Naoya,M LIVESONG TOUR

Naoya,M前田直弥のライブ活動に関するブログです。

11.27 ライブ詩の旅Vol.2 @Candle    リポート

2011-11-28 | その他のライブリポート

森 偉蔵氏が主宰する「ライブ詩の旅Vol.1」は今年8月28日だったから、それから丁度3カ月・・・前回好評を博したとあってVol.2が行われることになった。場所は前回と同じ千葉県新松戸駅となりの PUB Candle(キャンドル)だ。普段は酔客でにぎわうお店を休日の日曜日に間借りするスタイル・・・お店の皆さんも協力体制を敷いてくれていた
オイラは音響機材を積み込んでHEARTBEAT代表の藤間氏とえっちらおっちら現場へと向かった


Candlieの看板。お安い料金ですのでぜひどーぞ


この前は夏で暑かったが今回はもう冬・・・ビルの窓から見える新松戸駅前もイルミが灯る


この日はライブ用のメニュー。今回はお客さんの博さんがお手製のカレーを差し入れしてくれるのもひとつの目玉だ(無料!)。

さて、この2回目の「ライブ詩の旅」その模様をリポートしよう


1.TEL

森氏に直談判して前回に引き続き出演のTELがトップバッター。いつもながらのRAG弾きでうならせて、この日のMC新ネタ「カンバンネタ」披露~バンジョーもお披露目したし、演奏の新ネタAKBナンバーも快調に弾きこなしていた。




2.わたくし、前田直弥

PA担当からのリクエストもありこの日のギターはYAMAKIバッファローにビル・ローレンスのホール取り付け型ピックアップで参上!気分もちょいと変わっていたのでナンバーもやや普段とは違う 
 1.HEARTBEAT   2.旅はまだ続く  3.光と影  4.ROLL  5.蜃気楼  以上5曲、ROLLはひさびさ歌ったが博さんからいつもと違う感じでこれまたよかった、と言ってもらった


店内のコーナーをうまくステージとして利用、2度目だから雰囲気にも慣れてきたね



3.水上喜子

土浦から車で来たが渋滞で3時間もかかった!大変な水上さんだがステージはいつものように癒しのスペース、「納豆ごはん大好き」など生活密着の曲、恋を歌った曲、そしてカヴァー「ドナドナ」など盛りだくさんの内容でみな、ほんわか気分になりやしたー



4.森 偉蔵

さあ今回もライブに当たってのこまごましたところまで練って、お客さんにも声をかけてくれた主宰 森 偉蔵の登場
アルバム収録曲を中心に熱のこもったライブ、充足感を感じながら歌っている感じが伝わってきた


彼が声かけたお客さんもたくさん来場してノッてたね




5.赤地トシノリ

Candlieのチーフのお知り合いということで今回初参加。若い時以来しばらく音楽活動を休んでいて本格的なライブはひさしぶりだという彼だが、どーしてどーして豊かな声量と落ち着いたプレイ、ノリの良さはブランクを感じさせない。オリジナル曲も交えて、30年前に購入したというハカランダ単板のキャッツアイもいい音鳴っていた




6.清水アキオ&ソーマッチ

ラストを飾るのはこちらも初登場、バンドTHE 8cc から清水氏と相馬氏がEXIT参加。ツインギターでバンドのノリそのままに二人の熱い歌声が響き渡る。。。メッセージを載せたナンバーで客席も大盛り上がり~



名曲「立石メモリーズ」はひさびさ生で聴いたがやっぱりEEね
清水アキオ氏と実に十何年ぶりに顔を会わせてよかった、お互いしつこく頑張ってるよね



サプライズ TEL

おまけとしてこの日誕生日だというCandlieのチーフ、シンジさんをTELが演奏でお祝いお店のスタッフの方から秘かに頼まれていたのだ。誕生日が近い森 偉蔵と 、さらにご来場の空手の先生も一緒にお祝いおめでとう


こうして2回目の「ライブ詩の旅」も良い感じで終了~前回よりも我々もお店もお客さんもライブスタイルにこなれてきていい雰囲気のライブになりましたー。出演者のみなさん、おつかれさまでしたー。お店のみなさん、そしてご来場のお客さんたち、ありがとうございました
何より企画から運営まで取り仕切った 森偉蔵氏大変おつかれさまでしたー。彼の「お客さんが喜んでいる顔が良かった!」という言葉が印象に残った。また次があったらよろしくね



本日のPAはHEARTBEAT藤間氏が担当いたしました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:11月27日(日)ライブ詩の旅Vol.2 @PUB Candle(キャンドル)

2011-11-25 | スケジュール

前にもお知らせしたが、森 偉蔵氏企画のライブ、「詩の旅」の第二弾が前回に引き続き新松戸駅近くのPUB Candle(キャンドル)で行われる。新たに参加のメンバーを加えてアットホームなライブで盛り上がろう
出演者 TELが追加になりました。


★イベント名:ライブ「詩の旅」Vol.2
         日 時:2011年11月27日(日)18:00~ 
         場 所:「Candle」(キャンドル)
        千葉県松戸市新松戸2丁目107バロンビル3階 JR新松戸駅の横
        : TEL
         前田直弥
         水上喜子
         
森 偉蔵
         赤地トシノリ
         清水あきお&ソーマッチ
                        たぶんこの順番
      
        料 金チャージ500円+1ドリンクオーダー
               出演時間各組30分くらい



3か月前の前回は夏で暑かったのにな~。またがんばりやす

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11.23 アルマナックハウスLIVE30  リポート

2011-11-24 | アルマナックハウス

今週はライブ3本という忙しい週になってますが勤労感謝の日のこの日、おおよそ隔月でライブを演らせてもらっている 千葉県市川市にあるライブハウス アルマナックハウス  に向かった。今回はなんと30回目になるという(おそらく)記念すべきライブなのだしかしすっかり忘れていて内容には全く折り込まなかった
さて、もうすっかり冬の様子になったこの日のライブをリポートしよう


アルマナックに現れた新兵器 これじゃあ何だかわからないな。さて何でしょう?



オープニング・アクション  マイスター鈴木

いつものようにライブの皮切りはお店の主、マイスター鈴木から・・・珍しいマーチンD-18の12弦の演奏で「カントリーロード」・・・やっぱりこれ聴くと落ち着くね。あれっ、壁にもう一人マイスターが そう、新兵器とはライブをリアルに映し出すプロジェクターシステムでしたー。うーむ斬新な演出ですね、観ている人も違った気分が味わえるかも


1.森 偉蔵

そんな演出の中、先頭はおなじみのこの方。酔っぱらわないうちにとマイスターがトップに指名、本人もシラフでのステージに戸惑っていたが先日リリースしたアルバムのPRをしながら収録曲を情感たっぷりに歌っていた。壁の映像ではいくらか後頭部がテカっていたような・・


2.わたくし、前田直弥

オイラもてっぺんは薄くなってきているが・・・そんなことも気にせずがんばるぜい
1.月だけが知っている  2.幻~まぼろし  3.光と影   4.つよがりの口笛   5.夕 凪  6.蜃気楼  以上6曲、やっと新曲をライブで演ったぜ、しかし新曲特有の緊張感があってスリーフィンガーもおぼつかなかったかな・・・まあ、これからでしょ。期せずして幻だの蜃気楼だの光と影だの抽象的なお題の曲のオンパレードでしたー、これもオイラの特徴か



3.たね。

なにやら明る楽しい雰囲気の男女二人組。とっ初めはバンジョーとキーボードの組み合わせから「たね島」という島を歌で案内しながらの面白いステージ構成・・・女性ヴォーカルのねこさんの透き通った歌声が印象的だ


ステージ横に貼り出されたこれが、「たね島」のMAP。楽しそうだね



たね島の名所をオリジナル曲で案内しながらタクさんはギターに持ち替え、ねこさんはマンドリンとカズーに。
リクエストコーナーも交え顔が緩むようなホント楽しいステージでしたー。反核運動にも音楽で参加しているらしい




4.行志堂

名前の由来は「亀屋万年堂」や「文明堂」などお菓子の名店から転じて、おもしろおかしい歌を歌う、という意気ごみで「行志堂」なんだそうだ。その「おかし」曲もあったが、3.11を題材にした曲を熱く歌う姿が印象に残った。



5.TEL

高速道路の事故渋滞で会場入りが遅くなったTELだが、演奏テクはいつも通り・・・マイスターや共演者も喜ぶ指使いとマニアックさ。さらに今時の曲の演奏や石岡弁での語りの新ネタも引っ提げてきた~。快進撃は続く



ラスト・アクション  マイスター

そしてラストもいつものようにマイスター登場いつもと違うのは たね。の二人がサポートして「ウイスキー」とこの店の社歌「グッドナイト・アレン」。セッション最高~でこの夜のライブは締めくくられたー
出演者の皆さま、おつかれさまでしたー、ご来場のお客さん、ありがとうございましたー。 

もうかれこれ30回もこのアルマナックハウスに歌いに来ているんだなー。ちょいと早いけどマイスター、良いお年を・・・。
来年も変わらずお願いいたしまーす



今回来てみたら大きなガラス窓に木製の格子が施されていた!この向こうは市川真間駅のホームなのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11.19  Sing My Soul~すべての想いはラブソングから  @Cat's Tail  リポート

2011-11-21 | その他のライブリポート

もうかれこれ15年近いお付き合いになる、このブログでもおなじみのA.TANA氏が音頭を取って楽友(音楽友達のことだす)を集めたライブイベント、Sing My Soul(シング・マイ・ソウル) に参加した。場所は千葉県松戸市にある Cat’s Tail(キャッツテイル)というライブ&ミュージックカフェだ。
仕事終わりで現場に急行した<みらい平~南流山~新八柱=八柱~みのり台>が、この日は台風のような風雨で初めての場所へ行くのに難渋した・・・ギターは持ってなかったけどね(後で述する)。



嵐の中、たどり着いた Cat's Tail

ライブ初っ端の 1.A.TANA ROXY ROLL の出番には残念ながら間に合わなかったがお店の中扉を開けると2組目のMINTが歌っている真っ最中だった


2.MINT(ミント)

MINTとは雨天中止となった6日の野外ライブでも共演する予定だった・・・不定期だが度々会っている印象だし、よく考えるとけっこう律儀な人柄なんだよね・・・見た目で判断してはいけない。いつも音楽を楽しんでいるよね



3.小林洋一

彼と初めて会ったのが1997年2月22日のOLINZ(オリンズ)だったと思うので(なぜか憶えているのだ)やはり15年近いお付き合いになる・・・しかしここ2年ほど顔を合せていなかったのでヒジョーに久しぶりっな感じ
相変わらずカッコいいし、魂の入った歌声を聴かせてくれたー。静かな語り口調も懐かしい感じがしたね。


スター様をこんな図々しいアングルからも撮影できるのもお互い修羅場をくぐってきた仲だからなのである(ホントか?)。

束の間だったけど、奥様を交えて話もできてよかったー、お互い頑張ってまた会おう
このライブの模様は彼のブログでも詳しく紹介されています。小林洋一~詩は祈り:http://ameblo.jp/sekaiheiwa-youichi/



4.小島千奈&小用たけし

こちらもおひさしぶりっ、ちょっと見ないうちにセナちゃんも少し大人びた気もしたし、歌やステージングも落ち着きを感じた
相変わらず英語の曲を雰囲気たっぷりに歌ってくれたー。場数を踏んできているのだな


お父さんがF1のファンで「セナ」という名を付けたということを思い出した

ギターの小用くんは一時オイラのバッキングのギターを担当してくれていたので「同じ釜の飯を食った」感で触れ合えた、ギターの腕前も音楽好きなトコも一層磨きがかかったような・・・




5.わたくし、前田直弥

この日はポーカロー氏に預かってもらっていたギターを受け渡ししてのライブ。嵐の中、ケースが無かったのでビニール袋に入れて持参してくれたそうだ。弦を張り替え、ストラップのつなぎを急遽ゴム製の荷縄で結んで・・・いざ、出陣
1.ここまでやって来た  2.光と影  3.熱 烈  4.夕 凪  5.蒼   以上5曲、お客さんのノリもよかったね、ありがとう!!


お店も音楽好きが集まる感じの暖かい雰囲気でよかったー





途中、お店のマスターのオススメでお客さんの元プロシンガーの女性が小用君のギターでJAZZっぽいナンバーを歌ってくれた、さすが!上手いぞ



6.耕 時(こうじ)

ライブラストはこの人、「耕す時、耕時」。これまでの流れとは関係なくいつもの彼のパフォーマンスと歌声は会場にショックを与えた様子だった・・・でもそれがいいんです。終わった後、ステージが汗でびしょびしょになるほどの熱演!まるでこの日の嵐のようでしたー




A.TANA ROXY ROLL でドラムス担当のポーカロー。残念ながら聴けなかったので撮影するとこんな顔した
ギター運搬ありがとう!


PAを担当してくれた 稲葉さん。彼自身もミュージシャンだがいつも快く音響をこなしてくれる仲間だ


そしてこのイベントを企画・運営さらにMCまで務めていただいたA.TANA氏。いろいろ気を遣って大変でしたが良いライブになりましたよね!お疲れ様です、ありがとうございました。(歌声も聴きたかったなー

初めておじゃましたした Cat’s Tail というお店はマスターやスタッフも親切な方々でセッションで音楽仲間を増やしている、そんな雰囲気が伝わるの良いハコでした。DJの方も来てCDのスクラッチ見せてくれた

ご来場のお客さんたち、ありがとうございました



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新曲 『つよがりの口笛』

2011-11-14 | 新曲情報

できてはいるがなかなか発表できないでいる新曲が『つよがりの口笛』だ。まー例によってまたオヤジの悲哀を描いた詩だが、テンポは基本早めのスリーフィンガー奏法、指が疲れて弾けないとういう情けない状況もあるので場合によってはストロークでも演るかもしれない。今年は震災関連の曲しか作っていないのでこの曲が今年初めて(と言ってももう終わりそう)の通常の新曲ということになる


      つよがりの口笛

この街にも 新しい一日が 雨が降ろうと晴れていようと
この胸には 不意にやるせなさ こみ上げる オレはこのままでいいのだろうか
冷たい北風に 立ちすくむ あの丘の 老木のように 朽ち果てるのか
時は確かに 日々を刻んで  追いつめられてる 気もしなくもないが
これでいいんだ なぐさめながら  今日もつよがりの口笛吹いてる

誰彼かまわず 季節は巡ってる 悲しかろうと楽しかろうと
この胸には 不意にむなしさが こみ上げる どうしてオレはこんなところにいるのだろう
鮮やかに暮れてゆく きれいな夕焼け空に 思い切りため息をついてしまうんだ
*時は確かに 日々を刻んで しがみつきたい 気もしなくもないが
こんなもんさと 思いなおして 今日もつよがりの口笛吹いてる

*REPEAT           今日もつよがりの口笛吹いてる



サングラスかけるのは眼をつぶって歌うことが多いからさっ、カッコつけだけじゃないよ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:この後の11月のライブ予定

2011-11-07 | スケジュール

しょっぱなの野外ライブは雨で中止になってしまったが、11月は盛りだくさんのスケジュールで歌いまくりやす。今月はほとんど昔からの仲間関係でライブ演らせてもうらう感じ・・・そしてだからか全部千葉県でっす。数年前は我々でライブ企画して来てもらうことが多かったのだが・・。どっかで新曲も発表できればいいがな~


★イベント名:Sing my soul(シング・マイ・ソウル)
   日 時 :2011年
11月19日(土)18:00~21:30頃
   場 所 :live&music cafe Cat’s Tail(キャッツテイル)
         千葉県松戸市稔台7-2-17スプリングハイツ102
         TEL 047-367-2005
         新京成線稔台駅下車徒歩3分
         駅改札右折、稔台交差点正面交番を右折約1分
       P:有料駐車場あり
   料 金 :ミュージックチャージ500円+1ドリンクオーダー
店のホームページ :
http://www.cats-tail.net/
共演:A.TANA ROXYROLL/小島千奈&小用たけし/小林洋一/MINT/耕 時


ポーカロー作のポスターだ

古くからの盟友であるA.TANA氏が企画してくれたライブイベント。初めてのハコでセナちゃん&小用君もひさびさだが、なんといっても小林洋一さんとは古い付き合い、ニアミスもあって実に2年くらいぶりの共演になるなあ・・・楽しみです





★イベント名:アルマナックハウスLIVE 30
  日 時:2011年11月23日(水・祝)19:00~
  場 所:アルマナックハウス
       千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
       京成線市川真間駅新田5丁目出口すぐ中華ふーみん2F
   TEL047-323-7271
   
料金:ライブチャージ700円(他通常オーダー)
    共演:森偉蔵/TEL/行志堂ほか
             
出演時間30分位
  
   
アルマナックハウスHP
almanac-house@k5.dion.ne.jp

珍しく日曜日ではなく祝日のアルマナックハウスでのライブ。2か月に一回ペースだから年内最後になるな~。いち早く「良いお年を・・」でリキ入れます



★イベント名:ライブ「詩の旅」Vol.2
         日 時:2011年11月27日(日)18:00~ 
         場 所:「Candle」(キャンドル)
         千葉県松戸市新松戸2丁目107バロンビル3階
          JR新松戸駅の横
        共 演:森 偉蔵/ 赤地トシノリ/清水あきお&ソーマッチ/水上喜子
        料 金:チャージ500円+1ドリンクオーダー
               出演時間各組40分くらい

こちらも古くからの盟友、森 偉蔵氏主宰で8月に続き今回2回目のPUB間借りのライブ。ライブハウスにはない手作り感覚がEEね!新規出演者登場!。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6日の INAGE MUSIC LOUNGE 中止のお知らせ

2011-11-05 | スケジュール

先日お知らせいたしました 千葉県稲毛海岸での野外コンサート『INAGE MUSIC LOUNGE』は天候不良のため明日を待たずに中止の決定をしました。  
この秋唯一の野外イベントだったので大変残念 まあ、野外には雨は付き物で・・・しょうがない。また機会があれば稲毛海岸野外音楽堂へ行ってみたいと思います。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Next Live:11月6日(日)INAGE MUSIC LOUNGE

2011-11-03 | スケジュール

奥さんの実家、広島と行ったり来たりで神出鬼没のイベント展開をしている ファンキー利根川氏が主催する千葉県稲毛海岸での野外コンサート。昔からの仲間とそして初めての方と秋の海辺を盛り上げていきたいね!お昼前からゆったり聴けます


イベント名:INAGE MUSIC LOUNGE(稲毛ミュージックラウンジ)
  日 時:2011年11月6日(日)11:00~  
 
  場所 :稲毛海浜公園野外音楽堂
      千葉市美浜区高浜7丁目1番1号
      TEL:043-247-2771
    HP:http://www.cga.or.jp/004014/index.html


       JR稲毛駅西口1番線または、JR稲毛海岸駅南口2番線バス乗り場より
      海浜交通バス「海浜公園入口行」で高浜南団地下車徒歩3分 
       
   共演:TAKING/ひ~ら/耕 時/須賀俊幸/MINT/ハッピー佐藤/YANKSA/ゲオランダースほか   
   料金:入場無料
   出演時間各組25分くらい
      *雨天の場合は中止となります。


こちらは5月のミハマニューポート(近所)の模様。
今回は海の近くらしいから・・・良い天気だといいなー(今の予報だとちょっと怪しい)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10.29 和音ライブ  リポート

2011-11-01 | 和音

秋も深まり、日も暮れるのが早くなって暗くなってからチャリンコを飛ばし駅に向かった。そして約4か月ぶりに埼玉県春日部市にある ライブスペース和音  に到着、夏の杉戸野外ライブ以来だが店主のべらふさんもナオミさんも元気そうだった
この日はべらふ氏曰く「良いブッキングができたHPより)」というツワモノ達の夜となった・・・その模様をリポートしよう


1.ならじん

埼玉県羽生市から来たツワモノは声デカ系でブルースティックなオリジナル曲を歌い、ハープも交えてシブさの中に爽やかさもあるステージでした・・・「マリア」というバラードは雰囲気満点なGOOD曲。酒飲みもツワモノって感じでしたね




2.さばいばるいとう

べらふ氏に「埼玉の首領(ドン)」と紹介されたがまさに超ツワモノ迫力の低音ヴォイスで独特の世界を表現、観る者を惹きつけますな~。長年音楽にのめり込み、全国をツアーして廻っていたという年季の入った歌声を聴かせてもらいました


還暦を迎えたそうですが、まだまだ意気盛んです。こういった「音楽に囚われた」人生の先輩に触れると刺激を受けます




3.しげ

こちらもツワモノ。長年にわたり「音楽に囚われている」人生の先輩。ゆったりとジャンルに関係なく名曲を好きなように歌う・・・そんなスタイル。「シークレットラブ(ダウンタウンブギウギバンド)」は記憶の彼方からヒューッと戻って来た名曲です。慈しむように歌う達観した雰囲気が良いですね




4.わたくし、前田直弥

数日前に急にブッキングをねじ込ませてもらったけど、ひさびさの和音のステージ、ビッと行くぜ
1.シンプル  2.HEARTBEAT  3.熱 烈  4.蜃気楼   5.イメージカラー   以上5曲、ちょっと尺がなかったので新曲は演らなかった・・・またそのうちね。イメージカラーはべらふ氏お気に入りなようで歌ったら異常に喜んでくれたー。オレもツワモノの仲間に入りてーなー




5.TEL(テル)


このところほとんどオレとセットのように一緒に演っているがこの日もギターテク炸裂!ラグタイム中心にアッコちゃん&キャンディキャンディを交え、茨城弁のMCと鉄板の組み合わせがやはりウケていた(マギー司郎か!)。めざせツワモノ

ちょっと画像は少なかったが・・・この夜の和音のライブもけっこうよいまったり盛り上がりの大人のライブでしたー。ご来場のお客さん、ありがとうございました。べらふさん&ナオミさん、出演者のみなさん、おつかれさまでしたー
和音は開店当初からのお付き合いですがだんだんコアなマニアックなハコになってきた感じがします・・・メジャーじゃないけどスゴい奴らの集まり処・・・べらふ氏が目指すところへ進んでますね!また次回よろしく!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加