Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

4.16 Bay Music Factroyライブ ステージⅥ リポート

2011-04-19 | BMF

ライブハウス Bay Music Factory(ベイミュージックファクトリー)は千葉県稲毛の埋立地にある・・・といってもその辺一帯がそうなのだが。先月の地震により液状化の被害があると聞いていたのでどんな様子かライブかたがた訪問してみた。
稲毛海岸駅から歩いていったが特に被害の様子はない・・・通りをいくつか渡ってBMFに近づくと、あちこちで歩道が砂にまみれて壊れている。そして・・・

BMFが入っているショッピングセンターPATいなげ付近は被害が大きい状態だった
斜めに倒れかけている電柱が並ぶ


PATいなげの駐車場も液状化で盛り上がったり凹んだりして亀裂が見える
BMFに到着して店主のファンキーに聞くと地震直後はもっと被害が大きく、アスファルトはぼこぼこになって車は沈むは、マンホールは浮き上がるは、トイレは壊れて使えないし、大変な状況でこれでもかなり復旧したのだそうだ

さてそんな甚大な被害を受けたがめげずに音楽に邁進するBMFのこの日のライブをリポートしよう




1.わたくし、前田直弥

日中、東京の親戚の法事墓参りして駆け付けた。ギターは預けてあるヤマキのバッファローヘッドだがストラップを忘れてしまったので珍しく座りポジションでのライブとなった。
1.シンプル  2.HEARTBEAT 3.月だけが知っている  4.熱 烈  5.光と影  6.LIVESONG  7.心ひとつに  以上7曲、沈みがちな気分を盛り上げ、そして熱く歌ったー


MCはやはり地震関連の話となった。みんなに共通してるし情報交換みたいな感じになったね


2.MINT

いつもマイペースなMINTだが地震の影響で職場の建物が壊れて引っ越し先を見つけているという状況なのだ・・・それでも先月の地震後(周りのお店の電気が消えていて真っ暗だったそう)に引き続き着々とライブを行っているという、さすが
この日はいつもの曲をそのまま歌ったり、アレンジを変えて演奏したり工夫を凝らしていた


録画中のショット。MCもマイペースだよ

今だブッキングが本調子ではなく2組のみの出演でしたがご来場のお客さん方、ありがとうございましたー


震災情報に敏感?なファンキー利根川


BMFでは野外のライブイベント等で義援金を募って寄付しております。どーぞよろしく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2.26 Bay Music Factory ライブ ステージⅤ リポート

2011-02-27 | BMF

前日は春一番が吹いて春の到来を思わせたがこの日はやや寒い2月も末の土曜日、今月も千葉市にあるライブスペース Bay Music Factory(ベイミュージックファクトリー)へと向かった。途中、西船橋駅から京葉線に乗ったが全体が真っ青な車体は最近あんまり見ない気がして写真撮影してみた・・・鉄ちゃんではないのでわからないがいつもと違うのではないか?





常磐線も昔は真緑だったな


そんなこんなでBMFにたどり着いたが店主のファンキー利根川がイベントのPAで出張中で不在、出演者たちが各々リハーサルを演っていた。ひさびさのA.TANA ROXYROLLもいるぞ、そしてその中に見たことある顔が・・・なんと石岡のRAG BOPSの連中がいた!・・TELっていうのはRAGの藤井か~こちらもひさしぶりだ。豪華4組出演のこの日のライブをリポートしよう




1.A.TANA ROXYROLL(エータナ・ロキシーロール)

スケジュールでも話したがこのコンビとライブ共演するのは約1年以上ぶり・・・松戸市の旧オリンズ時代以来だ。ヴォーカルのA.TANAは王子で買ったという見覚えのある衣裳で「羽田」「ブリッジ」など馴染み深いナンバーをパワフルな歌声で歌っていた。セリフを散りばめたスタイルにも磨きがかかったようだ。


ドラムスのポーカローもしばらく見ないうちに叩き方のレパートリーがだいぶ増えたようで「豪華なオカズ」入れましたと言っていた。
A.TANA氏は病気が見つかって手術するまでお酒を控えているそうだが・・・無事治ってまた飲みましょうね


2.紗谷佳奈(さやかな)

キーボードの弾き語りの彼女はオリジナル曲を中心に「なごり雪」や「あなたに逢いたくて」などカヴァー曲も織り交ぜて、MCもいろいろエピソードを盛り込んでハキハキした感じだった。「6%LOVE」という曲の所以の話はおもしろかった
埼玉は西武ドームの方から片道2時間半かけてやってくるガッツウーマン、翌日も来るそうだよ

 

 

3.TEL(テル)

ひさしびりに会ったTELは30KG?も痩せていて別人のよう・・・本人は性病で痩せたと言っていた(ウソだろうな)がキャラはそのまま。しかしギターインストを中心にしたステージスタイルはコンビの時とはだいぶ違っていて「ギターうまかったんだー」と感心した。姪っ子に贈った「Baby RAG」はインストの良い曲だし、要所には「笑点」や「ひみつのアッコちゃん」を入れてウケをねらっていた。チェットアトキンスも奏でていたな~。


こちらは船橋の友達と来たRAG BOPSの相棒のトヨジ、こちらは太っていた。ま、相変わらずだったが、元気そうでよかった



4.わたくし、前田直弥

さーてこの夜のトリはひさしぶりの仲間と会ってテンション上がっているオイラでしたー。
1.道の上から  2.HERATBEAT  3.月だけが知っている  4.熱 烈  5.光と影  6.蒼  7.さすらい   以上7曲、渾身の力入れて歌いやしたー。こちらもひさしぶりに対面したYAMAKIのバッファローギターの弦を張り替えて・・・いい音したなー


撮影はポーカロー。なぜかこの日のほとんどの動画も撮影していたがどーするんだろ

新しい顔、久しぶりの顔に囲まれてなんかいい気分のライブでした。みなさんおつかれさまでした~


翌日も「千葉県物産展」のPAで忙しいという ファンキー利根川氏でした

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1.29 Bay Music Factory ライブ ステージⅣ  リポート

2011-01-30 | BMF
千葉市稲毛区のライブスペースBay Music Factory(ベイミュージックファクトリー)はJR京葉線稲毛海岸駅から団地の間を縫うように歩いて約10分、ショッピングモールPATいなげの中にある。


駅から団地の中を歩く。ここら辺も埋め立て地だそうだ





昨年秋のオープン以来数回来ているが冬は海が近いせいか冷たい風が吹いてくる・・・寒風にも負けずたどり着いた今年お初のbmfライブのもようをリポートしよう

12月に来たときにYAMAKIのB-30バッファローヘッドのギターを預けていったので張り替え用の弦だけ持ってこの日は手ブラ状態、荷物が少なく気楽な感じで入店した・・・が、アクシデントは急にやってくる、なんとギターがない!事情を聴くとW君がどっかで弾くために持っていって帰ってきていないという。う、う、どーすんべ?W君ともTELで話ししたがわざわざ届けてもらうのもなんなので店に置いてある大島ヘブンさんのギター(モーリスW-18)を借りることにした


新しくテーブル代わりのドラム缶が設置されていた。


持ってきた弦をそのギターに張り、チューニング・・・これならなんとかなりそうだ。そしてライブスタート

1.わたくし、前田直弥

弦を張り替えたばかりのせいかややチューニングが狂いやすいがアクシデントにも負けず今週もガッツリ歌いますよー!
1.道の上から  2.HERATBEAT  3.月だけが知っている  4.熱 烈   5.光と影  6.LIVESONG  7.さすらい  以上7曲、リキ入れて歌いました~。お借りしたギターもそれに呼応してくれたようでした
前回来てくれた地元のお客さんが今回も来てくれましたー、感謝!!



2.MINT

旧オリンズ時代からもうけっこう長い付き合いになるMINT(ミント)も新年からご身内のアクシデントにめげずライブ活動を本格化。ステージングそのままにマイペースよろしく「今年はゆっくりペースで活動する」と言っていた。代表曲「ルナルナ」が収録されているCDを新年特別?に進呈してもらった、サンキュー

Bmfも新年滑り出しはまったりだったそうだがこの日も昼間ジャズバンドの練習があったり、スタジオ代わりに練習したいというおうお客が来たり、着実に地元に根付いていっている様子がうかがい知れた。オレ達もいいライブを演って力になれるようがんばりやす
今年もどーぞよろしくです


急遽お借りした古いモーリスW-18。磨いといたけど、大島さん、ありがとう




翌日の出張イベントに向けて準備する店主のファンキー利根川氏




送ってもらった帰りのJR稲毛駅のホームから


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

12.11 Bay Music Factory ステージ3 リポート

2010-12-14 | BMF
12月のライブは千葉市稲毛区にあるライブスペース Bay Music Factory(ベイミュージックファクトリー)からスタート。この日は日中東京の親戚の家に寄ってから夕方現地到着・・・南風が強くて冬なのに暖かかった

1.若菜清志

いつもはバンドのベースとして大活躍の彼だがこの日は珍しくソロの弾き語り・・・これを観るのは何年ぶりかなあ、とてもレアな弾き語りなのだ


譜面集を見ながらアドリブ的に曲を決めて歌うスタイル、恋(松山千春)などもハーモニカ付きで演ってくれた~。このショッピングモールで昼間に行われたイベントにもソロで出たそうだ



2.エルリン

地元在住で22歳のエルリンは打ち込みでソフィア?の曲を熱唱!独特なリズムでのダンシングが印象的でした~

       見づらいがイスに足をかけるパフォーマンスも飛び出したぜ




3.わたくし、前田直弥

さーて二夜連続ライブの一日目、気合いを入れていくぞ~
早速新曲の「熱 烈」を含めた  1.道の上から  2.幻~まぼろし  3.光と影  4.熱 烈  5.LIVESONG  6.蒼   7.さすらい  以上7曲、最後の曲「さすらい」でグーっとうなったら酸欠みたいになった~
店の外から通行人に覗かれるのでガラスに黒幕を張ってあったがさらにその下の小窓から覗いている子供がいた

この日のギターはYAMAKIB-30バッファローヘッド。終演後、店に貸与するので置いてきた。

店の主、ファンキー利根川氏はじめ共演者のみなさま、おつかれさまでした~、ご来場のお客さん、ありがとうございましたー
この日は随分いろんな乗り物や路線に乗った。
 (チャリ)みらい平~(TX)~秋葉原~(山手線)~東京(ギターを手荷物預かり所に・京浜東北線)~大森(東急バス)・戻って東京~(京葉線)~稲毛海岸
(車)~稲毛~(総武線)~西船橋~(武蔵野線)~南流山~(TX)~みらい平(チャリ)
疲れるはずだ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11.27 Bay Music Factory ステージ2 リポート

2010-11-28 | BMF
千葉市稲毛区にある ライブスペース Bay Music Factory(ベイ・ミュージック・ファクトリー)に今月初めのイベントには車で行ったので電車で行くのは2回目・・・TX武蔵野線京葉線を乗り継いで稲毛海岸駅にたどり着いた。


駅近くの団地の中を斜めに縫って歩いていくと10分ほどでBmfがあるショッピングモールが見えてきた。(家からここまで乗り継ぎが良ければ1時間40分ほどだ


「PATいなげ」の看板


正式オープンして2カ月目の、この日のライブをリポートしよう

1.わたくし、前田直弥

ステージに立って歌っていると入り口のガラス越しに通行する人が見え、さらに中を覗き込む人がけっこういて気が散るっ・・・客席で観られるのとは感覚が違うね。そんな中集中力を切らさぬよう  1.HEARTBEAT  2.月だけが知っている  3.秘すれば花  4.夕 凪  5.松戸馬橋人生劇場(サビを稲毛海岸変えた 6.Raidance  7.イメージカラー  以上7曲、この後出演の「おやじナイフ」の面々もMCに乗っかってきてくれた、サンキュー
今回はその中から13年前に作ってたびたび歌っているこの曲をどーぞ!
<!-- Raidance -->


       Raidance
  こっちから呼ぶ声が聞こえるかい?暮らしに疲れちまったお前に
  現実の重さを抱えたまんま なすすべなく時間の波に飲まれてゆく
  確かにあの時輝いていたよ お前のその姿憶えているよ
 *脱ぎ捨てた靴を履き直して 失くしたものを取り返しに走り出すんだ
   嘆きもあきらめも消え失せて 心の中の輝きよ!Raidance

   初めは誰もが押し開けようとした 理想の姿へと続く扉
   競争や雑音に巻き込まれて ため息つく度 届かなくなってきた
   身体の五感を研ぎ澄まして かすかな鼓動を感じられたら
   スピードもぐんぐん加速して 余計なものは見えなくなってゆく
   迷いも惑いも消え失せて 心の中の輝きよ!Raidance

     *REPEAT



2.おやじナイフ

地元稲毛の同級生を中心とした4人組バンド。ベースが二人いるというのが実に画期的!シブめの選曲のカヴァーで中に「帰れない二人(井上陽水)」があった。後で聞いたら向かって右ベースとドラムの方は楽器を始めて1年くらいだとか・・・驚いた。

最後の曲はヴォーカル&ギターのケンケンさんが一か月ほど前に生まれて初めて作った曲を演った、これも驚きだ。カッコイイ系の曲でした~

野郎だけのしかも同年代の方々の集まりとなったが、店主のファンキー利根川を含めて昔話や音楽の話で盛り上がった~。おやじナイフの同級生の方ともギターの話で意気投合!・・・なんだかこういうのっていいよね


帰りはJR稲毛駅(総武線)まで車で送ってもらった

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10.16 BAY MUSIC FACTORY ステージ1 リポート

2010-10-17 | BMF

今回初めてライブを行う千葉市稲毛にある BAY MUSIC FACTORY(ベイミュージックファクトリー)へはみらい平(TX)南流山(武蔵野線)南船橋(京葉線)稲毛海岸と電車を乗り継ぎ、駅より徒歩約15分でたどり着いた・・・先月視察に訪れた際は駅まで車で迎えに来てもらったので大体の方向を勘をたよりに歩いていったのだった

「PATいなげ」というショッピングセンターの一角にあるBAY MUSIC FACTORY


向かいは焼き肉屋、斜め向かいはマック、さらにココイチなど先にはスーパーや酒屋などもある


店の正面入り口。看板はまだない。



   内部のライブスペースと客席

建物内部は約半分で仕切られライブスペースとバックヤード(倉庫兼楽屋、かなり広い)になっていて改装途中ながら前とはだいぶ違う内装になっていた
まだかなり早い時間だったので店主のファンキー利根川氏に今後の方向性などをいろいろ聞いたりしてリハ後、「宣伝のために店の前でストリートライブを演ってよ!」とファンキー氏から言われたが恥ずかしかったので他の出演者が来たら演ろうということにした

そして暗くなり始めた頃、出演予定のMASAさんと大島ヘブンさんとで店頭ライブ開始オレも「巡恋歌(長渕 剛)」「落陽(吉田拓郎)」などを歌った。これが店の名物になればいいね
そしてホンチャンライブの始まり~

1.MASA

オレと同じこちら初登場の彼女は全編打ち込みでのヴォーカルステージ。ジュディマリや「あなたのキスを数えましょう」を英語版で、さらには「Let It Be」など幅広いレパートリーを声量豊かに歌ってくれた~。バンド活動を含めこれから大いにライブに力を注いでいくそうだよ


茨城県取手市から千葉県柏市に引っ越したばかり・・だそうだ。




2.わたくし、前田直弥

さあ、記念すべきBMF最初のステージ!張り切ってまいりやしょう
内壁に防音材を張っているせいか思ったより音響もだいぶ仕上がっているカンジ。
1.ここまでやってきた 2.HEARTBEAT  3.月だけが知っている  4.夕 凪  5.LIVESONG  6.蒼   以上6曲、開店祝いの思いを込めて歌いました~





3.大島ヘブン


店頭ライブでもフル稼働でした。

こちらにはすでにイベントなどのバンドギターの他、ソロでも何度かライブを行っているというヘブンさんはエレガットギターにてオリジナル曲(新しめが多かった)を中心にクラプトンや松田聖子のナンバーを交えていつもながらマイペースで味のあるステージを展開していた

まだまだオープン直後で認知度も低いのだと思うが地上階にあるということで興味津々で覗く人あり、周りの飲食店からの人の流れもあるので先行き盛り上がる可能性を大いに秘めたライブスペースであると思う。ファンキー利根川氏も張り切っているので頑張ってほしいね

途中、こちらの店舗からイベントまで色々お世話になっているというハタノさんも見えて差し入れしてくれたり、昔話で談笑したり、オレは稲毛駅までで送ってもらったり~、ありがとうございました
帰りは稲毛(総武線)西船橋(武蔵野線)南流山(TX)みらい平のルートで帰った・・・こっちの方が近いかも

コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加