勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

エンド・オブ・ウォッチ / End Of Watch

2013年08月23日 | 洋画(アメリカ系)
ロサンゼルスの犯罪多発地帯のパトロール警官を描いた作品。小型のカメラを俳優に取り付けて撮影するなど、CGMを意識した撮影手法を取っており、ドキュメンタリー風に仕上がっている。

過去の似たような手法で撮影した作品には、『クローバーフィールド(HAKAISHA)』や『SUPER8/スーパーエイト(Super 8)』がある。ただ、それらはSFであったが、今回の『エンド・オブ・ウォッチ』現代の日常を描いているので、よりリアルに感じられた。

今回の主人公は、ジェイク・ギレンホールとマイケル・ペーニャ。撮影手法と言い、題材と言い、殆どドキュメンタリーであるので、出演する俳優も、もっと無名な俳優であった方が、よりリアルであったと思う。そこがちょっと残念。

それにしても、通常観光で行くロサンゼルスは、ダウンタウンなどのごく一部で、今回の舞台となっているようなエリアは目にすることはない。ロスアンゼルスは危険な街だと言われるが、今回の作品を見ると、その言葉がウソではないことがよく分かる。

ラストが、衝撃的。そうきますか・・・、と言う感じですね。

タイトル エンド・オブ・ウォッチ / 原題 End of Watch
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2012年/アメリカ
監督 デビッド・エアー
出演 ジェイク・ギレンホール(ブライアン・テイラー巡査)、マイケル・ペーニャ(マイク・サバラ巡査)、アナ・ケンドリック(ジャネット/ブライアンの恋人)、ナタリー・マルティネス(ガビー・サバラ/マイクの妻)、ハイメ・フィッツシモンズ(リース署長)、フランク・グリロ(巡査部長)、デビッド・ハーバー(ヴァン・ハウザー)、アメリカ・フェレーラ(オロスコ巡査)、モーリス・コンプト(ビッグ・イーブル)、ヤヒラ・“フラキス”・ガルシア(ララ)、クレ・スローン(トレー)

[2013/08/23]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイピスト! / Populaire | トップ | スター・トレック イントゥ・ダ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
エンド・オブ・ウォッチ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) フェイク・ドキュメンタリーは好きではあるが
エンド・オブ・ウォッチ (心のままに映画の風景)
ロサンジェルスの一角にある重犯罪多発地区サウス・セントラル。 特に危険とされるニュートン地区で、巡回パトロールに当たる白人警官のテイラーと(ジェイク・ギレンホール)とメキシコ系巡査ザヴァラ(...
「エンド・オブ・ウォッチ」 (ここなつ映画レビュー)
エンド・オブ・ウォッチ。ロサンゼルス市警の警察官が、一日の業務の終わりに書く業務日誌には、末尾にEOW(エンド・オブ・ウォッチ)と書く慣わしがある。つまり、「勤務時間終了」。そして帰宅の途につくのだが、もし二度と家に帰る事ができなければ、それはもう一...
エンド・オブ・ウォッチ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【END OF WATCH】 2013/08/17公開 アメリカ PG12 109分監督:デヴィッド・エアー出演:ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ、アナ・ケンドリック、ナタリー・マルティネス、アメリカ・フェレーラ、フランク・グリロ、デヴィッド・ハーバー、 これが、ロス市警の....
エンド・オブ・ウォッチ/ジェイク・ギレンホール (カノンな日々)
劇場予告編の印象がドキュメンタリー風なタッチで興味を惹かれてしまいました。ロサンジェルスのサウス・セントラル地区を舞台に一組のパトロール警官コンビの過酷な現場活動を描 ...
『エンド・オブ・ウォッチ』 (ラムの大通り)
(原題:End of Watch) ----エンド・オブ? これ、似たようなタイトルの映画なかったっけ…。 「『エンド・オブ・ホワイトハウス』のことだね。 確かにまぎらわしいかも。 どちらもアクション映画ではあるし。 ただ、こちらのほうはあそこまで大風呂敷を広げたものでは...
エンド・オブ・ウォッチ ★★★ (パピとママ映画のblog)
『トレーニング デイ』の脚本家デヴィッド・エアーが監督を務め、全米でスマッシュヒットとなったポリスアクション。世界で最も危険な街、LAのサウスセントラルを舞台に、制服警官たちのハードな日常を描く。10代をこの地で過ごし、実態を知り尽くした監督ならではの独....
エンド・オブ・ウォッチ (End of Watch) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・エアー 主演 ジェイク・ギレンホール 2012年 アメリカ映画 109分 ドラマ 採点★★★★ 事件と鉢合わせした刑事が草々に犯人を追跡し、激しい銃撃戦を展開した後に犯人射殺。または、市民からの通報で現場に駆けつけた刑事がその足で捜査を開始し...