Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

11.29 Cat’s Tail ミュージックパーティー  リポート

2015-11-30 | キャッツテイル

千葉県松戸市にあるライブバー Cat's Tail(キャッツテイル)にて9月にも共演したまるひさんが企画するライブにお誘いいただいたので参加してきた

新京成みのり台駅下車


徒歩3分で通りからCat's Tailが見える。


これまで何度かおじゃましてるお店です


店内に入るとリハ中、その後13:30~ライブスタート
組数が多いので箇条書きにて紹介しよう~。

1.こばやん&Her Servants

こばやんさんはドラムス、それを囲むお店に集う方々でのセッションバンド、アメリカンロックの曲を楽しく演奏


2.サリー

練馬から4つの川を越えて?度々来店。弾き語りコピーではあまり耳にしない「友よ(岡林信康)」が新鮮でしたー


3.ブレッド&バターゴルフ

年配ミュージシャンの手錬れた演奏とこばやんのドラムス、「月の灯り(桑名正博)」がシブ~いっす


途中こばやんがドラム叩きながらのヴォーカルもあり。


4.寂村

「寂しい村と書いてジャクソン」、ROCKを弾き語りで・・「テレフォンノイローゼ(甲斐バンド)」にはやられた~!!


5.ツッチーGT9

お店に対する思い出を切々と話し、カヴァー曲もすべて彼色に染まっていた


6.ROXY ROLL

出た!アニキ気合いのギター&voとポーカロー熱奏ドラムスが激しくアツい


弦を切ってしまったのでレアなオベーションショット


ショートコーナー たむけん


ショートコーナー2 お名前存じません

ブルースハープで各組に飛び入りしていた方も熱唱!


7.H&M

ドリカム~宇多田ヒカル、ときて決定版はMay,J、「Let it go」もキレイに歌唱


8.まるぽあ

ビリージョエル特集、「My Life」「Honesty」などそして最後はマスターが好きな「Piano Man」・・まるひさんの真骨頂炸裂


9.沙絵子

女王様キャラが定着した沙絵子さんがお得意のユーミン~竹内まりや~杏里、

貴重なポーカローのベースとドラムスも絡めて「あの日に帰りたい(荒井由実)」、声質が合ってますね


10.耕 時

初めて耕時を観る人が多かったようだが、まずは絶句、そして拍手!・・・その熱情に心打たれたようでした。


11.わたくし、前田直弥

先週の岩手・大船渡の復興状況の様子などを交えて・・・

1.シンプル
2.熱 烈
3.夕 凪
4.光と影
5.夜明間近    以上5曲、   


マスターに音楽人は「懲りない人が多い」というメッセージを想いを込めて歌いましたー


12.けだま

スケジュールには無かったが急遽参戦。昨年のNorth Journeyで一緒だったの思い出した!楽しく「サザエさんのエンディングテーマ」、シブく「朝日の当たる家(アニマルズ)」などギター&鍵盤の幅広いレパートリーを聴かせてくれたっ


ライブは無事終了~!初めて会った人が多かったがCat's Tailに集まる色んなミュージシャンとご一緒できてよかった、みなさんおつかれさまでした、ご来場のお客さん、ありがとうございました

ここでマスターのごあいさつ

「この12月いっぱいでCat's Tailを閉店させる予定だが、みんなの姿を見ているとまだ続けたいという想いがこみ上げてくる。いろいろ考えたい」と涙まじりに話してくれた。いろいろ事情はあるので無理しないで良い方向を見つけてほしいと思います。この日はママさんもいらして、お世話になりましたー


お世話になっているCat's Tail。年内は通常営業の予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9.20 アコースティックミーティング in キャッツテイル リポート

2015-09-22 | キャッツテイル

シルバーウイークで彼岸の入りのこの日、A.TANAさんの呼びかけで懐かしいネーミングの企画が甦ってきた・・・その名も『アコースティックミーティング』、かつてライブハウスOLINZでの人気企画だった・・・今で言うオープンマイクね。

お彼岸の墓参りでにぎわう八柱で乗り換え、新京成線の・・・


みのり台駅に到着!徒歩3分で・・・


キャッツテイルに着きました。


ビミョーにネーミングが違う気がしますが、本日のお品書き。

キャッツテイルのマスター&ママさんにごあいさつ、前回来た時に忘れていったストラップも取っておいてくれて無事手元に戻って来た!ありがとうございます♪

半年ぶりから何年ぶりまでのメンツと顔合わせ、リハ、近況を語りつついよいよライブスタート

1.A.TANA ROXYROLL

昨日急遽参加することになったドラムス、ポーカローと組んでROXYROLLにパワーアップ


ほとばしる汗!「羽田」「ブリッジ」など気合のド迫力でアニキかましてくれた~


変わらず必死の形相で叩くポーカロー



2.森 偉蔵

みんなに会うのはほんとに久しぶりだったという偉蔵さんも再会を祝うかのようにアメリカンロックのメッセージ!その詩の世界に初めての人も聴き入っていた



3.まるひ&こばやん

オイラと同年代(学年1コ上)のまるひさんがビリージョエルオンパレードの熱唱

ドラムス参加を本日表明したこばやんとのユニット!有名な曲はみんなで口ずさんだね

東日本大震災の被災地を旅してきた話を折り込んでくれました、まるひさんはこの夏はカヌー三昧だったそうです。



4.わたくし、前田直弥

OLINZ時代の人たちとは出会って20年近い!みんな頑張ってるね~。オレも負けていられないゼ!今現在のすべての力を出しまーす

1.シンプル
2.HEARTBEAT
3.熱 烈
4.麗しのスーパームーン
5.ひまわり
6.光と影
EX 7.蜃気楼  以上7曲

変わらない部分、進化した部分、見せられたかな。

バンド時メンバーの初代ギタリストのヘブンさんが傍らでリードを入れてくれて気持ちよく歌えましたー
ひさびさ撮影はポーカロー



5.沙絵子

何度かご一緒している沙絵子さんは荒井由実カヴァー中心に構成・・・後で聞いたが「松任谷」ではなく「荒井」というところにこだわりがあるそうです。この日のアジアン風の衣装に合わせた曲が印象的で、〆は「ひこうきぐも」で!



6.大島ヘブン

大島さんとは3月末のここでのライブ以来・・・ギターテク満載のビートルズやジミヘン、「満月の夕べ」など巧みにカヴァー曲を織り交ぜていたがオリジナル曲の「into the blue」「music with my life」などがやっぱり沁みわたってきた~



7.耕 時

けっこう久しぶりの耕時も仕事終わりで駆け付け!変わらないスタイルとメッセージがドーンと来るう~、但し途中で1曲指弾きのバラードを挟んだところが新境地か?

長い期間何度も見た迫力のパフォーマンスはやっぱり釘付けにされるやね


ラスト・アクション A.TANA

最後はアニキが決定版「ラビアンローズ」で・・・そして恒例、関東一本締め
20年来の仲間、最近知り合った方々、初めてのお客様たち、混ざりあってEE感じで楽しめるライブになりやしたー!企画してくれたTANAさんに感謝!ありがとうございました、「アコミ」またやりやしょう

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3.29 若菜清志プロデュース キャッツテイル6周年ライブ リポート

2015-03-31 | キャッツテイル

 調べてみたら千葉県松戸市にあるライブハウス キャッツテイル に最後に行ったのは2012年12月だったから2年数カ月ぶりの出演・・・本日はお店の6周年記念イベントの最終日で昔なじみの若菜清志のプロデュースでたくさんのミュージシャンが出演する予定になっていた


京成みのり台駅から徒歩2分、マンション下のテナントにあるキャッツテイル



6周年記念イベントは3日間に渡って行われて、本日の最終日は入場料+お好み焼付きです


たどり着くと朝から熱心にリハーサルしていて(オレは結局リハなし)・・・お昼12時オープン、13時よりイベントスタート

若菜氏と共にあいさつするMCを務めてくれた うさちゃん初号機、おつかれさまです。

入れ替わり立ち替わりでこの日の主なバンド演奏を受け持つのは・・・
バンマスの若菜清志(b)


イベントリーダー 小用たけし[モリクマ](g)


和田山[わだやん](g)



山口 岳[がくちゃん](ds)



湯下[だいちゃん](ds)



杉本バッハ[Bach](key)


小鷹[こーた](key)

以上の SSR(Shinning Star Records) Orchestra。いろんなジャンルに対応しまーす


1.ヒメ♪

本日大阪から来たという彼女は振り付きの演歌調の曲やアニソンのFOXダンスでイベントとっ初めを大いに盛り上げてくれた~


2.土井康輔

新卒で来月から就職する彼は朴訥な人柄がうかがえるナイスガイ!ハイトーンの歌声がさわやかでEEね



3.まるひ with DEREK

聞いたら同年代のまるひさんをマーチンのリードの音がGOODなDEREKさんがサポート。「気絶するほど悩ましい」「勝手にしやがれ」「安奈」など聴けそうで聴けない微妙な選曲が素晴らしく、歌声もシブさあるよい声でしたー



4.ネジー中村閣下

見ての通り、デー○○閣下の出で立ちですが手作り衣裳・・・ライダーベルトも巻いてます!曲も「蝋人形の館」など知っている曲を演ってくれたっ

下ネタ交えて林檎齧ったりとか本家ばりにおもしろさも持ち合わせて楽しませてくれましたー。後に普段の服装に戻ったら誰だか分からんかった


5.A.TANA

我らが‘アニキ‘の歌声も意外とひさびさ、MCでは今までマルだった身分を公開したり、また新たな道を歩き出したご様子。


何かを超越しているアニキの歌はやっぱたまには聴かないといけないですね~。初めて見る若者たちはビビりながら拍手してました(そりゃそうだ)。


6.MINT

珍しく時間ギリに来たMINTだがライブ即対応・・・このギターの鳴りがすごく、調整はしてるのだろうけどやっぱ弾き込んでいるのがわかった音だった。最後の「名もなき詩」は思いが伝わるよい曲だなぁ。


毎度おなじみのローアンでございますがこのいきさつをしらない人が多く、撮影していたら他の女性コスプレヴォーカルの人から「あれは絶対やってはいけない!」と変態扱いされてしまった、トホホ

MINT目線のブログはこちら http://ameblo.jp/mintsexy/entry-12007818907.html



7.わたくし、前田直弥

前出CDレコーディングメンバーと久しぶりのバンド構成でのライブ・・・若菜&モリクマとは1年ぶり、バッハとはレコーディングでは会っていないので5年くらいぶり、ドラムスの山口岳君は今回初参加してくれた~。

1.LIVESONG
2.HERATBEAT
3.ここまでやって来た(アコギ1本)
4.蜃気楼
5. 蒼   
    
以上5曲、リハ無しの割には演奏が噛み合って、さすがなメンバーだな!普段とはちょいと違う感じでノッて歌えましたー、これぞバンドの醍醐味!上手く歌ったとか関係なく気持ちいかった~

みんな熱心に聴いてくれて手拍子などありがとう!!バックのみんなありがとう!撮影はTANAさん



8.Passage of Time

パワーヴォイスの女性ヴォーカル&しゃべりも達者な男性ギター。とにかく元気にノリがよく盛り上げがうまい!なかなか手錬れなユニットです。


9.ありす

AKB?と思わせるようなルックスでアニソン熱唱~!右太ももに湿布状のものが貼ってあり、オレはそれはファッションなのかと思ったが数日前マンホールにはまってケガしたんだそうだ。痛々しいー、お大事に。


10.井上一洋

やさしい歌声でオリジナル曲をさらっと聴かせてくれるのだがMCは飄々としたくせがあって仲間とのやりとりもおもしろかった



11.大島ヘブン

何年ぶりだろう?今は神奈川方面で活動しているヘブンさん、歌を聴くのはいやー、ひさしぶりです。よく聴いていた「Music is mylife」 「into Blue」など演ってくれてしびれた。懐かしいだけではない着々と積み重ねている落ち着きみたいなものを感じましたー



12.放課後SOS団

オイラよくわからないけど有名なアニメのコスプレで歌って激しく踊る元気なステージのけん子さん。そのパワーにみんなも楽しそう。終始ステージ外からもイベント全体を盛り上げてくれていたが・・・ここで、


祝6周年記念のケーキ差し入れ!さすが!!・・・6周年キャッツテイルプリントのチロルチョコも配ってくれたよ

まだまだイベントは続くがオイラは所用によりここで失礼しやした
13.QUAKER  14.堀カズアキ  15.DEREK&DobleTroble そしてひさびさにちょいとあいさつだけした 16.小島千奈 の皆さん聴けずにご免なすって

会場に入りきれないほど人でごった返してましたが、若菜君を中心に懐かしい人、初めての人、老若男女入り乱れてジャンルが広くレベルの高いライブイベント・・・彼の長ーい音楽経歴を垣間見るような気がしたね

キャッツテイルのマスター6周年おめでとうございます。スタッフの皆さん、出演者のみんな、ご来場のお客さん、みなさんありがとう!おかげさまで楽しめましたー

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加