楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生  ほんとうに生かさなかったら人間生まれてきた甲斐がないじゃないか」 山本有三

     ・日ごろ考えること
     ・日光奥州街道ひとり歩る記
     ・おくのほそ道を歩く

水仙

2018年01月10日 | 日記
水仙が花開いた。

もともと12月中ごろから蕾が膨らみ始めたが、

なかなか花開かなかったが、正月休みで少し見ない内に、

たくさん花開いた。

(水仙)

(黄水仙)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

栴檀は双葉より芳しーその後

2018年01月06日 | 日記
昨年6月に栴檀の花が開くころ「栴檀」の一文を載せた。
(http://blog.goo.ne.jp/hidebach/e/fb46df2371acb98b42b0041e9754e879を参照願います)

「栴檀は双葉より芳し」と言って、
栴檀は芽が出て双葉の頃から好い香りがすることから、
「優秀な人材は幼い頃から優秀だ」と言う諺になって居る。
(栴檀)


6月の花の咲くころの栴檀は匂いもしなかったが、
栴檀で作った扇子は、扇ぐと良い匂いがするから、
木を削らないと匂わないのかの思った。

しかし諺にあるように、「双葉より芳し」は、
芽が出て双葉が開いたころから良い香りがすると言うから、
一度、双葉の頃に匂いを嗅いでみたい、そう思った。

なぜなら幼い頃に優秀だと言われた子供が、
必ずしも、そのまま優秀な大人にはならない例を沢山観ているからだ。
その逆に、幼い頃ごく普通の子供が、大きくなってすごく優秀な人になる例を、
たくさん知って居るからである。


さて、その栴檀が秋になって実を付け、冬になって葉が枯れると、
その白い実だけが残り、小鳥たちの格好の餌になる。

(実を付けた栴檀の木)

(栴檀の白くなった実)


小鳥たちが夢中になって啄ばんでいるうちに、
食べそこなった白い実が地面にたくさん落ちている。
その実を持ち帰って、植木鉢に埋めて芽が出るのを待つことにした。

(地面に落ちた栴檀の実)


植木鉢から、芽が出てくれば、
双葉になるまでそんなに時間は掛からないに違いない。

その時、果たしてどんな香りがするのか、
まだ芽も出ない内から、楽しみにしている。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

                    小さい秋見つけた

2017年12月30日 | 日記
12/26NHKラジオ深夜便でAM4:00から、
ボニージャックスのコーラスを聞いた。

このコーラスグループは、もとは早稲田大のグリークラブの4人と言う。
一人欠けて残り三人が80歳代で、新たに加わった人が50歳代という。
ダークダックスは慶応大のグリークラブとまさに対照的。

結成が1958年と言うから、
ボクが学校を卒業した年の結成で、
言ってみれば同年代の卒業生。

そのコーラスを楽しく聞いた、
およそ一時間。

その中でも印象に残ったのが、「小さい秋見つけた」である。

ボニージャックス「ちいさい秋みつけた」(2003年)


作詩はサトウ八チローであるが、驚いたことに、作曲者は中田義直。

実はこの作曲者、ボクの高等学校の音楽の先生であった。

授業を始める第一声が、
「皆さんの中で、音楽家志望の人は居ますか?」であった。
戦後まだ8年しか経っていなくて、両親は生活に四苦八苦して、
やっと人間らしい生活になろうと言う途上の話である。
同級生は誰一人手を挙げる人は居なかった。

そうしたら先生曰く、
「それでは童謡を歌いましょう」と、

「汽車ポッポ」を教えてくれた。


きしゃポッポ ポチャッコver


そのほか何曲か童謡のコーラスを教えてくれて1年間が終わった。
その年の学校の文化祭で、
クラス全員で集まって リーダーを作って指揮をさせ、
何曲か童謡を唄ったことを覚えている。

観客の大盛り上がりに、
全く用意してなかったアンコールの一曲は、
チリジリばらばらのコーラスになって終わった。

楽しい青春時代を思い出させてくれた。


こうして今年も暮れて行く・・・・。


お訪ねいただいた皆様、
この一年、本当にありがとうございました。

くる年が、更に好い年となりますよう、
お祈り申し上げます。

そしてまた、新しい年に、

元気にお会い出来ることを期待しております。



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

貯古齢糖

2017年12月26日 | 日記
12月24日はチョコレートが日本で初めて宣伝された日だそうだ。

朝の「今日は何の日」で、NHKラジオが放送していた。
その時の日本文字が表題の「貯古齢糖」と書いたそうである。

今では誰もチョコレートを知らぬ者は居ないが、
日本で初めて(明治11年)チョコレートを口にしたのは誰だろう、
ずいぶん感動したに違いない。

日本に初めて上陸した外国人水兵のお墓が横浜の外人墓地にあるが、
その人の墓碑銘に「初めて日本に上陸した水兵」と書かれていた。

チョコレートを日本で初めて食べた人が気になる。

その人のお墓を見てみたいものだ。
「日本で初めてチョコレートを食べた人」なんて、

お墓に刻まれているかもしれない。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

京浜東北線―JR川口駅前のライオン

2017年12月23日 | 日記
久しぶりに娘と約束して昼ご飯を食べようと、
埼玉県川口市に出かけた。

川口と言っても我が家から歩いて6kmしか無い。
荒川が無ければきっと3km程度であろう。
荒川が遮っているので、
橋がある戸田橋か新荒川大橋へ回らなければならないから、
6kmになってしまう。

JR川口に降りたって眺め回したら、
ビルの上の大きなライオンの目が、
太陽に反射して輝いている。

こんな時スマホは便利なオモチャ。

さっと撮ったのだが、目だけ光って居るようには撮れなかった。
やっぱりスマホのカメラだけのことはある。

そのライオン。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加