空をみながら

 地球規模、宇宙規模で考える。死角のない視野の獲得。憲法9条を守ろう。平和のための最高の武器だと思う。

隔靴掻痒福知山線事故判決

2017年06月14日 11時22分38秒 | 思考試行

事故が何故起こったのか。若い運転手が、何故、猛スピードで運転したのか。なぜ、なぜ、なぜ・・・。普通に考えれば、事故原因はすぐにわかるはずである。

事故原因は、企業の労務管理の厳しさにあった。罰せられることを恐れた若い運転手は、遅れた時間を取り戻そうと必死だった。なぜ、裁判はそこをみない、触れないのか。

これが日本の法治国家の限界なのか。とすれば、いかにも浅く、上っ面だけのみせかけの民主主義だ。とても民主主義が根付いているとは思えない。

なぜ、天下の朝日新聞もそのことを触れないのだろう。裁判の批判を、なぜしないのだろう。新聞が、実態をあきらかにし、事故原因の問題点を指摘しないで、それでも、記者達は、ジャーナリストと言えるのか。

首相官邸の程度も低いが、東大卒がゴロゴロいるという朝日新聞もこの程度なのかと、嘆かわしい。

事故以来、JRの労務管理は、相当変わっているはずである。さすがに行き過ぎを自覚しているのだろう。労働組合の弱体化は、スマートになっていくためのプロセスだと思うが、それでも、真っ当な声が出ているのか疑問である。

「社会主義国」の実態が、失望の連続を招いていることもあるが、北欧でみられる人間を大事にしている傾向は、いずれ、世界の常識にならなければならないし、いつかはそうなると思うけれども、いっぺんにはいかない。やれるところから、やる。靴を脱いで、足をかこうではないか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官邸がこれほどヒドイとは驚... | トップ | 焦点ボケ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。