Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

6.25 アルマナックハウスLIVE2 リポート

2006-06-26 | アルマナックハウス


年季を感じる入り口付近の看板

4月以来2度目となる千葉県市川市のライブハウス「アルマナックハウス」でのライブをリポートいたします。
模様の天気の中、傘をギグバックにそっと忍ばせて現地到着。この店の主マイスター鈴木氏にあいさつ、いつもマイペースにお元気そうだ
この日は5組出演の豪華版ライブだ。個性ひしめくアーティストたちをステージの流れと共に紹介しよう!(敬称略です)

トップは マリーマリー 。福井県出身東京在住だが前の日故郷福井でのライブを終えて真っ直ぐ駆けつけたツワモノだ。ふるさと話を交え落ち着いたステージを展開した。年間かなりの数のライブをするそうだ。


オリジナル曲を表現力豊かに歌う マリーマリー


オレが5月に上野で一緒だった福井在住のシンガー JET菊池(5月9日の記事参照されたし)の話をしたら昨日一緒だったそうで大いに意気投合したっ

続いて登場は成田から来店の わたなべせん。マーティンD-41のギターをひっさげ歌ものとインストの両方を聴かせてくれた。同じマーティンでもオレとはだいぶ違う・・・いいギターはこういう風に弾かなくちゃ、きれいな音色でした。
アメリカ放浪時に感じたという曲が印象強かった。


ブルーステイストの奏法がシブい わたなべせん

 

3番手はわたくし、前田直弥の出番です


Wカップ、オランダの必勝を祈願して?オレンジ色のにくい奴

1.時の流れ
2.HEARTBEAT
3.雨の匂い・・・
この歌を歌ってもいつも雨は降らない!?
4.黄昏れて・・・新曲2度目歌う、う~ん自分で黄昏てしまう
5.LIVESONG・・・ちょっとは盛り上げないと、ね!
6.蒼  ・・・みんなの手拍子入り、二段打ちに惑わされず歌い切った~

以上6曲、最後はみなさんが手拍子くれてテンションアップ!みんな仲間だ!ありがとう!歌い終わるとカウンターの女性が「前回も観ました。LIVESONGってフレーズ憶えてました」と言ってくれた。よく見るとその方は前回お店を手伝っていた方でした、これまたありがとう

その後4組目はピアノ弾き語りの たけもとまりこ。リズムの良いピアノに合わせてパワフルな歌声でしたー。カドウーを吹きながらピアノ片手演奏は初めて観たっ、川崎からの来店だそうです。 
    
ピアノが壁付けなので歌っている姿が撮れない、ので終わってからこのピース

最後5組目は待ち時間ですっかり出来上がっていた 中 達範 だ。前半こそ声が出にくかったようだが中盤からは本領発揮のナンバー連ねる。やっぱ彼の曲にはギブソンハミングバードのギター音が似合ってるようだ。ガツッと切れるカンジのね


見た目もカッコよいギターだ

しかーし後半に入ったらオレの電車の時間が迫っていた、やばいたつのりのステージ半ばにしてこの店を去らなければならなかった、残念~。
東京へ帰るマリーマリーも時間がギリだったらしく一緒にギターを背負いJR市川駅まで急いだ・・・おかげで間に合ってよかった
いつもせわしなく最後まで聴けないのがネックだがこの日も各地で活躍する諸君たちと共演できてよかった、マイスターまたお世話になりました。そしてお客さんたちありがとう、またよろしくでござんす


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7月9日(日)CafeエバンスLIVEの予定

2006-06-21 | スケジュール

取手市(旧藤代町)藤代にある 喫茶店エバンス で不定期のアコースティックライブを演らせてもらっているがその第4回目は7月9日(日)に予定されている。毎回多彩なゲスト [04年秋(月)・05年春(高橋和幸・大竹 昇)・05年秋(Kバンド・佐藤勝則)]を迎えているが今回のゲストは先日のきらくやまで完全復活した 絵 馬(えま[清水治郎&大竹 昇] だ。学生時代にバンドを組みYAMAHAポプコン出場など当時から名を馳せていたグループなのです。現在はアコギ2本によって当時のフォークソンング全盛を彷彿とさせる歌と演奏を披露してくれています

この絵馬のお二人とわたくし前田直弥、(他にゲストあるかもしれないが)の二組で梅雨明け間近な時期にアコースティックなライブをしっかり堪能していただきましょう

イベント名:Cafeエバンス アコースティックライブ
   日時:2006年7月9日(日)15:00START
   料金:ミュージックチャージ¥500
   出演:前田直弥・絵馬 (ほかゲストあるかも)
   場所:エバンス  取手市藤代178-1 TEL0297-82-6858
       JR常磐線藤代駅下車徒歩10分  無料P有り


MAP 藤代市街R6バイパスたもとにあります。


エバンスは木のぬくもりを生かした店内にて
カフェ&軽食を楽しめます。
定期的にジャズのライブも開催しています。

         VS    
           絵 馬                         Naoya,M

         たくさんのお運びをお待ちしております。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

6月25日(日)アルマナックハウスLIVEの予定

2006-06-17 | スケジュール

前にお知らせしてあやふやだったアルマナックハウスでのライブが確定しましたのでご案内いたします。4月以来2回目となる同店でのライブですがこのところバンドとのブキングが続いたので弾き語り専門の雰囲気にどっぷりと浸かって歌ってみようと思います。アルマナックハウスは親しみやすいお店ですので時間のある方、お近くの方はぜひ覗いてみてください

★イベント名:アルマナックハウスLIVE
     日時:6月25日(日)19:30頃~
     料金:ライブチャージ700円 他通常オーダー
     共演:たけもとまりこ・マリーマリー・中 達範・わたなべせん

    場所:千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
        京成線市川真間駅5丁目5丁目降りてすぐ、中華ふーみん2F
        TEL047-723-7271
    アルマナックハウスHP:http://www.h4.dion.ne.jp/%7Ealmanac/


4月のアルマナックハウスより

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新曲情報 『黄昏れて』

2006-06-14 | 新曲情報

先日のオリンズでのライブでもう歌ってみましたが2006年第2弾は「黄昏れて」という曲を作りました。しかし実はこの曲、まったく新しいということではなく去年いったん仕上がって1回ライブで歌ったのですが詞の内容などがあまり気に入らなかったので折を見て作り直そうと思っていた曲です。
二番の歌詞は前とはまったく変わっていて題名の「黄昏れて」というタイトルも新しい語句です。
内容はというとこれまた暗い・・・希望を持って挑んできた者が挫折感や虚無感を味わい休息を求めるといったある年齢に達した人なら感じられる黄昏ということをうたっています。

      黄昏れて

流れる雲の勢いに気圧されて 後ずさりの自分の影が消えかかる
 尽きせぬ希望と若さを抱いて挑んできた
 時の移ろいで 手に入れたものも 色あせた
 ああ、憧れよ あの日のように 僕の心に灯を再び点けてくれ
 やがてはここから歩き出すつもりだけど
 今はただ 暮れゆくままに 黄昏れて

 淡く残った夕焼け色も 絞られて
 逃れられない闇へと次第にいざなわれ
 見せかけばかりの光をたやすく見破るたび
 虚しさにため息ひとつ またひとつ
*ああ、憧れよ あの日のように 僕の心に灯を再び点けてくれ
 やがてはここから起き上がるつもりだけど
 少しだけ 眠りを求めて 黄昏れて

そう頻繁に歌いたいというような曲ではないが作ったばかりなので何回かはライブで続けざまに歌うと思います。聴いた方はぜひ感想をコメントに入れてみてください。よろしく
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

6.11 OLINZライブ リポート

2006-06-12 | オリンズ


OLINZの入り口。ここは楽園の入り口

月イチで行っている OLINZ(オリンズ)でのライブだが今回はバンドとのブッキング。しかも女性ヴォーカルばかりというので浮くのは必至・・・その上13:00スタートという時間帯。この華やかなりしライブの模様をリポートいたしやしょう。(出演者の敬称略)

トップは UTASE ALL STARS(うたせオールスターズ) 。OLINZでの企画モノ「UTASE」のメンバーで構成されたバンドだ。昭和歌謡曲を独自のアレンジで演奏し、女性ヴォーカルmiyukiが歌う。手練れのミュージシャンたちの演奏には安定感がある。


マジシャンと見まがう鮮やかな衣装のmiyuki

本日の曲目は「勝手にシンドバッド」「卒業写真」「赤いスイートピー」「オリビアを聴きながら」「川の流れのように」など。「なごり雪」をマービン・ゲイ風にアレンジしたり「雪國」をド演歌そのものカヴァーしたり多彩な曲目だった


メンバーを率いる音楽人 ベースのkiyoshi


落差のある曲目をこなすギター morikuma

  そして後方はもちろんドラムス ファンキーtonegawa

さあその後は日曜日の午後、女のコたちの歌声に間違って?紛れ込んだオヤジ・・・
そう私、前田直弥の登場です!本日唯一の男性ヴォーカルで弾き語りでオリジナル。これは個性を発揮するには申し分ないシチュエーションだ


撮影スタッフはポーカロー

1.時の流れ
2.寸前        
前回ワールドカップ直前に作った曲だ、4年も経つんだ
3.雨の匂い     のこの時期にはよく似合う。
4.LIVESONG
5.黄昏れて  
前に一度完成したが詞を練り直して初披露。
6.碧き空の果て
そして本日私のメインイベント・・・

先ほどのUTASE ALL STARS のバンドメンバーとセッションのファンキー利根川に捧げる曲 7.松戸馬橋人生劇場 。

 この曲のため平日1回練習したのだ、本番テンポは速かったがみんなの演奏サポートを得てついにこの曲も陽の目を見ることができた~、ありがとう

この日最後を飾るのが Whipped Cream (ホイップド・クリーム)の演奏に乗ってGirlsVocalたちが入れ替わり歌うスタイル、ホリ★クリランドの始まりだ~


ヴォーカル1 バンドメンバー5の豪華な構成


トップバッターはてるみ。オレと同じ茨城から来てる(何処かな?)


イベント参加回数が多く落ち着いた雰囲気がある ミリー

バンドメンバーはオリンズ歴が長い人も多く、自分やHEARTBEATとも関わりがあるメンツなので紹介しよう

ROCK炸裂ま~ぼ~(g)  いぶし銀 Chung-do(b)


ROCKな好青年(g)  ホントは本格ヴォーカル ゆら(key)
そして言わずと知れた親方、ファンキー利根川(ds) 
さらにステージは進む


戸惑いながらも自作曲も披露した イチ(ニックネーム募集中)


ラストはパワフル激しいステージングのし~ら

13:00スタートのライブは途中休憩をはさみながら17:00無事終了!
熱戦と言うにふさわしいライブでしたー。みなさんおつかれっ
Girlsの中の黒一点も(オレのことだ)、たまにゃ~いいね


この看板のお店でどーぞby大村 昆

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

LIVESONG TOUR2006春 回顧録

2006-06-03 | その他のライブリポート

特にツアーを組んだわけでもないが、何とか予定を埋めようとしたわけでもないが4月・5月はたくさんのライブを思いっきり楽しんですべてのスケジュールを無事終了することができましたー。関係みなさんに感謝してこの2ヶ月を振り返ってみよう

★4月8日OLINZマンスリーLIVE・・・共演のA.TANA氏とポーカロー氏も交えて
                        ノリノリで打ち上げにも突入

★4月9日さらな花見会・・・午後1時~11時まで延々飲んで歌って最長記録
                 カヴァー曲のオンパレード。肝心の桜は何処行った

★4月16日アルマナックハウスLIVE・・・市川市に初登場フォークの殿堂的雰
                       囲気はまさに我ら彷徨うホーボーの家だ

☆4月23日松山隆宏すのっぶライブ・・・これは見学。満員の熱気の中、松山氏の
                       さすがのステージ炸裂!月の応援もした

★4月29日以心ライブⅣ・・・たつのり企画にA.TANA氏乱入!常連のお客さん達
                  と飲んで歌って話して大いに盛り上がった~

★5月6日ミュージックスクウェア・・・よい天気での野外ライブ。1年ぶりだがなつか
                    しい顔、初めての顔と丸1日ライブ&打ち上げ楽し
                    んだ

★5月14日アコースティックウインド10・・・地元での主催イベント。天気が危ぶま
                         れたが大勢の極上ミュージシャンの共演で
                         無事開催っ。よかったぜ

★5月20日OLINZマンスリーLIVE・・・生活向上委員会と久々共演。でも6月のラ
                   イブで解散との事なので最後の共演だったかな。

★5月28日HOTLINE2006・・・島村楽器取手店スタジオでバンド3組と共演。こ
                    こでも地元の音楽にアツい仲間と出会った~

以上、2ヶ月間で8公演1見学、合計48曲を歌いましたー(カヴァー曲は含まず)。そして共演したアーティストは32組にのぼり、みなさん大変おつかれさまでした。そして各ライブ会場に足を運んでくれたお客さん達誠にありがとうございました
これにて Naoya,M LIVESONG TOUR2006春(後から付けたタイトルだが) は一段落いたしました。

・・・しかーし、音楽の旅はまだまだ続くのです。今後の予定は

★6月11日(日)OLINZマンスリーLIVE 昼版  13:00~
      場所:MusicCommunucation OLINZ(オリンズ)
         千葉県松戸市西馬橋蔵元町145武藤ビルB1F
         JR常磐線馬橋駅下車徒歩5分
   TICKET:2000円 1ドリンク付
   珍しく昼に行うマンスリーでのライブ。共演は UTASE ALL STARS・
         てるみ・ミリー・ま~こ with Whipped Creams。女のコに囲まれて
    オヤジ野郎はいつも通り歌います!tonegawaに捧げた『松戸馬橋人生劇場』
    バンドバージョンあるかも
   オリンズHP:http://homepage2.nifty.com/olinz/top.html

★6月25日(日)アルマナックハウスLIVE(予定)
          まだ公演確定しておりません。後ほどお知らせいたします。
    アルマナックハウスHP:http://www.h4.dion.ne.jp/%7Ealmanac/

★7月9日(日)Cafeエバンス アコースティックライブ
      場所:取手市藤代178-1 TEL0297-82-6858
        半年に一度のペースで行っているエバンスでのライブ。
         今回はゲストに絵馬from龍ヶ崎(予定)を迎えたっぷりと
         アコースティックなカフェ空間に浸っていただきましょう!
         *時間・料金などまだ確定しておりません。
           決まり次第お知らせいたします。

上記、今の予定です。これからもよろしくお願いいたします




    

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加