楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生  ほんとうに生かさなかったら人間生まれてきた甲斐がないじゃないか」山本有三

     ・日ごろ考えること
     ・日光奥州街道ひとり歩る記
     ・おくのほそ道を歩く

成長の早い竹ーお散歩(その2)

2017年05月10日 | つれづれなるままに考えること
3月の末にカミさんが右手のひらと指の筋肉が固くなり、
手術を受けた。
水仕事が出来ないどころか風呂にもまともに入れない。
当然、炊事、洗濯、掃除はできず、
全ての仕事がボクに回ってくることになった。

10日間。

朝飯は、いつも決まったパンと牛乳とヨーグルト、
バナナと時の果物、それに粉コーヒーをドリップで入れる。
コーヒーはいつもボクの仕事だったから問題ないが、
食パンをトースターで焼いて、バターを付けて
牛乳200ccをグラスに分け、プレーンヨーグルトを100g用意する。
トースターは何分でこんがり焼けるのか知らない。
結構、こまごまとしたことを毎朝短い時間でやって居る。

食後の後片付けはいつもボクだからよいが、
洗濯だってただ洗濯物を洗濯機に入れれば終わりと言うものではない。
靴下やハンカチ類は網の袋に入れてちらばらないようにする。
水だってお風呂の残り湯を使って水道代の節約。
洗い終わったら、物干しにかける前に洗濯物の皺を一つづつ手のひらで叩いて延ばす。
干し方も覚えた。

風呂の残り湯を使った後は、風呂場の掃除。
お昼と夜の食事の材料の買い出しなどこまごまとしたことを彼女はやって居る。
書き出したら二・三ページは必要だ。
そんな仕事が10日ほど続いた。

4月になって、風邪を引いたのかボクの咳が止まらなくなった。
てっきりインフルエンザかと思い医者通い。

お医者さんが診察して言う、

「熱が無いからインフルエンザでも風邪でもない」と言って、

咳止めの薬を処方した。
その後三日ばかりで、ようやく咳は収まりかけた。

咳と言うのは体全身が反応する。
その所為かどうか、あるいは台所仕事で腰を屈めたからか、
今度は腰痛に悩まされる事になった。

20年ほど前に腰痛に悩まされたことがある。
大の用でトイレに入って、用を足すとお尻の始末もそこそこに、
ばったり前へ腹ばいにならないと腰の痛みに耐えられない。

溺れる者は藁でもつかむの喩え通り、
中国の気功やら、60km先の鍼が効くというので出かけても、
役にたたず、大塚駅前の何とか言ういかがわしい催眠術みたいな、
こんなで痛みが無くなるかと言うものまで試して、

最後はやっぱり西洋医学で注射して、
国立病院の先生が
「腰が痛くて死んだと言う話はありませんから」と、
腰をけん引して、などなど、
ありとあらゆる事を試して、結局どれが効いたのか解らないが、
半年ほど会社を休み、
2時間は椅子に座っていることが出来る状態で出社した。
その後何をどうしたのか解らないが、
痛みが無くなったことがあった。

今回も、同じ痛みを半年以上経験することになるか、
取りあえず近くの整形外科へ行って、
レントゲン、MRIなどとって痛み止めの薬と注射、
コルセットを貰って帰った。

やっと、4月も終わり、
カミさんの手のひらも治り、
ボクの腰痛もやっと薄れかかってきた。

一日1万5千歩だった散歩を、半分に減らしたが
それでも散歩は欠かさなかった。

その途中で見かけた、竹の子の成長の早いのに驚いたが、
ボクの腰痛も同じように早く治らないかと毎日念じている。



(成長の早い竹の子1)

(成長の早い竹の子2)


間もなく3mになろうとしている。


痛みを抱えて歩くボクを癒すが如く子供の悪戯?


当分の間、遠出を禁じられている。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガラス窓の猫ーお散歩(その1) | トップ | 東京大仏(乗蓮寺)ー板橋十... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
腰痛 (もののはじめのiina)
2017-05-10 09:10:10
> 一日1万5千歩だった散歩を、半分に減らしたがそれでも散歩は欠かさなかった。
腰痛は、歩き過ぎではありませんか。
1万5千歩というのは、2時間弱を歩く歩数だと思いますが、一日一万歩さえ歩き過ぎで8千歩が適度という医者がいます。


> 車の中の人はどんなエサをチラつかせて居たのでしょうか?
自分自身ではないでしょうか ("^ω^)・・・

iinaさん コメントありがとうございます (hide-san)
2017-05-10 11:31:56
>8千歩が適度という医者がいます。

人が二足歩行を始めたのが主原因で、腰痛はついて回ります。

皆さんもお気を付けください。
ウオーキングも適度が良いですね。
歳と共に筋肉が弱り、骨もすり減って身長が2cm以上短くなりました。
整然と並んでいた骨も筋肉のゆるみで異変が置き、
神経に触って痛みを感じるのでしょう。
腰の神経は顎を動かしても響き痛みます。
無理はなさらないでください。 (masamikeitas)
2017-05-10 13:38:56
hide-sanさん、こんにちわ。

>書き出したら二・三ページは必要だ。
そんな仕事が10日ほど続いた。

失礼ですが、奥様がやられていることを完璧になさろうとされたのでは。
頑張りすぎだと思います。
hide-sanさんはやる気になればなんでも出来る方だと思いますが、無理がたたって腰を痛められてしまってはなんともなりません。

>やっと、4月も終わり、
カミさんの手のひらも治り、
ボクの腰痛もやっと薄れかかってきた。
一日1万5千歩だった散歩を、半分に減らしたが
それでも散歩は欠かさなかった。

よかったですね。
歩かれることは良いことだと思いますが、無理はなさらないでください。
腰の具合が思わしくないときは、コルセットされた方が良いと思います。
お大事になさって下さい。
こんばんは (ytakei4)
2017-05-10 20:27:14
大変でしたね。腰の痛いのも
本格的ですね。よくなってよかったですね。
masamikeitasさん コメント有難うございます。 (hide-san)
2017-05-11 20:38:06
>コルセットされた方が良いと思います。

痛み止めの薬が効いているのか、
コルセットが良いのか解りませんが、
痛みが薄らいできました。

薬かコルセットかどちらかを止めたいと、今日医者に行ってきました。
「先ず薬を止めて見て、次がコルセットですね。」との返事でした。
ytakei4さん コメント有難うございます。 (hide-san)
2017-05-11 20:39:32
腰の痛い経験がありますので、
痛みが止んでも安心できません。
 (hide-san) さん へ (もののはじめのiina)
2017-05-12 08:40:10
> O'Henry短編集は、一通り読みました。  NYの獄中で書かれたものらしいですね。
オー・ヘンリーが獄中で本を書いたとは、はじめて知りましたが、そうであるなら受刑者たちの話を小説にしたのかもしれません・・・。

iinaさん コメントありがとうございます (hide-san)
2017-05-12 17:37:47
>そうであるなら受刑者たちの話を小説にしたのかもしれません・・・。

犯罪にかかわる話が二・三ありましたでしょうか、
この「20年後」もそうですが・・・・。

O'Henryの小説の特徴は、最後に思いもよらぬ大どんでん返しがあることです。
短編ですし、全部お読みになったらいかが?

コメントを投稿

つれづれなるままに考えること」カテゴリの最新記事