Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

7.23 アルマナックハウスLIVE57 リポート

2017-07-24 | アルマナックハウス

連日の猛暑だったがこの日は曇りがちで真夏日にはならなかった、そんな少しホッとしたこの日、千葉県市川市にあるライブハウス アルマナックハウス に向かった。 

 
まだしっかり陽が残っているうちにJR市川駅に到着~。

 
そこから歩いて約10分足らず、アルマナックハウスは駅のすぐ隣にあるのです

 


本日の出演は5組、いつもよりやや早めのスタートとなっていた。

 

出演者が集まりそろそろライブスタートの時刻・・・いつもは店主マイスターが口切で歌うのだがこの日はお店の開店15周年記念期間中ということで本日の出演者の画像・動画を編集したビデオを流した、さすがマイスター!手の込んだ演出です

  

 1.森 偉蔵


なんだかんだで久しぶりに会ったが、なんとギターを新調!ギブソンJ45で登場!イメージはぴったりだけどね。曲はいつものように「サイレン」「奇跡」などのメッセージソングのオリジナルを熱唱していた。ギターは中古だそうだが新品に見えるし音も鳴っていた。

 

2.わたくし、前田直弥

あれ、森偉蔵さんに撮影を頼んで撮ってくれていたと思うが・・・画像が無い!!ガチョーン。後で誰かのもらうかぁ。

1.HEARTBEAT
2.熱 烈 with TEL
3.アウトローになりきれなかった、
4.蜃気楼
5.50の空

以上5曲、楽しいお話を交えて目いっぱい歌いましたとさ

 

結局後からTELのブログ https://ameblo.jp/kh510sss1971/entrylist.html から拝借した、ありがとう!

 

 3.秋月 牧


高校野球の選手で甲子園を目指してた時を歌ったオリジナル曲「セカンドスカイ」は今の時期にはぴったり

今は新曲ラッシュだそうで、友人に頼まれたバイクにちなんだブルース調の曲を歌うときは・・・

 
サングラス着用で「ちょいワル親父」に変身!レンジの広さを感じさせる内容でしたー

 

 4.


八王子からお越しの彼は長年のバンド活動と並行してここ最近ソロで歌い始めたそうだが、これまでのロックテイスト満載!ドスの効いたヴォイスはど迫力。話している声と全然違う!オレとタメ年だと判明したがスタイルを貫く姿勢に年輪を感じた。オリジナル曲「骨」は脳裏に刻み込まれるな~。

 

 5.TEL


ユニット「ごぢゃフラ」でのエントリーだったが都合により今夜はソロでのステージ。マイスターから拝借しているギャラガーのドッグワッソンシグネチャーモデルのギターを縦横無尽に弾き倒す!「愛の字ブルース」などオリジナル曲と「大きなノッポの古時計(原曲)」「朝日の当たる家」など幅広く、古典!?ドクターペッパーのネタもかましてくれたぞ

 ここで出演者全員終了~!ラストはやっぱりマイスター登場

TELと絡んで名曲を3曲ほど、しっかり締めてくれましたー

 ライブ終了後は15周年記念として毎回流しているVTRを視聴


15年に渡り出演者全員をナンバリングして何年から出演しているかを表示して、アルマナックハウスの歴史を紹介した
すべて記録を付けているマイスターならではで、すごい!何百人もいるのに・・・・感心してしまった

15周年おめでとうございます!これからもよろしくお願いいたします。
15周年記念企画はまだまだ続きますよ

 
途中乗り換えの駅にて。

 

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:7月23日(日)アルマナックハウスLIVE57

2017-07-20 | スケジュール

梅雨が明けたぞー!ってとっくに明けてた感じだけど・・・名実ともに真夏がやって来た。千葉県市川市にあるライブハウス アルマナックハウス は15周年記念イベント敢行中!ま、今回は通常ライブの日ではあるけれど気ごころ知れたメンツも多いのでみんなでお祝い気分でライブしよう~!夏の夕暮れに遊びに来てね。

 

★イベント名:アルマナックハウスLIVE 57

  日 時:2017年月23日(日)19:00~ 
           
  場 所:アルマナックハウス
        千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
       京成線市川真間駅新田5丁目出口すぐ中華ふーみん2F
        TEL047-323-7271

   料 金:1000円(他通常オーダー)

   共 演:ごぢゃっぺフラタード/敏/森偉蔵/秋月牧
        出演時間30分位

       アルマナックハウスHP:http://www.h4.dion.ne.jp/~almanac/

      いつもよりスタート時間が30分早いです。

 
15周年のうちオレは11年以上お世話になってますね、マイスターありがとう、そして、おめでとうございます

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7.16 霞ヶ浦KOHANロック 湖畔アコースティックステージ  リポート

2017-07-18 | 野外ライブ

「美しい霞ヶ浦を未来に引き継ぎ、地域の魅力を全世界に発信しよう」というコンセプトで土浦市霞ヶ浦総合公園 にて行われた 霞ヶ浦KOHANロック に昨年に引き続き参加した。


今年のパンフ、2日間の開催です

 

猛暑が予想される天気の中、会場近くに到着すると震災で使えなくなっていた総合公園のプールも前日からオープンしたということで車が混雑していた。

何とか車を停めて会場へと向かう。


KOHANロックのメインステージ・・・立派ですな~

 
こちらはバンドを中心とした構成になっています

 今年はフリマも出て、会場内にマルシェエリアができて移動販売の車も増えていたような気がした。


屋根のある客席で食事などしながら盛り上がっているの図

 

メインステージから約100mほど離れた芝生の丘を下ると我々が出演する 湖畔アコースティックステージがある、その名の通りこちらはアコースティック中心のステージになりやす。朝到着すると・・・


ホントの湖畔のステージ・・去年はプラスティックのパレットを置いていただけだったステージが今年はグレードアップ


悪戯中年のナベちゃんが請け負って建築中、暑い中おつかれさんです


ステージ建設と機材セッティングの都合で予定より少し遅れてこちら湖畔アコースティックステージもライブスタート

 1.わたくし、前田直弥


出来上がったばかりのステージに一番乗りでオイラの登場れす。結構待っていたお客さんもいたのね、お待ちどうさまでーす。


すぐ後ろが水辺になっていて霞ヶ浦を背負って歌う感じがEEね

1.ここまでやって来た
2.LIVESONG
3.風になりたい(THE BOOM)

17年前霞ヶ浦イメージソング歌詞公募に採用された歌詞をようやく思い出した原曲で・・・
4.君はいつもそばに (原曲)

5.光と影

 

以上5曲、わざわざ見に来てくれた方々含めて暑い中みんな、ありがとう

 


撮影してくれたごぢゃフラのTELと早めの会場入りの愛ちゃん

 

2.Lovico


昔から知り合いのTAEKOがショータローさん(key)をフューチャーしてJAZZ系の大人のヴォーカル。この辺で目立つと年頃の息子が嫌がるのでお小遣いあげて出演の許可を得てきた、ということだった。

 
真夏の気温だけど良い景色で音楽を楽しめます

 

3.tomo飯岡 with 寂村尚太郎


先週アコースティックウエイブにも参加してくれた二人、今週もご一緒ですね。「埠頭を渡る風(松任谷由実)」が雰囲気ぴったしで良かった。

 

 4.歌唄い人悠人


激しいストロークときれいなリード、二人のテクニック満載のギターの音がビンビンに響いていた~、歌もアツい。

 

5.Hiro&Hide


水戸の女性ヴォーカルHiroと千葉八千代のHideが霞ヶ浦で待ち合わせ、化学変化!?安定の歌声と盛り上げ上手コンビ

 


音響はまだむ佐倉さん、MCはあみ姉さんが担当してくれました

 

 6.東鶴&きんとと


オールドファン涙ものの昭和歌謡、「高校三年生」「ああ、上野駅」など思わず口ずさんでしまう、合間の台詞も決まっていた

 

7.Rose


娘さんが最近結婚されたそうで肩の荷が下りたとか・・・その娘さんに向けた想いを歌に乗せてのメッセージ

 

 8.金友伸雄


常総市在住だそうです、きれいな透き通った歌声が湖畔によく似合っていた

 

 9. 


昔からのファンが大挙押し寄せた、感さんのアツいステージ・・・ソロでの活動もばっちりキマってきたね

 

 10.ごぢゃっぺflattered


馬が駆けるギャロッピングギターとノリの良いJAZZヴォーカル、そして洗濯板のトリオが繰り広げるエンターテイメントが楽しい

 
この頃は少し陽も陰ってきて、風も少し吹いてよい感じ

 

 11.水上喜子


昨年に引き続きの水上さん、チャレンジ精神なくさずロックの定番「天国への階段(レッドツエッペリン)」を演奏、オリジナルの歌詞で・・・。

 
いつもながらこの風景にこの歌声には癒されますね~

 

 12.シュークニヒロ


昨年もトリだったお二人が今年もラストに登場!「気絶するほど悩ましい(Char)」「セクシャルバイオレットNO1(桑名正博)」などの名曲たちをレベル高いヴォーカルと青木場さんのリードで楽しませてくれました

 
湖畔をゆく船とも交流を・・・ここならではの光景ですね

 これで湖畔アコースティックステージのプログラムもすべて終了~!


あみ姉さんもMCでがんばってくれました

 が、ステージ設営したナベちゃんが「俺にも歌わせろ!」とステージに上がり、


ラストに自分の持ち歌「筑波線」をみんなで合唱~

 
ナベちゃん熱唱、この後一人でステージ解体してました、ごくろうさまでした

大変暑い中でしたがメインステージと共に会場全体で盛り上がれたんではないでしょうか

ご来場のお客さん、出演者のみんな、音響のまだむ佐倉さんほかKOHANロックのスタッフのみなさん、おつかれさまでしたー、どーもありがとう

このイベントが来年以降も続いて盛り上がりますよう祈ってます

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:7月16日(日)霞ヶ浦KOHANロック 湖畔アコースティックステージ

2017-07-15 | スケジュール

昨年も参加した茨城県土浦市の霞ヶ浦湖畔で2日間に渡って繰り広げられる野外ライブイベント「霞ヶ浦KOHANロック」の一部湖畔アコースティックステージに参加します。「音楽を通じて自然を感じて、水や自然環境を守る大事さを感じてほしい」というコンセプトで行われるので楽しんで、そして考えるイベントになるようオイラもがんばりやす。

 

★イベント名:霞ヶ浦KOHANロック 

         湖畔アコースティックステージ
  日 時:2017年月16日(日)11:00~18:00
  場 所:霞ヶ浦総合公園内 
                国民宿舎水郷霞浦の湯付近特設ステージ

        茨城県土浦市大岩田
       JR土浦駅西口バス1番のりば 
        「阿見中央公民館」「江戸崎、ガーデンシティ湖南台」行き 
         霞ヶ浦総合公園下車
         東口のりば
        きららちゃんバス(150円) 霞ヶ浦循環右回り 霞浦の湯下車
     バス時刻表:http://www.bus-ibaraki.jp/jikoku-joban/tsuchiura-2.html
  

   
料 金:入場無料・荒天中止

    霞ヶ浦KOHANロックHP:http://kohanrock.club/index.html

霞ヶ浦KOHANロックは翌日7月17日(月・祝)も行われます。


出演アーティスト


7月16日(日)

湖畔アコースティックステージ
ステージ総合ナビゲータ:佐倉孝司
 

出演アーチストの詳細はこちら  http://kohanrock.club/2017-s2-players.html

開始時間出演者
11:00 開会式
11:10 前田直弥
11:40 日々かりめろ
12:10 Lovico
12:40 tomo飯岡
13:10 歌唄い悠人
13:40 Hiro&Hide
14:10 東鶴&金とと
14:40 Rose
15:10 金友伸雄
15:40
16:10 ごぢゃっぺflattered
16:40 水上よし子
17:10 シュー クニヒロ
17:40 ゴミ拾い・清掃 
17:55 閉会式

 
わたくし、前田直弥はとっ始めにガツンと歌いますよ~
 
昨年の模様・・・水辺はすぐそば。  今年は場所が変更になるかもしれません。
 
暑くなりそうだから熱中症対策を万全にしてお出かけ下さい
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7.9 アコースティックウエイブVol.5 in すのっぶ リポート

2017-07-11 | アコースティックウエイブ

 まだ梅雨は明けてないのに真夏のような暑さ!ふひー、最高気温34℃!の中、5回目となるアコースティックウエイブを行うべく茨城県土浦市にあるライブBAR サケクラすのっぶに向かった

 

モール505付近のコイン駐車場を利用、そこから徒歩5分くらいだ

 

14時半集合だがすのっぶのまだむがまだ来ていなぁい・・・みんな集まってお店が開くのを待っていた。

ほどなく開店、出演者もほぼ揃って出演順をあみだくじで決め、お客さんもご来場!15時すぎに予定より少し遅れてぼちぼちライブスタート

オープニング わたくし、前田直弥

HEARTBEATプレゼンツということでこのライブの主旨などを話して出演者紹介、そんでもってテーマ曲「HEARTBEAT」を歌う。この後いつものようにMCも担当します。

 店内はもうほぼ満員近く。前以てお知らせした出演者の中から ミヨコ昆布(副鼻腔炎の治療中)、平野秀明(指のケガ)、森偉蔵(急用)が出られなくなりました

 

1.佐藤勝則&せん&げん(初)カッコ内は出演回数 【つくばみらい市ほか】

 とっぱじめはチョイ悪オヤジトリオ・・・クラプトン、スティービーワンダー、などの有名洋楽シリーズとオリジナル曲も1曲。リードギターもかっこよくみなさん楽しそうでしたー

 

2.まるひ(初)【千葉県松戸市】

最近はバンド活動などで実に1年8か月ぶりの弾き語りということで「緊張してる」と言ってましたがどうしてどうして、こちらも洋楽、ジョンレノンやクイーンの「ボヘミアンラプソディ」を弾き語りで斬新に、何と言ってもオイラは「テレフォンノイローゼ(甲斐バンド)」がツボに入りました~

 

3.軽音色(かるねいろ)(初)【千葉県松戸市】


実はオイラも初めてお会いしたのだがすのっぶの推薦で初参加してくれた軽音色さん。この日はウクレレで心洗われる歌声を披露、各地のオープンマイクにいろいろ参加されているそうで度胸もありそうです。やさしいお人柄も感じました

 

EX1  ミヨコ昆布

 副鼻腔炎治療中の具合が良くなくて出演できなかったミヨコ昆布さんが来店してくれたのでお話だけでもとステージに上がってもらいました
残念な思いを含めて独特な語り口でトークで盛り上げてくれました

 

4.ばんぶぅ(5)【埼玉県久喜市】


これまですべての回に参加してくれているばんぶぅさん、先月北海道にバイクツーリング&キャンプしたみやげ話をひっさげて、古井戸や井上陽水のナンバーを。そしてやっぱ北海道だから?「落陽(吉田拓郎)」もキメてくれました~

 

EX2 益子


すのっぶのオープンマイクで軽音色さんとご一緒してこの日は見に来ていた益子さんも歌う人と聞いたので無理矢理歌ってもらいました、オリジナル曲2曲、ロックな感じのメッセージが伝わりました、急遽でしたがありがとうございました。

 

 EX3  べらふ


埼玉県春日部のライブハウス和音のマスターべらふさんもつくばに用事があった後なおみさんと共に寄ってくれましたー、なので歌ってもらいやす
代表曲「♪こころのもちようさ~」など2曲、熱い歌声で盛り上げてくれましたー、ありがとう

 
客席もいい感じでノッて聴いています

 

5.黒うさこ(3)【河内町】


毎回このために練習してくれて趣向を凝らした楽曲を歌ってくれるうさこさん。この日も「500マイル」や出身地岐阜中津川フォークジャンボリーの曲、「あの人への手紙(かぐや姫)」などそして極めつけはオイラの曲「蜃気楼」を一生懸命カヴァーしてくれました、オイラはうれしはずかしい感じでしたけど、ありがとう!

 

6.わたくし、前田直弥 【つくばみらい市】


今日もみんなそれぞれ持ち味を発揮してくれていたるのでオイラも負けねーよう歌うぜ

1.LIVESONG
2.幻~まぼろし
3.ひまわり

どーかと思ったが本家?として一応演ります。

4.蜃気楼
5.50の空

以上5曲、今持てる力を出しましたー

 
おっ、粋なアングル・・・撮影はTANAさん。

 

7.A.TANA(5)【千葉県柏市】


東村山で購入したというかっこいいシャツが映えるアニキも毎回参加してくれていまっす。「羽田」などオリジナルのほか今回は地でゆく!?「狼になりたい(中島みゆき)」の選曲が意外ででもハマってました、アツく一旦の締めを飾ってくれましたぜ!

 この後欠場者も出たので来週のKOHANロックのPRで現地で歌っていた2組にも合流してもらい、

 

 8.土浦のトム(初)【土浦市】


長年勤めたラーメン店を辞め、本格的な弾き語りを復帰させたそうです・・・その名の通り、トム・ウエイツのカヴァーオンリー!訥々としたいい味出てますね。

 

9.tomo飯岡&寂村(初)【土浦市】


ウクレレのtomoさんのヴォーカルを寂村Show太郎がギターでサポートのユニット。「スィートメモリーズ(松田聖子)」「Lovi'n You (ミニーリパートン)などみんな知ってる良い曲を聴きやすいクリアな歌声で披露してくれましたー

そしてここでフィナーレ、最後は「遠くで汽笛を聞きながら(アリス)」を指のケガで出演できなかったけど来店してくれた平野秀明さんにメインヴォーカルを取ってもらいみんなで歌って大団円!(画像無かった)無事終了~

予定外なこともいろいろあった今回のアコースティックウエイブ・・・結果的にたくさんの人たちの参加で盛り上がりました~
出演者のみなさん、すのっぶのまだむ、そしてご来場のお客さんありがとうございました。次はいつやるか決まっていませんがまたよろしくです。

 

 アフターステージ
その1 寂村show太郎VS.せんさん


やっぱ演るよね、ギター合戦

 

その2 寂村VS.佐藤勝則


いい感じに酔っぱらっていい感じで弾いています

 

 その3 寂村VS.平野秀明


「エレキ、ひさびさで気持ちよかった!」と平野さん、あれ、指のケガは?「エレキはだいじょうぶだよ」と

 

 その4 平野秀明


あれれ、ついに弾き語りを!平野さん、指のケガは??

 

 その5 佐藤勝則&せん


果てしなく盛り上がるのであった。そのパワーすごいね

 

 その6 寂村&佐倉孝司

やっぱまだむに歌ってもらわないと、ね!リクエストに応えて「プカプカ」「男らしさってわかるかい」など、お世話になりましたー

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加