Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

1.28 アルマナックハウスLIVE リポート

2007-01-29 | スケジュール

千葉県市川市にあるアルマナックハウスでのライブは去年11月以来・・・もちろん今年初となる。いつものようにつくばエクスプレスJR武蔵野線JR総武線と乗り継ぎ、あとはJR市川駅から徒歩10分。だがいつも歩くたびにこの10分の道のりの間に何軒もの料亭があるので到着後アルマナックハウスのマイスターに尋ねてみると「市川はかつて都内からの郊外流入のはしりのようなところでハイソなブランドだった街。今はだいぶ減ったが料亭はその頃の名残。」と教えてくれた。下町というイメージがあったが街の実情は随分違うものだと感心してしまった。
さてライブの方はこの日の出演は4組。リハなどをこなし出番を待つばかりとなった。

いよいよライブスタート1組目はわたくし、前田直弥です。


たつのり撮影のたった一枚の画像

1.道の上から ・・・11月に「良いお年を」を言ったので今度は遅ればせながら
2.ACTION’00・・・「あけましておめでとう今年もよろしく」という挨拶代わり。
3.幻~まぼろし・・・ちょっと「なつかしシリーズ」は約10年前を3曲連続で歌おう。
4.二人で行こう・・・怠けていたスリーフィンガー奏法完全復活
5.Radiance ・・・MCでの「茨城弁講座」はシリーズ化しそう
6.夕 凪 ・・・たつのりがお知り合いのお客さんにこの曲の説明をしてくれていた。
7.LIVESONG・・・締めは違う曲の予定だったが盛り上がり重視でこの曲で・・

3番目に登場予定のREAL目当ての若いギャルたち(言い方が古いっ)で満員になる中、オジサン1号はいつも通り全力で歌い切ったのであった。サンキュー

2組目はオジサン2号、中 達範の登場です。


いつも不変な感じのたつのり

こちらも1号に負けず彼独特の作品を自分のペースで表現していた。コソボ紛争や9.11テロを題材にしたヘビーな曲も意外とみんな自然な感じで聴いていた

そして3組目はお待ちかね女子たちの熱い視線を受けつつ REAL(リアル) の二人のステージです。レスポールタイプのE.ギターとマーチンのアコースティックサウンドを組み合わせてダブルヴォーカルでオリジナル曲を歌う。さらに二人ともイケメンなのだ~


秋田出身のイケメンと・・


岡山出身のイケメンだ。


ウワーほとんど女のコでいっぱい

途中に組み込まれたラップの曲が印象的だった。我々は普段生でラップ調の歌を聴くことが無いので新鮮だったし、何よりこの方が気持ちを乗せやすいのか内容もよく伝わった。本八幡駅前でストリートライブも演っているそうだがこれからも頑張って欲しいね。(二人とも性格もイケメンであった。)

最後はシブ~く、オレと同じマーチンD-35(こちらは断然新しい)での登場は 吉田テツロー 。フォークの殿堂的と言える 岡林信康や加川 良、吉田拓郎の曲をカヴァー、そしてその年代の自身のオリジナル曲も交える。ブルースハープの音色がまたフォークの雰囲気をさらに醸し出していまーす

マイスターもバンジョーで参加、やっぱいい味出してます

残念ながら帰り時間の都合で最後まで聴けなかったがその淡々とした物腰といいやはり年季を感じさせるシンガーであった。D-35談義でもしたかったな~

以上、若者とそうでない者入り乱れてのアルマナックハウスライブであった。そしてたつのりのお客さんとして来ていたヤマカワさんとタケウチさんとも楽友(音楽友達という意味だす)となりライブでの共演を誓い合ったのであった
みなさんおつかれさまでした~。どーもありがとう

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

1.20 OLINZライブ リポート

2007-01-23 | オリンズ

年も明けてビッグイベントも終わり一息ついていたところだがいよいよ通常ライブも始動!今年もコンスタントにここOLINZで演りますよ~♪。今年一発目のマンスリーライブ・・・新年会とも思えるようなコアなメンバーが顔を揃えた。順を追って紹介しよう。(敬称略)
まずは昨年暮れからほぼ毎週ライブもしくは練習で演奏を続けている A.TANA ROXY ROLL の登場!


最後の曲の最後で弦を切ったテクニック


やはり続けて演っているだけあってA.TANAのヴォーカルとポーカロー(ds)のリズムが合ってきていて安定感を感じさせた。ひところ引きつっているように見えたポーカローの顔も余裕がでてきたかな・・・。
お次は 高橋和幸 が登場。「まつどミュージックショー」でギターを叩き割ったのでどーなったか気になっていたがラインを通さずマイク採りにて演奏、ギター表面の大きなキズは痛々しかった


すっかりオーバーオールがおなじみになった高橋。

なおかつ、風邪で体調も崩したらしく正月早々憂き目にあっているがステージでは元気な歌声を披露していた。昨年末オレが彼に贈った「飾らない言葉」という曲を早速歌ってくれて、その曲が音楽活動の良い刺激なることを願おう

そして3番手、わたくし前田直弥のステージです。ソロで演るのはひさしぶりとあってなんだか新鮮な気持ちでステージに立った。

1.道の上から ・・・冬の朝の通勤路の歌。今頃の季節に作ったんだなあ
2.Action’00 ・・・ひさしぶりに歌った。1番の歌詞ど忘れ部分あり。
3.雨の匂い ・・・今年もしっとりとしたこの曲でアクセントつけるのだ
4.さすらい ・・・中年男の悲哀を感じてくださーい。うんにゃでもまだまだ・・・
5.夕 凪 ・・・10年経つんだね、早いもんだ。夕凪はいつも僕にやさしい・・
6.蒼   ・・・新年会ノリの今宵にふさわしいね。「今年もよろしく」を織り交ぜた。


珍しくサングラス無しでタレ目全開!まぶしかった

以上6曲と楽しいおしゃべりで2007年のマンスリーライブ幕を開けたのだった。

4番は耕 時。2月12日にはここOLINZで彼の結婚祝いのイベントをすることに決まりました~。みんなで派手にお祝いしよう


ちょいと変わったアングルで撮ってみやした

それでも耕時はいつもと変わらず、いやそれ以上にアツいステージをみせてくれました。久しぶりに聴いた「ピクニック」はやっぱ良かった

そうしてラストを飾るのはこちらもおなじみ・・・小林洋一だ。他のみんなにはイベントで会っていたが彼とは今年初めてのご対面、遅まきながら新年のごあいさつをばしました


熱唱小林洋一の咆哮。

小林君は今年初めてのライブの様子でアップテンポの曲、バラードの曲取り混ぜていたがいつものクールさとはまた違いその熱唱ぶりが強く印象に残った。MCで政治や時節のネタを挟むのも彼のステージの大きな特徴になっているのだが意外に辛口なところもある

こういった流れで2007年一発目無事終了。今年も盛り上がっていこう
OLINZの店長、並びにご来場のお客様どーもありがとうございました

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

NextLive:1月20日(土)OLINZマンスリーライブ

2007-01-15 | スケジュール

昨年11月半ばからほぼ毎週ライブがあったのだがここで一段落・・・8日の大きな山(まつどミュージックショー’07)[当日デジカメ電池切れのためポーカロー氏から画像拝借するはずだったが受け取りを忘れたので画像入り次第リポートをどどーんとUPします]も越えたので今週はまったり気分。
しかーし、今年はもう始まっているのでいい加減にお屠蘇気分を払拭してまたライブに向かっていこうと思います


イベント名:OLINZマンスリーライブ 1月分
     日時:2007年1月20日(土)19:00~
     場所:Music Communication OLINZ(オリンズ)
         千葉県松戸市西馬橋蔵元町125武藤ビルB1F
         JR常磐線(千代田線)馬橋駅下車徒歩5分
       TEL 047-347-4664
     料金:2000円 1ドリンク付
     共演:小林洋一・耕時・高橋和幸ほか(演奏時間40分)
     オリンズHP:http://ameblo.jp/olinz

続きまして・・・
イベント名:アルマナックハウスLIVE
   日時:2007年1月28日(日)19:30~
   場所:アルマナックハウス
      千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
      京成線「市川真間」駅下車新田5丁目出口すぐ中華ふーみん2F
      TEL 047-323-7271
   料金:ライブチャージ700円ほか通常オーダー
   共演:REAL・吉田テツロー・中 達範(演奏時間40分)
   アルマナックハウスHP:almanac-house@k5.dion.ne.jp


このところ「人生劇場」でのステージだったのでソロはなんだかひさしぶりっな感じ・・・
また初心に帰って気合い入れていきます

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1.8 まつどミュージックショー’07 リポート

2007-01-09 | その他のライブリポート

2007年のっけから一発目にビッグイベント・・・昨年より準備を進めてきたOLINZ主催企画「まつどミュージックショー’07」が華華しく行われた。その模様をどどーんと紹介しよう!(敬称略。画像はすべてポーカロー提供です。)
朝9時集合・・・場所はJR松戸駅にほど近い『松戸市民劇場』。
300人収容のホールに機材を運び込みセッティング・・・出演者たち自らが会場作りに参加するまさに手作りのイベントだ。速やかに音響のセッティングが完了し、軽く音出し・・パンフレットも準備し後は開演を待つばかりとなった。(なんと入場無料だったのよ~ん。)
そして12時前、イベントは UTASE ALL STARS のWELCOME MUSICで颯爽と幕を開けた。


出演者たちもステージに上がってスタートのごあいさつ


イベントのトップを飾るのがおなじみ、耕時
迫力のステージはトップのそれにふさわしい、途中私用で間抜けしたがイベント終了時には舞い戻った義理がたき男だ。


有吉かつこ。古きフォークの名曲を抜群の発音の英語で・・・
そのはずだ、英語を教えてる方だったのだ


松原りゅうじ。若いが落ち着いたステージぶり。
最後の曲はバックを付けて爽やかな風~。


フィラルモーニカ。オリジナル曲を美しい女性ヴォーカルの歌声で・・
ゆったりしたMCの掛け合いも何となく面白かった


Rioh。オリジナルからカヴァーまで随分と歌に入り込んでいて
パワフル&メロウな歌声でした。



Whipped Creams(ホイップド★クリームス)。
チームワークの良さが演奏に出ていた、ゆら(VO)の
はじけっぷりがGOOD


MINT。妖艶な衣装とロックなリズム、
果たしてその正体は?謎めいたアーティストなのだ。



高橋和幸。正月旅帰りのライブはパワー注入しすぎて
ギターを叩き割るほどノリの良さに声援も多かった。


加藤ひかり。UTASEの演奏で歌う。
歌声のみならず18歳の元気大爆発
物怖じしない堂々したキャラにみな目を見張る


ひかりとみゆきのUTASE共演。前後半に分かれて司会もこなしてくれた


あだちみゆきとUTASE ALL STARS
みゆき(VO)のハツラツとした歌声は一服の清涼剤だ
UTASEのバックメンバーは出演バンド掛け持ちで大忙し


しばし休憩後・・・A.TANA ROXYROLL
このイベントにはかかせないお人。ユニットを組むのはポーカロー(ds)。
個性的な衣装で汗だくになりながら「夜の男」の語りと歌で後半戦スタートを飾ったのだった。


JAZZ練オールドスターズ。まさに技量豊かな手練れ三人衆で
珠玉の大人の演奏を聴かせてくれたっ、シブい

オレンジィ。爆音轟かせやって来たアツさなら負けない連中
もろ肌脱ぎのヒロセ(ds)の熱気がほとばしる



TAKI。しっとりと明瞭なハイトーンヴォイスは彼の持ち味。
会場全体がやわらかな雰囲気に包まれていった



Otokichi's SUGAR&SPICE(OK'S)
見た目も演奏もノリもどこかなつかしくてカッコいい、
みんなで楽しいエンターテイメント


ORIE。只今関西からのライブツアー中でこのイベントに参加。
しなやかでも芯のあるヴォーカルで魅了してくれたっ


ベア。PRのビラ配りからお手伝いも演奏もしっかりの
高校生バンド。松戸の音楽の未来はキミらにかかっている


前田直弥と人生劇場。やっと出ました最後の最後。
メンバー tonegawa(ds) kiyoshi(b) morikuma(g)と共に
責任重大なイベントのトリを見事に飾って参りやしょう

1.HEARTBEAT 2.LIVESONG 3.蜃気楼(g:大島に交代)


そして最後はまさに今日のテーマ曲にふさわしい
松戸馬橋人生劇場」。morikumaと大島の豪華ツインギター共演
更にサカイリ氏のジャンベが加わって
♪まつどまばしの~の強烈リフレインX数十回
(つま恋みたいだ・・・


出演者を紹介しながら全員で♪まつどまばし~の大合唱
これで有終のフィナーレ


最後の最後の最後。主催のOLINZ店主 ファンキー利根川がごあいさつ
企画から準備、運営に渡って大変おつかれさまでした~

以上18組の出演による午後12時から20時までのロングライブ、ご来場のお客様もありがとうございました。
2007年も初めっから素敵なメンツといい時間が過ごせました~
今年も隅から隅までずずずいっとよろしくお願いいたしま~す

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NextLive:1月8日(月・祝)まつどミュージックショー’07

2007-01-03 | スケジュール

2007年、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします
という訳で2007年一発目のライブは前々からお知らせしている入場無料のご祝儀ビッグイベント「まつどミュージックショー’07」からスタートします。いきなり渾身のステージを見せるつもりで行きますので正月気分を引きずりながらぜひ会場に足を運んで楽しんでください

イベント名:まつどミュージックショー’07
    日時:2007年1月8日(月・祝)12:00~18:00
    場所:松戸市民劇場ホール
       JR松戸駅西口下車徒歩5分
       イベントのお問い合わせ先:OLINZ(オリンズ)tonegawaまで
        TEL047-347-4664
       オリンズHP:http://homepage2.nifty.com/olinz/
    料金:無料
    出演:A.TANA・高橋和幸・MINT・耕時・オレンジィ・松原りゅうじ・Rioh
       有吉かつこ・TAKI・フィラルモーニカ・ベア
       Otokichi's SUGAR&SPICE(OK'S)
       加藤ヒカリwithUTASE ALLSTARS
       あたちみゆき&UTASE ALLSTARS
       JAZZ練オールドスターズ・WhippedCreams
       前田直弥と人生劇場 ほか演奏時間各組20分位

           

コメント
この記事をはてなブックマークに追加