勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

42 世界を変えた男 / 42

2013年11月02日 | 洋画(アメリカ系)
事実に基づいた作品。

アメリカMLBの全30球団共通の永久欠番42。その番号を付いけていた男が、MLB史上初めての黒人選手であったジャッキー・ロビンソン。ジャッキー・ロビンソンがMLBデビューした4月15日は、毎年ジャッキー・ロビンソン・デーとして、選手・監督、そして審判までもが42の背番号でプレイしています。

近頃、日本で背番号3と言えば長嶋茂雄氏だし、1と言えば王貞治氏、そして先ごろ亡くなった川上哲治氏は16でしたが、アメリカで42と言えば、このジャッキー・ロビンソン。日本でも、ニュースになるのでジャッキー・ロビンソン・デーは聞いたことがあるし、ニュース映像も目にしたことは有ります。今でこそ、お祭りになっていますが、その当時の本人たちは、正に命がけであったと言う事が判りました。それが、戦後の話だというのですから、まだまだ最近のことなんですよねぇ。まぁ、アメリカの公民権運動が高揚するのは、それよりも更に後の話ではありますが。

ハリソン・フォード、歳とりましたねぇ。いや、まだそれ程老けこむような歳では無いはずなんですが、この作品では、歳取った様に感じました。彼が演じたブランク・リッチーは、当時まだ65歳程であったはずなので、あれほど年寄りアピールしなくても良いと思うんですが・・・。

いやぁ、中々見応えのある作品です。

タイトル 42 世界を変えた男 / 原題 42
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2013年/アメリカ
監督 ライアン・ヘルゲランド
出演 チャドウィック・ボーズマン(ジャッキー・ロビンソン)、ハリソン・フォード(ブランク・リッチー/ブルックリン・ドジャースのGM・社長)、ニコール・ベハーリー(レイチェル・ロビンソン/ジャッキーの妻)、クリストファー・メローニ(レオ・ドローチャー/ブルックリン・ドジャース監督)、アンドレ・ホランド(ウェンデル・スミス/新聞記者)、ルーカス・ブラック(ピー・ウィー・リース/ブルックリン・ドジャース遊撃手)、ハミッシュ・リンクレイター(ラルフ・ブランカ/ブルックリン・ドジャース投手)、ライアン・メリマン(ディクシー・ウォーカー/ブルックリン・ドジャース右翼手)、アラン・テュディック(ベン・チャップマン/フィラデルフィア・フィリーズ監督)、C・J・ニコースキー(ダッチ・レナード/フィラデルフィア・フィリーズ投手)、T・R・ナイト(ハロルド・パロット)

[2013/11/02]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2ガンズ / 2 Guns | トップ | スティーブ・ジョブズ / JOBS »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『42 -世界を変えた男-』 2013年9月27日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『42 -世界を変えた男-』 を試写会で鑑賞しました。 面白かったよ! 【ストーリー】  1947年。ブルックリン・ドジャースのゼネラルマネージャーを務めるブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人青年ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)...
映画:42 世界を変えた男 ハリウッド製の野球映画には、ほとんどハズレがない、を再確認。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ハリウッド製の野球映画には、ほとんどハズレがない(という認識) 「フィールド・オブ・ドリームス」「ナチュラル」、コメディでは「メジャーリーグ」、最近では「マネーボール」「人生の特等席」などなど傑作ぞろい。 というのは、アメリカから生まれた中で最も歴史ある...
42〜世界を変えた男〜 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ 【解説】 黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマ。白人の世界だったメジャーリーグに飛び込み、偏見....
[映画まとめ語り 『42〜世界を変えた男〜』『グランド・イリュージョン』『ゴースト・エージェント』] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
  ・・・この投稿は、後から書き足して完成させます^^; ☆まとめて簡単に記します・・・、と言っても、素晴らしい作品の数々です^^          『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』      『メン・イン・ブラック』の真似っこかと思いきや、・・・い...
42〜世界を変えた男〜 (だらだら無気力ブログ!)
ハリウッドのメジャーリーグ物って見応えあるわ〜。
42〜世界を変えた男〜 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 世界を変えたのは選手かGMかどっちなんだろうか。
劇場鑑賞「42 世界を変えた男」 (日々“是”精進! ver.F)
野球が、したいだけ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311030002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【送料無料...
42〜世界を変えた男〜 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【42】 2013/11/01公開 アメリカ 128分監督:ブライアン・ヘルゲランド出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラック、ハミッシュ・リンクレイター、ライアン・メリマ...
42〜世界を変えた男〜 (心のままに映画の風景)
1947年。 ブルックリン・ドジャースのオーナーでゼネラルマネージャーのブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人青年ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)と契約、彼を史上初の黒人メジャーリーガーとして迎える。 だが、白人以外には門...
42〜世界を変えた男〜 (あーうぃ だにぇっと)
42〜世界を変えた男〜@ニッショーホール
42〜世界を変えた男〜 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ 【解説】 黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマ。白人の世界だったメジャーリーグに飛び込み、偏見....
42 〜世界を変えた男〜 (試写会) (風に吹かれて)
耐え難きを耐え抜いた勇気に栄誉を [E:baseball]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/42movie11月1日公開実話に基づく映画監督・脚本: ブライアン・ヘ
42/世界を変えた男 (201X 映画観てきましたっ!)
10/25 STVの試写会で 「42/世界を変えた男」を観てきましたっ!
42−世界を変えた男ー (はるみのひとり言)
試写会で観ました。ジャッキー・ロビンソンさんがGMのリッキーさんと出会い、黒人初のメジャーリーガーになるまでのお話です。当時メジャーリーグは白人選手だけで構成されてたんですね。初の黒人選手の入団でお客さんからは罵倒されるし、チームメイトからも黒人と一緒...
『42 世界を変えた男』 (時間の無駄と言わないで)
初の黒人メジャーリーガーの話。 もっとガンガン感動を煽ってくるかと思いきや、地味に淡々と作られてた。 それでもグッと来るのが実話の強みか。 黒人差別もジャッキーの聖人 ...
『42 〜世界を変えた男〜』で注目すべきは人種差別問題ではない (映画のブログ)
 『42(フォーティーツー) 〜世界を変えた男〜』は奥深い思索を感動的なドラマで包み、上質なエンターテインメントに仕上げた素晴らしい映画である。  本作が描くのは、実在の野球選手ジャッキー・ロビンソンだ。  白人だけで構成されていた大リーグに、初の黒人選...
「42〜世界を変えた男」と「スティーブ・ジョブズ」 (映画の話でコーヒーブレイク)
一日は映画がお安い日。 今週は仕事が休みなので早速映画館へ。 一日公開スタートの2本をチョイス! たまたまですが、2本とも世界を変えた男の伝記映画となりました。 一人は「人々の意識」を変えた男ジャッキー・ロビンソン。 もう一人は「人々の生活」を変えた男ステ...
42 上映後、試写会場は拍手の渦〜! (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【59うち今年の試写会7】始まった瞬間から感動の波が次々に押し寄せてくる、こういうお話しとこういう映画の作り方、俺にはやばい〜(ToT)  1947年。ブルックリン・ドジャースのゼネラルマネージャーを務めるブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人青年ジ...
『42 世界を変えた男』 (ラムの大通り)
(原題:42 The Jackie Robinson Story ) ----この映画、 観る前はあまり気乗りじゃなかったのに、 帰ってきたらまるで別人になったみたいに大プッシュしていたよね。 「うん。 キービジュアルでは 黒人の大リーガー選手が一歩前に。 その後ろで背広姿の白人が なにや....
「42〜世界を変えた男〜」過酷な差別に耐えてプレーした先にみたジャッキー・ロビンソンのフェアプレー精神が人種を超えてファン心を... (オールマイティにコメンテート)
「42〜世界を変えた男〜」は1947年MLBの当時ブルックリンに本拠地を置いたドジャースでプレーした黒人選手初のメジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソンが入団して認めら ...
42 〜世界を変えた男〜 (映画の話でコーヒーブレイク)
公開されたら絶対見たいと思っていた作品、公開初日ティッシュを準備して見てきました。 予想通り、4回ほど涙が頬をつたいました。 泣くのは悲しい時や辛い時ではなく、悲しい時辛い時に優しい言葉をかけられた時。 そういうシーンを見た時は涙が出ちゃうんだよねぇ 有...
42〜世界を変えた男〜/チャドウィック・ボーズマン (カノンな日々)
メジャーリーグ・ベースボール史上初の黒人選手として差別や偏見を乗り越えて活躍しその名を球史に刻んだジャッキー・ロビンソンの実像に迫るスポーツ・ヒューマン・ドラマです。 ...
『42 〜世界を変えた男〜』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「42 〜世界を変えた男〜」 □監督・脚本 ブライアン・ヘルゲランド□キャスト チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー        クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラ...
42〜世界を変えた男〜 (♪HAVE A NICE DAY♪)
感動しました〜 私はやっぱり涙が出ました 涙がつーっと・・・・・ 黒人初めての大リーガーとなるジャッキーですが 球場では勿論、色々な場所でも差別を受けます 酷い言葉を浴びせられて・・・ ジャッキーはそれに、ず〜〜っと耐えるんですよね。 きっと、実際はも....
映画・42 世界を変えた男 (読書と映画とガーデニング)
原題 422013年 アメリカ 1947年、ひとりのメジャーリーガーが誕生する彼の名はジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)当時、白人だけで構成されていた400人のメジャーリーガーの中で、たったひとりの、そして初めての黒人選手だそんな彼を待っ....
映画「42〜世界を変えた男〜」 (FREE TIME)
映画「42〜世界を変えた男〜」を鑑賞しました。
42〜世界を変えた男〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
ふたりはシンパシィ 感じてた♪ 公式サイト。ブライアン・ヘルゲランド監督、チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ ...
「42〜世界を変えた男〜」 (2013 WB) (事務職員へのこの1冊)
1945年、それまで“法律”ではなく“慣例”によって(だから強固に)メジャーリー
やり返さない勇気〜『42 〜世界を変えた男〜』 (真紅のthinkingdays)
 42  1945年。第二次世界大戦の終結とともに再開された米メジャー・リーグは、 白人選手のみで構成され、黒人選手は排除されていた。ブルックリン・ドジャ ースのGM、ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)はそんな慣習に風穴を開 けるべく、...
42〜世界を変えた男〜★★★★ (パピとママ映画のblog)
黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマ。白人の世界だったメジャーリーグに飛び込み、偏見や差別に屈することなく奮闘した彼の姿を描く。監督は、『L.A.コンフィデンシャル』の脚本家としても知られるブライアン・ヘルゲランド。テレビドラマ「FR...
『42 世界を変えた男』をUCT豊洲5で観て、みんな誉めるから俺だけはくだらない事だけ書くよふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ネットでの高評価は確か】 大リーグ初の黒人選手を描く『42』。何事も一番手は大変だ。 ネットでの評判が良かったので、 元からそんなに観る気はなかった ...
『42〜世界を変えた男〜』 (こねたみっくす)
メジャーリーグ全球団唯一の永久欠番42。それは人種差別に「やり返さない勇気」で戦い続けた偉大なる英雄の背番号。 これは野球映画としては大きな感動もない普通の映画です。でも ...
42 世界を変えた男 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:42 監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演:チャドウイック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラック、ハミッシュ・リンクレイター、ライアン・メリマン
42 〜世界を変えた男〜 (ぷかざの映画感想記)
42 〜世界を変えた男〜観ました。 [満足度:★★★☆☆ 3/5] 久しぶりに映
「42 世界を変えた男」みた。 (たいむのひとりごと)
メジャーリーグで年に一度、全員が試合で背番号「42」をつけていることは知っていて、その都度「ジャッキー・ロビンソン」の名は耳にしていたのだけど、何故彼がそこまで讃えられているのかまでは、これまで気にし
「42 〜世界を変えた男〜」 世界を変えた男とサポーター (はらやんの映画徒然草)
ジャッキー・ロビンソン、初の黒人大リーガー。 黒人への差別が当たり前であった40
42 世界を変えた男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『42 世界を変えた男』を丸の内ピカデリーで見ました。 (1)評判がよさそうなので、公開終了間際でしたが映画館に行ってきました。  本作は、アメリカのメジャーリーグで最初の黒人選手となったジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)を描いたもので....
「42 世界を変えた男」、やりかえさない勇気を持った野球選手の映画です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ 野球好き・差別問題に関心のある方 ☆☆☆☆☆ 実在した野球選手の映画ですが、野球を知らない人でも楽しめます。 題名の「42」は、主人公ジャッキーロビンソンの背番号で、永久欠番となっています。 アメリカの現在の大統領は黒人...
ショートレビュー「42 世界を変えた男・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
先駆者の茨道。 130年を超えるメジャーリーグの歴史で、初のアフリカ系選手となったジャッキー・ロビンソンの苦闘を描く骨太の野球ドラマだ。 舞台となるのは1940年代後半、今よりは遥かに人種差別の激しかった時代。 人々の不条理な意識という目に見えない壁に立ち...