ハリ天狗の日々奮戦

天狗のごとく山を駆け、野を走る(かな^^;)。 東京は西の端・青梅発、全国行き。日々鍼を打つランニング鍼灸師の奮戦記。

最近の様子

2016年09月24日 | 日々奮戦


【裏山行ってキノコ遊びばかり】

すっかりブログまでご無沙汰。

負荷をかけて走らなければ、なんの問題のないと思われる状態が続いていましたが、とりあえずダラダラと休養というかほぼ何も運動しないというか、自分的には信じられないような毎日でした。

色々今まで見聞きしてきた他人の不調。プラス自分で調べてみればほぼ8割方当てはまる症状。
たぶん貧血に間違いないと、ならばサプリじゃなくてちゃんと鉄剤もらってこようと採血に出かけたものの、、、。
答えは「ノー」。な〜んも問題なし。
お医者様曰く、
  だいたい昔からのあなたのデータ揃ってるけど全然変わらないねぇ。
  調子悪いって来るのはいつもこの時期じゃない? 
  たぶんバイオリズムとかそういうのの問題じゃないですかぁ。
  それにその歳でトライアスロンとかやってるってことの方がびっくりですよ。
  ま、他に検査してもたぶん無駄だからこれ以上はいいんじゃないですか。 
  夏バテみたいなもんでしょ。

そうなのか。ふむふむ。そうなのか。
笑い話の雰囲気になって帰路についたけど、さて。完全に納得したわけじゃないけど大きな問題でもなさそうだ。

疲れが溜まるほどのことをしていないと思うのだけど、体は正直だ。夏の寝不足がたたっているかな。
とりあえず、お酒やめて、手に入れたL-グルタミン+オルニチンの原末摂取。たまにきのこジョグ。
ハセツネまで様子見ながらしっかり体休めて行くことにしました。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不調な件

2016年09月16日 | 日々奮戦



日曜日の多摩川源流トレイルランは、何というか本当に、たぶん、ここ10年くらいで思い返してみても一番きつくて辛いレースだった。間違いない。
肉体的に辛いレースなんて、例えばウルトラマラソンや100マイルレース(UTMFや八ヶ岳)などの後半、脚筋痛で悶絶したことだってあるし、泣きたいほどきつかったことは確か。それは20時間とか30時間とか走り続けているのだから納得している痛みや辛さだ。
でも、今回のはちょっと違う。疲れるもなにもまだトレイルに入る前からきついのだ。スピード出していないのにきついのだ。歩いても止まってもずっと苦しい。でもリタイアしようかというレベルではない。だから進む、でもきつい。
上りは手を虎拉ぎの形にしてとか、体重移動をしっかりとがぶり寄り走法だとか、そんなテクニック以前の問題だった、あーあ。

唯一下りだけは脱力して重力に任せて駆け下りたのでなんとか帰ってこられたけど、おかげで筋ダメージは抜群、群を抜いている。
ようやく収まりつつあるけどひどいもんだった。

何か体に問題でもと思うだろうけど、倒れちゃうわけでもないし、夜の打ち上げではビール絶好調だったし、写真見ればどれもこれもうれしそうに笑ってるし、体重減もないし。


【第2関門・鶴峠にて。Thanks Kimie-chan】

ココロの置き所が上手くなく、何かがへそを曲げてるんだろうなぁ。そんな感覚。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スタートダッシュV

2016年09月12日 | 日々奮戦


【SpecialThanks のりっちょさん】

かの強豪トレイルランナー栗原さんからハリ天さんとも勝負!って言われたもんだから、う〜ん、どうしよ。
って考えるまでもない。あれしかない。そうあれしかない。


【スタート!】

ということで、号砲と共に飛び出してみた。とにかく数秒でも先行だ!
ってことで何やってんだってところですが、、、勝ちました!


【栗原さん&りょーじくんと競る風。thanks mikan】

さらに身内みたいなもんだったのにすっかりご無沙汰していたリキちゃんと久しぶりに一緒になって、これがまたやっかいなことに一緒にダッシュをかけてきた(もとスプリンター?)のだけど、何とか圧力かけて抜き去り、、、
見事第8回多摩川源流トレイルラン・スタートダッシュの部優勝を飾りました〜!(優勝の瞬間の写真は残念ながらありません)

って昨日の見せ場はこのほぼ一瞬でした(^^ゞ 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インターバルリカバリーかっ!

2016年09月11日 | 大会レポート


【ほうほうの体でようやく迎えたゴール】

第8回目にしてようやく初参戦のご存知KFC主催「多摩川源流トレイルラン」(25km)。

なんとなんと、未だかつてない程の苦しい苦しい3時間3分でした。 
初っ端から歩いているのに160を越えてしまう高い心拍数に弄ばれ、、、泣きそう。

このところちょびっと取り組んだインターバルトレのリカバリー時のゼーゼーが延々と続く、そんな感じ。
いやぁ、ホントにつらいつらいレースになっちゃって、カメラ持っていたのに1枚も写真撮らなかったよ。

それでも最後の下りだけ頑張れて60歳代2位取れたし、打ち上げするというので行って来ます! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チームウエア&ワッペン

2016年09月10日 | 日々奮戦



せっかく出来上がっていた(Thanks ソリちゃん)のに放置したままだった「青梅トレラン部のワッペン」。
本日、ようやくあちこちにつけまくってもらいました。
レースウエアに続き、どこかに所属しているという証を身につけるって、とっても久しぶりで珍しいこと。

昔は本当にユニフォームに憧れ、中学校の野球部でユニフォームを手にした時は着て寝た程だ。
高校時代はサッカー部。相手と色が被ることがあるので2種類以上を用意する。なので毎年1枚は新作。自分の提案が通りそうな所で予算オーバーでボツになったことが恨めしかった。
学生時代はサイクリングクラブ。けっこう目立つユニフォームで全国を走り回った。
今で言うフリーターのような身分で仕事をしていた頃は会社の野球チームの縦縞ユニフォーム。
教員になってからは最初の赴任校でみんなで(先生方)夢中でやっていた野球とバレーボールのユニフォームを作った。かなり強豪校だったのだけどユニフォームのおかげでさらに強そうに見えた。
トライアスロンでは全日本トライアスロンクラブに所属していた初期の頃に(30〜31歳)。

それ以後は一匹狼を貫いていたので、なんとチームウエア(ユニフォーム)を着るというのは実に30年ぶりということになるのだ。



と、いうような状況で、明日は「第8回多摩川源流トレイルラン」に出場。近場の小菅なのになんと初出場。今までいつも予定がうまく合わずじまいだったのだ。なので色々新鮮な気分で走れそう!

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全力疾走

2016年09月08日 | 日々奮戦


【全力自撮り】

やっぱり「ラン」強化だ。

ということで9月を迎えたものの、なんだろ、調子はすこぶる悪い。
まだまだ暑いのでピリリッと短時間で決めてやろうと、これまでほとんど取り組むことのなかったインターバルトレーニングと格闘。
体にとっては新鮮そのものなんだろうけど、ダメージも抜群で、、、

つまりぐったりしてます。 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごっつぁんです!

2016年09月05日 | 日々奮戦



昨日の誕生日に突然でっかい袋が届いた。オーストラリアからの荷物だ。
なんだ、なんだ? 
汚いアルファベットを追っかけると、、、IRONMANとかCairnsとかの文字。Asicsも見えた。



もしや、もしや。

6月に参加したアイアンマン・ケアンズではスポンサーの一つだったASICSがレース中のランコースで「ASICS WANT IT MORE 1KM Dash」と銘打ったイベントを開催(?)していた。つまり1周14kmのランコースの途中にタイミングマットを敷いた1kmのタイムトライアルエリアが設けられていて、年代別に1位には500ドル相当のASICS製品がプレゼントされるというのだ。ちょっと食指が伸びますよ。
当日はバイク中の痙攣騒動及びランに突入時のガックリ度合いがひどく、チャンピオンシップ出場権が徐々に遠ざかっていくランだった。
だけど、これだけで終わってしまってはシャクだ。ならば一発だけ大勝負を!
そう思い直してチャレンジしていたのだ。自己計測では4分10秒くらいで走れたので(その直後は足ピクピクでまた持ち直すのに大変だった)、実は翌朝真剣にリザルトで名前を探したのだった。けど、うんと下の方でタイムも6分近い5分台。やっぱり最後(3周目のゴール前)だけの計測だったのか(そんな噂も耳にしていたので)、でも何度もチャレンジしよう!みたいな横断幕があったような気もしたのに。ま、しょうがない。

これですっかり忘れていた。
それが、な、な、なんと!
「ASICS WANT IT MORE 1KM Dash」の計測にエラーがあったとか。公式アワードセレモニーで違う選手を表彰してしまったけど、あなたが「Male 60+Category」本当のウイナーでした、ごめんなさいという手紙と共に総額500ドルというふれこみだった賞品が届いたのです!
しかも誕生日に! やったー\(^o^)/


【自分では買わないのでもらえると嬉しいという品々。意外と使えそうな物ばかり】

今頃!だけど、誠実に対応してくれていたASICSとIRONMAN Oceaniaの事務局には感激です。
そして過去30年以上のレース報酬で最高額の賞品、ごっつぁんです!

 
【250ドル相当のシューズもだ!】 

転んでもただでは起きなかった、よし、よし。 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気、動かして

2016年09月04日 | 日々奮戦


【24年前、開業の折に皆さんに配ったテレフォンカード】

気 動いて 物 生ず


転職し治療院を開業した折りに皆さんに配ったテレフォンカードに刻んだ言葉です。

目の前の粘土のかたまり。じっと見ているだけではいつまでもただの土の塊。
さて、象を作ろうと思えば象になるし、蛇にしようと思えば蛇になる。
まずは自分の「気」が動くかどうか、全ての肝はここにある。

1年前、「還暦」を迎えた。
やはり59歳よりも60歳は大きな通過点で、どうしても意識せざるを得ない。意識しすぎた結果なのかこの1年は実は自分的には冴えない1年だった。
いや、冴えないなんて言ったらバチが当たってしまう。非常に充実してはいたのだ。でも常に今あるこのモチベーションが上がらなくなったらどうなるのかという漠然とした不安のようなものが周囲をうろついていた。
それは確かなこと。
なんとなくグタグタした感触を背負ったまま、あっという間に1年が過ぎてしまったような。

今日は妻と二人で北アルプスの予定を飛ばし(天候不安があったので昨日のうちに決断)、久しぶりに1日家で過ごす日曜日となった。
過ぎ去った過去は振り返らず、まだ見えない未来に期待せず、今、ここを。この小さな今をしっかり動かしていくこと。小さな「気」を育てていくこと。

シンプルにそんなことを確認したいい日曜日だった。
何故か突然、こんなものも届いちゃったし。これは明日ね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#hariten365

2016年09月03日 | 日々奮戦


明日のことはわからないけど、飛んでみちゃうオレ。#hariten365 365
応援してくださった皆様、1年間お付き合いありがとうございました!

昨年還暦を迎えるに当たり、何か仕掛けておかないとと。
(自分の奥底の方の本音は体育会系ではなく文化系なので)いつものように体を使うことではなくちょっと知的な何か。
何かないかと考え続けて昨年の9月4日、60歳を迎えた日からスタートしたのが「#hariten365」。
1日1枚の写真をアップし続けること。ただそれだけ。
特別な想いも方針も定まらないまま、いつものように「宣言」することもなくスーッとスタートさせてました。

始めはTwitterに。やがてInstagramとFacebookにも同じものを。
毎日の成り行きや機会があって撮り貯めたものの中から1枚をチョイス。
テーマがなく、一貫性もなく、感じるがままにつらつらと続けた365枚。よくよく考えると実に中途半端な自己イベントでしたが、1年間積み重ねられたことだけにはしっかり自己満足しちゃってます。

とうとう本日、365枚目をアップして「#hariten365」ミッション コンプリートです。 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第27回トライアスロン珠洲レポ・ラン編

2016年09月02日 | 大会レポート



あんなにバイク足が痙攣したくせに走るには大丈夫。トライアスロンのちょっと面白いところだ。
30歳の時に初めて経験した第2回宮古島トライアスロン。やっぱりバイクのラストでキューンと痙攣が来てしまい(30年前も同じか!)、この後フルマラソンなんて大丈夫なのかとずいぶん不安だった。けど、大丈夫。
微妙に使う部位が違うのだ。あと、山坂を駆け上がるわけではなく、ほぼフラットな23kmだ。



気分的には凹みがちだったけど、気を取り直しランはランだけのつもりで踏ん張っていこう。
アミノバイタルづくしだった補給であの独特の味に嫌気がさしてしまい、ラン用の1本は置いていくことにした。

走り始めは4分50秒。体感でいいところを探った結果だ。走り込んでいないのであんまりムキにならないように楽に走ろう。エイドでの氷水、スポドリ、そしてスイカがとにかくありがたい。痙攣対策に梅干しの他にはひたすらスイカを口にほうりこんで走った。
バイクでぎゅんぎゅん抜かれたけど、走り始めたらどんどん順位が上がる。
350番以内の選手は一緒にスタートしているので抜いた時点でこちらの勝ち。351番以降の選手は5分、701番以降は10分の差があるので、簡単に抜いたところでこちらの順位が上がっているわけではない。ま、あんまり気にするな。

割といいピッチを刻んでいる選手をターゲットにして前を追い、かわす。時々、後方からもっと勢いがある選手が来てそんな彼らにはやられてしまうが、だいたい抜く一方。

11km過ぎ、見附島の公園をぐるりと回って折り返し。
晴れてはいるがそんなにギンギンの暑さではない。でも一生懸命走っているから体は熱い。エイドで冷やすのが楽しみで、エイドがある区間のラップだけが30秒以上余計にかかってしまう。
水をもらって歩き出し、進みながら喉を潤す。いったん歩いていると再び走り出すのにちょっとした勇気がいる。
エイド毎にエイヤッだ。
終盤はエイドで止まらない割と年配のランナーをひたすら追いかけながらゴールへ近づいた。
今日の最後の頑張りの証しとしてそのランナーを抜き去る。
あと1km地点。初出場だった2011年に最後に唯一抜かれたのがここだった。その選手(赤い弾丸)とはその後夫婦ぐるみで仲良くなった。意識してラストスパート。
ゴールの野球場へ入ると妻と知人のSさんの奥様が迎えてくれた。



アイアンマンのおよそ半分の距離だけど、ゴールはやっぱり応援の妻と一緒さ。思い通りに行かなくてもそれもトライアスロン。
7時間16分03秒。310位(スイム)→400位(バイク終了時)→271位(ゴール)という浮き沈んだレースだった。ちゃんと出し切ってしばらく動けなかったのはお約束なのでありました。 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第27回トライアスロン珠洲レポ・バイク編

2016年09月01日 | 日々奮戦


【バイクスタート】

1〜350までのバイクラックにまだたくさんのバイクがかかっている。タイム的には不満だけど第1ウェーブでの順位的にはまずまずの感じだったということだ。もちろん5分遅れ、10分遅れスタートの351番以降のバイクラックにはたくさんのバイクが残っていて、気分だけはとってもいい。


ガーミンのスタートボタンを押して、落ち着いてバイクスタート。徐々に心拍数を上げていく。序盤の上りも無理しない。軽いギアでカラカラと。S字カーブが続く下りは後方からものすごい勢いで迫り来る選手にどんどんコースをゆずる。海岸線に出るとちょっとしたサイクリング気分。でかボトル1本のみ装着なので、エイドではコップで水をもらう。朝は「雲の多い晴れ」だったのが「快晴」に近くなってきた。まさにトライアスロン日和。
NHK朝の連続小説「まれ」の舞台となった付近、気持ちよく通過。下りは事故りたくないのでゆずり、平坦路は気持ちよく流す。あっという間に最難関峠の大谷峠の上り口。一斉にスピードが落ちる選手達を尻目に颯爽と漕ぎ上がる自分(おぉ〜)。普通に走っているだけなのだがみんなやけに遅い。頂上までに30人以上をパスした。
やがて下り。抜き去ってきた選手達がここぞとばかりに後方から襲いかかって来る。バイクでの下りは全然自信ないのでどうぞどうぞだ。一気に下ってもらった先には幹線道路と合流する場所があり一時降車することになっている。
ブレーキングして近づくが選手が固まっていて、、、あぁぁぁ、間に合わない!かろうじてペダルを外したところでギリギリ前輪ロック。係員がバイクを支えてくれたが、両足をついたところでスローモーション前方回転。
レースでの初落車だよ。左膝を擦りむいたけど本当にゆっくりの回転だったのでダメージはゼロ。ホッ。
安全に下りきってからしっかりペースを戻す。
1周目、相当に抑え目だったけど1時間46分。いいでしょう。



2周目は最後のランのための余裕も残しつつ、徐々にペースアップを図るつもりだった。
しかし、さてここでだ。
最初の上りでいきなり左内ももに痙攣が襲ってきた。え〜、まさか。足を使ってしまった感覚もないのでまさか。パワーメーターなんのため!ケアンズ痙攣発生地点の120kmの半分の距離だ。まさか、まさか。
「まさか」もしょっちゅう出て来るようでは「まさか」の意味がない。価値もない。「まさか」じゃなくて「またか」だ。

とにかく引き足を上手に使いながら誤魔化すしかない。スピードも落とす。最初の坂は短いのでとりあえず何とかなった。 不安は倍増どころではない。がっくり感も半端ない。
こんなんであと2回の大きな上りを乗り切れるのか。
2つ目の峠、右にも痙攣がやって来ていよいよ最悪の状態。どんどん抜かれる。思いっきり抜かれる。頭まで痛くなってきた。
下りではひたすら足を休め、最後の12〜16%の坂に備える。エイドで止まって梅干し、スイカ補給。バイクのエイドで止まるの初体験。それほど弱っていたのだ。 
そしていよいよ最難関の峠。1周目とは別人だ。ぐいぐい抜かれる。情けない程抜かれる。とにかく力を込めないよう回し続ける。それでも容赦なく痙攣は襲いかかって来る。安全ピンを使うか、マラソンであればとっくに投入だけど止まりたくない。止まったらおしまいだ。
と思いつつ止まりそうな速度でなんとかクリア。落車地点もクリア。
平地も抜かれまくりながらクリア。クリアとは言えないか。
あぁあ、スイム→バイク1周目で妻を喜ばせておいて、2周目でガツンと落としてしまった。しょうがねぇけどしょうがねぇ。



ヨレヨレのバイクゴール。PB間違いなしの流れが一転4時間07分もかかってワースト達成。P3での快走はまたもやお預け。ゴメンゴメン。 



・・・とまたもや明日に続く。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第27回トライアスロン珠洲レポ・スイム編

2016年08月30日 | 大会レポート



2年ぶりのトライアスロン珠洲大会は天候が不安視されていたけど見事な晴れ。暑過ぎず絶好のコンディションで行われた。

さて、まずはスイム。波がやや高めだったけどケアンズでの高い波を経験したことでもう何てことないレベル。3ウェーブに分かれてのスタート。ハリ天はいつもの第1ウェーブ。流石にケアンズ以降飲み食い自由がたたって、今年最高体重を記録してしまいウェットスーツもややきつい感じ。
2012年の佐渡スイムリタイアはしっかりトラウマになっていて、やっぱり不安。アップを入念に行い苦しくないことをしっかり確認してからのスタート。
350人のスタートなのでバトルもそれ程ではない。ブイからは離れた大外スタート。沖に向かってまずは500m。始めは調子が出ずやたら苦しい。無理をしていないのに苦しい。落ち着くのは500mブイを過ぎてから。
泳力が同じくらいとおぼしき選手を左右に従える感じで泳ぐ。折り返しまでは潮目に添う感じなので比較的楽。1250mのブイで折り返してからがなかなかきつい。ブイの近くはみんなが寄って来ていつまでも結構なプチバトルが繰り広げられていた。とにかく落ち着いて泳ぎたいので、人を避ける、バトルは避ける。
今年練習してきたことをしっかりなぞりながら無心で泳いだ。
スイムゴールは55分。オープンウォーターはその時々でコンディションが異なるので、単純比較はあまり意味成さない。一応珠洲ベストだけど5年前、ごく数回の練習で57分。その10倍以上も練習しても55分。ちょっとがっかり。



 つづく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なめちゃいかんぜトライアスロン

2016年08月29日 | 大会レポート


【リラックス全開で1周目終了時】

ケアンズ以降すっかり気合いが抜けていても、アイアンマンディスタンスのおよそ半分だし(Swim 2.5km Bike 102.2km Run 23.3km トータル128.0km)、まぁ何とかサササッとこなしてくるつもり、、、でした。

結果は3度目の珠洲にしてワースト。
波が高めのスイムは大波のケアンズ体験も活きてまずまず、ランもまぁまぁ。でも一番競技時間の長い勝負のバイクが散々。
2周回するバイクコースの1周目はしっかり押さえたにも関わらず過去最高タイム。この調子なら相当行けそう。
ところが、2周回目に様子を見ながら徐々に上げて行こうと思った矢先の上りでケイレン。ケアンズに続いて滅多になかったバイクでのケイレン。凹みます。
あんな強度でケイレン起こしていては話にならない状況。最近ケイレンに関しては油断気味だったけど、しっかり再検討する必要が出てきました。(練習不足はいったん置いておいて)

色々後ほど検証記録も綴るつもりですが、とにかくトライアスロンをなめんなよ!、そういうことですね。 


【なめた結果なのか定番なのか】 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

出発前夜

2016年08月26日 | 日々奮戦



今日は妻の58回目の誕生日!
なのですが、二人ともそれぞれに忙しく、
しかも明日未明、珠洲へ出発のため準備でバタバタ。

だいたい明後日の「トライアスロン珠洲」は10月ハワイでのアイアンマン・チャンピオンシップのための調整レースとしてエントリーしてあったのだけど。
それがね、ケアンズではあんな具合で、はしごは見事に外されちゃってモチベーションは一切上がらず。暑い夏はオリンピックに集中してここまで来てしまった。
こんなんでどうするのかっていう状況だったけど、準備を始めたら少しやる気が湧いてきた。
いつも応援してくれている58歳になったばかりの妻をあまり長く待たせることのないよう、ぶっつけ本番トライアスロン、頑張って来ます!

・・・ってことで。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記録的短時間大雨情報出る

2016年08月22日 | 日々奮戦


【NHKニュース画面より】

8月22日、台風9号がもたらした雨。

今日は午後から某所で職員研修会の講師をつとめることになっていて、早目に車で自宅を出たものののすぐに南北の通りが霞川支流(大門川)があふれていて通行止め。


【提供はご近所さんのかっちゃん。一時は膝上まであったとか。我が家から400mほどのところ】

Uターンしてバス通りを進むとちょっと低い場所は完全に道路水没。なんとかクリアして信号を過ぎると道路は完全なる川状態。前の軽自動車が動けなくなりそうだ。ビートルも水没してしまいそうだ。これはやばい!
コンビニの駐車場に逃げ込み電話連絡。
今日の会は中止(延期)にしてもらった。多摩川向こうの会場までたどり着く自信がない。たいていは平気平気って言うハリ天がまずい!と思ったのだから相当だったと思う。
やっとの思いで1キロほどの道を戻ってこられてホッ。


【写真提供、ご近所さんのとし坊ちゃん。いつものジョグコースぞいの霞川】

1時間の統計史上最多雨量107.5mmを記録したわが町には「記録的短時間大雨情報」が出た。
滅多にない緊迫感が漂った。すぐ裏山からは水が激しく吹き出していた(知らなかったけど、お墓の水を通していた太い管があったのだ)。

 
【お昼頃はこの倍以上の高さに噴き上がっていてあわてた】 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加