Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

4.1 Rock Cafe Glass Onion(グラスオニオン)つま弾きカフェ に参加しました。

2017-04-05 | その他のライブリポート

 スケジュールには無かったがこちらも地元中の地元、みらい平駅近くにある Rock cafe Glass Onion(グラスオニオン)に1年ぶりに行ってみた。毎週土曜日夜にライブをやっているそうだがこの日は「つま弾きカフェ」・・・1組15分の持ち時間で自由に歌えるオープンマイクなライブです

1年ぶりだがマスターも憶えていてくれて前に共演した方たちもいたし、佐藤勝則さんも後からやってきて初めての方々も交えてのアットホームな雰囲気で楽しかったです

音響機材なしの自然な音が新鮮で、今回はカヴァー曲のみ 1.春なのに(柏原よしえ) 2.LALALA(研ナオコ) 3.あの日に帰りたい(荒井由実) 

以上3曲歌った~。時間あるときまた行こうっと。

全部で8組くらい出たかな?お店のFacebookです。

https://www.facebook.com/rockcafeGlassOnion

 

 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、ギター、室内

マスターが撮ってくれた画像・・・座りでグラサンなしのレアな姿

 

オーダーのみで自由に参加できるのがおすすめ、マフィンやおつまみフードもあります。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3.19 GLASS ONION(グラスオニオン) ’つま弾きカフェ’  リポート

2016-03-20 | その他のライブリポート

スケジュールには無かったが、近所の音楽仲間の佐藤勝則さんから最寄のみらい平駅付近にオープンマイクのライブをやっているお店があるとの話を聞き、一緒に連れていってもらった

ちょうど信州から高橋和幸&美樹夫妻も来ていたので同行してもらい、いざ出陣


駅から程近い場所にRock cafe GLASS ONION(ロックカフェ グラスオニオン) という・・・


駅ができてから開発された新しい住宅地の中のお店があった


普段の営業時間はこんな感じらしい


その中で月に1、2度?オープンマイク形式のライブを開催している・・・チャージ無料で通常オーダー。

中に入ると白い吹き抜けのオシャレな空間、20人も入ると一杯な広さだがもうその人数くらいでごった返していた
まもなくライブがスタートしたが音響機材はベース用の小さなアンプがあるくらいで基本ノーPA、ノーマイクで演るスタイルだった。


2~3曲ずつでみなさんお名前は存じませんが・・・トップの女性の方


若いユニットの方々や・・・


ブルースっぽいヴォーカル&ギターの女性の方・・・などとても全部紹介できないくらいたくさんの出演者、老若男女入り乱れて進行・・・

そして、佐藤勝則&せんさん、カホーンの方を交えてオリジナル曲や

「と・も・子(吉幾三)」の歌詞カード無しでの語り&歌はすごい、せんさんのギターもシブく、観客を惹きつけていた

それからまた何組か出演して・・・

わたくし、前田直弥です

ひさびさに初めての場所でのこのアウエー感、しびれるね~。

1.HEARTBEAT
2.熱 烈
3.蜃気楼  以上、名刺代わりに3曲、

ノーマイクも新鮮でしたー! 撮影は高橋さん。

その後もつづき・・・

ハモネプ的な方々が出たり・・・

最後はお店のマスターがギター参加してのビートルズカヴァーユニットでオーラス!
全部で20組くらいは出たんじゃないかなぁ、盛りだくさんなライブでしたー

月1回のライブの他、年に1,2回秋葉原のスタジオでもバンドを集めてライブを行っているそうです


店内は洋楽のLPジャケットがインテリアとして飾られています。

お店がオープンしてから3,4年経つらしいが・・・こんな近所に、こんなお店があって、こんなにミュージシャンが集まっていただなんて・・・驚きでした~!みなさん、お世話になりましたー。

混雑していて飲み物しか頼まなかったが今度はカレーやマフィンなども食してみたいなー、教えてくれた佐藤さん&せんさんありがとう!同行してくれた高橋夫妻、おつかれさまでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10.26  居酒屋 渚ライブ リポート

2014-10-30 | その他のライブリポート

このブログを始めて9年、初めての5日連続更新です!・・・自慢できることではないけど・・・。

弥十郎民商まつりが終わった後、ばんぶぅさんのお誘いで最寄り駅大袋近くのお店でライブがあるというので行ってみた・・・線路沿い、そこは数年前まで友達が住んでいたマンションの目と鼻の先、さらに5年ほど前に「あき爺」というお店でライブを演ったがそのほんの10mほどの 渚 という居酒屋だった

よく来ていた所のあまりにも近くなので驚いた・・・縁があるんだね~


2カ月に一度ライブが開催されているそう・・・ライブの日はここではなく裏口が入り口になります、その秘密は?


居酒屋というより昔ながらのスナック、という店内でしたね。

開店にはまだ早かったが店内に入るとママさんと若いマスター?がいてご挨拶・・・弥十郎民商まつりに出店していた方も一足先に来ていて、スパゲッティごちそうになりました
しばらくすると音響機材を持って出演者の高木さんがご来店、機材セットして準備OK!アミダくじにて出演順を決めてほどなくライブスタート

1.わたくし、前田直弥
 
ばんぶぅさんの口利きで本日急遽出演のオレ、見事にアミダで1番引いた~!ってことでとっぱじめに歌う。
1.ここまでやって来た  2.HEARTBEAT   3.熱 烈   4.夕 凪  5.ジェラシー(井上陽水)  6.蜃気楼  以上6曲、初めましてでキッチリ歌いましたとさ
背中越しに入り口ドア・・・ライブ時はステージになるので裏口からの出入りになるということでっす


2.佐藤くにや

合唱部で鍛えた喉は朗々としてやさしい歌声・・・オリジナル曲も強いメッセージの詞ながらやさしい曲調なのです。なんかそんな気がしてたが後で聞くと福祉や介護関係のお仕事をされているそう。歌う事が大好きな方でしたー


3.フォークソング同窓会

機材持ち込みの高木さんと同級生のコンビは「俺たちの旅」や「案山子」など高木さんがマンドリンに持ち替えたりしてフォークソング王道のデュオ、コーラスが美しい!地元を歌ったオリジナル曲もあり、その中でもビートルズの「エイトデイ・ザ・ウイーク」 に大袋の歌詞をあてはめた歌がうまいね~・・・そういう手があったのか~

知らない間に常連のお客さん?が多数いらして満席状態に・・・

4.ばんぶぅ

アミダでトリ・・・「一番がよかった」と嘆いていたばんぶぅさん、満を持して登場!好きだという古井戸のカヴァーもよいがやはりオリジナル曲が個性があって印象的・・・「たわごと」は鮮烈です

最後の「千鳥足」は高木さんのマンドリンと共に・・・マンドリン間違えたので2番からやり直すところが自由ですねー

この後、2周目でオイラも 7.とんぼ(長渕剛)  8.   歌いやした
初めてで急遽参加のオレにも関わらず暖かく迎えてくれて、ママさんはじめみなさん、そして出演者&仕切り役の高木さん、ありがとうございましたー。昼からお付き合いしてくれた、ばんぶぅさん、おつかれっした、ありがとう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2.16 KASHIWA MUSIC LOUNGE Vol.6 リポート(途中まで)

2014-02-21 | その他のライブリポート

茨城・千葉辺りは運良く雪が雨に変わってだいぶ融けてしまったこの日・・・大雪になった地域の皆さんにはお見舞い申し上げます・・・・千葉県柏市の柏市民文化会館小ホールで KASHIWA MUSIC LOUNGE Vol.6 が行われた。
昼から夜9時までのロングランでたくさんのミュージシャンが出演するフェスティバル感覚のホールライブだ。

実はオレ、91歳の祖母が亡くなってこの日がお通夜・・・納棺前に帰らなければならず出番が終わり次第失礼することになってしまっていた

小ホール入り口。警備員さんが見張っているのだぞ。


客席は1階だけだが落ち着けるちょうどよい大きさである


主催者のファンキーもPAの稲葉光秀さんも若かりし頃ライブを行った思い出深き場所だそうだがこの4月から改修工事に入って1年間は使えないとの事、新装したホールに期待しよう。


朝9時に現地着してファンキー&稲葉さんの機材搬入・セッティングを手伝う

ホール入り口から見るとこんな感じ


彼らは手慣れているのでセッティングが早く、順調に完了

なのでこの日ひさびさにバンドで演るオイラたちは早く入りしてリハやらせてもらった


奇しくもこの日発売を迎えたオレのCD「LIVESONGS」も物販コーナーに並べてみた・・・20分間だけだけど

そしていよいよイベントスタート

オープニング:fanky,kiyoshi,morikumaトリオ

オイラのバッキングメンバーが即興的にオープニングを飾るう


音響担当の稲葉さんも大忙し~、ごくろうさまです。


ネットラジオにも出演しているファンキーがMCを担当!



1.マオリ

トップバッターで非常に緊張している様子だったがカヴァー曲を丁寧に歌っていたね


2.Singerstだいすけ


ドラマーからシンガーソングライターに転身した彼は突拍子もない感覚の曲でオリジナリティに溢れていたゾ



3.わたくし、前田直弥&Fighting2014

前出の三名、ファンキー(ds),kiyoshi(b),morikuma(Eg)とアルバム収録曲の・・・
1.LIVESONG  2.HEARTBEAT  3.蜃気楼  4.蒼    以上4曲をばっちりキメましたー・・・歌詞ちょっと間違えたけどな

レコーディングもばらばらに録ったけどまとまりはよかったんじゃないかな、瞬時にアジャストはさすが昔一緒に演った仲間だね
貴重なバンドライブだったが画像撮ってもらう人もおらず、ソデから動画撮ったが音が割れて使えないので・・・聴きたい人はCDを買って聴こうワハハ!

そして出番が終わるとすぐに地元へと帰っていったのであった、みんなこの後も盛り上がったことだろう!。


今回演ったバンドヴァージョンも収録の・・・
https://sites.google.com/site/naoyamaedalivesongs/shop/livesongs/LV200.60.jpg
オンラインストアはこちらから

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1.22.23.24 神戸湊川公園 Cafe SUN 飛び入り参加リポート

2014-01-25 | その他のライブリポート

今年から新しく関わる仕事の都合で兵庫県神戸市に一週間ほど行ってました


根城は神戸市街地から程近い 兵庫区湊川公園付近


湊川駅の上部が公園になっている・・・大楠公=楠木正成の像


この公園の下が駅または交差点になっているのだ


近くには活気ある商店街が・・・小さいお店が無数にあって賑わっている


東の浅草と並び称される繁華街、西の新開地もすぐそこ・・・


市営地下鉄湊川公園駅の近くに宿を取り、バスで10分のところへ昼間毎日通うのだ

オレもミュージシャンのはしくれだからせっかく神戸まで来たのだから付近にライブ関係のお店はないものかと・・・「Live Walker」で検索すると歩いて3分位の所にライブカフェがあるというので定休日明けの水曜日に訪ねてみた。

地下鉄駅そばのミナエン(ミナトガワコウエンの略だと思う)タウンの中にある、という。


駅からの入り口・・・昭和の香りがプンプン漂うね~



別な入り口から・・・こちらはさらにディープな感じがするね~、右端は映画館ですぞ。


地下1階地上3階のビルは飲食店が中心に入っている


そこここでカラオケが響きわたる地上階を下り、地下1階通路。目指すお店はすぐそこに


サイトに出ていた「Cafe SUN」に到着!


外からでは中の様子はうかがいしれない


あまりにディープで入りづらいが・・・えーい思い切ってドアオープン

一瞬「なんじゃー!われ」とか言われるかと思ったが・・・出迎えてくれたのは女性店長のローラさん、一見の客にも関わらず快く歓待してくれたのでリラックスしてカウンターに座った

平日とあって静かな感じだったが、ほどなくオーナーのヨッピさんが現れ、常連さんも来たので演奏を促される・・・関東モンらしく遠慮しているとヨッピさんが先陣を切って歌ってくれたので・・・


ヨッピさん&三浦さんの即席コラボ

名刺代わりに先週も新橋で歌った「Time gose around(長渕 剛)」「くよくよするなよ(風太郎ヴァージョン)」を歌ったら、急速に皆さんと距離が縮まったー、これぞ音楽のチカラなんだね


フォーク・パンクを自称するバンド「けじらみ」の三浦さんが熱唱を魅せてくれて・・・ネクタイ姿でギャップがすごい

彼とはほぼ同世代だということが分かって意気投合!音楽や昔話をなんだかんだと話したねー

店長のローラ☆アキさん・・・朗らかな感じで迎えてくれてありがとう

この夜から帰るまで3日間、このcafe SUNに毎晩来ることになったのだった


2日目・・・1階のお好焼き屋さんで名物「そばめし」を食した後・・・

お店入り口から入ると喫煙コーナーがあってそこを抜けるとこんな感じの店内・・結構広いんよ。


ギブソンを駆る、おかぴーさんとジャズボーカルの女性が素晴らしいステージ展開中


歌がうまくて・・・特に「黄昏のビギン」は感動モノでしたー


Gフリーさん。独創的なオリジナル曲は自由度満点!型に囚われない姿勢は手錬れのバッキングメンバーもタジタジ


ローラさんはベーシストとして兵庫、大阪中心に活躍中!ドラムのチャオさんも2日連続でご来店。レベル高いセッションが繰り広げられる~

オレもこの3名の方々+歌風センセイとセッション?「初恋(村下孝蔵)」前日同様「くよくよするなよ!」、そしてついにオリジナル曲「 」・・・みなさん、このよそ者の訳わからない歌にバッキングしてくれてありがとう!皆さんビートルズがお好きなので「オー!ダーリン」も歌ってみましたー

ステージには上がらなかった常連の方(スーツ姿の)が同じ歳(星座も同じ)だと分かって意気投合多いね、しかし


頼めなかったのでオレが歌っている画像は無いが・・・ローラさんが送ってくれたら追加でアップしますねん。


ギブソンなのにサスティーンが美しかった おかぴーさんのギターテク炸裂


そして大御所?みんなから先生と呼ばれる 歌風さんもバリバリ参加で楽しかった~



そして最終日夜・・・ローラさんオススメの新開地の居酒屋「八喜為(はきだめ)」魚が旨かった!に寄ってからミナエンタウンに到着!今宵は同じ階にあるアコースティック中心だというお店に寄ってみた

な、な、なんとミナエンタウンにはスタジオを含めライブ関係のお店が5件入っていて、いずれもチャージ無料なので渡り歩くことが可能だという・・・我々みたいな者にとってはパラダイスのようなビルなのだ~


グリーンラビットの入り口。

シンプル イズ ベスト・・・可愛いっすね

店内は金曜日とあってアコースティックイベント真っ最中!大勢の出演者が2曲交代でフォークの名曲やオリジナル曲を順々に聴かせてもらってGOOD~

そして徒歩20歩?またまたcafe SUN に来店!
ヨッピさんとカップルでご来店のお客さん、その他の方々で賑わっていた

ドラム&ヴォーカルのお客さんとアコギのヨッピさん。

今宵もオレはギターをお借りしてステージへ・・・3日目にしてすべてオリジナル曲、「HEARTBEAT」「熱 烈」「蜃気楼」を 歌わせてもらったー、ちょいと風邪声で失礼しましたけど皆さん聴いてくれて、そしてハイタッチありがとう



山口百恵のナンバーが上手かった女性ヴォーカルの方とストラトに持ち替えたヨッピさん。


低めの声のトーンに迫力がある彼女は相当歌い込んでいる感じですね~

本日もこれまた同世代とおぼしきお客さんがいて、彼女が歌うユーミンや聖子ちゃんのナンバーで一緒に盛り上がりましたね~、まさに一夜毎の一期一会だ。

楽しかったミナエン滞在も今夜が最後・・ちょっとさびしいね~。ローラさん、お世話になりやしたー。
帰り際ヨッピさんが同じ階のお店を案内してくれて・・・実は彼がすべてのお店のオーナーでこの地区を音楽で楽しく盛り上げようという志なのだ!ここにもいたね、アツい想いの方が・・・良い出会いに感激

生まれて初めて長期間関西弁に触れていたが、神戸の方たちは仕事でも音楽でも関わった人たちはみなやさしかった~ありがとう!良い思い出になりましたー、またぜひ来たいと思います
このブログをご覧のみなさんも機会があったらぜひ足を運んでみてください、いいとこでっせ。





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6.30 青いひみつきち オープンマイク  リポート

2013-07-02 | その他のライブリポート

このところのライブはおなじみのお店で仲間たちと楽しく演っている、まさにホーム気分なのだが・・・たまには見知らぬお店でアウエー感を味わってみよう!とネットで調べて、急遽オープンマイクでの出演を申し込んでいた

場所は半端な田舎者だと尻込みしてしまう(ホントの田舎者は麻布がどんなとこか知らない)東京・麻布・・・奇跡的にオイラの最寄り駅から乗り換え1回で行けるし、チャージなしのオープンマイクでも破格の30分の持ち時間を与えられるというので「青いひみつきち」というお店に決めたのだった。HP:http://www.aoihimitsukichi.com/


地下鉄麻布十番駅からキョロキョロしながら商店街を抜け、閑静な住宅街をゆくこと約10分、路地のぶつかったところの4階建の建物にカンバン発見


HPのMAPを頼りに来たら分かりやすかった~。洋食を中心としたライブ食堂。


毎月末の土日はオープンマイク実施中!(事前予約で各日最大6組くらい)

看板の脇の階段を地下へと降りてゆくと小さな扉をくぐる・・・


すぐカウンターがあって、奥に広がるスペースに目をやると・・・


鍵型に曲がった先にステージがある。天井の低さからしてこの雰囲気はまさに隠れ家というより「ひみつきち」だ

マスターや先に来ていた出演者の方とビールを飲みながら歓談して・・・ライブスタート

1.アモン・キャッスル

横浜からお越しの彼は自作曲の打ち込みCDに合わせてハードロックの激しいヴォーカル!ノリもいいぞ!いきなり絶叫系でノドを痛めたようだったが後の方の日本語のオリジナル曲は詞がわかりやすくてGOOD!。ここ最近でオープンマイクのお店を二十数軒旅している明るいチャレンジャーな若者でしたー



2.わたくし、前田直弥
アモンさんが撮影してくれているようだったが??・・・あれっ、画像がなかったな、ま、いいか
お店にはギター(モーリスW40)も常備してあって貸してくれるとのことだったが、YAMAKIバッファロー持参していった。

1.ここまでやって来た
2.HEARTBEAT
3.ひまわり
4.光と影
5.夜明間近

場合によってはカヴァーも演ろうかと思ったが、マスターに聞くとオールジャンルOK!ということでいつも通りオリジナルで押したー・・・初めてのお店はやはり歌う雰囲気も違う!たまにはEEね!聴いてくれてありがとう




3.松田

宇都宮からお越しの彼はキーボード弾き語り・・・オリジナル曲もあるそうだが本日はカヴァー曲「グッドバイイエスタデイ(今井美樹)」とボサノバの「Wave」。きれいな音色にやさしい声が響いていた~、もっと演ってほしかったけどね

本日はこの3組・・・土曜日の方が出演者が多く、週末は遠方から演奏しにくる方がほとんどらしい(オレと同じか)。

この後、打ち上げ的な感じでマスターの小堀氏を挟んで歓談、コックの傍らプロのシンガーとしても活躍していたそうだ・・・そしてマスターと松田さんとオレが同学年ということも発覚した

同学年ということでその昔のアイドルや音楽の話が弾んで、しまいにはマスター秘蔵のアストリアスのギターも弾かせてもらった。主には付近の夜のお店が終わった後の方々がお客さんで,音楽はみんなで楽しめるようやっているそう・・・ホントに音楽好きなんですね!その懐の広さがオールジャンルOKの来るもの拒まず、なんですなー


おもしろい話も聞かせてくれるマスターの小堀さん。行ったら食べようと思っていたハンバーグもおいしかった


アウエー感を味わいに来たんだけれども何だかホームな気分になってしまったな・・・よい刺激と勉強になりました、お世話さまでしたー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3.26 地球食堂てらすやライブ  リポート

2013-03-27 | その他のライブリポート

復帰ライブから中3日、今回も前回に続き茨城県土浦市でのライブ・・・オレにしては珍しい平日夜のライブとなる。場所は土浦駅近くのモール505にある 地球食堂てらすや ・・・初めて訪れるお店だ。

モール505の2階にある てらすや


暖簾も手作り感覚

早めに着くと、企画してくれたTELとエリザベス石川がすでに”ドンチャック”していて、日中カラオケBOXでセッション練習していたそうだ。イケメンマスターとはじめましてのあいさつをして、顔見知りのお客さんがぼつぼつやってきてくれたー

さーてではライブのもようをリポートしよう

1.ひめうたい

常総のシンガー陽菜(ひな)とTELのユニット。「ひめうたい」というのは鳥の名前だそうだよ
可愛らしいアニメヴォイス?が持ち味で「デイドリームリバー」「バレンタインキッス」などとしっとり「悲しくてやりきれない」をTELのヤマキ12弦のアレンジで聴かせてくれたー
TEL目線のブログはこちら:http://ameblo.jp/kh510sss1971/entry-11499687316.html

2.陽菜(ひな)

今度はソロで・・普段は友達とのユニットで活動しているそうだがしっかりしたMCを交えて落ち着いたステージ運び(ギターはお父さんがフリマで購入してくれたそうetc..)で今風の卒業ソングやAKBナンバー、と思ったら我々オッさんらにも適応の「オリビアを聴きながら」も歌ってくれたー。とにかく新鮮感があったね



3.わたくし、前田直弥

いらしてくれた仲間のみんなとマスターをはじめ初めての方々も一緒にお仲間的な雰囲気で・

1.時の流れ
2.HEARTBEAT
3.熱 烈
4.ひまわり
5.この場所から(岩手県沿岸地名入り)  以上5曲。楽しく歌わせてもらいやしたー


いつもながら飛び入りパーカッションでオカリナ奏者の野口さんがサポートしてくれたっ



4.EIKO ISHIKAWA(エリザベス)

千葉県市川市から参上!元はと言えば昨年の「North Jounery2012岩手」で彼女たちのグループと一緒のライブ&合宿してみんなで楽しく意気投合(昨年9月の記事参照http://blog.goo.ne.jp/708livesong/e/78cf5c9b672a65e0cdf621903716ad58)・・しかし普段ブッキングすることが無いのでTELと共にオレに声かけてくれたのが本日のいきさつ・・ひさしぶりに再会できてよかった、ありがたいね
ステージはというとガットギターでボサノバの弾き語り・・・しっとりとした感じで「イパネマの娘」「テネシーワルツ」ほか桜にちなんだオリジナル曲も交えた~、実にクールな歌声だ。歌っている時とMCの時のギャップがおもしろいのだ!(よく言われるらしい)。

そして本日練習したというTELとのコンビで・・・「WAVE」など、美しいメロディーがキマってたね


熱心に弾く、アネゴ&シャテイの関係か



てらすやはブックカフェにもなっていてリラックスした店内の雰囲気


面白そうな雑貨や絵画なども陳列販売されている


ミュージシャン仲間の水上さんやKASHOさん、野口さんもご来場してくれて・・・


皆さん、パーカッションしながら楽しく観覧中


お気にのジャンベがよーく似合っとるタカコさん


5.TEL

そしてこのライブの仕掛け人、TELがソロで登場!
今回は得意のネタ話は控えめ・・・でも「中貫・・・高速すり抜け」話など折り込んで・・RAGのナンバー「ナンシー」(ひさびさ聴いた)や「ボルサリーノⅡ」「キャノンボールラグ」そして「秘密のアッコちゃん」も軽やかなテクで聴かせてくれたぞ


ラストは再びエリザベスがヴォーカルで登場して、西塔さん(Key)も飛び入りで・・・「京都慕情」、「ALL OF ME」でオーラス
会場は盛り上がった~

EX 西塔卓実(さいとうたくみ)

ご来場してくれた土浦市在住のシンガーソングライター、西塔さんが飛び入りで数曲披露~KASHOさんのハープも入れて震災で被災した自分の想いを歌に込めていた。CDも発売中だそうだよ。

こうして初めて参加した「地球食堂てらすや」でのライブはいつもの、再会の、そして初めてのみんなで一体感のあるライブでしたー。てらすやのマスター、ありがとうございましたー!またよろしくです
出演者の皆さん、企画してくれたTEL、おつかれさまでしたー

てらすやさんは食事もおいしいお店でした





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1.29 フォーク酒場『アルペジオ』@長野県上田市  リポート 

2013-02-01 | その他のライブリポート

ちょうど仕事の切れ目だったので中学からの同級生でHEARTBEATのメンバーでもある高橋和幸が住む長野県上田市に行ってきた(車でね)。やはりどうせなら・・ということで市内にある「フォーク酒場 アルペジオ」に行ってみようと前もって場所等を調べておいてもらって高橋夫妻と共に訪れた。

長野新幹線も停車する上田駅。JRと私鉄が交差する要衝・・・上田市は長野県内でも雪は少なく年間を通して晴天率が高いそうだ


四方を山で囲まれている歴史ある街は古いものと新しいものが入り混じる地方都市然とした感じ。

駅から徒歩10分ほどで目指すフォーク酒場に到着~

HPで確認したが最近でも 中村貴之(NSP)や伊藤敏博、水越けいこ、四角佳子、ブレッド&バターなどフォークの大御所がライブを行っているお店なのだ。 フォーク酒場アルペジオHP:http://arpeggio-ueda.jp/

2Fへ昇る階段脇には古いLPレコードのジャケットが飾ってある

店内に入るとステージ後ろにはずらりと高そうなギターが飾ってあり、通常営業の時は好きなものを選んで弾き語っていいそうだ!この日は平日とあってお客さんが少ないので「自由に演って下さい」とお店の方に譜面集を渡された。

再会を祝ってひとしきりビール飲みながら歓談、さてじゃあカヴァー曲オンパレード、演るかー


YAMAHAのLLで歌う・・良い音!ラインが通されていてバランスも整えられている。


このところあまりギターを弾いていないという高橋氏もT&Tを弾いて歌っていた

 
ある程度の知ってる曲ならお店のスタッフの方々がサポート演奏してくれるのだ


高橋氏も本人ギターを弾かずバックの演奏で歌って~ご満悦


だんだん熱を帯びてくるとアクションも加わる、彼本来の熱唱~。「サヨナラ模様(伊藤博敏)」、「夢で逢えたら(Rats'&Star)」、「神田川(かぐや姫)」など・・・。


お隣がアルペジオのマスター。お店でライブを行ったプロの方々の話やこれから呼びたい人の話など・・・いろいろ話してくれましたー


気の向くままに・・・「僕の胸でおやすみ」「置手紙」「おもかげ色の空」「加茂の流れに」(かぐや姫)」、「帰れない二人(井上陽水)」、「さようなら」「コンクリートの壁にはさまれて」(NSP)、「初恋」「春雨」(村下孝蔵)、などオレだけでもだいぶ歌った~


今では珍しいツーショット・・撮影は高橋奥様。二人合わせて20曲くらいは歌っただろうか

最後はお店の大定番曲・・・「落陽(吉田拓郎)」を全員で演って終了~

お酒とおつまみがあって、好きな曲を、弾きたいギターで弾いて、歌って、バック演奏もしてくれる、上田のアルペジオはフォークシンガーにとって天国のようなお店でしたね


すっかり夜は更けて・・・

帰りは上田駅から上田電鉄別所線に乗り・・・終点は名湯で知られる「別所温泉駅」。

別所線のキャラクター・・・ヲタクの人にはたまらない?


ワンマンなのでバスのように運賃を箱に入れるスタイル


そして高橋氏宅最寄りの駅に到着。ローカル線の風情が満載だ

翌日は温泉入ったりしながら上田市周辺の風景をバックに高橋企画でオレの曲のPV撮影・・・この模様は後ほどYOUTUBEにアップ予定で現在彼が鋭意編集中。このブログでも紹介するのでお楽しみに!!

今回は監督役に徹した高橋氏。いろいろあんがとー

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

5.5 SKY MUSIC RADIO 生放送出演 リポート

2012-05-05 | その他のライブリポート

スマートフォン専用アプリで聴ける放送局 WALLOP(ワロップ)の音楽エンターテイメント番組 SKY MUSIC RADIO (http://www.wallop.tv/listen/program/pg20120021.htmlの生放送に出演してきましたー。聴いてくれた方いるかな~?


場所は開業間近の東京スカイツリーのお膝元、墨田区押上駅近く。空がやけに青いな~


駅から徒歩3分ほどでWALLOPのあるビルに到着。


玄関前でパーソナリティーの方々と待ち合わせて控え室へ・・・

メインパーソナリティーのふぁんきーとねがわが急遽来れなくなり、パーソナリティーの結花さんと旧知の音楽ライター 男吉さんと打ち合わせをしつつ15時30分の番組スタートを待つ。
オレはゲストコーナーの出演なので20分ほど遅れてスタジオ入り・・・


思っていたよりちゃんとした(失礼っ)設備の中、番組は進んでいた。オケに合わせて歌う結花さんと粋なハットの男吉さん。なぜラジオなのに?と思ったら「Bew」のメニューからスタジオの映像も見られるんだとか・・・。男吉さんはウクレレのBGMも奏でていたよ


副調もきちんとされていて担当の方が音調からタイムキープまで一人で行っていた

そして!16:00頃ゲストコーナーになり、わたくし、前田直弥 登場
何を話していいかわからないオレに二人がうまーく質問してくれてそれに答えるというスタイルでトーク部分は進む
ついに生演奏、生歌コーナー  番組でギター弾き語りは初めてのことだそう・・・。
オレのオリジナル曲 「光と影」 を男吉さんの隣で演奏、歌う! 番組のオシャレな感じ丸つぶしになったが自分なりに熱唱しやしたー。懸念されていた声の調子も気合でカバーして問題なし!OK

ゲストがリスナー向けに提供する「おねだりコーナー」では新品のタイ語文字の腕時計を提供したぞ、欲しい方は応募してくらはい・・今ならかなりの確率で当選するでしょう

こうして生放送無事終了~!放送にあたり、原稿やコメントなどの構成の苦労や時間区切りの進行など勉強になりましたー。
そして生放送出演で生演奏という貴重な体験をさせていただきましたー。
男吉さん&結花さん、スタッフの方々ありがとう誘ってくれたふぁんきーありがとう
聴けなかった人は番組アーカイブ(時間制限あり)で聴くこともできるそうだ。先々このスマホ専用メディアは利用者が増えていくことでしょうね

この日はGWで快晴の天気とあってスカイツリーの付近は観光の人々でごった返していた。まだ開業前なのにね、でも間近で見るとやはりデカかった~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3.11 Cat’s Tail ライブ   リポート

2012-03-12 | その他のライブリポート

3月11日・・・東日本大震災勃発からちょうど1年のこの日、A.TANA氏の声かけによって 千葉県松戸市のライブハウス Cat’s Tail(キャッツテイル)にミュージシャンが集まり、ライブが行われた。もう一人の発起人である小林洋一氏はこの日被災地石巻で歌うそうだ
そんなライブのもようをリポートしよう



Cat’s Tailは今回2度目、前回は大雨の夜だったな。


エントランス。ツアーで巡ってくるシンガーのライブ告知が貼ってあった

13:05 いよいよライブスタート

オープニング・アクション  A.TANA

まずは口切りにこのライブの主旨と遠く被災地に向かった小林氏の事を説明、オープニング一発目!キメてくれたぜ


1.わたくし、前田直弥

A.TANA氏の威圧感ある監視の中、歌いはじめる~

1.道の上から  2.Action’00   3.幻~まぼろし  4.SIDE BY SIDE   5.碧き空の果て  以上5曲。

オレなりの震災への想いを語り、そして歌ったー。とっぱじめでもみんなノッてくれた~


撮影はナオミさん(EX和音)。ここでも頼んでしまって・・・ありがとう



客席はフラットなソファーになって出演者とお客さんが混じりあう



2.沙絵子

こちらのお店でよく演奏しているという彼女。歌声はさわやかに・・・作る前にイメージングするというオリジナル曲も交えて、時節がら「卒業写真(荒井由実)」もしっとりと聴かせてくれたー



3.べらふ

春日部のライブスペース和音のマスターもひさびさの出張してのライブ。おもしろ話、硬派なメッセージ話、そして強く主張する「心の持ちよう」のパワーの歌声で盛り上げる・・・新曲も取り入れてその真骨頂は昔共にイベント参加してた頃の彼だった。ロッカーおやじはこうでなくちゃ


14:46 黙とう

哀悼と復興への願いを込めて・・A.TANA氏の音頭で全員で東北を向き、黙とうを捧げる


4.星野男吉

横浜から参加の男吉氏もひさしぶりっ、訳あって人前で歌うのは1年9か月ぶり、そしてギター弾き語りは2005年以来だという(よく憶えてるな~)。しかしそうは見えない落ち着きある進行で彼のバンドOK’Sのナンバーを中心にリクエストに応えて In my life(ザ・ビートルズ)やいつもながらロック満載の楽しいステージ展開でしたー


手が疲れた~、とキーボードにも移行してプレイ。バンド楽器は何でもできるのだ



5.MINT

TANA氏曰く、気が付くといつもMINTがいて、いないとなんか寂しい・・・そうそれがMINT・・・その企画力はこの仲間あたりでは重要なピース。いつもマイペースな人柄だが「あと5分」、「ルナルナ」代表曲を力入れて惜しげなく披露してくれたゾ



6.耕 時

このところよく顔を合わせる耕 時だが今回は若い頃に作った曲からスタート、そこからだんだんにヴォルテージアップ!
やはり最後は滝のような汗で弦を切りながらの絶唱~。初めてご覧になる方々の度肝を抜ききったろ



7.A.TANA

ラスはやはりこの人、発起人。ユニットROXYROLLでの予定だったが相棒のポーカローが残念ながら不参加、しかしソロでも気合ノリノリ!「羽田」など3曲で短めだったがライブのトリをぐいっと締めてくれた

最後はまたもや出演者、お客さん揃って「時代(中島みゆき)」を被災地に向けて想いを込めて大合唱!・・・これからがほんとの復興への道のりなんだ!と思いをあらたにしたのだった。

EX

音響やその他お手伝いをしてくれた SUNちゃんがヴォーカリストだと聞いて手錬れ連中が即席バンドでバッキング


本格的に勉強しているだけあって圧倒的なヴォーカル力を見せてくれたっ!誰かが言ったまさに「光る原石」、どーもありがとう

そのあとも・・

レッドツエッペリンなど即興ノリでテンションアゲアゲ~


昨夜からずっと飲んでるという YASU君も参加。


カルトなカヴァーバンドの彼のファンキーモンキーベイビー(キャロル)のイントロが響く~
同じく来場のライター志望の若者も真剣にライブを見て感想をメモっていた、さすが!でもそれ見たいような、見たくないような(笑)。

こうして、特別な3月11日という日のライブは盛況の中、幕を閉じた。
われわれ日本人は同胞の痛みを知り、助け合う国民性なのだ!べらふ氏がライブ中で語ったように決して被災された方々の痛みを忘れることはないだろう・・・そしてみな何かで復興へ協力したいと考えている・・・それを確認できた一日でした



Cat’s Tailのマスター。紳士的なJAZZMANなのだ、ありがとうございましたー

このあと、近所のおでん屋さんで打ち上げ~、ここでも出演者&お客さん入り混じって感想やら、あーでもないこーでもないで打ち解けたー。なんか昔、よく昼間ライブイベントやって打ち上げした、その頃を思い出した。よかったね!みんなありがとう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加