ハリ天狗の日々奮戦

天狗のごとく山を駆け、野を走る(かな^^;)。 東京は西の端・青梅発、全国行き。日々鍼を打つランニング鍼灸師の奮戦記。

強風に刺される

2018年01月16日 | 日々奮戦


【肉離れ起こして2.5kmでDNFした昨年の新春マラソンスタート風景】

日曜日の30kmレースの分析をとか言ってたけど、もうくしゃみ&鼻水でそれどころじゃない2日間でありました。
あ、風邪ではありません。
数年前からこの時期(1月)に強い北風をついて速く走ると(主にレース)走っている間はなんともないのだけど、走り終わって着替える頃、突然のくしゃみでそれは始まる。
今年もそれが日曜日にやってきてしまった。年代別1位の表彰までもう少し間があり、先に着替えてきて下さいと役員に言われ、はいはいと荷物を置いた小学校の体育館に向かった。そして体育館に入る寸前、突然花粉症になったかのように(花粉症ではないのであくまでも観察上の症状)くしゃみ連発。そして鼻水。

空気が良く冷えている今年はしばらく前から、走るときに冷気を鼻から吸い込むとツーンとした痛みを感じていた。
これが最大限激しくなってしまったのだ。息を吸おうとするとキーンと痛む。そして途端のくしゃみ、鼻水は完全に「水」状態でツツツツーッと流れ落ちる。まいったなぁ。

運動血管性鼻炎とか言われるヤツだ。調べると、くしゃみ、鼻水が出るがアレルギーでも風邪でもない。
「この症状に効く薬はありません!」とか書いてあったが、本当に効かないのでびっくりした。
痛くて鼻から息を吸えないのが困るのが食事の時。食べる時って自然に鼻呼吸が必要なんだ、普段鼻づまりなんてあまりないのでそんな基本的な体の仕組みを思い知る。

体の他の部分は快調だし、動いているのが一番楽。
ということで月火と2日完全休養明けの本日は雨がぱらつく中、しっかり練習。
鼻粘膜に刺激を与えないようにとマスク着用で。呼吸制限で鍛えられるとか笑っていたけど、途中から汗だか鼻水でだかわからないけどマスクの内側がびっしょりになって顔に(口に)張り付いてきた。口呼吸すら出来なくなって、く、く、くるしい!ってマスクを引きちぎったという案配でした。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

良しとダメ

2018年01月14日 | 大会レポート



川崎まで足を伸ばし第45回新春マラソン・30kmに参戦。20代の頃からよく参加していた馴染みのローカル大会だ。
この時期に真剣に30km走って、色々バロメーターになっている。
当然今年は重要なポイント練習代わりだ。シューズテストもある。昨年肉離れで2.5kmでDNFしているからそのリベンジもある。色々課題というかチェック項目満載なのだ。

さて、気持ちの良い冬晴れだけど風はいつものように激しい。寒い。あ〜。
ギリギリまで体育館で待機してチョロッとアップ。5分前にはスタートラインに。風が正面からビュービューと襲ってくる感じだ。どうかなぁ。気合いを見せるためにナマ足ランパンだ。(写真はありません)

河川敷のコースを複数回往復する。多摩川を上流に向かう時は向かい風、下流に向かう時は追い風。フィフティフィフティだ。上手に風に乗る必要がある。
で、最初から上手く集団に入り風よけしながら淡々と走る。マイペースよりどうしても心拍が高くなるけど今日は仕方ない。160は超えない範囲だけど持つのだろうか。スピードは相変わらず身についていないけど、もしかしたら今シーズンの練習からは持久力は蓄えられているかも知れない。そこに望みを繋いで。
キロ4分15秒の最低ラインは保ちたいと思っていたけど、風に向かう時はダメだ。4分20秒台の集団になっている。
一人で飛び出す勇気はない。
でもこれが一旦折り返して風が背中を押してくれるようになると4分05秒〜10秒と一気に挽回。この繰り返しだ。
フィフティフィフティになれば上出来だ。
集団から飛び出た選手を追い、残り8km弱は追い風。足もしっかり動いている。ゴールタイム的には目標の2時間6分台には届かなくても最後に風の後押しを受けたとはいえサブスリーペースで押せれば今日の大目的は達成だな。いつもよりうんと高い心拍をずっと保っていられたし。
きついけどあと3km大丈夫だと確信した矢先、、、
完全砂利道でペースが落ちるのを嫌い必死で足を動かして、やっと抜けだしたと思った途端、パタリと足が止まる感触。いつもの農道あと1周!と思うのだけど動かない。ラスト1kmはヨレヨレ。
2時間09分23秒で60歳以上の部で1位だったというのは、、、嬉しいのだけど、最後までキチッとコントロールしきれなかったことで少し意気消沈。サブスリーはやっぱり遠く険しい道だよと実感。
そんなとりあえず急ぎの川崎新春マラソンレポでした。
分析等はまた。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚底思案橋

2018年01月13日 | 日々奮戦



レースで履くシューズは軽いに限る。あとソールが厚くて路面の感触が得られないのはボツ。
ロードでもトレイルでもほぼこのスタンス(足に合うかどうかのフィット感は当然)でレースシューズを選んでいた。

しかし昨年5月のNIKEの「BREAKING 2」のイベント以来、どうにも気になる例の厚底。
あれはクッション性のための厚底ではなくミッドソールに入れ込んだプレートのため、つまり推進力のためと知るや俄然興味津々。
久々、昔のシューズオタクに戻ったかのように目を輝かせて色々調べまくってしまった。
で、レースシューズは薄く軽くの真逆を行くNIKEの革新的戦略にちょっと乗ってみたくなった。

・・・で、市販モデルとして発表された「ヴェイパーフライ4%」は当然のことながら高価すぎてスルー。ランクを下げて「ズームフライ」はどう?ただ、目をつけた途端みんなも注目しているらしくどこにもない。
・・・で、すっかりあきらめていた年末、偶然に赤の残り1足に出会ってしまいゲット。
バタバタした年末年始を避け、ようやく日常が落ち着いたところで足入れ。

・・・うーん、確かに不思議な感触だ。軽さと反発力を感じられる点にこだわっていたハリ天だけど、思いの外違和感がない。今シーズンの勝負シューズに選んでいた「ターサージール6」と比べれば数字的にはだいぶ重い。





間違いのない「安心」を取るか、60歳を過ぎてから心がけている「今まで選ばなかったもの」を取るか。

さて、さて、さて、、、なんだか全然違うもので、どっちもいいけど、どっちだ。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中1日でスーパーハード

2018年01月06日 | トレーニング



一昨日の爆風15kmビルドアップ走が思いの外ハードでダメージの残骸を感じていたのだけど、久し振りの早寝遅起きたっぷり睡眠のおかげでなんかすっきりしたので急きょ(迷ってたけど本当は予定通り)午後の坂路調教を呼びかけてしまった。

中1日でスーパーハード練。一般的にはやり過ぎでしょうって所だけど、、、。
12月末の八峰レース→坂路調教と同様にハード&ハード練をうまくこなせるかどうか、自分の体力・走力に対するちょっとした試金石づもりだったのだ。
ほとんど単独走だったけど、上りも下りもしっかり走り切れておととい失いかけた自信を少し取り戻せた感ありだった。下り10kmでは久々の40分切り。最後までレースペース以上で粘れたのが収穫。
12/24 上り 1:00:02  下り 41:55  1:41:57
01/06 上り 0:57:29  下り 39:47  1:37:16

もちろん一番は怪我の予兆も今の所はないこと。体、バッキバキだけどね。この後もう少し、しっかり調整しよ。
 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギブアップからの、、、

2018年01月04日 | トレーニング


【登りたい上りたいの三女も念願果たして帰って行った】

年末年始のわさわさした非日常が過ぎ去り、ようやく新年最初のポイント練習の時間が取れた。久し振りの15kmビルドアップ走だ。出来ればレースペースに近いペースで入り、さらに上げられるのか確かめたい。
風は強いけどきれいな青空だ。2日間箱根駅伝を走った学生達に大いに刺激をもらったし、飲んでばかりだったけど足はあまり使っていないし、調子も上々かな。ちゃんとアップをして、いざ行かん。

ところが現実は甘くないことだらけ。今年初のマジ走りだと言うのに端っからきつい。
レースペースに近いペースからのビルドアップを予定したのだからある程度きついのは覚悟の上だ。乗り越えるしかない。青梅インターそばのさえぎるものの何もない農道では北からの風が超激しくまるでイジメ状態だ。ペース表示を維持するどころではなくやっぱり心拍維持でしか走れない。
140後半150付近なのだけどきつい。ダメだ、こんなじゃ。なんとか粘ったけど1周2.5km農道特設コース4周(10km)したところで突如ギブアップ。フォームは乱れて来ちゃったし、この後2周もっとペースアップしなければならないなんてとても無理〜ってことで歩き出して。
ダウン代わりにゆっくり走り出して、風が強過ぎてとかなんとか言い訳考えていたら、そんなことでどうすると突如「自分檄」が侵入してきた。思い切ってペースアップ。残りの約4kmは気分が変わって急に普通に走れてしまった。
よく諦めずに盛り返した自分。練習だけど褒めてやったよ。

それでも強風を全身で浴びたおかげで案の定鼻水タラタラ、くしゃみ連発。最近の冬の洗礼をしっかり浴びまくって、いやぁ、やっぱりハイペースでのビルドアップ走はきついのだった!

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛を叫ぶ

2018年01月01日 | 日々奮戦



新年明けましておめでとうございます。



今年も多摩川南岸の長淵丘陵・赤ぼっこで青梅トレラン部の有志たちと初日に向かって愛を叫んできました。

今年年女の妻を皮切りに次々、わんわんとそれぞれの愛を!
ハリ天の愛は、、、そう、1月28日の勝田マラソンでのサブスリーです。



どうかなぁ、ま、とりあえず言っておかないと始まらないからね。
これまでもちゃんと言っておくと、なんとかなっていくという経験をいっぱいしてるのでやっぱり堂々と、です。



緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017総決算

2017年12月31日 | 日々奮戦


【八峰マウンテントレイルゴール Photo by Photographer Kenta Onoguchi】

紅白見ながら1年をしっかりと振り返ってみました。<ロードトレイルトライアスロン・その他>

◼︎01/08 川崎新春マラソン(30km)2.5km地点にてDNF(肉離れ)
◼︎01/15 フロストバイトロードレース(ハーフ)DNS
◼︎01/28 東京30K冬大会(30km)2:39:02
◼︎02/05 守谷ハーフマラソン(ハーフ)1:51:01 総合1430位・エイジ78位
◼︎02/19 青梅マラソン(30km)2:14:38 総合785位・エイジ14位
◼︎03/05 鹿児島マラソン(フル)3:23:59 総合485位・エイジ10位
◼︎03/12 古河はなももマラソン(フル)3:25:21 総合1762位
◼︎03/26 フォトロゲイニング日の出2017(5時間の部)4:50
◼︎04/02 青梅高水山トレイルラン<KFC第1戦> 2:56:30 総合63位・エイジ1位
◼︎04/23 全日本トライアスロン宮古島大会 11:56:39 総合556位・エイジ12位
◼︎04/30 OTK2017 約26km一杯水避難小屋にてDNF
◼︎05/07 TOKYO成木の森トレイルラン<KFC第2戦> 2:30:32 総合38位・エイジ1位
◼︎06/11 五島長崎国際トライアスロン大会 12:49:03 総合177位・エイジ3位
◼︎06/18 青梅市民体育大会トレランの部 59:02 40歳以上の部14位
◼︎07/16 小布施見にマラソン 1:35:18 総合119位・エイジ1位
◼︎07/28 富士登山競走 4:21:48 総合921位
◼︎08/20 赤城の森トレイルラン<KFC第3戦> 2:27:53 総合40位・エイジ1位
◼︎09/10 多摩川源流トレイルラン<KFC第4戦> 2:41:48 総合44位・エイジ2位
◼︎10/08 日本山岳耐久レース 12:50:00 総合223位・エイジ2位
◼︎10/22 渋川伊香保温泉トレイルラン 台風接近のため中止
◼︎10/29 水戸黄門漫遊マラソン(フル)3:22:57 総合702位・エイジ13位
◼︎11/04 2017味スタ6時間耐久リレーマラソン 青梅トレラン部A・総合7位(6周12km担当)
◼︎11/23 大田原マラソン(フル)3:09:19 総合344位・エイジ3位
◼︎12/03 奥多摩駅伝4区(6.6km)26:35(区間50位) 青梅トレラン部一般の部64位
◼︎12/10 みたけ山トレイルラン<KFC第5戦> 1:26:06 総合29位・エイジ1位
◼︎12/23 TOKYO八峰マウンテントレイル<KFC第6戦> 4:22:26 総合65位・エイジ1位

新年一発目のレースで怪我してしまい散々なスタートだった2017年。
、、、でしたが、徐々に調子を上げ、後半戦は久々の好調を実感できた2017年。
やっぱり「終わり良ければすべて良し」は本当でした。
オフは作らず、ロードレース、トレイルレース、トライアスロン、ロゲイニング等々エンドレスに楽しめるのが一番。いつまでガンガンに攻められるかわからないよっていう歳になってきているのは事実なので、攻めることが出来るうちは全力で突っ走ります。

終わりが好調だった2017年の最終日は、朝からおせち作り&薪割りに奮闘した我が家の唯一の体育会系三女・結と農道に出かけてインターミッテントトレーニング(1分疾走+4分jog×12セット)でビシッと締めることが出来ました。
寒く暗い1日だった夕刻、山の端に沈みゆく太陽の美しかったこと。残念ながらカメラは持っていなかったので瞳シャッター。
明日の好天が約束されるような夕陽を見ながら走れるなんて自分の来年を暗示しているのか!ってドヤ顔になったけど、いやいやこれはみんなが見ている光景でしたσ(^_^;)
2018年も自分ばかりでなく、皆さんに大いに幸あれ!です。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回TOKYO八峰マウンテントレイル2017戦闘記

2017年12月29日 | 大会レポート


【Special thanks ! photographer Kenta Onoguchi】

気持ちよく走れた昨年に続き、心身ともに好調を保てているという気持ちでいっぱいな自分は走る前からかなり楽しみにしていた八峰。
前日に宮古島トライアスロン落選の知らせで一瞬落ち込みかけたけど、打つ球はいっぱいあるので即切り替えだ。
4月の高水山から始まったKFCトレイルランシリーズもこの第6戦が最終戦。全戦エイジ制覇を宣言しての参戦も、周知の通り第4戦の多摩川源流(小菅)で同級生ランナー・ブンブンさんに叩きのめされストップ。
しかし彼からこの八峰参戦を知らされ、俄然火がついたのだった。ここで勝てれば!そう、勝負だ。



という熱い気持ちで迎えた当日、スタート地点の夕焼け小焼けの里はまるで雪が降り積もっているのかと思ったほどの白い路面。その正体は霜。寒い。
スタート直後も寒さのためか心拍は高くないのにやたら呼吸が苦しい。青梅トレラン部の選手より圧倒的に多い応援団の声援を受けて上り坂に。



ここは欲張らず淡々と走る。やがて昨年と同じパターンでリキちゃんに追いつく。今年もペーサーよろしく!のつもりだったけど、今年はハリ天の足取りの方が圧倒していたのでお先に。この時点では本日のライバル・ブンブンさんに先行していることを確認。
しかしトレイルに入った途端後方に殺気σ(^_^;)。ジリジリと追い上げられ5kmほどの地点で声かけられる。そして程なくグイと前に出られ後はスイスイと行ってしまう。実は先行してくれてありがたいと黒い腹の中の自分は思ったのは確か。ただし先行されても見える範囲にとどめておかねば意味ない。
ハセツネコースの市道山分岐から醍醐丸へは20〜50mくらいの間隔で追いかける展開。しっかりついていけているので多摩川源流の時とは違う。あの時は小ピークを越えるごとに姿が遠ざかっていたのだ。
醍醐丸から和田峠への下りで走りを観察。自分の方が余裕ありと見て後半への戦略を練り直す。
下りではすぐ後ろにつけるようにスピードアップ、上りでプレッシャーをかけつつ様子見。
余裕あるけど、それはそれでいいペースなので疲れは溜まってくる。ちょっと歩きたい上りでもしっかり走るブンブンさんを見ているとまだまだ怖い。このままその差が開くようでは逆転は不可能だ。
大応援団が待つ小仏峠前からは完全ロックオン状態で後を追う。


【ロックオン中】


【応援団の前ではまだまだ相当の余裕を見せるだけの力が残っていた。】

声には出さずとも、必ずゴールへは先着するぞと固く自分に誓う。
第2関門の給水もパスしてブンブンさんの後方につくと、ハリ天さん給水取らないの?と。そう、今日はたっぷり水を背負ってるから大丈夫!余裕を見せる(腹黒)。
一緒の集団になっていた我々を知る若い選手が60代のバトルすごいですねぇ、頑張って下さいと。
そのまま大垂水峠をまたぎ越し、いよいよ残り10km程の終盤戦・南高尾エリアへ突入。下りベースとはいえ、とにかく小刻みなアップダウンがいやらしく、これでもかこれでもかと続く。いよいよ、きついよきついよ。ちょっとピクピクの予感も出ている。さて、いつ仕掛けるか、その判断が難しい。ブンブンさんの様子はどうだ。呼吸は?勢いは?

大洞山の上りに入るや否や、一緒に走っていた若者がスッと前に出た。ごちゃごちゃ練っていた作戦も様子見もへったくれもなく「今だ!」そんな声が聞こえたかのような、そんな声にグイと押されるように前に出た若者を追うことにした。
ブンブンさんにはたまには少し前に出ますねと。

さて、肚は決まった。ここは一気に行くしかない。この瞬間のために力をためていたのだ。残り9km。ロングスパートだ。
頑張って下さいとにっこり励ましてくれた若者とぐいぐいスピードを上げる。気持ちよく二人旅を、だ。
後ろを振り返ると追ってくる選手は一人もいない。それでも油断は絶対禁物。速度は落とせない。何度も何度も後方確認しながら先を急いだ。

引っ張ってもらう形になった彼が根っこにつまづき慌てて立ち止まる。今度は前に出て引く。心拍も上り同時に足にもがっちりと疲労を感じているが気持ちが乗っているというのは恐ろしい。呼吸は荒いけど何事もないように走れる。これは逃げ切れるぞ。

と、しかし、甘くないんだなぁ。
なんでもない木の根に足を取られ前方ダイブだ。レースでこけるなんてもう覚えがないくらい久しぶりのことだ。
ま、そんなことはどうでもいい。ダイブした瞬間に両足内転筋が一気攣り!グワーン、一番避けたい奴がとうとう来てしまった。
ゼッケンベルトに付けておいたこれ用の安全ピン登場だ。こうやって一瞬激しく筋力を使って一瞬で襲って来た時の奴は激しい。
いつもの事前にチョンチョンとつつく位では治らない。それからはひたすら痙攣との戦いになってしまった。走れるようには出来るが小刻みなアップダウンが意地悪く足筋をなぶってくる。
上りで踏ん張ると来る、下りでちょっと跳ねると来る。残り5kmを切って、もう一気に駆け抜ける気力も体力もあるのだけど、いかんせんピクピクだけがその邪魔をしてくる。そして極め付けは豪快回転ダイブ。どうにかしてくれ!
あと3km、あと2km、あと1km。安全ピン片手に逃げて逃げて逃げまくる。


【必死に逃げるショット】

トレイルから京王線の側道に出る。あと400mとか言われても足場の硬さが変わるとまたピクピク。
腿は前も後ろも内も外もピンとの激しい戦いの傷痕を残し、それでも頑張っていれば必ずやってくるゴール。
先に帰ってきたぞ。妻をはじめ青梅トレラン部の仲間たちが大勢で出迎えてくれた。4時間22分26秒、総合65位。60歳代1位。


【昨年のタイムを17分短縮だ!】

全戦制覇はならなかったけど6戦5勝とよく頑張れた。そして何よりも最後の最後は久々の同世代選手との約21kmにも及ぶバトルの末の勝利だ。今年一番の嬉しいゴールだったことは言うまでもない。
久々に味わうこれぞレースの醍醐味だ。競い合ってくれた同い年のブンブンさんには大感謝。これからもどうぞよろしくなのです。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年忘れ&Xmas坂路調教

2017年12月24日 | 日々奮戦



昨晩はバトル&回転ダイブの影響か筋肉痛と打撲痛で夜中にトイレに立つのに杖が欲しい!って感じだったけど、、、、

今日はリクエストにお応えした青梅トレラン部の「年忘れ&Xmas坂路調教」。昨日レースだったけど、もう今日しか日程が取れなかったので思い切って強行軍だ。
この10km上り、インターバルをとって10km下る「坂路調教」は55歳の時(Surprise55)、25年振りにフルマラソン自己ベストを後押ししてくれた大事なトレーニング。

どうかなぁと思ったものの、なんか最近では一番いい出来具合っぽく走れてしまった。
上りもスピードは出せないけどしっかり(60分)。下りもフォーム崩さずレースペースで通せた(41分)。
それでも最近では珍しい2日連続のハードな騒ぎで体はびっくりだろうなぁ。足も腰もバッキバキだぜ。


【下り10kmは思いっきり追い込んじゃった】 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リベンジ成る!

2017年12月23日 | 大会レポート


【感涙にむせんだ?目が腫れている】

今年の大目標。KFC主催のトレイルランシリーズ6戦エイジ全戦制覇。

・・・でしたが、4戦目の多摩川源流トレイルランで同い年のブンブンさんに叩きのめされ夢破れてしまっていた。
・・・でしたが、本日最終戦でそのブンブンさんと壮絶なバトルの末、最後に逆転逃げ切りに成功。 

今日負けたら今年これまでの4勝も意味なし!と言う覚悟で臨んだ一戦。気合だけでも負けないつもりで喰らい付きラスト9km付近で渾身のロングスパート。見事リベンジに成功。
それにしてもきつい1日だったよ〜。とりあえずの速報でした。レポはまた後日。

緑風堂鍼灸院WEBSITEハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古落選

2017年12月22日 | 日々奮戦



宮古島トライアスロン、落選。3度目の落選だ。
冬場にしっかり走り込んで、ガツンとやれそう(走れそう)な時に限って宮古島は落ちるんだなぁ。あ〜あ。

何故だかわからないけど、ちょっと嫌な予感はしていたのだ。
ウエイティングがあるけど、ちょっととりあえず押さえておいた飛行機と宿はキャンセルだ。

そして、春の予定を立て直さなければならなくなった。
東京アイランドシリーズなどの短い距離のトライアスロンに出るか、または久々の4月のウルトラもありかな。ちょっと魅力的な海外レース(マラソン)はどうって声もかかっている。

それはそれで新鮮な検討だってことで。 


【おーい、じゃないよ(;_;】 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休

2017年12月21日 | 日々奮戦



12月はなんと1日も休まず(積極的休養jogはあり)走っていた。
「走っていた」という過去形。



19日(火)は久々のドライブに出かけたけど、朝や夕方に走る時間はあった。それでも何となくこれまた久し振りに「休もう」という気になったので思い切って完全休養。
昨日20日(水)はビッグウェンズデーということで忙しかったこともあるけど、実は鼻水垂れだしていて自らにイエローカード。

なんと2日走らないなんて最近では珍しい事をしてしまった。おかげで体調もバッチリ加減。
普段、人にはしっかり「走り過ぎない」ことを説いていながら、ペースがすっかり出来上がってきているとやっぱり「休むこと」は勇気がいることを改めて思い知るのだけど(^^ゞ

ハリ天式練習メニューはいつも超流動的。自分の体調とやる気と一応思い描いている計画とを照らし合わせてゆらゆら揺すって弾き出す方式。
明日はとりあえずもう一日休めて、23日(土)の本年ラストレース「TOKYO 八峰マウンテントレイル」に備えるつもり。23日、実はヤル気満々モードなのですよ。

 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山トピ・日の出山忘年合宿

2017年12月17日 | 日々奮戦


【乾杯だぜ】

昔、山の神と呼ばれた東洋大の柏原選手が記録を出した頃の話。
彼は当時身長が172cm、体重が54kgと新聞に出ていた。ハリ天もその頃、172cmで65kgで体重差がなんと11kg。
ふーん、そんなに違うのかぁといったんは話も終わっていた。

その年の夏、北アルプスに夫婦でテン泊登山に行った際に背負ったザックが普段担ぎ慣れない自分には重いこと重いこと。あんまり重いので出発前にどれくらいあるのか計ってみたら、、、これがなんと11kg!

体重差11kgって、、、。
このザックを背負って走るなんてとんでもないことで、まざまざと体重威力を実感したものだった。


【三女デザインのバイクジャージお披露目!】

さて、土曜日、毎年恒例日の出山東雲山荘での山トピ忘年会合宿(全く走りませんが)。ケーブルで御岳山駅まで上り、歩いたのは日の出山までの約2.7km。餃子120個分の具材や調味料等々、そんなたいした重さではないはずなのに、重い重い、肩痛い。気温低いけどダウンも着ていないけど汗びっしょり。
重さは堪える。いいトレーニングだった。



合宿忘年会には18名(体調不良で1名欠席。キャパ19名)。山荘では餃子、白味噌仕立ての豚汁、山道さんから差し入れの牡蠣、辛子高菜のごま油炒めご飯に、それぞれ持ちよりのアルコール各種たっぷりにスイーツどかん。
宴たけなわの9時過ぎには日の出山山頂で東京の光の海鑑賞会。


【風が強かったので最高の光の海が】

10時半の消灯を過ぎても話は尽きず。
おまけにハリ天、トイレに起きたついでの丑三つ時夜景撮影会まで加えて、いやぁ面白かった。ふ〜(^^ゞ 


【光の海】


【星もきれいでした】


【夜明け前。弓張り月】


【久し振りの日の出山での日の出】


【海も見えるのだ】

 
【管理人さんも交えて】

★★★アルバムはこちら★★★ 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

心拍おたくが

2017年12月15日 | 必勝アイテム



愛用のGARMIN ForeAthlete 935は大変気に入っているのだけど、唯一の不満が「内蔵の光学式心拍計」。
心拍ベルトを胸に装着せずに心拍数を計測できるということで非常にお手軽で超便利な機能(手首の血管に光を当てヘモグロビンの変化量を読み取ることで心拍数を推測)だけど、走り始めの15分くらいとか寒い朝とかの心拍表示はかなり不正確。
キロ8分台のスロージョグで160オーバーとか
(終了した後に表示されるリカバリー時間が3.5日とか)、ガチの1km走の時に110とか、時々あり得ない数値を返してくる。

ま、しょうがないなとか言っていたが、「心拍おたく」としては内心穏やかでないことは明らか。

ということで楽天ポイントを使って「ハートレートセンサー」(HRM4-Run)を導入させてもらっちゃいました!
ちゃんと心臓の電気信号を読み取ってもらおうということです。

ベルト装着の前にはちゃんとセンサー部に水をつけて、、、。その甲斐あって実に正確な値を返してくれるので、トレーニングに集中というか後での各種分析(まがいだけどね)がしっかりできて嬉しいのでした。

本日は4回目のタバタプロトコル。ちょうど15分アップで行けるところに激坂があったことを思い出しチャレンジ。
ちゃんとグラフも正しく現れていて満足満足♪ 


【赤が心拍数・水色がペース】

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大掃除フィーバー

2017年12月12日 | 日々奮戦



まっことドライブ日和な快晴の火曜日!
・・・でしたが、今日はなんと早々の大掃除デー。
ログハウスにして間もなく丸4年を迎える中、初の大掃除だ。特殊工作機器(窓拭き用ケルヒャー)も手に入れてガッツ満タン。





怖い怖いところまで登ってまさかの高みの窓ガラスまでピッカピカ。どうだって感じ。
屋根にも登って天窓も煙突まわりもしっかり磨いてやった。




【結構怖い】


【これで綺麗な星空も見えるぞ〜♪】

おまけにデッキの手すりを塗り替えるためのサンダー掛けまで出来た。丸々1日がかりだったけど、これまでの人生で一番一生懸命やった大掃除だったことは間違いないな。

これで来週からの火曜日はしっかり遊べるぞぉ。


【祭りだワッショイ】

緑風堂鍼灸院WEBSITEハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加