楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生  ほんとうに生かさなかったら人間生まれてきた甲斐がないじゃないか」 山本有三

     ・日ごろ考えること
     ・日光奥州街道ひとり歩る記
     ・おくのほそ道を歩く

孫の誕生会

2015年08月29日 | 日記
26日と29日に生まれた二人の孫の誕生会を開きました。
親は忙しいらしく出席せず、仕事に専念しているようです。

孫たちは伸び盛りで食欲旺盛、食べ放題の食事会にしました。

食べ放題は外国ではビュッフェスタイルと言いますが、
これを初めて日本で開いたのがバイキング・ルームでした。
以来、料金は一定で食べ放題料理の事を、
日本ではバイキングと言ってます。

(そのバイキング・ルームのバナー)

(料理担当のシェフたち)


食べ放題とか飲み放題は、食欲旺盛な若者向けで、
ボクたちのような年配者には不都合な食事会。

フランク・永井の「有楽町で逢いましょう」の演歌が聞こえてきそうな場所だったので、
窓のの外を見たら、ライトアップされているのか、
今話題の集団的自衛権が参院で議論されている国会議事堂の頭が、
夜景に浮かんで見えた。
写真には見えないが、議事堂の右横に防衛省の建物もあった。
(窓から見えた国会議事堂の頭)


また、外堀通りの車のライトが直線に並び、
左横が皇居のお濠、さらに左の黒い塊、日中だと皇居が見えるはず。
(右手の車列のライトと左側のお濠)


孫たちは、18時~20時まで、沢山食べて大満足のようであった。

孫たちが運んできた料理の一例。



コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

涼しさも本格的?

2015年08月25日 | 日記
昨日の朝、肌寒くて夏掛けを体一杯に広げて寝ている自分に気が付きました。

起きて、温度計を見ると25℃で、それほどでもないのに、

北側の部屋から冷たい風が流れているのに気付きました。

北風は肌寒く、Tシャツ一枚ではいられないほどです。

このまま秋になれば良いのにと、カミさんに話すと、

台風が過ぎるとまた暑くなりますよ、の返事。

さてどうなることやら・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蜩の記(ひぐらしのき)

2015年08月22日 | 日記
どこかの小説のような表題となりました。

まだ秋に入ったばかりなのに、
今日で三日目のエアコンなしの日が続くほどの気温で、
ヒグラシも季節を間違えたのか、いつも通りなのか・・・

今朝早く(A.M.5:30)ヒグラシが窓際で鳴きました。
ただでさえ日暮れ時に、物寂しく感じる鳴き方なのに、
今にも消え入りそうな鳴き声で、今日は目覚めました。

そんなせいか、一日気分がすぐれず過ごしています。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

熱帯夜から解放

2015年08月18日 | 日記
昨夜は久しぶりに気温が低く、
エアコンなしで朝まで熟睡できました。

今日は、また前に戻ってACが必要になりそうです。
高校野球も熱戦が続き、目が離せませんが、
今日は休養日。

野球部員の皆さんしっかり休養を取って、準決勝に備えてください。
全国のベスト4ですから、みんなが優勝者のようなものです。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

反戦の願い(「憧れのハワイ航路」)

2015年08月14日 | つれづれなるままに考えること

副題:「どんなことがあっても、戦争は絶対避けなければならない!」

2005.Jun.17.AM4:00のラジオ放送で、
終戦直前に中学生で戦争に参加し、
沖縄で米軍の捕虜になった、
くによし しんいちさんの講演を聴いて、たいそう感動した。

題して「憧れのハワイ航路」

15歳で日本の軍人になり、周りにいた少年兵はすべて戦死し、
自分だけ米軍の捕虜になった。

その時、裸にされた体の傷口にはウジがいて、
米軍が白い粉をかけると、ウジがぽろぽろ死んで体から落ちていった、という。

当時捕虜になるということは、これ以上の屈辱はないと、されていた。
生きて恥を晒すより、死を選んだ時代。

裸のまま貨物船の船倉に入れられた時、
日本人の捕虜は80人ほどいたという。
幼かったので、まだ陰毛も生えていなかった。
そこで、米兵から本当に軍人かと尋ねられたという。
船倉に入って、船が動き出して二日目、食料が与えられた。
高さ14,5mも上から箱が降ろされて来た。
箱の中には銀飯とハムが入っていた。

上層のほうで米兵の何人かが見ている。
捕虜になった日本人は殆どが飢えていたので目を見張った。

すると屈強の男たち5,6人が手づかみで全員のものであるはずの食料を全部食べてしまった。
屈強の男たちは、やくざのようであったという。
翌日も同じように食料が与えられ、
例によって屈強の男たちが独占しようとした。

すると、いずれも裸の中から一人の男が立って、

「それでも君たちは日本人か、捕虜になると日本人としての誇りもなくなるのか」

と威厳のある言葉遣いで言った。

裸であるから判らないが、将校であったに違いない。
男たちは恥じて何も反論できなかった。

将校と思われるその人は、人に命じて、食料を握り飯にし、
ハムをつけてみんなに配らせた。

腕をなくした人、病に侵されている人たちや、
子供である私に最初に分け与えた。
そして自分は余ったものを口にしたという。

生きておられれば、もう90歳になられるであろうが、
この方にもう一度お会いして、お礼を言いたいと、くによしさんは語る。

船は動いていくが、明日はどうなるか誰も知らない。
生きて恥をかくよりはと、腕や足をなくした人、
病の重い人が船から身を投げて自殺していった。
ハワイに行くことが先に判っていれば、こんな自殺もなかったであろう、
と回想される。

行き先で処刑が待っていると、誰もが思っていたらしい。
ハワイに着くと、港に沈没しかかった軍艦が何艘もある。
パール・ハーバーだ。
戦争の残骸を片付けないで置いておくのは、この悲惨な光景を忘れないためである、
と米兵は語ったと言う。

過酷な訓練を受けた日本軍人にとっては、その後の生活は、極楽のようなものだった。
毎日、ワイキキの町の掃除に明け暮れた。
バスケット・ボールも出来れば、野球も出来た。


しばらくすると、日本が戦争に負けたというニュースが入ってきた。
日本人の捕虜達は半信半疑であった。

やがて、米兵が戦地から続々帰ってくる。
故郷へ帰る前にハワイで数日休暇を貰って、羽根を広げて帰るのだ。
米兵の慰安でフラダンスショーがあって、その後片付けをすることで、
呑み残しのコカコーラを知り、食べ残しで、サンドウイッチを知った。

その後、病人やけが人を第一陣として、第二、第三と日本へ送還されていった。
少年兵であった くによしさんは、一番元気だったので、最後に送還された。

故郷に帰ってみると、他の人は出迎えがあるのに、自分には誰も出迎えがない。
親戚家族は戦争で死んでしまったのだろうかと、思ったそうです。
しかし、地図上では、家族のいた地域は空襲にも遭っていない。
人に聞くと親戚兄弟を見たという。
帰ってみると確かに家はあり、兄弟父親はいたが、
一番遭いたかった母親は死んでいた。
昭和22年のことです。

近所のお母さんから、同期の何某はハワイにいたか?と訊かれた。
その人は自分が捕虜になったとき、自分の隣で死んでいったのを知っていたが、
先発でハワイから帰った人たちに、ハワイで見かけた、ときかされていたので、
生きていることを信じている。

くによしさんは、さすがに戦死しましたとは言えず、返事をしなかった。
家に帰って父に話すと、真実を告げたほうが良いということになって、
母親でなく、父親に告げることにした。

しばらくして、母親から、死んだ場所へ連れて行って欲しいと言われ、
4~5mもある地底の防空壕に下りていって、ここだと場所を教えた。
回りは戦死した白骨が沢山あって、どれが本人のものか見分けが付かない。

すると、母親が頭骸骨を一つ一つ持ち上げて、歯形を調べだした。
母親は我が子の、歯形を何時までも覚えているのですね。
これが息子の頭蓋骨と判別して、抱いて泣き崩れ立ち上がらず、
自分もここで死ぬと言い出した。

自分の子供を失うという悲しみは、味わった人でないとわからないといいます。
何とかなだめて地上に出しました。

(話は違いますが、ボクの友人も息子をなくしています。
性格というか生活態度が以前と、まるで変わってしまいました。
厭世観が漂って、なんともいえぬ嫌な奴になり下がってしまいました。)

そんな経験をして三年後の、昭和25年、
岡晴夫さんの「あこがれのハワイ航路」がヒットしましたが、
くによしさんにとっては、非常に複雑な気持ちで、この歌を聴きましたという。

最後に、くによしさんは、

「どんなことがあっても、戦争は避けなければいけません」

そう締めくくって、講演を終わりました。

皆さん! 沢山の、いろいろな感想をお持ちと思います!



そして終戦を9歳で迎えたボクは、たった6歳違いでこんな経験をされた
くによしさんに今後も、お元気で、何時までも、反戦の思いを、
後世に伝えて欲しいと思います。


明日、終戦記念日を迎えます。

長崎の原爆被災者で医師であった永井隆博士が言ったように、

(たとい最後の一人となっても、

どんなののしりや暴力を受けても、

きっぱりと「戦争絶対反対」を叫び続け、叫び通したいし、

「戦争絶対反対」と叫び続け、叫び通して欲しい!

たとい卑怯者とさげすまされ、

裏切者とたたかれても「戦争絶対反対」の叫びを守って欲しい。)


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加