ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

走り回る鍼灸師・ハリ天狗を操るマネージャーの日々奮戦

「ジャイロスコープ」伊坂幸太郎・著 読了しました☆最後にやっと溜飲が下がった(笑)

2020年09月16日 | Weblog
伊坂幸太郎さんの短編集は「アイネクライネ」やら「バイバイ、ブラックバード」、
「終末のフール」など読んで大ファンなので、
(短編が何かしら皆繋がっているといった手法が好きで)
この短編集にも期待が高まっていました。


それが、、、
実は第2篇目を読んでる時に、なんかなー、いつもと違うような、、
と、あまりの話の唐突さに(1篇目と繋がらないもどかしさ)
伊坂幸太郎ファンの友人Fくんに「意味わかんないんだけどー!」
と、SOS。

「あ、でもボク、わりと嫌いじゃなかったですよ、面白かった記憶が」
とのこと。
その意見に励まされ、読み進むと。。。

いやぁー、やっぱり面白かったわ!!

それぞれの短編はそれぞれの出版社の特集とかで、
他の作者さんとの共演の中、書かれたモノで、
やはり繋がりはないお話だったとのこと。(解説より)
それが、最後の書き下ろし短編「うしろの声がうるさい」
で、全て繋げてくれてあって!!

う〜ん、やられたな!
お見事と言うほかありません!
流石ジャイロスコープ!
(ジャイロスコープの説明があった後、
「転じて、軸を同じにしながら各々が驚きと意外性に満ちた
個性豊かな短編小説集を指す」とあったので、
まさにこれかっ!ってなりました。)



コメント

どんだけ〜?!

2020年09月11日 | Weblog
ハマりにハマっております。
どっぷり〜(笑)

今年はコロナの影響で開催すら危ぶまれた「ツール・ド・フランス」。
それが8月末からの開催の運びとなり、
それまで待ちに待って自転車ロードの小説は読みまくり、
ツールにまつわる本も読みまくり、
「選手名鑑」は買う〜、「スタートリスト」はプリントアウトする〜、
・・・・ついにはっ!!

「弱虫ペダル」全巻を大人買い!!!(爆)


まっ、申し込んだりプリントアウトしてくれるのは全部ハリ天なんですけどね(汗)

ロードバイクなんて乗りもしないのにね。。
(むか〜し乗ったことはあるにゃあるが、断念してハリー息子ちゃんにあげたという経緯が・・・(笑))

とにかくは今、夫婦で夢中!!

とはいえ・・・夜は保たないから(放送は夜中!)明け方観る速報が1日の活力になっております(笑)


因みにツール開幕前の予想は1にログリッチ、2にベルナル、3にポガチャル
でした。
さあ、当たるかなぁ〜♪


コメント

「60代と70代 心と体の整え方」和田秀樹・著 読了しました☆

2020年09月08日 | Weblog
ハリ天の蔵書の中から。


高齢者という言葉を使いたくないので、
「高年者」という言葉を使いますと著者。

和田さんは長年高年者を対象とした精神科医でいらっしゃいます。

なるほど高齢者という言葉にはなにか蔑む響きがありますね(笑)。

精神科医でいらっしゃるので、残る人生を出来るだけ
楽しんで暮らしてほしい、という願い、アドバイスもしっかり受け止めたいと思いました。

特に最後の章でおっしゃる言葉に激しく同意!
・クスリはリスク
・健診は受けない方がいい
・あるがままに生きよう

この精神で余生(いい言い方ではないけれど)を過ごしたいなぁ



コメント

「ツール・ド・フランス」山口和幸・著 読了しました!

2020年09月05日 | Weblog
このところハマっているのが「ツール・ド・フランス」。 
自転車のロードレースのお話に夢中になり、すっかり虜に。
 自分で走るわけじゃないのにね(笑)。

 で、ハリ天が購入していた蔵書から 「ツール・ド・フランス」なる本をチョイス。
 

筆者は「サイクルスポーツ」にお勤めの後フリーのライターになられた方。
 ハリ天も学生時代に「サイクルスポーツ」にアルバイトに行ってたので 聞いてみると、
どうやら入れ違いだった模様。 
フランスに詳しく、さらにツールの全てに精通されている方ですね〜。

 さて本書。 自転車ロードレースとは何か?!から始まり、 
ツールの歴史もさることながら、活躍された選手たちの性格や評判、
 さらにレースの模様を実録。 
その息詰まる駆け引きにはワクワクさせられっぱなし!!
 見事に解説してくれています。 

ツール・ド・フランスの発祥は1903年に遡り、
第1回優勝者は煙突掃除を生業としている モリス・ガランという選手だったそうで、
彼が2連覇したいあまり、翌年、 列車を使うという手に及び失格となった。。。
なんてくだりは歴史を感じさせます。

 また、ツールを5勝したのが過去最高で、「5勝クラブ」なる栄誉あるところに いるのは、
ただ今4人とか。(2012年に書かれたものだが未だに4人)
 ジャック・アンクティル、エディ・メルクス、 ベルナール・イノー、ミゲール・インデュライン。
 それぞれの活躍や当時のツールの様子、 また、それぞれの英雄の性格、言動。。。 実に興味深い! 

いちばん面白かったのはベルナール・イノーに関わるお話。
 イノーのことはあまりいい印象を持たれていないらしく、
 その裏での空約束、裏工作、負けん気の強さ。。 
これくらいしなくてはツールで5勝なんてできないのかな、、なんて思わせる。。 

ツールを7勝しながら、薬物使用で全ての栄誉を剥奪され 永久追放になった
ランス・アームストロングの影で 奮闘していた選手の話も面白い。

 そして思ったのが時代は流れるんだなっていうこと。
 誰も敵わない!!と思われた鉄人でも5勝するのがやっと。。
 どんどん時代とともに強い新人が出てきてベテランを追い越していく ・・・
自転車の世界にだけ言えることではないけれど、 ああ、そうなんだなぁと感慨深く思いました。

 最後に日本人の活躍も記されていて、 
日本人初ツール参戦者は今中大介さんかと思っていたら違っていて、 
「川室競」という方が初だったそう。(1926年、27年に参戦) 
その後今中大介さんが出場されるも完走できず、
 日本人初の完走者は別府史之と新城幸也。 
別府は最終日のシャンゼリゼを最後まで先頭で引いたという栄誉を持っていて、
 新城は敢闘賞で表彰台に上がったことがある。

 素晴らしい活躍のもと、筆者は今後の日本人の活躍を期待して 筆を置いているが・・・ 
その後の日本人の活躍はまだ見られないという事実。残念! 

いつか「サクリファイ」の主人公の「白石誓」のような日本人選手が
 ツールで活躍しないかなぁ〜♪ 
ひいては「日本人が総合優勝」を勝ち取ることがあるのか?! 
楽しみにしたいものである。。 

生きているうちに見たいなぁ〜




コメント

「灼熱の七国阿須トレイルサーキットマラソン」楽しかったね♪

2020年08月31日 | 応援
自粛期間中にハリ天とひたすら人気(ひとけ)のない近所の山道を探索。
マイコースをいくつかつ作ってみてました。
その中でも、沢の水の流れに魅せられ、
「夏はここを走ったら気持ちよさそうだね♪」
と、温めてきたマイ沢コースの一つ。

一周7.1キロと手頃で、6周すればフルマラソンの距離☆

月末はぼっちフルマラソンに取り組んでたハリ天だったので、
8月は沢の涼しいあのコースで実施するか〜
ってなりまして。

ならば青梅トレラン部やご近所のお知り合いなどに声掛けしてみようかってなって。
(悲しいことに沢は涸れちゃってて悲しい事態となりましたが 泣)

8月最終日曜日にいざ実施☆


ずっと会えなかったトレラン部の仲間や友人との再会が
まずは嬉しく♪

テントを張ってハリマネエイドもこずちゃんに手伝ってもらって充実感あり(笑)


さあ、ソーシャルディスタンスをとっての開会式!
いや、自己紹介コーナー!

出しゃばりハリマネがMC。
主宰のハリ天がコース説明を。

7時スタート12時には終了の5時間好きなだけ走るってアバウトなコンセプト。
ハリマネ6周は勧めませんでしたわ(笑)

さあ、灼熱の中まずはパレードラン。コースを覚えてもらいます。

 <自作の矢印板(笑)>


 <ここに沢があったわけよ(笑)>

練習中のゆうきさんを捕まえて(笑)、
こーちゃん家族も駆けつけてくれて。
もういっぺん記念撮影☆


さあいよいよ、それぞれのペースで楽しく走って〜

あっくんやぼっこ2号ちゃんのご家族も応援に駆けつけてくれて、華やいだ〜♪

 <この写真はJ子さんからいただきました!>

でも大自然の中、広々スペース♪

楽しそうな顔、顔、顔♪
ハリマネ、とっても嬉しい時間を過ごしました。

ピタリ12時終了☆

 <一応閉会式と結果発表>

番外のふなちの娘ちゃんのかなえちゃんゴールで
さらに盛り上がりましたね♪


参加の皆さま、お疲れ様でした☆
幸せな時間をありがとうね‼︎



「ハリ天狗の日々奮戦」はこちら



コメント (2)

「幻獣ムベンベを追え」高野秀行・著 読了しました!

2020年08月29日 | 
光浦靖子さんがある雑誌で紹介していて、
面白そうだなってハリ天が古本を購入。


早稲田大学探検部の冒険を描いた小説で、う〜ん、面白そう!!
(33年ほど前のお話ですけどね)

コンゴにある「テレ湖」に住んでいると言われる「モケーレ・ムベンベ」という
ネス湖のネッシーみたいな首長怪獣の正体を明かしに、
早稲田の探検部、総勢9人プラス2人(部外の方)が探検に出かけるわけですよ。

テレ湖に向かうまでに、それはそれは困難を極め(手続きや準備で。
食料やポーターの手配、国からの許可等、こんなに大変なのかと驚きました)
さらにテレ湖周辺は湿地帯。ほんの数キロ進むのも大変!

そしてテレ湖でのキャンプも壮絶!!

機器も壊れて悲惨!!

マラリアに罹った部員の悲壮!!!

ポーターとのいざこざで食料もなくなり危機が!!

ポーターが狩ってくれる生き物は・・・
カワウソから始まり、果ては蛇、サル、ゴリラ、チンパンジーに至る・・・(汗)
その解体を見守る彼ら、最初は目を背けているものの、そのうち慣れてしまうという・・恐怖!!


「探検部」って男の世界だな・・・って真に思いました。
差別でもなんでもなく、絶対に女性では無理!!!って。
ましてや私になど・・・

でも、この作者の探検部リーダーの高野さんが
その壮絶さをもろともせず、むしろ明るくケロッと書いているので重くないのがすごい!!

世の中には危険を顧みず、「知りたい」っていう欲求に突き進んでいく輩がいるんだなぁ〜
ほぼそんな「感心」に終始したのでありました。


最後の宮部みゆきさんの解説がまた面白かった〜♪
彼女と一緒に彼らを高らかに応援したいものであります。




「ハリ天狗の日々奮戦」はこちら


コメント

「スキマワラシ」恩田陸・著 読了しました☆

2020年08月22日 | 
恩田陸さんの書き方(表現の仕方」が好きなのと。
「ファンタジー」に惹かれて購入。


古道具屋を営む飄々とした兄・纐纈太郎と
その仕事を手伝う「呼ばれた物に触ると不思議な世界が見える」弟・散多
の遭遇する不思議な出来事。。

この二人は弟が幼い頃に建築家の両親を無くしていて。

仕事を通して、そして弟の不思議な「透視?!」体験を通して
両親との関わりが紐解かれていく・・・
そこには「スキマワラシ」と兄が名付けた
「白いワンピースを着たお下げ髪の少女」が関わっていそうな。。。

途中で登場する醍醐覇南子はきょうだいなの?!
の謎も相まっての展開。ワクワクと読み進みました。

最後は納得のエンディング☆


・・・・以下、ネタバレ注意・・・・


しかし・・・お話はめでたしめでたし。
そして大好きなタイムトリップ的なお話ではあるんですが・・・

もう一つ伏線が回収されずに悩ましい・・・かな・・・

なぜ瓦礫?!(解体、再生に関わることだから⁈)
なぜ植物の種?!(覇南子の表現方法が花だから⁈)
なぜ覇南子になの?!
なぜ叔父と音信不通なの?!

なんとなーく分かる気もするんですが。。(汗)




「ハリ天狗の日々奮戦」はこちら

コメント

並々ならぬ思い入れで準備〜(から)の玉砕(笑)

2020年08月18日 | Weblog
ハイ、誕生日が近づいてきたんですね。
5年ぶりに行かなきゃならないとこに
さてはて、いつ行くか!!

期間は2ヶ月。
通知書には「混雑を避けるために、有効期限の1ヶ月未満にお越し下さい」

なんとっ⁈じゃ誕生日を過ぎてからいらっしゃいと?

念のため電話してみると、
「優良者」はこの2ヶ月中でいいですよ〜とのこと。
でも、今はお盆時期で混雑してますのでこの期間は外した方が良さそうですよ。
と、ご親切に。

ふむふむ。ではいつにしよう⁈

時間の余裕がある日がいいに決まってるわよね。
そして、お肌の調子がいい時がいいわね。
髪の毛も上手くキマッた日がいいわね。
どうせなら美容院に行った後の方がいいかな?
服は今までの経験から黒い服が似合ってたから黒で。うふふ。

本日、万全の態勢を整えて会場へ。

視力、、OK
いよいよ写真撮影、、よし!(なつもりだった)
講習、、30分弱。勉強になりました☆

さあいよいよ受け取り!!



ハイ、ぎょくさーい!(笑)



あーあ、この顔と5年も付き合わなくちゃいけないのかー(笑)
5年毎に言ってる気がする。ワタシ。。。

今回も無念な半日が過ぎ去ったのでした(爆)





「ハリ天狗の日々奮戦」はこちら

コメント

2020夏休み♪

2020年08月17日 | 家事等
楽しい夏休み〜♪

って訳にはいかなかったけど。。。

今年の夏はこんなだったねと思い出すために
備忘録としておきましょう。

頂き物あれこれ♪
ハリーさんやご近所さんからたくさんのお野菜をいただき
ウデが鳴る〜♪(ウデ?!)・・・伏線1

ってこれはお野菜はオーブン焼きにしただけだけど(汗)

 <夏野菜のキーマカレー>

ゴーヤ、オクラ、ナス、ピーマン、ジャガイモとた〜っぷりいただいて健康満点☆

ジャガイモとインゲンをいただくとこれが定番♪


これも♪添えてあるプチトマトやカラフルレタスも頂き物♪


カレー好きなハリ天のためにとスパイシーカレーも挑戦したけど

こちらはやや不評(笑)

今流行りの「イタリアンプリン」にも挑戦!


「ちょっと高級なプリン」的にはできたけどもう一つだったなぁ(汗)





そして読書三昧☆
ツール・ド・フランス前にしてロードレースのお話に夢中になりました♪

厚い本も一気読み!時間たっぷりあるからねぇ〜・・・伏線2


最後にちょっとカミングアウトしちゃおっかなぁ。。
7月29日に苔でヌルヌルしていた玄関下の泥落としシートに見事に滑って
スライディング、、、左腕を変な方向に着いたらしい・・・
5年ぶりの「今度は左腕」を不全骨折(つまりヒビなんですけど)(泣)




ハリ天をはじめ、太極拳の教室アシスタントさん、ケビンご夫妻・・・
皆様にご迷惑をかけつつ、暑い夏、お籠り状態で楽しく過ごしております(笑)

涼しい山にも行きたかったけど、我慢我慢!
左腕を自力で上げられなくてもできること、結構あってよかったな♪
って思おう‼︎

あと2週間で回復の見込みです☆




「ハリ天狗の日々奮戦」はこちら


コメント (2)

「お父さんはユーチューバー」浜口倫太郎・著 読了しました☆

2020年08月16日 | 
新聞広告につられて購入。
書評にも。
「タイトルだけ見て軽い気持ちで読んだら、嬉しい裏切りにあいました!
 ラストまで読まないと、この面白さはわかりません!!」ってあるから・・・


舞台が「宮古島」♪
ハリ天のトライアスロン出場で何回も行かせてもらい、
その素敵なところであることは認知済み。
あの天国のような島で繰り広げられる「ユーチューブ」って一体?!

楽しみに読み進むと・・
その宮古島の魅力の青い海や青空やサンゴ礁・・・的なこととは全く関係ない?!的な内容(笑)。

主人公の海香は可愛らしい子で、ともかく、、、
父親の勇吾に至っては
う〜ん、あんまり魅力的には描かれてなく・・・
賑やかで明るい人なんだなってくらいの印象。

お金を儲けるのに手っ取り早いから・・てな理由でとっつくユーチューブ。

娘に呆れられながらも、結構な人気なユーチューバーになっていくんだけれども、
う〜〜ん。。。そんなに面白いか?!

12年前の東京での出来事を挟みながらの展開。
なんとなく先読みできちゃって、ん〜〜、やっぱりねな展開。

って、ちょっと舐めてたら・・・(ゴメンなさい)

最後に、、、これも読める展開ではあるんだけど(笑)、
不覚にも涙腺崩壊!!!

本当によかったなぁ〜♪って喜べるハッピーエンドです。
血の繋がりって?親友って?家族って?!
本当に大切なものって?!
心温まるお話でした。


それにしても、ユーチューブって・・・
そんなに詳しくもないけれど、いろんな種類の番組があるんだね。。
おばさんの目は丸くなりました(笑)。





「ハリ天狗の日々奮戦」はこちら





コメント