楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生  ほんとうに生かさなかったら人間生まれてきた甲斐がないじゃないか」 山本有三

     ・日ごろ考えること
     ・日光奥州街道ひとり歩る記
     ・おくのほそ道を歩く

胡蝶蘭

2008年04月30日 | つれづれなるままに考えること
12年前、還暦の記念に娘が贈ってくれた胡蝶蘭を
次の年からも咲かせたいと思っていたが、
水遣りだけで終わらせたせいか、
6年目に二輪花が咲いただけで、後は一度も咲かなかった。

2年前、世界蘭展を見て、自分でも咲かせて見ようと、
蘭栽培の本と首っぴきで、肥料や水遣りをしたところ、
花茎が出てきて、花が咲いたが、一輪咲くと一輪萎れ、
常時1輪だけ残っているという見るも哀れな胡蝶蘭であった。

しかし今年は2個目3個目と咲いても、
最初の花が萎れること無く咲いている。
毎日はらはらしながらも、とうとう一ヶ月経って全部で12輪咲いている。
自分でも驚き感動している。

その胡蝶蘭です。
20080430

photo by hide-san

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャックフルーツ

2008年04月29日 | つれづれなるままに考えること
熱帯植物園でジャックフルーツが実ったという情報を得て、見に行った。
写真のような実であるが、どこかで見たようなキがする。

記憶をたどると、どうも沖縄旅行をしたとき大きな実がなっているのを見ている。
その時は名前さえ知らず、
また、興味も無かったのでカメラに収めておいたが、
名前を調べることさえしなかった。

今回は、熟せばこの実を食べることができることまで知った。
熱帯植物館の方に味を聞くと、
ドリアンとは違うが、異常なにおいがあり、
人によって好き嫌いが激しいという。

フルーツの王様ドリアンをボクは食べたことが無いが、
東南アジアのホテルは部屋でドリアンを食べることを
禁じているほど匂いが強烈のようである。
さてこのジャックフルーツ、写真にあるように、
大きな実の前に、別の小さな実がなっているのが見える。
写真には写っていないが、このような小さな実が他の枝にいくつもあったので、
たくさん実りそうである。
秋口には熟れて食べられるそうで、
試食会をやるとの事、是非招待してもらいたいと頼んできた。


20080429

photo by hide-san

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花みずき

2008年04月28日 | つれづれなるままに考えること
今、真っ盛りの花水木、
花言葉は「私の想いをうけてください」
さて、どなたにこの花を差し上げましょうか・・・
別名「アメリカ山法師」
秋の紅葉もとても美しい。
20080427

花ミズキ

photo by hide-san

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い込み(食後の散歩)

2008年04月26日 | つれづれなるままに考えること
(思い込み)
夕食後30分間散歩をする。
東京は世界有数の治安が良い国に入るが、さすが夜は少し危険を感ずる。
そこで散歩コースは、明かりがある商店街を行くことになる。

それでも19時~20時の間ともなると、
人影も日中ほどでなくまばらになる。
往復30分の散歩も毎日同じコースとなると退屈になるものである。
退屈しのぎにどれくらいの人とすれ違うのか、
数えてみる。およそ50人前後である。
数えるだけでは退屈してきたので、
今度は行きかう人たちを観察してみる。

まず男性と女性の人数である。
印象としては女性70%男性30%と思い込んでいた。
それで男性より女性のほうが活動的で、夜で歩く人が多いと決め込んでいたが、
数えてみると50:50でほぼ同数であることがわかった。
思い込みとは恐ろしいもの、
ボクが男性であるためすれ違う女性のほうに目が行き、
女性のほうに気がとられていたということになる。
最近(4月後半になって)気温が上がったせいか、女性のスカート姿が目に付く。
気候のせいで女性が薄着になり、
スカートをはいた人のほうが多くなったと思い込んでいた。
思い込みとは恐ろしいもの。
スカート姿とパンツ姿の女性を数えてみると、
なんと26人中スカート姿14人とパンツ姿14人であった。

ここで数が合わないと仰せの読者のために種明かしをしておきたい。
女性の一人がパンツの上にスカートをはいていた人がいたのです。
それでパンツ姿とスカート姿の両方に一人ずつ余分に入っております。

これは場末のわが町の傾向であろうと、
銀座に出てみたときに数えてみると
(銀座では人が多すぎるので最初にあった十人についてカウントしてみると)
わが町と同じであった。
違いはただ単に素敵なスタイルの素敵なお召し物の差があっただけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まんさく~万咲く~満作

2008年04月24日 | つれづれなるままに考えること
・春に他の花に先駆けて咲くので
「まず咲く花」→「まんさく」となったらしい。
・また花がたくさんつくところから
「豊年満作」から名づけられたともいう。
20070420

photo by hide-san



コメント
この記事をはてなブックマークに追加