Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

7.24 AcousticWave Vol.2 in すのっぶ  リポート

2016-07-26 | サケクラすのっぶ

3月に初企画した AcousticWave(アコースティックウエイブ)・・・不定期で今回は2回目、場所はもちのろんで茨城県土浦市にあるライブBAR サケクラすのっぶ。遠方から来る方もいるので今回は15時スタートにしてみやした。


集合14:30にしたけどまだ開店前のすのっぶ・・・すぐ開けてくれたけどねっ


コンセプトとしてはすのっぶにまだ来ていない、または普段なかなか来られないミュージシャンを地元、仲間のミュージシャンで迎え撃つ、という形を目指してます

1組30分で今回は7組の出演、各地から集まったメンバーも予定通り集合!このライブの模様をリポートしよう


オープニングアクション わたくし、前田直弥

一応主催者ですから、あいさつと会場温めに・・・「HEARTBEAT」歌う


1.黒うさこ&マリ (2)  ( )は出演回数です。

はりきって参加の黒うさこさん、ソロで歌った後、今回はなんと娘のマリさんが急遽横浜からサポート参加


母娘コンビで家入レオのナンバーとお友達が作ったお気に入りのオリジナル曲「愛しき日々」を二人で熱唱!さすが息が合ってましたね~



2.ばんぶぅ (2)

出演順は厳正なるアミダくじで決めるけど毎回始めの方を見事に引く、ばんぶぅさん。「かんかん照り(井上陽水)」やお得意の古井戸のカヴァー曲、そして生活に根ざした、らしいオリジナル曲も聴かせてくれましたー



3.ななたけ (初)

すのっぶには度々来ているがこのイベントには初参加のななさん&たけさんの夫婦ユニット。ななさんの母親が87歳になるということで母を歌った曲を中心に新曲を3曲も!すごい!・・・そして最後は「いいかもねー」の合唱で盛り上げてくれました



4.小林 聡 (初)

東日本大震災の被災地を訪ねるイベント North Journey では毎年お会いしてるが思い切って声をかけたら快く参加してくれた小林さん。やさしい歌声のカヴァー曲たちのほか「マリン」「月は東へ陽は西へ」というオリジナル曲も聴かせてくれたー。初の場所なのに盛り上げようとしてくれる気持ちもありがたかったね



5.わたくし、前田直弥 (2)

お着替えしていつものスタイルになって本チャンのライブでっす撮影はTANAさん。

1.ここまでやって来た
2.麗しのスーパームーン
3.50の空
4.夏の記憶~1979
5.蒼

以上5曲、誘ったみんなが快く参加してくれたことに感謝して、歌いましたとさ



6.平野秀明 (初)

「月」という二人組ユニットで活動していた平野さんがソロで登場!しばらくライブから離れていたため「緊張した~」と言ってましたが煌びやかな音のフィンガー弾きは健在。「唄うたいの唄」から新曲「潮騒」も聴かせてくれましたゾ。



7.A.TANA  (2)

最後に登場のためお酒をセーブしていた、アニキA.TANAさん。ヘビ革コーデで客席の度胆を抜き、迫力満点!で「羽田」など・・・その鬱憤か、ラストで弦を切り、指も切り出血!気合入ってました~


ラストアクション

前以って配った歌詞カード見ながらみんなで「時代(中島みゆき)」を歌う、うさこさんメインでヴォーカル!


画像が暗いけど、みんなギター弾いたりしてサポートしてくれましたー


2回目のアコースティックウエイブも無事終了~!ご来場のお客さんもありがとうございました

出演者のみんな、おつかれさまでしたー・・・オイラたちのイベントは伝統的にみんなが時間きっちりしてくれるので終わってもまだ19時すぎ・・・・これからアフターステージです


小林さんのお勧めでご来場のお客さんたちもギター演奏で歌うの図


残ったメンバー+αで順繰り歌ったり、ギター弾いたりして・・・ずいぶん時間が経った頃

またもや、まだむ佐倉さんとSHOWちゃんの長年のコンビ復活!「人生は回転木馬」etc...最高

みんなにお世話になってまたライブができたことに感謝しまーす!また演りますのでよろしくです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:7月24日(日)AcousticWave in すのっぶ

2016-07-19 | スケジュール

仲間と活動していた音楽団体HEARTBEATの流れを汲み、3月にスタートしたライブ、アコースティックウエイブ・・・不定期だけど第2回目を開催します。茨城県土浦市のサケクラすのっぶにて地元その他の仲間たちがステージを競います
今回はスタート時間を早めにしましたのでお気軽に遊びに来てください



★イベント名:AcousticWave(アコースティック・ウエイブ)Vol.2

    日 時:2016年月24日(日)15:00START~19:30頃
    場 所:サケクラすのっぶ
         茨城県土浦市川口1丁目1-28土浦名店ビル2F
    TEL:029-824-0903
     HP:http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/snob/
        JR常磐線土浦駅西口下車徒歩10分
         駐車場は付近のコインパーキングをご利用下さい
     地図:

http://map.yahoo.co.jp/maps?p=%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E5%9C%9F%E6%B5%A6%E5%B8%82%E5%B7%9D%E5%8F%A31%E4%B8%81%E7%9B%AE1-28&lat=36.08064892&lon=140.20184751&ei=utf-8&v=2&sc=3&datum=wgs&gov=08203021001

出 演:A.TANA from 柏
    ばんぶぅ    from 久喜
    ななたけ    from 春日部
    小林 聡   from 東京
    黒うさこ     
from 河内
    平野秀明  
from 阿見
    前田直弥   from つくばみらい
               
ほか
         
         (出演順は別途決めます。)
       

    演奏時間:各組30分

    料 金:1000円1ドリンク付



各地からミュージシャンがすのっぶに集結しますよ


早めに始まり早めに終わる・・・予定でござんす

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7.17 霞ヶ浦KOHANロック 水辺フォークエリア リポート

2016-07-18 | 野外ライブ

茨城県土浦市の霞ヶ浦湖畔で「美しい霞ヶ浦を未来に引き継ぎ、地域の魅力を全世界に発信しよう」というコンセプトのもとに行われる夏の野外フェス 霞ヶ浦KOHANロックは今回で二回目。今年からサブステージ「水辺フォークエリア」が新設されたのでそちらに参加した。


KOHANロックのパンフ


出演者紹介のページ、水辺フォークエリアは17日のみの開催。



梅雨まだ明けぬ曇り空の中、霞ヶ浦総合公園近くの会場へ向かった


駐車場から入ると芝生の広場に立派なステージが・・・こちらはメインステージ



タイトル通りこちらはバンド構成の出演者たちが盛り上げる


「泳げる霞ケ浦」を目指して長年活動している霞ヶ浦市民協会が後援している。


曇りだが暑いのでテントの中にお客さんが集まっていた


食べ物、飲み物販売のテントも立ち並んで、思ったより豪華なフェスだ

さて、そこから通路を挟んだ丘状の芝生の先に我々が参加する「水辺フォークエリア」を見つけたー
まさに水辺を背負った場所に急ごしらえのステージがあり、ライブの準備が進んでいるところだった。

緩い丘の先にステージとテントがあり、脇に音響機材、またその脇に飲食販売、グッズ販売のテントもある


水辺側から客席を見るとこんな感じ

オイラもいろんな場所で歌っているが史上最高に水辺が近いステージだね!・・・さてこのライブの模様をリポートしよう

1.佐倉孝司

音響機材も提供し、仕切りのまだむこと佐倉孝司さんがトップバッターで歌う


「やすがすファーム」やアントラーズ応援歌など、その歌声に来場者が集まってきて良い雰囲気になってきた


2.オランジーナ

浴衣姿で登場は現役女子大生でフォーク村所属の彼女・・・元気よく、そしてしっとりも含めてよく通る歌声でのステージでした。ライブのMCも務めてくれ、盛り上げてくれたー


すごい良いロケーション!!


3.シュガーかつみ

ナイスガイ、シュガーのメッセージ強いブルースも夏フェスにはよく似合う・・・少年の頃の小貝川でのエピソードもおもしろかった。機材の運搬・設営などもこなしてくれた。


ゆったりのんびりな感じ左端はオイラ持参のサマーベット&パラソル。


4.東鶴&金とと

学帽、学生服で登場は東鶴(とうかく)、そして演奏の金ととコンビ。昭和歌謡ということで「ああ、上野駅」「スーダラ節」「赤色エレジー」など独特の佇まいで懐かし楽しいステージでしたー


5.西村みな子

見た目からしっとり系でいくのかなと思っていたら、割とジャカジャカ弾いて高らかに歌うスタイルで歌声が響き渡っていた・・・暑い中涼しくなるように?「White Breath(TM Revoiution)」など。


6.わたくし、前田直弥

ステージに立つと目の前の芝の丘陵が気持ち良い、メインステージに負けないように気合入れるぜ

1.LIVESONG
2.熱 烈
3.風になりたい(THE BOOM)
4.50の空
5.蜃気楼

以上5曲、MCで霞ヶ浦の思い出話を交えながら気持ち良く歌えましたー


撮影はまだむ。 ちらほら見えた知人の方々、わざわざご来場ありがとうございましたー


7.AB Zone

知り合いと話ししていてこれしか撮影できなかったが・・・オールクラプトンのカヴァー曲「Tear in Heven」、「Wonderful Tonight」など、完コピでした


見る人にとってはピーカンよりかえって曇りでよかったかもね


8.パレルガ

普段はバンド活動しているらしいが若者二人でのユニット・・・そのオリジナル曲たちは柔らかい優しい感じの演奏でした

9.Rose

横浜からお越しのRoseさんもこのロケーションに感激した様子で曲の中にも「霞ヶ浦」を折り込んでいた
「グッドナイト・アレン」やアンコールで「青空(The BULE HEARTS)」など

10.水上喜子

ガットギターの音色+水上さんの歌声が湖畔にマッチしてゆったり気分に浸れます。前にコンテストで採用されたオイラ作詞の霞ヶ浦イメージソング「君はいつもそばに」も歌ってくれて癒されますね


あっと驚く水上流「天国への階段(Red Zeppelin)」やお待たせ、「土浦ウオーキングマップ」など。



11.Shu Kunihiro

最後は、土浦で育って今は東京やベトナムなどで活躍しているシンガーの方のステージ。同級生、そしてスタッフとして動いていたSHOWちゃんのギターをフーチャーしての演奏・・・オリジナルのボサノバ調が美しい曲たちでしたー
「気絶するほど悩ましい(Char)」もやってくれたね


夕暮れには少し日も射してきた・・・雨に降られなくてサイコーによかった


たまにステージ後方を船が通ったりします

ということで初の試みの「水辺フォークエリア」のライブも無事終了~!この評判いかんで来年もあるか決まるのでしょうね・・・ぜひ来年以降もこの最高のロケーションでライブやれるといいですね
ご来場のみなさん、ありがとう!スタッフ、関係者のみなさん、出演者のみなさん、おつかれさまでしたー。


翌18日はこのエリアは催し物会場になります。こういったイベントが根付いて盛り上がっていくことを切に願っております



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:9月17日(日)霞ヶ浦KOHANロック フォークエリア(野外)

2016-07-13 | スケジュール

日本の湖で二番目に大きい面積を誇る、霞ヶ浦。しばらく水質悪化が問題視されていたが市民運動を中心に浄化が進められてきた・・・その甲斐あって良い方向に向かっているようだ。かくいうオイラもその活動の一環の「霞ヶ浦イメージソング作詞公募」に応募して採用された思い出がある。その流れか、美しい霞ヶ浦に思いをはせた音楽イベント、「霞ヶ浦KOHANロック」が昨年から開催されて今年はフォークエリアも追加され、そちら出演することになりましたー。野外の湖畔で歌えることを楽しみにしてます!入場無料ですのでお気軽に遊びに来てください。

イベントの紹介
霞ヶ浦KOHANロックは、おかげさまで今年第2回を開催する事が決定しました!
地域の、そして全世界の全ての音楽ファンに愛を込めて、美しい霞ヶ浦を未来に引き継ぎ、地域の魅力を全世界に発信したい!そんな想いでスタートしたこの霞ヶ浦KOHANロック。是非会場にお越し下さい!

主催:霞ヶ浦KOHANロック実行委員会
後援:一般社団法人霞ヶ浦市民協会

     詳しくは、イベントHP:http://kohanrock.club/    



イベント名霞ヶ浦KOHANロック 水辺フォークエリア
  日 時:2016年月17日(日)11:30~17:15
  場 所:霞ヶ浦総合公園  国民宿舎水郷霞浦の湯付近特設ステージ
        茨城県土浦市大岩田
       JR土浦駅西口バス1番のりば 
        「阿見中央公民館」「江戸崎、ガーデンシティ湖南台」行き 
         霞ヶ浦総合公園下車
         東口のりば
        きららちゃんバス(150円) 霞ヶ浦循環右回り 霞浦の湯下車
     バス時刻表:http://www.bus-ibaraki.jp/jikoku-joban/tsuchiura-2.html
  

   
料 金:入場無料・荒天中止

   出 演:水辺フォークエリア
                11:30 佐倉孝司
         12:00 オランジーナ
         12:30 シュガーかつみ
         13:00 東鶴&きんとと
         13:30 西村みな子
         14:00 前田直弥
         14:30 AB Zone
         15:00 市崎健太
         15:30 Rose
         16:00 水上喜子
         16:30 Shu Kunihiro
                17:00  フィナーレ
 順番・時間は予告なく変更になる場合がございます。

◎メインステージは17日11:00~18:00、18日11:00~16:00の2日間の開催です。

こんな感じの場所になりそうです。(まだむ撮影
      
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7.10 アルマナックハウスLIVE 50  リポート

2016-07-12 | アルマナックハウス

梅雨なのに日中は真夏のような陽気のこの日、いつものように千葉県市川市にあるライブハウス アルマナックハウス に向かった。夕方はやや過ごしやすい気温になったのが真夏とは違うところだ


ひさびさにJR市川駅の画像・・・いつも降りているのは北口だったのか


徒歩10分足らずで京成市川真間駅横のアルマナックハウスに到着~


お店の扉を開くとこんな感じ

いつものようにマイスターとお話してリハ、ほどなくライブスタートの時間・・・たぶん50回目となるアルマナックハウスでのライブの始まり始まり~


オープニングアクション マイスター

「ライブ始めまーす」言葉で歌い出すスタートも10年前から変わりませんね、「ジェファーソンホテル」など。



1.わたくし、前田直弥

つくばエクスプレスができてここへ通うようになった・・・50回目のライブです。

1.シンプル
2.HERATBEAT
3.雨の匂い
4.光と影
5.ひまわり
6.50の空

以上6曲、比較的若いお客さんたちがいたので、「オヤジその1」として・・・家の生け垣刈っていたら足長バチに刺された話などを交えて、いつも通りにフツーにしかしリキ入れて歌いましたとさ



2.アベ・デュラン

昔から知っている「HOLIDAY」というバンドのアベちゃん・・・ひさびさ、会うのはなんと十数年ぶりとか。同い年の「オヤジその2」としてバンドの曲「キャンディ」、「30」、「クリスティーナ」をソロで聴かせてくれたー、懐かしい!!東日本大震災で感じた曲も披露。



3.森 偉蔵

この日は会社の後輩とその友人が見に来てくれたとあり、いつもより○○%アップのパフォーマンス!「101」、「化石の風」、「奇跡」など代表曲のオンパレードでアツく張り切ってました~・・・わかりやすい方ですね



4.テラ

大阪出身のテラさんはオレらより少しパイセンだとのことだが、そのブルージーな雰囲気はまさに関西系!シブい!。ブルース調の「ヘビーローテーション(AKB48)」も交えて話も面白かったっす



ラストアクション マイスター

オイラの50回目のアルマナックハウスでのライブもこのカメラ目線のマイスターの歌で締め!「ドナドナ」など。


ご来場のお客さんたち、ありがとうございました。出演者の皆さん、マイスター、お世話になりました・・・次回51回目もどーぞよろしくです。


新兵器ステージから見える所にチューナー設置!ありがたいが感度が良いので合わせるのが結構大変でしたね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:7月10日(日)アルマナックハウスLIVE50

2016-07-01 | スケジュール

確かな数字ではないが千葉県市川市にあるライブハウス アルマナックハウス でライブを演るのは今回でたぶん50回目!約2カ月に一度のペースで10年以上、出張して帰って来られなくなったり、肘を骨折したり、アクシデントもあったがめでたいことだ!マイスターから「次回もお願いします」と言われなくなったら・・の緊張感は持ち続けていたいですね~



イベント名アルマナックハウスLIVE 50
  日 時:2016年月10日(日)19:30~
  場 所:アルマナックハウス
        千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
       京成線市川真間駅新田5丁目出口すぐ中華ふーみん2F
        TEL047-323-7271

   
料 金:テーブルチャージ300円+ライブチャージ700円(他通常オーダー)

   共 演: テラ/森偉蔵/アベディラン(new)
      
 
出演時間30分位

       アルマナックハウスHP:http://www.h4.dion.ne.jp/~almanac/


ま、でも特別気張らず、いつも通りがんばって歌いやす

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6.25 S&K フリーライブ  リポート

2016-06-27 | カフェビストロたかじん

茨城県つくば市にあった、カフェビストロたかじん というお店には庭を借りて「ミュージックピクニック」などで3年間に渡りライブで大変お世話になった。
残念ながらそのお店は閉じてしまったけど、たかじんのマスターがつくばみらい市の自宅の車庫?納屋?を自分でコツコツ改装工事してライブスペース付きのお店を秘かに始めている、ということで近所のミュージシャン佐藤勝則さんを誘って訪れた。

オイラは工事中視察とGWに行っているので開店後は二度目だ。


自宅入り口の建物を改装しているので「S&K」の外観はこんな感じです。
オイラの自宅と同じ市内なので車で10分くらい、近いね~!


前以って予約して行ったのだがすでに中から音が聴こえてきて演奏が始まっていた。


店内に入るとステージがあって大きな円卓が客席になっていてきれいな内装だ

お店は手作りピザやパスタがメインでテイクアウトもOK!他にもメニューはいろいろあるようです。
音楽をやる人は1500円のチャージを払えば自由に演奏や備え付けのカラオケも歌えるそうです

すでに旧知の後藤さんをはじめミュージシャンの方々、お客さんも何名か来ていて
マスター&ママさんにごあいさつして、なんとなくの流れでフリーライブが進みます


佐藤勝則さん、名刺代わりに歌う、近所なので誘ってみたがお店を気に入ってくれたみたいでよかった


山さん、この前もご一緒したが幅広いジャンルの曲をやさしい声で歌います。ストラト弾きもうまい!本当に歌がお好きな方です


牛久からお見えの初来店の、高田さん。ギターが上手くて、フォークの名曲「落陽」などをを熱唱

後藤さん、楽器や機材を持ち込んでの常連さん。ビートルズをはじめムード歌謡からGSまでオールマイティの素晴らしさ


自然な流れでバンドっぽくなってきて・・・


なんとマスターがドラムを・・・初めて見たけど似合ってますよね。


お客さんも交えてアットホームな雰囲気でみんな食事と音楽を楽しんでます
佐藤さんの「と・も・こ(吉幾三)」は大ウケ!


流れまかせで何周かして、最後は佐藤さんがヴォーカルを・・・
その後はカラオケ移行していきました~

撮影頼むの忘れて画像ありませんがオイラも後藤さんのタカミネのギターを借りて歌ったよ!

ひとり咲き(チャゲ&飛鳥)
帰れない二人(井上陽水)
僕の胸でおやすみ(かぐや姫)
とんぼ(長渕 剛)
いちご白書をもう一度(バンバン)
季節の中で(松山千春)

など今日はカヴァー曲オンリー


懐かしのジュークボックス発見

初めて顔を合わせた方々もみんな音楽を通じて和気あいあい・・・音楽ってこういうところがいいですね~
この気楽な感じがすごく新鮮でしたー


生地から手作りのフレッシュトマトのピザがおいしかったし、頼まなかったけど特別メニュー?のもやしラーメンもおいしそうでした。「S&K」の名はお孫さんの名前からつけたとか・・・

ミュージシャンの皆様、お客さん、そしてマスター&ママさん、楽しい時間を過ごせました~、ありがとう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6.24 すのっぶ金曜ウイークリーライブ  リポート

2016-06-26 | サケクラすのっぶ

茨城県土浦市にあるライブBAR サケクラすのっぶ の金曜ウイークリーライブは出演者、観覧者もライブチャージ無し、通常のオーダーのみでライブを楽しめるお得な企画なのです

この日は梅雨のどんよりした気候の中、お店向かった

JR土浦駅から徒歩約10分、土浦名店街内にあるすのっぶ


この日の共演者はミヨコ昆布、TEL、と親交の深いミュージシャンたちだ

この2月くらいから毎月すのっぶでライブを演らせてもらっている感じ・・・さてこの日のライブもリポートしよう

1.わたくし、前田直弥

今回はオイラが一番に申し込んだのでなんとなく言いだしっぺの仕切りっぽくなったが・・・

1.HEARTBEAT
2.寸 前
3.雨の匂い

ときて

TELにリードギターを入れてもらって2曲、
4.熱 烈
5.麗しのスーパームーン

6.ひまわり
7.50の空    で1周目終了



2.ミヨコ昆布

いつもは旦那のコータローと組んでいるがこの日はレアなソロでの弾き語り、「生活の柄(高田渡)」、「月光値千金」など選曲がすごい


また大きくなってる!息子のレイジくんも元気いっぱいに店内を闊歩


TELのマンドリンと共に水上喜子さんの曲「土浦ウォーキングマップ」
オリジナル曲のねぎしのとうふは懐かしかったなー



3.TEL

ウイークリーライブの首領(ドン)、TELが登場
最近はセントルイスブルースから入るパターンにしているそうな。

「平野の歌」やエリザベス石川の「あわいろ」など多彩な選曲。

しかしまじまじと見ていると指の動きがやはり尋常じゃない!そして疲れ知らずな連続技・・・楽しそうに弾いている、根っからのギター弾きなんだな。
オレより詳しいTEL目線のブログはこちら:http://ameblo.jp/kh510sss1971/entry-12174711280.html

というわけで2周目に突入


8.蜃気楼
9.Radiance
10. 蒼
11.花 椿  以上11曲、なんだかんだで結構歌ったね~

その後、ミヨコ昆布もTELも演ってライブ終了~
ガッチリお付き合いいただいたお客さん、途中から来たお客さん、ありがとうございましたー

このところイベント的なライブが多かったけどゆったり気分でじっくり歌いましたとさ・・・これがウイークリーライブの良さか。すのっぶのまだむお世話になりました、またよろしくです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:6月24日(金)すのっぶ金曜ウイークリーライブ

2016-06-13 | スケジュール

期せずしてこのところ茨城県土浦市にあるライブBAR サケクラすのっぶ で月1回 ライブを行っている・・・良い傾向だ。今月は金曜ウイークリーライブ・・・金曜夜にライブチャージなしオーダーのみというお得なお店の企画に参加しまーす。当初オイラだけだったがミヨちゃんが手を挙げてくれてめでたく共演!そして後日、TELも参戦が決定!3組で盛り上がろう!よろしく


★イベント名:すのっぶ金曜ウイークリーライブ

    日 時:2016年月24日(金)19:30~
    場 所:サケクラすのっぶ
         茨城県土浦市川口1丁目1-28土浦名店ビル2F
    TEL:029-824-0903
     HP:http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/snob/
        JR常磐線土浦駅西口下車徒歩15分
         駐車場は付近のコインパーキングをご利用下さい

    共 演:ミヨコ昆布/TEL
    料 金:チャージ無し要オーダー


いつもながら楽しくライブを演りましょう~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6.5 和音音楽祭7周年 2日目  リポート

2016-06-07 | 和音

めでたく7周年を迎えた埼玉県春日部市にある ライブスペース和音 ではそれを記念して2日間に渡ってのライブ「和音音楽祭」が開催された。出入りのミュージシャンが集結するわけだがオイラはその2日目に参加した


スタートはまだまだ明るい午後4時からでした


本日もたくさんの出演が予定されていた


会場に到着するともう出演者&お客さんがけっこう来ていてそれぞれあいさつなどをして・・・。

ほどなく店主べらふさんの号令によりライブスタート昨夜も盛り上がったそうだが今日も盛り上がろうぜ~

またもやデジカメを忘れてしまったため慣れないスマホカメラの画像でっす、あしからず


1.ばんぶぅ

ご常連のばんぶぅさんが口切!お得意の古井戸や所ジョージのナンバー他オリジナル曲「足長バチ」・・・シュールな内容はこれまでで最高に会場を笑いの渦に巻き込んだ~。




2.わたくし、前田直弥

ちょっと訳あり順番変更、2時間も繰り上がるのは初体験かそれでもばっちり対応できまっせ!

1.ここまでやって来た
2.光と影
3.麗しのスーパームーン
4.50の空
5.イメージカラー  以上5曲、開店当時初めてここで歌った時を思い出しながら、長年お世話になってる感謝を込めて歌いやしたー




3.高橋きよはる

和音オープンのきっかけを作ったのがきよはるさん。昨夜につづきごあいさつ程度と遠慮しながらのステージ。それでも明るいパワーと歌声が炸裂!
新曲「誇り高き貧乏人」はEEねェ~



4.Mana☆


美しい歌声とコーラス、アコギ2本の演奏がぴったりマッチの正統派ユニット。Manaさんはステージ上でオイラと同じ年齢だとカミングアウト?してくれました。彩の国イベントで受賞したという「たからもの」という曲はさすがな完成度で良い曲でしたー



5.木村鉄也

和音でのイベント「ハッピーフォーク」を主宰しているてっちゃん。社会へ向けてのメッセージを常に発信し続けている姿勢はすごいっす!
その穏やかな人柄はもはや和音にはかかせない方ですね



6.ultimate zero

群馬から参加の兄弟ユニット。ギュイーンギュイーンのハードロックテイストのギター&ヴォーカル、そしてドラムスのナイスガイ二人組は双方とも熱い気持ちを感じさせてくれる演奏でしたー。



7.ぶんた
申し訳ないっす、画像撮ったがボケボケで使えないほどでして・・・ゴメンしてね
ぶんたさんは古き良きフォークソングのカヴァー特集、有名無名の名曲セレクトの中「一本道(友部正人)」を聴けたのはよかったなー




8.べかすかパーティー
 
べらふさん率いる和音手錬れのミュージシャンで構成されるバンド。「デザイヤー(もんた&ブラザース)」が懐かしかった・・・そして十八番のジュリー!「TOKIO」でノリノリ最高潮ギターのC-kunが痩せていたのが驚き



9.リッキーフジ&Heavyweighters

プロレスラーのリッキーフジ率いる激アツバンド!ヴィジュアルもサウンドもヘビーな迫力です


さすがパワー満点、リッキーさんのヴォーカル


ギター伸太郎とべかすかC-kunのノリノリ対決!さすがギター教室の先生、テクすごい


女性のドラムスに変わったり、スキンヘッド&TATOOのギターの方など・・・ハードな出で立ちだけど話してみるとみんな良い人たちですよん


満杯状態の会場はぐんぐんテンションアップしていきまーす



10.ごぢゃっぺflattered

和音初登場の女性ヴォーカル坂本 愛とTEL&涼子の石岡夫婦のユニットがブルージーなナンバーでぐぐっと締めて・


さすがのノリでコール&レンスポンス!で楽しい一体感

画像無いけどステージ中にTEL夫妻の娘、愛ちゃんがグズっているのをご来場のお客さんが上手にあやしてくれて・・助かりましたね


11.Due Anime

沖縄出身のデュアニメさんが今回はイケメン男性3名(keyはだんなさん)のバンドを率いて登場!
突きぬけたSexy路線でいきなりの挑発~!


その歌、踊り、テンションの「♪Oh~O・KI・NA・WA」で会場をMAXに盛り上げた~

このブログを見たと言ってもらったのでオマケでもう1ショット


こうして7周年記念ライブは怒涛の盛り上がりのうちに終了~!なんだか和音らしいカオスですごい夜になったね~!みなさん、おつかれさまでしたー。


ラストアクション べらふ&C-kun

べらふコールの中、べらふさん登場!オリジナル曲をC-kunとしっかり〆ていただきやした

数々の出会いがあるライブスペース和音・・・また今年後半、そして来年以降も和音が盛り上がっていきますように!!べらふさん&なおみさん、おめでとうございます!これからもどーぞよろしくです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加