・オブ・スティール3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-74.マン・オブ・スティール3D■原題:Man Of Steel■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:2,100円■観賞日:9月21日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:ザック・スナイダー◆ヘンリー・カヴィル◆エイミー・アダムス◆マイケル・...
マン・オブ・スティール (Akira's VOICE)
スーパーかっけー! スーパー泣ける!  
マン・オブ・スティール (映画大好きだった^^まとめ)
601 : 名無シネマ@上映中 : 2013/08/30(金) 15:09:17.92 ID:4lRGMnWVケビンコスナーとダイアンレインが一番良かったね。確かに最後のバトルはくどすぎたかも。カツ丼と牛丼を2つ食べる感じ。で ...