勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

スティーブ・ジョブズ / JOBS

2013年11月03日 | 洋画(アメリカ系)
事実に基づいた作品。

2011年10月5日に亡くなったスティーブ・ジョブズの話です。ですが、この作品では、アップル創業から、アップル追放を経てアップルに復帰するまでを描いており、その他の、NeXTやピクサーの話には触れられていませんし、2000年のCEO復帰以後の話も描かれていません。スティーブ・ジョブズ=アップルとも言えるので、アップルの話に絞ったのは必ずしも間違いではないと思いますが、2000年以降の話を描かないのは“?”という気もします。まぁ、それは『みんな知っているでしょ?』と言う事なのかもしれませんが。

ウォルター・アイザックソンの著した伝記は読んでいますし、描かれている話は有名なエピソードばかりですので、基本的には、中身は全て知っている話です。ですが、本で読んだり、エピソードを聞いただけなのと、それを映像化して目で見るのは、理解度は違いますね。って言うか、演出もあるので『どうなんだ?』と言うところはありますが、それにしても、ジョブズの嫌な奴ぶり(笑)はよく描かれていました。ジョブズは非常に優秀で、人が出来なかったことを成し遂げていますが、では実際にこう言う人が近くにいたらどうする?と問われたら、出来れば近づきたくないと言うところが正直な気持ちです。

スティーブ・ジョブズは、アシュトン・カッチャーが演じています。私のイメージのジョブズは、もう少し細身だったと思いますが、それでも中々似ていたと思います。(って言うか、下記の1995年のインタビュー映像を見ると、ちょうどその頃のジョブズに似ていると思いました。)それ以外も、当然、実在の人物なわけですが、ラストに本人と今回演じた人物の写真が出てきますが、結構似ていましたね。

今年は、『スティーブ・ジョブズ1995 失われたインタビュー(Steve Jobs: The Lost Interview)』もあり、スティーブ・ジョブズに関する映画が複数公開されています。なぜこのタイミングなのかは不明ですが、iPhoneも5Sまで進化し、スティーブ・ジョブズが亡くなる前に企画していたと言われているiPhoneは次の製品までですから、その後のアップルの趨勢を占うとしては今のタイミングだったのかもしれません。

タイトル スティーブ・ジョブズ / 原題 JOBS
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2013年/アメリカ
監督 ジョシュア・マイケル・スターン
出演 アシュトン・カッチャー(スティーブ・ジョブズ)、ダーモット・マローニー(マイク・マークラ)、ジョシュ・ギャッド(スティーブ・ウィズニアック)、ルーカス・ハース(ダニエル・コトキ)、J・K・シモンズ(アーサー・ロック)、マシュー・モディーン(ジョン・スカリー)、エディ・ハッセル(クリス・エスピノサ)、ロン・エルダード(ロッド・ホルト)、デヴィッド・デンマン(アル・アルコーン)、アーナ・オライリー(クリスアン・ブレナン)、ジョン・ゲッツ(ポール・ジョブズ)、レスリー・アン・ウォーレン(クララ・ジョブズ)、ネルソン・フランクリン(ビル・アトキンソン)、エルデン・ヘンソン(アンディ・ハーツフェルド)、ケヴィン・ダン(ギル・アメリオ)、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ(ポール・テレル)、ジャイルズ・マッシー(ジョナサン・アイブ)、ブレット・ジェルマン(ジェフ・ラスキン)

[2013/11/03]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 42 世界を変えた男 / 42 | トップ | 清須会議 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:スティーブ・ジョブズ JOBS  この映画を理性的に語ることが「不可能」なワケ (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
i-pad、i-phone、i-pod、i-tunesネタだけでアップが×142 ある当ブログとしては、冒頭シーンだけで完全に痺れてしまった。 その理由を当ブログ記事「ジョブズ2000年以降の偉業を振り返る」より引用するところから紹介。 <あらゆるマスメディアで報道されているスティ...
『スティーブ・ジョブズ』 2013年10月25日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スティーブ・ジョブズ』 を試写会で鑑賞しました。 ジョブズ役のアシュトン・カッチャーはまだ若いな。。。 【ストーリー】  誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織に所属するのに向いて...
スティーブ・ジョブズ (あーうぃ だにぇっと)
スティーブ・ジョブズ@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
アシュトン・カッチャー主演『スティーブ・ジョブズ(jobs)』"Think different" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2011年に逝去したアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズの伝記ドラマ。『スティーブ・ジョブズ(jobs)』監督は『ケビン・コスナー チョイス!』のジョシュア・マイケル・スターン。出演はアシュトン・
スティーブ・ジョブズ/アシュトン・カッチャー (カノンな日々)
2011年に56歳の若さで亡くなられたApple社の創業者でコンピューター界の巨匠スティーブ・ジョブズの実像に迫る伝記ヒューマン・ドラマです。生粋のApple信者な私にとって文字通り ...
『スティーブ・ジョブズ』 (こねたみっくす)
己の哲学を貫く創業者にして、柔軟性を持ち合わせていない最低な男、スティーブ・ジョブズ。 彼がアップル社を創業してからその起業時の仲間を全て切り離すまでを描いたこの作品 ...
スティーブ・ジョブズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(P) 予告編自体の作りが上質であり本編もそのままの流れ
スティーブ・ジョブズ (はるみのひとり言)
試写会で観て来ました。映画でジョブズさんを演じてるアシュトンさんは雰囲気つかんでるのに、このチラシちょっと笑えませんか〜スティーブ・ジョブズさんが青年時代、実家のガレージハウスでアップルを創業した時から、アップルに復帰しCEOになった時までのお話です。ア....
スティーブ・ジョブズ (映画情報良いとこ撮り!)
スティーブ・ジョブズ もうすでに公開していたかと思ったけど、まだだったようだ。 もちろんあのアップルのスティーブ・ジョブズだ。 本が売れて、ウハウハだったかと思うが。 死後、オランダで船を作っていて、その請求書で、制作サイドから金が足りないとか言...
映画『スティーブ・ジョブズ』観てきた (よくばりアンテナ)
毎日利用しているMacにiPhoneにiPodにiPad。 私はアップル社製品に囲まれてますし、やっぱり創立者について 興味がないわけないですもん。 役者さんもめっちゃなりきってるって話題でしたし、観てみようと。 地元のシネコン乱立してるのにどこも上映してないので...
スティーブ・ジョブズ ★★★ (パピとママ映画のblog)
2011年に死去したアップルの創設者、スティーブ・ジョブズの生涯を描く。大学を中退し禅や仏教に傾倒しながらも、無為の日々を送るジョブズは、親友のウォズニアックの趣味であるコンピュータに興味を持つ。2人は友人たちの協力を得て世界初の個人向けマシンApple Iを商品...
スティーブ・ジョブズ〜イ奄はネ申 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Jobs。ジョシュア・マイケル・スターン監督、アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー、ジョシュ・ギャッド、ルーカス・ハース、J・K・シモンズ、レスリ ...
スティーブ・ジョブズ (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月2日(土) 16:05〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(割引) パンフレット:未確認 そっくりさん大集合 『スティーブ・ジョブズ』公式サイト フリーパスポート期間であるが、事前に指定席を確保するためにVIT利用。しかし、それ程混んでいなく、目的の...
「スティーブ・ジョブズ」時代の先を追い続けた先にみた実現するための信じるという信念を貫いた先の創造の実現 (オールマイティにコメンテート)
「スティーブ・ジョブズ」はアメリカAppleの創業者であるスティーブ・ジョブズの創業から挫折を経て再び成功するまでの軌跡を描いたストーリーである。亡くなってから2年の月日が経 ...
「スティーブ・ジョブズ」 クレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
AppleのMacintoshを初めて自分で買ったのは、確か1993年頃でした。
スティーブ・ジョブズ /JOBS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 2011年に56歳の若さでこの世を去った、アップル創業者の知られざる光と影 ジョブズがAppleを創業し、そして退社、その後の復帰までの姿を描いた、伝記映画 最低な男が、最高の未来を創った。 などとい...
スティーブ・ジョブズ (映画の話でコーヒーブレイク)
アップル製品はiPhone3Gからのお付き合いです。 iPhoneは私の生活を随分便利にしてくれました。 1984年アメリカにいた時「マッキントッシュ」が大きな話題になっていたことを覚えています。 まだまだコンピューターといえば大型が主流で、パソコンはBasicでプログラムが....
「スティーブ・ジョブズ」 (セレンディピティ ダイアリー)
アップル社の創始者、スティーブ・ジョブズの半生を描いた伝記映画、「スティーブ・ジ
スティーブ・ジョブズ (試写会) (風に吹かれて)
天才は我が道を突き進む公式サイト http://jobs.gaga.ne.jp11月1日公開誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織
スティーブ・ジョブズ (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
スティーブ・ジョブズ '13:米 ◆原題:Jobs ◆監督:ジョシュア・マイケル・スターン「ケビン・コスナー チョイス!」 ◆主演:アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー、ジョシュ・ギャッド、ルーカス・ハース、J・K・シモンズ、マシュー・モディーン、レス...
スティーブ・ジョブズ (のほほん便り)
「エッ、ここで終わっちゃうの?」って印象でした。ちょっと、( ̄O ̄;) ポカン…たしかに、天才で、先見の明があり、完璧主義たるがゆえん。時に時流に合わず、情熱が空回り。あっちへぶつかり、こっちからは、はみだし、したけれど、願わくば、その紆余曲折と、快進撃...
最新映画:スティーブ・ジョブス Steve Jobs (2015). ヒールな彼から浮かび上がる人物像とは。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アシュトン・カッチャー主演の同タイトル(2013?)とは別物。 しかも同タイトル+ Man in the machine なるドキュメンタリーも公開中。 紛らわしいことこの上ない! こちらは監督ダニー・ボイル(「スラムドッグミリオネア」「トレインスポッティング」) 脚本は当ブログ...