Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

5.29 和音ライブ リポート

2010-05-30 | 和音

この5月はライブの予定が無いな~と思っていたところ、埼玉県春日部市にあるライブスペース和音のサイトの掲示板を見たら29日にライブの空きがあるとの情報を得て店主のべらふさんに出演を掛け合ったらOKが出た。ので急遽、和音でのライブと相成った
昨年から2か月に一度のペースで「ライブパーティー」と銘打ったイベントでお邪魔させてもらっていたがお店のレギュラーライブへの参加はお初なのだ
早く現着したのでリハかたがたべらふさんとベースのかっさんと「HERATBEAT」という曲を合わせて後で演ろうということになった。
さてこの日のライブの模様をリポートしよう


お店の入り口上部に飾ってある仮面ライダーのフィギュア
左からライダー旧1号、旧1号、2号か?



1.わたくし、前田直弥

本日はYAMAKI B30のギターを持参、べらふさんのギターとバッファローヘッド対決を目論んでみたのだった


1.シンプル  2.Action'00  3.ひまわり  4.光と影  5.蜜 月  6.蜃気楼
新旧の曲を織り交ぜながら・・・最後は今月ライブ活動15周年になるのでそれを記念してここのところ毎年歌っている  7.オレの歌道  を熱唱して〆た~。
和音で長く演るのは初めてだったがやっぱ気合い入るね~

撮影はナオさん。たくさん撮ってくれたのでアップも使ってみよう・・・ビール飲んでいくらか赤ら顔だね。


2.続いては幕間?に登場のべらふ

年季の入った連中の演奏・・・


リサイクルショップで見つけてリペアしたグレコのベースを弾く かっさん


和音の所属ミュージシャン?ハープのJJ


べらふさんを中心にトリオ・ザ・和音バンド



3.こいぬ

お母さんがその昔買ったというスリーエスのギターで登場の彼はご自慢のハ
トーンヴォイスで英語のカヴァー曲を中心にオリジナル曲も交えたステージでした
ノリのよい気さくな人柄で好青年って感じかな・・・お父さんもご一緒に来場していた。

この後はこの店名物?のエクストララウンドへ、ベースかっさんやハープJJ、さらにきよはるも登場してこいぬくんとセッション
そこでかねてからのナオさんからの宿題、そろそろ演らないとやばいと思ってネットで検索して詞とカポ付きのコードを書き写してきたカヴァー曲 (初恋・ゆうこ 村下孝蔵)をべらふさんもリードを付けてくれて歌った、えらく喜んでいただいてようやく宿題完了~ホッとした
さらにみんなと HERATBEAT 演奏したりすっかり楽しめた。電車の時間が来たので失礼したが宴はさらに続いたのであろう
みなさん、おつかれ~、ご来場のみなさん、ありがとうございました~


貴重な2ショット・・モラレスとヤマキのバッファロー並ぶ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5.8 ライブ『 この街から』  リポート

2010-05-09 | この街から

今年もゴールデンウイークにライブの予定が無しでちとさびしい~カンジがしたので飛び入りで参加できるライブ『この街から』に行ってみた。このライブは土浦駅近くの会場を木村氏(メロディーさん)が提供してくれて毎月第二第四土曜日に開催されているアコースティック中心のイベントだ。オレは昨年12月以来今回で3回目の参加になる、その模様をリポートしよう


会場内に飾られた電光花イルミネーション


ギターを背負って会場に入ると主のメロディーさんが迎えてくれて歓談・・このブログもたまに見てくれているそうだ。そうこうしているうちに知っている方、初めての方、メンバーが集まってきた。
この日初めてお会いした近藤さんがキーボードを試奏しているうちに始まる前に何か演ろうと声をかけてくれて即席のセッション・・・「僕の胸でおやすみ(かぐや姫)」「傘がない・心もよう・能古島の片想い(井上陽水)」「君と歩いた青春・なごり雪(伊勢正三)」などカヴァー曲のオンパレードを前座代りにやらせてもらった~
そのうち主催者の佐倉孝司氏も現れてライブ『この街から』がスタート

水上喜子

先月春日部のライブスペース和音のイベントにも参加していただいた水上さんはこの日も新曲持参で初披露、進化を続ける姿には頭が下がります・・・「納豆ご飯大好き」という曲のリクエストにも応えてくれた~



大塚

毎度お目にかかれる大塚さんは近藤さんの演奏で懐かしの「横浜ホンキートンクブルース(松田優作)」をシブ~く聴かせてくれたっ


佐倉孝司

このライブを主催する佐倉孝司さんも3月の経営危機を無事乗り越え元気な姿と歌声を見せてくれた~

このライブのテーマ曲佐倉氏作詞作曲の「この街から」はフォークの香り高いよい曲ですよね


グッチ

佐倉氏を「先生」と呼ぶ彼は演歌系のシンガーで市民会館などでのイベントに参加しているらしい・・・今回は女装ではないが作詞の先生に認められ近い将来CDデビュー予定とのことです



わたくし、前田直弥

今月は1995年5月6日に初めて東京・江古田マーキーでライブを演ってから15周年!なので当時歌っていた「石ころの唄」と最も最近の曲「光と影」を並べて歌ってみた・・・作風ってあんまり変わらない感じだね


その後、またセッション的に・・・一番乗りで来場していた通称「お兄ちゃん」もだんだん参加して盛り上がっていた


近藤さんはほとんど全員とキーボードを伴奏・・おつかれさまです


佐倉さんは何か食べているのではなくハーモニカを吹いているのです

最後は近藤さんが破裂したテンションで歌って〆てくれました~
会場はメロディーさんが私財をつぎ込んで機材その他を徐々に整備、スクリーン映像とのコラボもできるのです

ホントにたまにの参加ですがみなさんやさしく接してくれてありがとうございました
この後、間をおいて佐倉さんのお店「すのっぶ」にもひさびさ顔を出して近藤・水上両氏とまた弾き語ったのでした、おつかれさまです、またよろしくです



コメント
この記事をはてなブックマークに追加