Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

動画アップ 『二人で行こう』   胡坐(あぐら)歌10

2013-05-14 | 胡坐歌

まだまだ在庫がありましたよー、胡坐歌
今回は「二人で行こう」・・・1997年製作。変則スリーフィンガーでのラブソング、その年に作った「Naoya,M DEMO」という今では大変貴重な?テープにも収録していた。ライブ等で当時は随分歌っていたが年月と共にだんだんフェードアウト・・・ところが近年、仲間のミュージシャンのK林Y一くん(特に名を秘すが)がこの曲をえらく気に入ってくれていて、彼の結婚パーティーでも演ったし、その後も彼の企画ライブなどでも度々歌っている。誰かに気に入ってもらえるというのはシンガーソングライター冥利に尽きることです!なので今でも思い出したようにたまーに歌っている曲でっす

この間、誰かと世間話的に「胡坐は関節によくない」という話になったが、それでも~胡坐最高!なのだ。



       二人で行こう

  雲が動いて 空が切れてく 明かりがもれてくる
  映し出してる 今そばにいる 君のその姿を
  夜の長さなら知っているんだ 孤独をかみしめていたからさ
  遠い日に見た あこがれ 今もあるなら
  二人でそこへ行ってみないか

  ゆるりゆるりと 時を流して 闇夜に身をゆだねて
  少しばかりの風をたよりに 囁きをたどってみよう
 *朝が来るまで話していようか 互いのさびしさ持ち寄りながら
  誰も知らない世界があるとしたなら
  二人でそこへ行ってみないか

  *REPEAT
  二人でそこへ行ってみないか



今月オープンしたオイラのHP:NAOYA MAEDA LIVESONGS https://sites.google.com/site/naoyamaedalivesongs/
こちらもよろしく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画アップ 『ROLL』   胡坐(あぐら)歌9

2013-04-08 | 胡坐歌

このところの立て続けに「もう、いいよ」という声も聞こえてきそうな気がするが・・またまた「胡坐歌」アップ!なんせまとめてRECしたもので・・・

今回はまた指弾きに戻って「ROLL」・・・2002年製作だからもう10年以上経つんだね~、確か2時間くらいで出来上がった気がする。全体にゆったりとしたバラードですがサビ部分の高音域の連続を歌うのはけっこう大変!声のコンディションが悪いと最後の方はかすれてしまうときもあるのです

それでは~このコーナーの合言葉(いつからだ)いきましょう 胡坐(あぐら)サイコー

動画を最後までみるとNorth Jounery 2012 のあのマスコットのコが・・






          ROLL

   街中のざわめきを少し遠ざけて 肩よせて消えてゆく 夜のしじまへ 
   やわらかい眼差しを 君が向けたとき 巻き起こる渦の中 のみこまれてゆく
   君の身体が激しくROLLして 僕の両腕でしっかり抱きとめて
   そして二人は 止まることなく 廻ってゆく廻り続ける

   ほの暗い空間でもっと近づいて 見つめ合うそのたびに(望んでるそのままに)深まる世界へ
   ゆっくりとした口調で 君が語るとき 途切れてる合間に想いをさしこむ
  *君の心は激しくROLLして 僕のこの腕でしっかりつかまえて
   そして二人は 押し寄せる波に 揺られてゆく揺られるままに

    *REPEAT

   
(  )部分はまちがって歌っている箇所、歌詞とか見てないからね・・・テキトーなんです、あしからず

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画アップ 『Radiance』   胡坐(あぐら)歌8

2013-03-21 | 胡坐歌

超怒涛の動画アップ
ずっと指弾きの曲が続いていたが今回は「胡坐歌」シリーズ初のストロークの曲でっす・・・歌とギターを同時にひとつのマイクで録っているのでストロークだとギターの音が大きすぎるのではないか、ということで控えてました。設定を変えて試しに録ってみてこれならいける(音は割れ気味だが)、ということでアップしやしたー。ストロークのメッセージ曲も自分の大きな特長ですから・・・

曲は「Radiance」、1997年頃作った曲だがライブではいまだによく歌っていまーす、アップテンポでノリがよく自分の感情移入しやすいんだよなー。詞の内容は若いんだけど・・・アツく 人を、そして自分を励ましてくれている曲でっす

さーて、いよいよ明日、1カ月ぶりに土浦市「サケクラすのっぶ」にてライブ復帰しまーす!よろしく





          Radiance
 
   こっちから呼ぶ声が聞こえるかい 暮らしに疲れ切ってるお前に
   現実の重さを抱えたまんま なすすべなく時間の波にのまれてゆく
   確かにあのとき輝いていたよ お前のその姿憶えているよ
 *脱ぎ捨てた靴を履き直して 失くしたものを取り返しに走りだすんだ
   嘆きもあきらめも消え失せて 心の中の輝きよ、Radiance

   初めは誰もが押し開けようとした 理想とした姿へと続くと扉
   競争や雑音に巻き込まれて ため息つくたび手が届かなくなってきた
   身体の五感を研ぎ澄まして かすかな鼓動を感じ取れたら
   スピードをぐんぐん加速して 余計なものは見えなくなってゆく
   迷いも惑いも消え失せて 心の中の輝きよ、Radiance

  *REPEAT

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画アップ 『蜜 月』   胡坐(あぐら)歌7

2013-03-18 | 胡坐歌

怒涛の胡坐歌シリーズの動画アップでーす
リハビリかたがたRECしてみやした。今回の曲は「蜜 月」(みつげつ)・・・1997年、友達カップルの仲よさを題材に作った、数少ない女唄(女性の立場からの詞)。もう作ってから15年も経つのだね~昔はライブでよーく歌っていたが最近はご無沙汰しているので思い出したように演ってみましたん

動画を最後まで見るとあのグループ(TLN)のシンボルマーク(バッジ販売中)が見られますぜ


             蜜 月

   引き離そうとしても とても離れられない 呼吸も鼓動も一緒に回っている
   熱にうなされて 貴方にさまよう 世界さえ二人のために動いている
   いつまでこうしていられるの やがては冷めてゆくなんて
   だからこうしていたいのよ だって今は蜜月の時

   ブレーキをかけても 止まるはずもない 下り坂抱き合ってどんどん転がってゆく
   重なり合っても もどかしいほどに 心も身体も頭もイカれてゆく
  *いつまでこうしていられるの やがては燃え尽きてしまうなんて
    だからこうしていたいのよ だって今は蜜月の時

  *REPEAT
    だって今は今は 蜜月の時

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画アップ 『ひまわり』   胡坐(あぐら)歌6

2013-03-07 | 胡坐歌

もうすでにYouTubeにはアップしておいたが、あらためてブログでも紹介しておこう
1999年にアルバムに入れるために書いた曲『ひまわり』・・・当時仕事がうまくいかないとき守谷の土堤でギターを弾いていた、その情景を描いた曲だ。アルバムの中のひっそりとした曲、というイメージだったが聴いてくれる人たちにも好評で自分でも歌いやすいということで長いことライブの定番(特に夏は)になっている
動画等の音源がない、ということで時期はずれだが今回録音してアップしてみたー。指弾き曲三連発!のトリ・・・よかったら聴いてみてください。

剥離骨折した左腕のギプスがようやく外れたー・・・そろそろギター復帰どえす




          ひまわり

  人ごとのように暮らす毎日 土手に上ってぼんやり川を眺めた
  変わることのない流れのそばで 太陽に向かって咲いた ひまわり
  そうだ めげている場合じゃない この命に限りがあるならば
  全部残らず かみしめて

  暑さの中で風が頬撫でてゆく 向こう岸の道にかげろう揺れてる
  炎のような力強いその姿 夏の日差しに燃える ひまわり
*そうさ 一度きりのこの世なら 跡形のなく消え去るなら
  どうか自分らしく 咲き誇るために

   *REPEAT

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

動画アップ 『雨の匂い』   胡坐(あぐら)歌5

2013-03-01 | 胡坐歌

先日のライブリポートでお知らせした左腕の負傷、医者に行ってみたら左肘の「剥離骨折」だったそれほど大したことはないのだが簡単なギプスを着けているのでギターが弾けない手首の角度が曲がらないのだ。なので今週日曜日に予定されていたアルマナックハウスのライブは中止となりました~残念!他に支障はないのでまあギプス外れたらライブ復帰します

先日の「雪割草」に続いて動画アップは「雨の匂い」、先週録っておいたのだ・・・2006年製作、アルペジオのどフォーク的な曲。ライブでもけっこう歌ってきたがこのところはお休み状態・・・これを期にまた演るかもしれない。




                   雨の匂い

*雨の匂いが想い出を呼び覚ます 雨のしずくがなぞっては落ちてゆく

  ぽつりぽつり路地も煙って 冷たくはないけれど濡れたくはない
  しまい込んでた 君への想い 湿った心に浮かびあがる

*REPEAT

  しとしと降ればあの日と同じ 重い足取りにまとわりついて
  振り切ったはず 君への想い 心のすき間に流れ込んで

*REPEATX2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画アップ 『雪割草』   胡坐(あぐら)歌4

2013-02-21 | 胡坐歌

実にひさしぶりに「胡坐歌」シリーズの動画をYOUTUBEにアップしたよー
ライブリポートではセットリストっぽいものを載せているが第一、曲そのものを知らないということが多いんだと思う

今回はこの前、土浦でひさしぶりに歌った「雪割草」という曲。新曲ではないけれど、そして滅多に思い出さない曲だけど・・・長野県上田の高橋宅に遊びに行ったとき、オレの自筆の歌詞カードを見て「今の季節に合うな~」とふと思い出したのだ
作ったのは2008年頃か、通常のオレの作風からしてこの曲はオレが歌うのではなく誰かに歌ってもらえれば・・・と気軽に作ったが希望者なーし。しょうがないからたまに思い出したように歌っている。歌いたい人いたら言ってちょんまげ




                                  雪割草

*雪割草の花が咲いたら いつもあなたに想いをつないで やさしい微笑みにかさねてみる

あの日贈ってくれた小さな鉢植え 今年も冬を越えて花をつけました
甘えてばかりの幼い私を あなたはいつも笑って受け止めてくれた
可憐な花に秘めた強さを あの頃の私に伝えたでのしょう
*REPEAT

別れたわけなど忘れてしまった 好きだった気持ちが今もあたたかい
窓辺の鉢植えと共に日を過ごし 私も冬を越えて大人になりました
雪解けに輝く この花見たら あなたも私を想うでしょうか
*REPEAT

歌もギターもマイクを通していないホントの弾き語りの音源、一人で録るとあぐら姿勢がちょうど良い!胡坐最高
これからもまたいろんな曲をアップしますよ~よろしく!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画アップ 新曲『SIDE BY SIDE』 胡坐歌3

2012-03-17 | 胡坐歌


先日お知らせした新曲『SIDE BY SIDE』の動画をYOUTUBEにアップした、自宅録音で・・
ライブでは二度ほど歌ってみたが、まだこなれていないので録音するとなると間違えずに演奏して歌うのが精一杯でけっこう苦労した。前述した通り、故柳ジョージ氏の世界を目指してみたが・・・やっぱりフォーク調だな、うん。
永く歌い続ける曲になるかはまだわからない。できたら感想などをいただきたい、コメントなどで・・・よろしく!

ぜひ、ご覧あれ!動画を最後まで見ると楽しい事があるよ、イエイ






             SIDE BY SIDE

      きらめくイルミネイション にぎわう街の中で
      お前は肩ふるわせ 悲しみに立ちつくす
      もどかしい思いばかり 何もできないオレだけど
      吹きこむ冷たい風から せめて守ってあげたい

  SIDE BY SIDE こらえきれぬ涙なら 流せばいいのさ
  SIDE BY SIDE 今夜オレにできること ただひとつ お前のため そばにいてやることさ

      あれほど騒がしかった 街は静まり返ってゆく
      このまま目をそらさない お前が笑顔に変わるまで

 *SIDE BY SIDE 今が暗闇なら その先に何があるのか
   SIDE BY SIDE これからオレにできること お前と同じもの 一緒に見ることさ

    *REPEATX2

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

動画アップ『心ひとつに』     胡坐(あぐら)歌2

2011-03-24 | 胡坐歌

先日お知らせした曲「心ひとつに」を即席的に動画アップしてみた(後でちゃんと録り直すかもしれない)。
この災害に際してオレができることといえば今のところ少額の募金と節電くらいか、

あ、あと、歌うこともできる・・・。

オレの発信はせまい範囲に限られていて何の影響もないかもしれない。
でも少しでも被災地を想う誰かと思いを一緒にできたらと思っている。

今だけではなく、復興までの道のりずっと続けよう!
だからこの時に作った曲を思い出すんだ。

がんばろう!みちのく、がんばろう!日出る国、日本。


   心ひとつに

遠く離れた見知らぬ人の悲しむ姿に 僕らも涙を流す
それって一体何だろう
テレビが流す 悲痛な声に 心を揺さぶられ
魂が引き裂かれるように じっとしていられなくなる

人はその想いを受け取って 共に感じている
僕もこの輪の中に入って ひとつに混ざりあう

*今こそ 心ひとつ 心をひとつにして
 今こそ この困難を 乗り越えてゆかなければ

いきなりそばにいた人が いなくなってゆく
大きな痛みは見ているだけの 僕にも突き刺さるだろう
瓦礫だらけの故郷を見つめて 茫然と立ち尽くしてる
後ろ姿を自分に重ねると 寂しさも 今 目の前に

人はその想いを受け取って 同じ気持ちになれるんだ
僕もこの日本の国と ひとつに混ざり合う

今こそ 心ひとつ 心をひとつにして
今こそ この困難に立ち向かってゆかなければ

*REPEAT




サビの部分の音量が大きすぎてリミッターが効いて音が小さくなっています、あしからず。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画を初アップ!『月だけが知っている』 胡坐(あぐら)歌シリーズ

2010-07-24 | 胡坐歌

この度、新機材を購入したので先日作って発表した新曲『月だけが知っている』を自宅で歌って動画をアップしてみた。まだ慣れないのでテスト的だけど・・・使えるようならライブの模様とかもアップしていきたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=N2I2r7UYcBU

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加