Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

11.23 アルマナックハウスLIVE15 リポート

2008-11-26 | アルマナックハウス

全国的に3連休(オレは違うが)の真ん中の日曜日に千葉県市川市にあるアルマナックハウスに向かいJR市川駅に降り立った。すると駅前でギターを弾き歌っている人がいた・・・ここで歌っている人を初めて見たな~と思いつつ店に入った。


             これは京成線市川真間駅の表示板。




これも京成線市川真間駅。オレが降りたのはJR市川駅だよ

お店の主、マイスター鈴木氏とあいさつを交わしリハ後、ライブスタート今宵は4組の出演だ

まずはマイスターが「Country Road」でオープニングアクション、相馬氏がウッドベースでサポート。低音が心地よかった~


1.相馬崇史。ウッドベースアコギさらにエレキベースへと30分くらいの間に3つの楽器を持ち替える早がわり・・・一粒で三度おいしいステージを披露してくれた。


E.ベースで相馬オリジナルの名曲「センチメンタルトゥナイト」を聴いた~やっぱ良い曲だね


2.エル。何と先ほど駅前で歌っていたのはこの方でした~。お仕事は福祉バスの運転手をされているそうでその仕事に関わる曲やメタボ健康診断の歌もあり、圧巻は同世代への応援歌をほとばしる情熱で歌い、音楽に賭ける熱い想いを感じました


3.わたくし、前田直弥。また本日も画像ありません、あしからず
1.シンプル 2.HeartBeat  3.夕 凪  4.颯 爽 5.LIVESONG そしてお店の副社長あいさんのリクエストにお応えして 6.さすらい 以上6曲を熱唱!そして2年連続で「良いお年を・・」の一番乗りを果たしたのだった



4.小堀有美。二度目の共演となるがこの日もリズミカルなピアノ伴奏に乗ってビートルズ・カーペンターズ・桑田圭祐などの多彩なカヴァー曲を中心に聴かせてくれた
詞を標準語に訳した?西表島の曲「美田良浜(みだらはま)」は南国の島の浜の情景が浮かんできて素晴らしくよかった


最後はまたマイスターが登場、アルマナックハウスエンディングの定番曲「グッドナイトアレン」で風情たっぷりに締めくくっていただきやした~

この後、いつもより時間があったのでマイスターにフォークとカントリーとブルーグラスの違いについて講義を受け、本年最後となったアルマナックハウスを後にした
ちょっと早いけど・・・
「本年も大変お世話になりました。来年も変わらずよろしくお願い申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11.16 OLINZマンスリーライブ リポート

2008-11-18 | オリンズ
降っている雨も夜には上がるとの予報だったのでいつものようにでみらい平駅まで馬橋駅から徒歩のパターンで松戸市馬橋のライブハウス OLINZ(オリンズ)にたどり着いた。
この日の出演者は3組、そのライブのもようをお伝えしよう(敬称略)

トップバッターはオリンズレギュラーライブ初登場の浦和から来た偲 狼(しろう)。
画像にあるように自分の名前を書いたフラッグをステージに配してのアピール、なかなかなアイディアだ。そこに毎回行ったライブの日付と場所を書き込んでいる・・・そのうち白地が見えないくらい埋め尽くされるのであろう。


オレと同じマーチンD-35も良く鳴っていた

曲は70年代を感じさせるフォーク調でメッセージ性も感じさせる、普段平日のアコミに参加しているとのことでレギュラー枠の時間の長さを感じているようだった。今後もよろしく

2番目はTAKI(タキ)とふくしマンのユニット、SPAKES(スペークス)。打ち込み機材を新調したのもあって若干トラブルもあったがTAKIがソロでナイスカバー、ユニットでの演奏が始まると息の合ったコンビネーションを見せてくれた。


トラブル時は「朧月夜」でつなぐ。TAKIの名曲だ

TAKIの原曲に打ち込みとE、ギターでアレンジをしているのだが原曲の良さを引き立てつつ間奏などに入るリードギターが聴かせどころになっていた


TAKI(Vo,Ag)&ふくしマン(Eg,Vo)




ふくしマンがメインヴォーカルの曲が彩りを添える。

ふくしマンがヴォーカルを取る曲もあり、ツインヴォーカルの曲もあり、新しい曲もあり見るたびに進化していく課程が見られるスペークスでした~


撮影に張り切るポーカロー


3組目、最後はわたくし、前田直弥の登場です。
今日はひさびさのラブソングも織り込み、前の二組に負けないよう気合入れて歌ってみました~。


ギターを拾うコンデンサーマイクがいいカンジ

1.時の流れ  2.Action'00  3.雨の匂い 4.颯 爽  5.Raidance
6.ROLL  7.さすらい 
  の以上7曲。


ギャンギャンに弾き倒すのだ



最後はオレにしては珍しく雄叫び?を上げて〆た~が慣れていないせいかノド痛くなっちゃった、要注意
本日は3組の出演でしたが中身は濃かったのではないでしょうか、みなさんおつかれ!またよろしく!
これにて3週続いた水戸、杉戸、松戸のこれがほんとの「三戸物語」も終了でーす。来週は市川なのだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:11月このあとのライブスケジュール

2008-11-13 | スケジュール
先週あたりから急に寒くなり季節は秋から冬へと加速して移動するのにも寒さをしのぐ格好になってまいりました。まあしかしこの晩秋にしっとりとそして熱く歌うのもいいですね~。てなわけでこの先もがんばりやす!


イベント名:OLINZマンスリーライブ11月分 
  日 時:2008年11月16日(日)19:00~ 
  場所 :Music communication OLINZ(オリンズ)
      千葉県松戸市西馬橋蔵元町125武藤ビルB1F
      TEL047-347-4664
       JR常磐線馬橋駅下車徒歩5分
      オリンズHP:http://ameblo.jp/olinz/
  料金:¥2000円(1ドリンク付)
  共演:SPAKES/偲狼(しろう)ほか 出演時間45分


イベント名:アルマナックハウスLIVE 15
  日 時:2008年11月23日(日)19:30~
  場 所:アルマナックハウス
       千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
       京成線市川真間駅新田5丁目出口すぐ中華ふーみん2F
   TEL047-323-7271
   料金:ライブチャージ700円(他通常オーダー)
   共演: エル/相馬崇志/小堀有美  出演時間40分
     アルマナックハウスHP:almanac-house@k5.dion.ne.jp


千葉2連発もじっくりいくぜ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11.9 ゆめすぎと野外コンサート08ラスト  リポート

2008-11-11 | 野外ライブ
今年最後の野外コンサートは埼玉県杉戸町の「アグリパーク道の駅ゆめすぎと」にてあいにくの曇り空で一気に冬気分の気温の低い中強行することになった。それでも雨は降りそうにもないし、出演ミュージシャンたちも元気に集合してきた。コンサートの模様をリポートしよう(敬称略です)


朝早く駅まで迎えにきてくれた高橋氏がたたずむ会場




おなじみの屋根付き豪華ゆめすぎと野外ステージ

予定開始時間よりかなり遅れて(スケジュールには余裕あり)コンサートは始まった。
1.UTAGOE ALL STARS &葵
おなじみUTAGOEメンバーに特別参加のキーボード杉本バッハを加え、ヴォーカルに葵(あおい)をフーチャーしてオープニングアクション。着ぐるみを被って親子連れのお客さんのはハートをがっちりキャッチ!・・・ポニョも出た。


葵の声に吸い寄せられて子供連れが集まる。


2.前田直弥
わたくしはオトナの時間。UTAGOEが集めた子供客を退散に追い込むいつも通りのステージング!・・・それでもMCに絡んできた子がいたな~。
1.ここまでやって来た  2.シンプル  3.颯 爽  4.流 転  5.蒼   寒いときは寒いなりに歌うのだ、の以上5曲。


撮影はミーロンさん


3.小島千奈(こじませな)
先々週ライブで一緒だった彼女がUTAGOEメンバーの演奏で歌う。この前と同じ雰囲気ばっちりのノラ・ジョーンズはじめ英語の曲たちと今回は日本語の曲にも挑戦、対応力の高さも見せてくれた


着ぐるみ脱いだUTAGOE&小島千奈。




ひたむきさと熱心さが伝わる
千奈のステージ。



KIYOSHI(b)=ピカチュウ


大島(g)=ガチャピン


                   初登場で着ぐるみ、杉本バッハ(Key)=ドラえもん


率いるのはFunky(ds)=ワンピースの?名前知らない。


4.高橋和幸&JJ
このユニットも半年以上続いてなくてはならない相方になってきた。激しい曲からバラードまでコンビネーションの探求はなおも続く


ボウズ高橋とロン毛のハーモニカJJのコンビ


今回のオマケ・・・作詞した私、前田直弥も参加してトリオで 「HEARTBEAT」という曲を演奏。なんと先週わざわざ集まって練習したのだ、その成果はいかに




5.UTAGOE ALL STARS&葵が再び登場して子供向けアニソン+親向けなつかしソングで再びステージ前は親子連れでいっぱいになってリクエストにも応えていた。


明るいノリの葵の熱唱


6.阿蘇品 青&カナヤ
またまた遅刻での登場は言葉に気合を込める阿蘇品 青(あそしなせい)。今回はお友達のカナヤがセッションギターを付けてショーアップ


一本気な歌とギターが持ち味だ。


ひとしきりコンサートは終わったが首脳陣がなにやら相談・・・・ひさしぶりに「松戸馬橋人生劇場」をバンドヴァージョンで最後に演ろうということになった


楽屋で密談のUTAGOE首脳陣




暗くなって寒くて人影まばらになったところでラスト・アンコールはご存知『松戸馬橋人生劇場~バンドヴァージョン』を応援に駆けつけた奥山(EX、HOLIDAY)も交えてみんなで演奏~オレもひさびさバンドヴァージョンは気持ちよかった

2008年ラストの野外は寒くて大変だったけど・・・今年もがんばりました。出演者のみなさん、スタッフの方々、ご来場のお客さん、どうもありがとうございました。また来年、野外で会おう

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

11.1 BO-JANGLES ブルーグラスナイトに飛び入り

2008-11-05 | その他のライブリポート

9月に市川アルマナックハウスで知り合ったドブロ&マンドリンプレイヤーあべとしひこさんから11月1日水戸でライブを行う旨メールをもらっていた。丁度仕事でそちら方面へ行くので「明日見に行きます」と連絡すると「明日は都合で不参加」との返信、その後に「話しておくからギター持って飛び入りして」というなんとも驚きの言葉・・・翌日不承不承ギター持参でたずねてみるとそこは・・・お好み焼きライブハウスBO-JANGLES(ボージャングルズ)』というお店だった。
店内に入るとカウンターがあってその前はバーのようなボックス席、上を見ると吹き抜け・・・なんとそのカウンターの真上がステージになっている世にも不思議な空間だった


がステージ↓がカウンターだ


初めて会うお店のマスターとママさん、あべさんが所属するバンド THE WINDS(ザ・ウインズ)の方々にあいさつして階段で二階に上がるとステージがありその前の吹き抜け部分をはさんでお好み焼きのお座敷がある(この説明でわかるかな)。
よく聞くと水戸では老舗のフォーク系ライブハウスだそうでプロのステージも頻繁に行っているようだ。

この日はTHE WINDSが企画するブルーグラスナイト(月1開催)で飛び入りのオレを含めて6組が出演した。順を追って紹介しよう

1.ますは口切はホスト役 THE WINDS
HP:http://www.k4.dion.ne.jp/~l.winds/index.html
女性ヴォーカルと脇を固める演奏は一体感がありアットホームな雰囲気で聴きやすい。永らく活動されているという安定感がうかがえた


この日は左からEb、マンドリン、VO&g、バンジョーの4人構成。


2.Tranico(トラニコ?)
クラプトンやサザンなどのカヴァー曲をギター二台でアンサンブル。ギタリスト二人の弾き合いは結成間もないとは思えないステージだった。シブいSGのインストもあったね


VO&aAg,  Pa,  VO&Ag の三人組。




二階で演奏中もカウンターにもお客さんが・・

3.THORNY PATH(ソーニーパス)
年輪を感じさせる貫禄の演奏、一人ひとりの高い演奏レベルが融合して心地よい音になって入ってくる。ブルーグラスをよく知らないオレにもしっかり堪能できた


左からヴァイオリン、Eb、VO&Ag、Ag、ドブロの5人構成。




1階席からステージを見るとこんな風に見える


4.マリーズ
飛び入りに近い形での参加のようだがオリジナル曲を女性ヴォーカルの娘がハツラツと歌う、ひたむきさに好感を感じる。こちらも結成まもないそうでギターの男性は群馬から引っ越してきて水戸でようやく活動を開始したとのこと・・・今後の活躍に期待大だ



5.サクちゃん
「さくやま」さんというそうだが自分でも「サクちゃんです」と言っていた。愛称で呼ばれる通りお店の常連さんなのか親しみやすいキャラと男っぽい歌でステージを構成していた。加圧式トレーニングを始めたそう



6.わたくし、前田直弥
もうだいぶ遅い時間になっての飛び入りのわたくしですが水戸で歌うのは初めてなのでせっかくなので歌わせていただいた。しかもTHE WINDSの木暮さんがフィドル(ヴァイオリンのような楽器)を付けてくれるという、うれしい



1.ここまでやってきた  2.HEARTBEAT  3.LIVESONG 名刺代わりの3曲。リハでちょっと演ったとはいえ木暮さんのバックもさすがで楽しめました~


木暮さんもオレ独特なコード進行には苦労してたみたい
目が真剣だ


EX、THORNY PATHのヴァイオリンの方が珍しい楽器を演奏してくれたっ。ヴァイオリンにラッパが付いた不思議な格好の弦楽器。ヴァイオリンを蓄音機で聴いているような哀愁漂う音が印象的だ。さすがの腕前


   楽器の名前聞いたような・・聞き忘れたような?とにかく見たこと無いね



EX2 最後はお店のマスターと即興ユニット。マスターが「赤色エレジー」と「ドゥーチュイムニー」を聴かせてくれた、シブいな~、そんな曲によく合う声!後で聞いたらフォークシンガー佐渡山豊さんを師匠と仰いでいるらしい・・・さすが老舗のマスター。


筋金入りのフォークシンガー BO-JANGLESのマスター

全く知り合いのいない初めてのお店でしたがみんなやさしく楽しく遊んでくれました~ありがとう。これもあべさんのお口添えのおかげなんでしょう!感謝、そしてこれからもどーぞよろしくです。
PS ママさんが作ったお好み焼きも食しました~、フワフワでGOOD!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:11月9日(日)ゆめすぎと野外コンサート

2008-11-04 | スケジュール

季節は秋から冬へと確実に向かっていますな~。今年最後の野外でのコンサートになります。晴れればまだ暖かく行楽には絶好の陽気になるでしょう・・・遊びに来てね

イベント名:オリンズPRESENTS ゆめすぎと野外コンサート
   日時:2008年11月9日(日)12:00~
   場所:アグリパークゆめすぎと 野外ステージ
       埼玉県北葛飾郡杉戸町才羽823番地2
       TEL048-38-4189
       ゆめすぎとHP:http://www.pikaru.co.jp/

   料金:入場無料(駐車場無料)
    出演:阿蘇品青 /高橋和幸&JJ /前田直弥 /小島千奈
      /うたごえオールスターズ feat.葵 /他  

   ご注意:雨天の場合は会場がMusic Communication OINZ(オリンズ)に
        変更になる予定です。


ゆめすぎと野外ステージ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加