Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

新曲  『50の空』

2016-05-23 | 新曲情報

2016年最初の新曲は・・・50の空」。オイラも昨年50才になりまして、若い時に思っていたのとだいぶちがう!そして「オレも50になっちゃったか」の思いに駆られている。でもよく考えたら今までの景色と変わってはいないんだ、まだまたなんだよね・・・そんな曲です。
「22才の別れ」とか「15の夜」とか若い年のタイトルはあるけれど50は無いな、と思い作りました・・・なんとなく化粧品?の「50の恵み」みたいだけどねっ




      50の空


川面に苔むす石みたいに 安らかに時を重ねるはずが
坂道を登ったり 転げ落ちたり いまだに平らな場所を知らず

見上げた 50の空は 今までと何も変わっちゃいない
目に映る 50の空に 希望見つけてまだまだ行かねばならぬ


ほとばしるマグマも冷えてゆき どっしりと動かざる山になるはずが
冷めきれぬ想いを抱いたまま 分かれ道で右往左往してる

見上げた 50の空は 今までと何も変わっちゃいない
目に映る 50の空に 汗拭いながら まだまだ行かねばならぬ

見上げた 50の空は 今までと何も変わっちゃいない
目に映る 50の空に 希望見つけてまだまだ行かねばならぬ


歌詞は予告なく変更する場合があります。
曲は三拍子のストローク奏法、歌は50才にはおよそ似つかわしくない高音域を要します


先日のアルマナックハウスやすのっぶですでに歌っておりやす。後で動画でも撮ったらコード付きでアップしまーす

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲  『花 椿』

2015-12-28 | 新曲情報

すべりこみセーフ!今年新曲5曲目だ、無理やり作った気もしなくもないが・・・。オレの冬の歌というと「夕凪」をはじめ「橙色の月」「雪割草」などがあるがしばらく作っていなかったのでチャレンジ!・・これからまだ歌えるしね。冬の花というと大船渡へ行ったということもあって市の花の「椿」のイメージが浮かんできた・・・そしてサラサラとできたけど、これは演歌か?みたいな歌詞と超マイナーな曲調、そしてひさびさの女唄(女性目線)です。
ついこの前の曲がアップテンポのゴスペル調だったが、このレンジの広さが自分らしいかなぁ。自分で積極的に歌うというよりは誰かが歌ってくれたらいいな、という曲だね。
 



      花 椿


終わりがあると知るか知らずか 凍え燃え咲く 冬の花

寒空ゆえに赤くまた熱く はかなさゆえに美しいまま

あなたにすべて捧げる 散り落ちるまで永遠(とわ)を信じて

終わりがあると知るか知らずか 凍え燃え咲く 花 椿


引き返すなど望みはしない あなたを信じ わたしを信じ

震えることはわかっていたわ この季節にだけ咲き狂うのみ

あなたがくれたぬくもり 胸に抱いてその覚悟が

終わりがあると知るか知らずか 凍え燃え咲く 花 椿


あなたにすべて捧げる 散り落ちるまで 永遠を信じて

終わりがあると知るか知らずか 凍え燃え咲く 花 椿

終わりがあると知るか知らずか 凍え燃え咲く 花 椿


歌詞は予告なく変更することがありまーす。



めでたく曲作りの目標達成!しかしすべての今年の目標で達成したのはこれだけ、か

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲  『スタンバイ、OK』

2015-12-09 | 新曲情報

やってきました、今年新曲4発目ここまでの過去3曲は暗い、とかマイナーな感じだったので今回は景気のよい曲調にしてみやした。ご覧のような単純な歌詞ですが、自分を、そしてみんなを鼓舞するような感じになればいいな~
曲もサビの部分はみんなで歌えるようなフレーズ・・・安心してください、キーも高くないよ
まだまだ完成度は低いので、毎度のことだけどずっと歌う曲になるか、作っただけで終わるのか?・・それは誰にもわからないのれす




              スタンバイ,OK

   やりたい事をやれる 準備はどーだい?

   たとえ道は見えなくても 心はスタンバイ,OK!


  もちろんあきらめるつもりはない

 
  オレはまだまだ夢を見てる途中なのさ


  いろんなことに出会って

 
  いろんな思いをしてきたのは すべて糧になってる


  果てしなくても 寄り道しても 途中で終わったとしても

  *REPEAT


  おそらく無理かもしれないけれど

 
  いつもアツい気持ちは忘れていたくないのさ


  いつでもしくじってばっかりだけど 

  その度に強く 図太くなっているはず


  歳をくっても 後ろ向きでも 踏み外すことがあっても

 
  *REPRAT X2

    心はいつも スタンバイ,OK!

    歌詞は予告なく変更することがあります、あしからず。



今年の目標まであと1曲!♪でっきるかなでっきるかな~、時間がね~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲  『純粋な日々』

2015-10-27 | 新曲情報

 今年3曲目!新曲できましたー。誰にでもある昔に戻りたいと思う気持ち・・・・特に今がよろしくない状況の時はそう思うよね。「人生はワンウエイ」、戻ることなどできないと知っているのに・・・そんな歌詞です。
曲はスリーフィンガーかまたはストロークの、どちらでもイケる、そしてマイナー調ね。オレにしてはあまり高低の抑揚のない方か・・・ライブで歌うかどうかはこれから考えます

 

              純粋な日々


            一列につづく 向日葵の道
       君の手を取り 歩いていた
       見つめ合えば 感じている
       きっと君も 同じ想い

       汗に光ったあどけない笑顔が
       夏の日の中で今も輝いてる

       戻れるなら すべて投げ出して
       時に逆らい 純粋な日に
       戻れるなら 今すぐにでも
       あの日あのまま 純粋な日々


       桜咲く散る 別離の儀式
       恋も友情も 泣いたり笑ったり
       世の中なんて 大したことない
       少し拗ねては いきがってた

       あこがれのあの人に胸を躍らせれば
       何でもできると思いこんでいた

       戻れるなら すべて投げ出して
       いつか失くした 純粋な日に
       戻れるなら 偽りのない
       あの日あのまま 純粋な日々

       戻れるなら すべて投げ出して
       いつか失くした 純粋な日に
       戻れるなら 偽りのない
       あの日あのまま 純粋な日々
       純粋な日々 純粋な日々

     *歌詞は突然!変更することがあります


今年の目標新曲5曲まであと2曲!・・・・ムリかなぁ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲  『麗しのスーパームーン』

2015-05-25 | 新曲情報

先日に引き続きまた曲ができやしたーずっーとできなかったと思えばサササッツとできてしまうことも・・・これも温めていたんだけど、ここが曲作りのおもしろくあり、難しいところですな

昨年秋頃、ラジオで「今夜はスーパームーンで・・・」というのを聴いて、何だそりゃスーパームーンって???いつからそんなことに?みたいに思っていたが何か曲でも作れそう・・・ということでタイトル先で詩も曲も発想まかせに作ってみやしたー。
自分の中でも今までに無い毛色の違った曲かな、この先歌い続ける曲になるかどうか,今度は成り行きまかせですね




    麗しのスーパームーン

     口に出しかけた ここぞの台詞(セリフ)
     今までならば 口ごもったけど
     今宵はいつもと違う不思議な光が
     ためらうオレを 後押しする
    *お前の心を えぐってゆく
     今夜は決めてしまえそう
     だって麗しの スーパームーン


     曖昧なまま ここまできたけど
     やっと気づいた 本気だったんだ
     はやる気持ちと じれったい言葉を
     最も近い 月が見てる
     お前の心を 撃ちぬいて
     今夜放った矢が刺され!
     そんな麗しの スーパームーン

    *REPEAT
      スーパームーン スーパームーン

詞の内容は断りなく変更する場合があります。


2011年のスーパームーン、だってさ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲  『アウトローになりきれなかった、』

2015-05-10 | 新曲情報

おまんたせようやく新曲ができましたー!前作「きれいな雨」(ライブ未発表)から2年弱、こんなに曲ができなかったのも初めてかも・・・いろいろあって曲作りに関わる意識と時間が取れなかったからね、温めていた時間も長かったがようやくこのほど完成に至ったのだった
その内容はというと「アウトロー」というワードはオレの曲では度々出てくる言葉で、生き方の悲哀というものを体現している。久しぶりの曲なのに暗くて何ですが、オレらしい、オレにしか書けない、そして歌えない曲ですね!

 

                        アウトローになりきれなかった、


           *アウトローになりきれなかった、 外れて生きる力を失い
             アウトローになりきれなかった、 中途半端な雨が 雨が笑う

            人と違った道を往きたいと 若い頃から思いこんでいた
           探し回って 幾度となく 迷路に入り込んでいる
           目の前に気を取られ 日和ったり嘆いたり
           意気地の無さを知るたびに こんなもんかと 立ち尽くして

                     *REPEAT

           いつしか時だけが無残に過ぎてゆき くたびれた姿が鏡に映っている
           臆病風に吹かれ 不安を怖がり 牙も抜かれていった
           やるせないまま 生き抜くために こんな自分を 受け入れてゆくのだろう

                     *REPEAT

          
断りなく歌詞が変更される場合があります。


さっそく、先日のアルマナックハウスLIVEで歌ってみやした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リメイク 『故郷にやさしい風が吹く』

2013-11-08 | 新曲情報

出来上がってはいたが、新曲作成時に詞を発表していなかったのがこの「故郷にやさしい風が吹く」。この曲は2011年東日本大震災の数ヵ月後に知り合いのミュージシャンから「友人が被災地を励ますサイトを立ち上げているので曲を提供して・・・」と言われ、作ってそのサイトに応募してアップされていた曲なのだ。自分の他にもたくさんのミュージシャンが曲をアップしていて自由に聴くことができるというものだった。
どのくらいの、特に被災地の人たちが聴いたのかはわからないが、オレもその曲の存在も忘れかけていた・・・ふと今回再び岩手県沿岸地区を訪れるにあたり思い出し、少し短く編集して現地でのイベントTHE North Journey Reunion 2013で歌おうと思ったのである。



                 故郷にやさしい風が吹く

      故郷にやさしい風が吹く ようやっと晴れ間が見えてきた

     眼を閉じると あの日の街並みが 生まれ育った愛しい街よ
     眼を閉じると あの人の笑顔が 心に沁み入る 親しき人たちよ
     そのイメージは 今までだけじゃなく これからも続いてゆくと 信じていたい
  *故郷にやさしい風が吹く 穏やかに平和へと誘って
     故郷にやさしい風が吹く ようやっと晴れ間が見えてきた

     眼を閉じると いつもの風景が すべてを与えてくれる この故郷よ
     眼を閉じると ここで生きている 喜びあふれる自分がそこにいる
     そのイメージは 今までだけじゃなく これからも続いてゆくと信じていたい
     故郷にやさしい風が吹く さわやかに傷痕を乾かして
     故郷にやさしい風が吹く ようやっと晴れ間が見えてきた

      *REPEAT


結局、The North Journey Reunion2013 では二度ほど、民宿サトウ前、盛り駅前のライブで想いをこめて歌いました。
写真: 盛駅  前田直弥さん(^_^)かっこいいっす(^◇^)
盛駅前のライブ。(NJ Facebookより)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲  『きれいな雨』

2013-06-22 | 新曲情報

またまた新曲できましたぞ今年3曲目、目標が5曲だからだいぶ近づいてるう
今回はたまにある「どフォーク」な曲・・・今の季節にはぴったりな『きれいな雨』というタイトル。
曲はマイナー基調でちょいと変わったストロークで作ったんだけどスリーフィンガー奏法でもいけるみたい・・・どっちにするか?その時の場面に合わせて今流行りの「二刀流」でいくか~
詞もまちがいなく「どフォーク」です!通常のライブではあまり歌わない、ちょっと前の「雪割草」のような立ち位置の曲になるけどこれはこれでこの先シリーズになるかもね




           きれいな雨

*忘れたいのに あいつの顔ばかり浮かぶ こんな日は
 裏腹な想いもすべて きれいな雨に流したい

 人影もまばらすぎる 通いなれた道 ひとりきり
 公園の隅に咲いた あの花もそぼ濡れて
 あいつとはしゃいでいたはずの 思い出たちが突きささる

*REPEAT

 入り組んだ小路沿いの 誰もいない部屋を見つめて
 濁りなき澄んだ雨が降る 抱き合ったぬくもり溶かして
 あんなにあいつと深まった 思いはどこへいったのか

*REPEATX2

歌詞は予告なく変更することがあります。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲  『夜明間近』

2013-05-21 | 新曲情報

前の曲「渇いた疾走」ができてから1カ月余り・・・もう次の新曲ができましたぞ
「渇いた・・」は半年以上ぶりだったから、なんだこのペースは???と思うが詞や曲作りというのは机にノートを開いて「よし、作るぞ」と言ってできるもんじゃないんだな、これが・・・車を運転してる時やはたまた散歩している時などふとした”ひらめき”が大事なんだ、これは偉い芸術家も言っている(誰だったか忘れたが)。でも常に曲作りを意識していないと浮かばない、それが問題なのだ
今回の『夜明間近(よあけまぢか)』のテーマは「懲りない」・・・何度失敗してもめげない、くじけない、よりももっとしょーもない感じがぴったりくるんだ。その昔の曲「はるか彼方」とオーバーラップするが、ライブの締めに歌える曲にしていきたいね・・・どーぞよろしく




          夜明間近

   浅い眠りにうなされて 夜の深さにはまりこんで
  何度も熱くなり挑んできた そして何度も折れ曲がってきた
  カーテン越しに 白みはじめた 新しい日がオレをまた誘(いざな)う

 *明るくなる前が一番暗いんだって 暁が教えてくれた
  ここですべて終わったわけじゃないのさ まだ懲りない 夜明間近

  体を横たえて じっと目を閉じて 時計の音だけ聞こえてくる
  ボロきれのように眠りこけて 突き抜けるときを待ち続けてる
  夜の間に生まれ変わって 萎えた心にまた火を灯したい

  明けない夜なんかありやしないと 曙が示してくれる
  転んでくたばったわけじゃないのさ まだ懲りない 夜明間近

  *REPEAT
  何度も熱くなり挑んできた そして何度も折れ曲がってきた
  ここですべて終わったわけじゃないのさ まだまだ懲りない 夜明間近
  まだまだ懲りない 夜明間近

歌詞は予告なく変更する場合があります。


ちょっと夜明けっぽく加工してみたが・・・実は真昼間。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲  『渇いた疾走』

2013-04-11 | 新曲情報

2013年、ようやく一発目の新曲ができやしたー、もう4月だかんね
『渇いた疾走』・・・実は曲自体はもう十数年前に骨子ができていてそれに乗せる詞がなかなかできなくてずっーと在庫状態になっていた曲なのです。マイナー調ストロークでスピード感が命の画期的な曲・・・なかなか雰囲気と語呂の合う詞がむずかしくてね・・・でもひとまず完成!オレの曲では「蜃気楼」に感じが似てるかな~、こういうシリーズにするのもいいかも

けっこうこの新曲情報に載せて歌わなくなった曲も多いのだが定着するべくがんばりやす
動画等撮れれば載せますが今のところ未定です・・・なんせまだうまく歌えないかんね



            渇いた疾走

   闇の景色の視界は狭まって 
   踏みつけるACCELE 響くEXHAUSTNOTE

  ヤツらの蔑んだ目つきが突き刺さる
  オレのこの心とこの身体を蝕んでゆく
*駆けぬけて 沈黙を破り捨て
  駆けぬけて 渇いた疾走


  抑え込まれた鎖を引きちぎり 
  路面(みち)を照らすHEADLIGHT 自由へとRUN A WAY

  求めていたものと現実が離れてゆく
  本当のオレが牙をむき 叫びを上げる
  駆けぬけて 逆襲のシナリオへ
  駆けぬけて 渇いた疾走

*REPEAT

予告なく歌詞を変更することがあります。


”疾走感”をうまく表現できればよいのだが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加