Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

2.25  ライブ『この街から』 リポート

2012-02-27 | この街から

茨城県土浦市のmusic gallery speace 空(くう)で毎月第2第4土曜日に行われるフリーライブ「この街から」に今年初めて参加した。
ここのところ毎回たくさんの参加者でにぎわうが今回も盛り上がった、その模様をリポートしよう


4階建ての2階が会場だがいろんな設備が施されている


1.佐倉孝司

毎回口切の「まだむ」だが最後の曲はこのライブのテーマ曲でおなじみの「この街から」。バックが入ってだんだん厚みを増してきたぞー


2.わたくし、前田直弥

この日はYAMAKIバッファロー持参、サングラスかけないで・・・すっとぼけた表情だな~

珍しくカヴァー曲からしかも岡林から  1.自由への長い旅(岡林信康)  昔ライブを一緒にやったKバンドの篠塚浩二氏が来ていたのでなつかしめの  2.夕 凪     そして初披露!新曲  3.SIDE BY SIDE   4.LIVESONG  以上4曲、
新曲どーだったかなあ? 


3.美浦からいらした・・・お名前存じません。

オリジナル曲を3曲披露してくれたが、こだわりのある感じ。ハーモニカが70年代フォークの香りがプンプンしていてなじみやすかった


4.古川

こちらで3回目?毎回お会いする感じですが、やはり「雨ニモ負ケズ」詩・宮沢賢治を熱烈プッシュ!ストレートな想いを歌に込めて震災に遭った方々を元気づけたいと意気盛んです。世代的にビートルズもレパートリーに組み入れている。



そしてTEL出陣!

5.トンコツロックナット~今夜はギュウコツ。

この日は正式メンバーのMIYOちゃんがいないので「ギュウコツ」なんだそうだがコータロー(g)、そしてショータロー(key)のメンツでなだれ込み~

この日、紅一点。トンコツの新マネージャーの彼女が「なごり雪」歌唱~、元気いいぞ!


6.ショータロー

引き続き、同じ構成でショータローヴァージョン・・・お得意の「サマータイムブルース」もやっぱ飛び出したね


7.トヨジ

昨夜すのっぶにてライブをやったというトヨジも「観てるだけ」と言っていたが、アニキ高橋和幸氏の「野郎人生(おとこみち)」を歌った~。ちょいとコード間違い・・・アニキに怒られるぞ


8.後藤

やはりこのところ毎回お会いする後藤さんも「やめられない音楽キチ」のようで家には昔のLPレコードが山のようにあるそうだ
楽器もお好きなようで・・

スピーカー付きミニエレキギターとポータブルアンプ持参してきていた



9.篠塚浩二 EX Kバンド

何年ぶりかにお会いした篠塚さんはHEARTBEAT草創期からライブに参加してくれていた古きお仲間です
やはり「観に来ただけ・・」と言っていたが無理やり頼んで「帰れない二人(井上陽水)」を演ってくれた、さすが!上手っす
ひさびさ聴けてよかった!


そのあと、オイラが再び何か歌って~

10.メロディー木村

この店の主、メロディーさんが満を持して登場!必殺!「夜空ノムコウ」を熱唱


トヨジ&カホーン

こうして音楽の宴会?は夜更けまで続いたのであった。いつも楽しい夜をありがとう
このあとお決まりの「すのっぶ」になだれ込み、また飲んで歌ったのであった


いつもお世話になります、メロディーさん&かおるさんご夫妻に感謝

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:3月のライブ予定

2012-02-24 | スケジュール

長く寒かった今年の冬も、このところ日が伸びてようやく終わりを告げる兆しが見えてきた・・・待ち遠しい春はもう少しだね。
3月になるといつものハコとは違う場所でのライブが予定されています
そしてあの震災からもう1年・・・いろいろな想いを胸にオレもみんなも歌うことでしょう



イベント名:KASHIWA MUSIC LOUNGE(柏ミュージックラウンジ)
  日 時:2012年月4日(日)12:00~  
 
  場 所:柏市民文化会館 小ホール
      千葉県柏市柏下107
    HP:http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/053100/p002152.html


       柏駅東口からウェルネス柏行きバスで「柏市民文化会館前]下車
     北柏駅南口から、慈恵医大柏病院行きバスで終点下車、徒歩5分

        
 共演:当日の出演予定 
12:15 オープニングショー(MCさくらん)
12:30 開演
    Polypterus Angericas(30)
13:00 姫(30)
13:30 耕時(20)
13:50 Shinichi-ojisan(20)
14:10 Lux est Orta(30)
14:40 千和(30)
15:10 阿蘇品青(20)
15:30 TAKING(20)
15:50 ヲカ(20)
16:10 白(20)
16:30 A.TANA(20)
16:50 *niko*(30)
17:20 前田直弥(20)
17:40 無流(20)
18:00 kanon(20)
18:20 須賀俊幸(20)
18:40 マリア(20)
19:00 明里優樹(20)
19:20 アユム・ダンデライオン(20)
19:40 オモイ(30)
20:10 BrandNewDay(30)
20:40 終演予定
(20)、(30)は演奏時間です。

    料 金:入場無料
  
   出演時間:各組20分~30分

昔っからの盟友ファンキー利根川が企画するホールでのライブ。春の訪れと共に彼の得意とする野外の季節がやってきたねー。初めてライブするホールで多数の面子とにぎやかに演りやしょう入場無料なので気軽に遊びに来てくらはーい




★イベント名:Sing My Soul(シング・マイ・ソウル)
   日 時 :2012年月11日(日)13:00~
   場 所 :live&music cafe Cat’s Tail(キャッツテイル)
         千葉県松戸市稔台7-2-17スプリングハイツ102
         TEL 047-367-2005
         新京成線稔台駅下車徒歩3分
         駅改札右折、稔台交差点正面交番を右折約1分
       P:有料駐車場あり
           HP : http://www.cats-tail.net/

    料 金 :1500円+1ドリンクオーダー
      13:15~前田直弥
      13;45~べらふ
      14:15~星野男吉
      14:46~黙祷(及び小憩)
      14:50~MINT
      15:20~耕時
      15:50~沙絵子
      16:20~ROXY-ROLL(予定)
    *時間・順番は変更になることがあります。

ずばり、東日本大震災からちょうど1年目の日。被災地ではまだまだ復興に至っていない状態が続いている。我々にできることは何かあるのか?そんな事を考えながら、平和への感謝と亡くなった方々への追悼、そして復興へ向けて頑張っている方たちに想いを馳せ、歌いたい。


 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリビア・ニュートン=ジョンは初代歌姫。

2012-02-22 | よもやま話

ここのところライブのMCでも話しているが・・・最近ラジオでオリビアニュートン=ジョンを歌声を聴いた。「magic」というその昔大変流行った、いい曲である
まだオレが幼い頃、テレビで「カントリーロード」を歌っているときは純朴なお姉さん的なイメージで認識していたがオレが思春期になった頃には彼女は都会的最先端なポップス歌手として全米チャートを賑わす存在になっていた

その当時のアメリカでの位置づけというのはよくわからないが、アイドルちょっと違うだろう・・・その頃はそんな言葉はなかったがやはり「歌姫(ディーバ)」だったのではないかと思う・・・伸びる高音が特長的で歌上手かったしね
早速家に帰ってからYOUTUBEで画像を見てみた、ヒット曲もたくさんあるなー。

「magic」はオフィシャルのPVよりこの動画が実にいいねえ~、ホットパンツでセクシーなステップを刻み金髪を振り乱すきゃわゆいオリビア。口パク気味はご愛敬





われら青春時代に熱くなった、ジョン・トラボルタとのミュージカル映画「グリース」。その中から秀逸のバラード「Hopelessley  Devoted To You」 邦題「愛すれど悲し」





「グリース」からは全米トップチャートに3曲もランクインしたそうだ。この映画は1978製作になっているが(オレらが熱中したのは82年頃、トホホ)女子高生役のオリビアはすでにその当時30歳越えていたのだ・・騙されたー、お姉さんというよりも・・・いや今では日本でもそんなこと珍しくもないが30年も前にそれを演っていたのは凄いことだろう。この「グリース」もあってオリビアがオレにとって初代歌姫と言えるのだ


そして時は流れて・・・・最近のオリビアのコンサートでこれも「グリース」からの懐かしい曲を共演、これも当時サントラ盤でよく聴いたものだ。年齢は重ねても素敵だね、さらにがんばれーっ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲    『SIDE BY SIDE』

2012-02-18 | 新曲情報

今年一発目の新曲情報~!・・・とはいえ昨年からあたためていた曲でっす

昨年10月、柳ジョージ氏が亡くなって、彼のCDやテープを引っ張り出して聴いているうちに20年以上前のアルバムに入っている曲で「CAROL」という曲があった。「こんなかっこいい感じの曲を作ってみたいなー」と思い、取り組んでいた曲です。コード進行もテンポも似たような雰囲気で、ちょいと自分の現実とは離れた感じでシブくキメようとしていたが・・・・。
できてみると・・・ロックというよりやはりフォーク調、横浜というよりやっぱ茨城・・・なんかちょっとダサくて薄っぺらいかなあ

コード進行は王道のCからのベース音半音落としのスローバラード

でも歌っているうちに様になるかもな~


         SIDE BY SIDE

      きらめくイルミネイション にぎわう街の中で
      お前は肩ふるわせて 悲しみにくれていた
      もどかしい思いばかり 何もできないオレだけど
      吹きこむ冷たい風から せめて守ってあげたい

  SIDE BY SIDE こらえきれぬ涙なら 流せばいいのさ
  SIDE BY SIDE 今夜オレにできること お前のために そばにいることだけさ

      あれほど騒がしかった 街は静まり返ってゆく
      このまま目をそらさない お前が笑顔に変わるまで

 *SIDE BY SIDE 今が暗闇なら この先に何があるのか
   SIDE BY SIDE これからオレにできること お前と同じもの 一緒に見ることさ

    *REPEAT

  ★歌詞は予告なく変更する場合があります、あしからず


 
気が向いたら動画RECしてアップしてみまーす

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2.11 和音ライブ リポート

2012-02-13 | 和音

2月11日は土曜日に当たったけど祝日・・建国記念日。そして個人的には5年前に亡くなった父親の命日だ
そのせいではないのだろうけど日差しも暖かく、風のない穏やかな日中だった。
そんな日の夕方、最寄りの駅までチャリを飛ばし 埼玉県春日部市にあるライブスペース 和音(わおん)に向かった。

本日は旧知の仲のミュージシャンがたくさん出るイベント・・・早めに行ったがもう多くの人がリハをしていた。旧オリンズの連中は集まりが早いのだ。盛りだくさんのライブをリポートしよう

 
羽などの図柄で店の名(和音)を模っている・・・商売繁盛の縁起物なのだ。



1.A.TANA ROXYROLL

A.TANA氏とは忘年会でもご一緒したがドラムスのポーカローとのセットで聴くのはひさびさ。よく聴く曲「バウシング・バレイ」?は対人地雷でやられた人がベティちゃん人形が両手を上げて膝が折れてゆく様を表現した言葉だそうだ・・・う~残酷。しかし汗だくになりながら熱いライブを見せてくれたっ


この日のキャストに出演の打診したり、活躍のポーカロー




2.MINT

この日はリズムセクションの打ち込みに合わせてギター&ヴォーカルのスタイルのMINT。淡々とした歌唱とおもしろ話の構成はいつも通りだったが、バレンタインデーが近いということでみんなにケーキを焼いてきてくれていた・・さすが気配り屋さん



3.わたくし、前田直弥

出演のミュージシャンもたくさんいるが、お客さんやお店の常連さんもドドッと入ってきた中、いざ出陣!

1.HEARTBEAT  2.熱 烈  3.光と影  4.夕 凪   5.LIVESONG    以上5曲。


MINTにもらったケーキにココアパウダーがふりかけてあって知らずに逆さにしたらGパンの太もも部分に大量にかかってしまった・・そんな楽しい?お話を交えてのステージング、みんな手拍子で盛り上がってありがとう


4.耕 時

仕事が休みで早く会場入りしていた耕 時 とも長い付き合いだなー。その変わりない超ハイテンションのパフォーマンスには土浦から来た連中はじめ初めて観る方たちは驚いていた。「アンブレラ」ひさびさ聴けてよかった・・・RAGも同感だったらしい



5.たかはしきよはる

こちら和音では「パパ」と呼ばれているやさしい温和な彼だが、原発や政治向きなMCは熱い思いがあふれている。メッセージ色強い曲と「金印たまじまん」のCMソング的なにぎやかさと懐深いオリジナル曲を聴かせてくれたー。また帽子も教えてくれたしね



5.THE RAGBOPS(ザ・ラグバップス)

ギターのTELはこのところおなじみだが同じ石岡のトヨジが参加すると本来のRAGになる。コンビネーションよろしくオリジナルやAKBも歌ったけど特に「トヨジもこんなにギター上手かったっけ」というほどインストがよかった。MCが走るTELと諌めるトヨジといつもと逆の役割がおもしろかったなー


最後は即席、ポーカロー(b)と橋本 牧(ds)が参加してかっちょよくキメた~




6.橋本 牧

奥でドラムスとヴォーカルが牧さん、オレとはジャンルが違うけどオリンズ時代から交流させてもらっている。この日はやはり即席でTELやポーカロー、コータロー(g)を入れて比較的有名な曲をセッション形式で披露、相変わらず芯のあるドラムですよね。かなり盛り上がったけどせっかくなのでギタープレイも聴きたかったなー


そこで、和音の常連、JJがたまらずハープで参戦!高橋和幸のシャテー連中が仲良く競演!ただのならず者ではないぞ





7.トンコツロックナット

最後は土浦から急遽参加のTEL・コータロー・MIYOのトリオバンドはこの日初めてのライブ
オレのMCのものまね(MDで聴いたらしい)からスタートしたが似てるのか


コータローとは「この街から」ライブでよく顔合わせている・・・ストラトのカタいギター音がいいんだよ


MIYOちゃんが力強いドラムスからテレキャスに持ち替えてこちらもセッション風のステージを展開
トンコツロクナットとしての初めてのライブだったが3人とも演奏の技量はレベルが高いのでこの先はもっと期待しよう

こうして終わってみると午前0時すぎ・・・盛りだくさんの内容で盛り上がりましたなー
出演者のみんな、おつかれ!ご来場のお客さん、常連のナオコさんはじめみなさん、ありがとう
お店のべらふさん、ナオミさん、遅くまでお世話になりましたー、またよろしくです

本来なら10時40分に店を出て駅へ向かわなくてはならないが、またTELと連れの女のコに家まで送ってもらった、ありがとう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:2月11日(土)和音ライブ

2012-02-09 | スケジュール


告知も遅れてしまったけど・・・今年もお世話になりますよー、べらふさんのハコ、和音。
確か去年もこの時期ライブして帰りに路面が凍っていてチャリでコケたんだよな~、ギターは身を挺して守った
二の舞は踏むまい・・・寒風の中、チャリ疾走で向かいやす。メンツは懐かし親しい人ばかり!がんばりやす

イベント名:和 音ライブ
  日 時:2012年月11日(土)19:00~  
 
  場所 :ライブスペース 和 音(わおん)
      埼玉県春日部市中央1丁目14-21
    HP:
http://music.ap.teacup.com/waon/

       東武野田線春日部駅西口下車徒歩5分
        イトーヨーカドー裏「焼肉しずるや」3F
   共演:A.TANA ROXYROLL/MINT/耕 時/橋本 牧/THE RAG BOPSほか 
   料金:1500円
  
   出演時間各組40分くらい


みなさん、インフルエンザ流行っているそうだから注意して下さぁい

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1.29 アルマナックハウスLIVE31 リポート

2012-02-07 | アルマナックハウス


先週初めから海外(タイ)に出張していたので更新遅れました・・・
千葉県市川市にあるライブハウス アルマナックハウス でのライブをリポートしまあす。前回のライブで触れるのを忘れたけど2カ月に一回ペースのライブは前回で記念すべき30回・・・今回で31回目、丸6年を迎える
長いお付き合いになりましたね

さて、寒風吹きすさぶ中、前夜お酒を飲みすぎて体調イマイチなのもあって珍しく車で会場入り、軽いリハ後ライブスタート


オープニング・アクション   マイスター鈴木

30回を数えるここでのオレのライブだが毎回付き物がこの店の主、マイスターの口切り・・・何回か無かったときがあったがやはりこれがなくちゃなー。いつものように2曲ほど英語の曲を歌ってくれた。



1.加藤直樹

アルマナック歴1年の彼は若さを前面に出した熱血的なオリジナル曲が多かった。中でも震災のメッセージ曲「ライフライン」は印象強く、CDをレコード店のイベントなどで歌って売って、一部を募金しているそうだ。がんばれー!!



2.わたくし、前田直弥

二週連続のライブだが前週とはまったく違う雰囲気でじっくりペース・・・なので歌う曲もほとんど違う曲をセレクト、

1.シンプル  2.月だけが知っている  3.熱 烈  4.光と影  5.夕 凪  そして前日中学のクラス会があって(これで飲みすぎ)その想いを込めて  6.蒼     まさに「蒼くさいままの俺たち」に戻れた感覚で歌った~


線路脇の店、窓から市川真間駅のホームが・・・格子を貼ったので見えにくくなったね




3.森 偉蔵

学校はまるで違うが年齢は同級生の森 偉蔵 は最近作って気に入ってるという「ラブレター」という曲を披露、「ラブソングは似合わない」と言っているが自然な感じでいいよー。最近の彼の歌作りのペースと熱意には感心する・・・オレも負けてられねーな




4.ELK(エルク)

トップの加藤氏と共に初共演の彼は他の出演者の曲をよく聴いていて各人の特長や感想を細かい所まで述べていた
音楽はというとスタイルから感じる通り、マーティンOOOのオールドタイプのギターをかき鳴らしロッカーメッセージ満載
「買占めブギ」「電車にゆられて」という曲が印象に残ったが見ている者を惹きつける魅力があるね


ラスト・アクション

一通り、終わったところで再びマイスター登場!!9月頃に予定されているという震災被災地でのイベントのため作ったというオリジナル曲を初披露、「テンポとかをなおさないかんなー」とこれから練り上げていく感じだ
その他、お店の定番の名曲「ウイスキー」も歌ってこの日のライブ終了~

みなさん、おつかれさまでしたー。ひさびさに会ったお店のスタッフ、さかもとあいさんがマイスター曰く副社長からGM(ゼネラルマネージャー)に降格したそうだ・・・なんのこっちゃ

考えてみればアルマナックハウスでのライブも今年一発目、今年もよろしくお願いいたしまーす

コメント
この記事をはてなブックマークに追加