ハリ天狗の日々奮戦

天狗のごとく山を駆け、野を走る(かな^^;)。 東京は西の端・青梅発、全国行き。日々鍼を打つランニング鍼灸師の奮戦記。

記録的短時間大雨情報出る

2016年08月22日 | 日々奮戦


【NHKニュース画面より】

8月22日、台風9号がもたらした雨。

今日は午後から某所で職員研修会の講師をつとめることになっていて、早目に車で自宅を出たものののすぐに南北の通りが霞川支流(大門川)があふれていて通行止め。


【提供はご近所さんのかっちゃん。一時は膝上まであったとか。我が家から400mほどのところ】

Uターンしてバス通りを進むとちょっと低い場所は完全に道路水没。なんとかクリアして信号を過ぎると道路は完全なる川状態。前の軽自動車が動けなくなりそうだ。ビートルも水没してしまいそうだ。これはやばい!
コンビニの駐車場に逃げ込み電話連絡。
今日の会は中止(延期)にしてもらった。多摩川向こうの会場までたどり着く自信がない。たいていは平気平気って言うハリ天がまずい!と思ったのだから相当だったと思う。
やっとの思いで1キロほどの道を戻ってこられてホッ。


【写真提供、ご近所さんのとし坊ちゃん。いつものジョグコースぞいの霞川】

1時間の統計史上最多雨量107.5mmを記録したわが町には「記録的短時間大雨情報」が出た。
滅多にない緊迫感が漂った。すぐ裏山からは水が激しく吹き出していた(知らなかったけど、お墓の水を通していた太い管があったのだ)。

 
【お昼頃はこの倍以上の高さに噴き上がっていてあわてた】 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉川会

2016年08月16日 | 日々奮戦



上は80歳、下は57歳(妻)。久し振りに集った会は「吉川会」。

な、な、なんと、ハリ天弱冠25歳の時、小学校教員として初めて担任したクラスの時の親の会が30年以上の時を経てもなお続いているという。

残念ながら数名の方が亡くなられているのだけど、今日もお揃いの所はご夫婦で集まって下さった。
当時新婚だったハリ天の妻も何故か最初からクラスの集いに顔を出していて、そのまま今まで夫婦セットで呼んでいただいている。

行く先は短くなっている我々だけど、昔話だけではなく今の話で盛り上がれる奇跡の会。勢いだけで突っ走っていた新米教師をしっかり支えてくれていた親御さん達とこうして今も仲良く楽しい時を共有できる幸せを噛みしめた今日でした。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全力 vs 脱力

2016年08月15日 | 日々奮戦


【体重は2016年Maxだったけど、、、。Photo by けんけんさん Special thanks !】

一昨日の赤城高原トレイルラン(チーム参戦)での自分の走りをチラッと分析。
1周3.5kmで獲得標高80mとしっかり走れるコース。担当した2周をほぼ同じタイム(17:03と17:07)でまとめることが出来た。
狙っていた訳ではなく、あくまでも結果論に過ぎない。

タイムは揃っているが、体感強度は全く異なる。襷を渡した後のきつさ(つまりゴール)は似たようなものだけど、途中の展開と体感が違うのだ。心拍数の数値を比べると
1周目 平均160拍(最高183拍)
2周目 平均155拍(最高177拍)

5年ぶりくらいにアップがてらコースの下見はスタート前にした。走れることを確認出来たので、1周目はなるべく力を振り絞って突入。結果、前半の苦しさばかりが自分の中でクローズアップされた感じ。
2周目は修正して最初の上りをかなり楽に走って、後半上げてみた。
平均心拍数だけで見ても、5拍違うと体感的には相当な差を感じる。これなら楽だ。

やたら全力出せば(つもり)いいってもんじゃない。脱力、脱力。
うまくリラックスして走れば、全力走(のつもり)とそう違いなく走れることの証明になったかな。 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第1回赤城高原トレイルラン

2016年08月14日 | 大会レポート


【初チームウエア・使用前】

KFCの新説大会・赤城高原トレイルランのリレーチーム35kmの部に青梅トレラン部の仲間と参戦。
数日前に出来上がったレースウエアのお披露目レースだ。いいでしょ。
トレラン部のウエアすごくええなぁと主催者の大西さんからもつつかれた。

横浜市少年自然の家「赤城林間学園」内の
1周3.5kmのクロカンコースを4人で10周。青梅トレラン部からは2チーム参戦。
エース級の若人が何人か出られないので、顧問ハリ天もAチームで出走することになった。担当は2周回。



とっても気持ちいい林間のコースで、何と言っても全コースしっかり走れる。しっかり走るからきつい。



久々のチーム戦だからソロで走るより緊張するし、力が入ってきつさも倍増。・・・が、やっぱり喜びも
倍増。



1周目からトップを譲らずに青い襷を繋ぎ、見事優勝〜!
17分03秒と17分06秒。エースは14分から15分台でまとめてるけど、自分的には数字をほぼ揃えられて気分上々。


【表彰式。ちなみに副賞は地元野菜】


【応援団も一緒に】

アフターは前橋トレラン部の皆さんと大宴会+お泊まり+伊香保観光&温泉&うどん(大物トレラン選手のガイドで)。盛りだくさんで超充実の2日間でありました。
とりあえずの速報でした。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北運転合宿

2016年08月09日 | 日々奮戦



学生時代、テントや鍋釜を積んだランドナーに乗ってあちこちパスハンティング(峠越え)するサークル(クラブ)にどっぷりと所属していたハリ天ですが、Facebookを通じてなんとこのクラブを創設して下さった初代主将の菅原大先輩と親しくなれた。娘さんのところに滞在中だった昨秋には我が家にご夫婦で訪ねて来て下さり、奥様とも意気投合。(2015/11/18

と、そんなこんなを経て、ならばこの夏は是非とも秋田へと向かったのだ。

夏の秋田と言えば東北三大祭りの一つ・竿燈祭りを見せていただきに仕事を2日休みにして出かけてきた。



もちろん車だ。ついでに(と言ったら失礼ですが)ぐるり東北だ。
1日目。青梅〜新潟〜村上〜酒田〜秋田。



秋田市内の先輩の家は2年半前に取り壊した築150年だった(一部)我が家がちんけに見える程古く立派な古民家で圧倒される。そしてそこここに飾られる奥様が作陶された作品の数々と先輩が近頃始められたという絵画。そのあまりの自由奔放さに圧倒される。



ビールでさんざん喉を潤した後、闇が舞い降りてくるタイミングで竿燈祭りの会場へ。
写真でしか見たことがなかったが、間近で見る竿燈の演技に完全に圧倒される。いや、凄いです。



再び家に戻って夜の宴。仕事で秋田赴任中のクラブ32期の後輩(初対面。ちなみにハリ天15期)に加え、数年前にお世話をしてあげたというアメリカの青年(22歳)が訪ねて来て、一気に盛り上がる。うーん、しっかり英語でコミュニケーションをとれないもどかしさ。ブロークンでも何するものぞと会話が弾む菅原夫妻に圧倒される。
この夜の宴、75歳の先輩を筆頭に70代、60代、50代、40代、ちょっと飛ばして20代がごちゃごちゃになっている。世代の壁、国の壁なんてないに等しく、筆舌に尽くしがたい不思議な楽しさに溢れ、時間を忘れる宴だった。



以下略
2日目。秋田〜田沢湖〜雫石〜盛岡〜宮古〜気仙沼。
3日目。気仙沼〜釜石〜仙台〜福島〜会津若松〜喜多方〜猪苗代湖〜白河〜東北道〜青梅。



連日10時間以上運転し続けた(数少ない才能の一つだからね)。久し振りの豪快ドライブに心躍る時間だった。色々な衝撃を受けたレースなしの旅。車中では菅原夫妻の素敵な生き方、時間の過ごし方について語り合った。達人の仲良し大先輩夫婦から学べることの多さにあらためて目を見張りつつ、これからの我々の人生を考えるきっかけとなる大きな示唆を頂けた貴重な訪問だった。総距離1555km。距離だけではない色んなものがたっぷり詰まった東北ぐるりだった。

圏央道に入ればあっという間に青梅だ。祭りの後の寂しさが漂う時間。お天気がよかったのは何よりだったね。最後にそんな会話を交わしながら、西の空で毎日少しずつ膨らんできていた弓張り月を眺め、思わず自分達の腹回りに手をやったことは内緒にしておこう。


【サイクリングクラブの先輩ですからね。素敵な収納】 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄金時間

2016年08月04日 | 日々奮戦



夏は早朝に限る。というか早朝以外は暑過ぎて相手に出来ない。

夜明けと同時くらいに活動開始が好ましい。


ってことで朝練を心がける今日この頃です。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんなで追いかけっこ

2016年07月31日 | トレイルランニング



青梅トレラン部月例会になったGNQ(月例永山丘陵)にようやく参加。青梅丘陵の3km強のタイムトライアルだ。

ーーー以下、発案者kojikenの投稿より拝借ーーー

■■月例 永山丘陵(GNQ)
何でも略しゃ良いってもんじゃないですがw、GNQ。
月に一度、自己ベストを真剣に狙うイベント開催します。
普通のランニングチームなら、トラックで行うでしょうが、青梅トレラン部は、永山丘陵でしょ。
過去にXCESSで何度か開催していたイベントと同じルールで列記します。

開催時間:ハイカーの迷惑にならない早朝か日没後
スタート:昔の青梅高水のスタート(ポールのある所)
フィニッシュ:ジープロード終了点の看板
事前に、真剣に走って自己ベストを登録、
一番遅い人から順にスタート、自己ベストタイムの差分でスタート。
みんな自己ベストで走れれば、フィニッシュは横一直線。
自己ベストを越えられれば、誰よりも早くフィニッシュが出来る
やってみると全員で悶絶出来る楽しいイベントです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
己記録を事前申告せねばならないということで、昨夕一人でガチ走りして気持ち悪くなっておいた。


さて、本日はなんと16名もの参加があってびっくり。
使用前写真を撮り、いよいよ1番手スタートという頃になって突然の豪雨には驚いたけど、雨が降ったのはホントにごく狭い範囲だけだったみたい。



ハリ天、12番手でスタート(申告タイム16分59秒)。1秒前スタートのぼっこ2号をペースメーカーにして走るが、やっぱりきつい。激しくきつい。3m後ろのつもりが5mに開き、最大7m近くまで。必死で5mをキープ。



矢倉台への急登でもはやこれまでかと諦めかけたところへ、まさかのぼっこ2号スピードダウン。一気にかわして登りきったところでお約束のスパート。老獪そのものだ(^^ゞ
前スタートの選手は計5人ゲット。後方から忍び寄る影からは何とか逃げ切った。16分37秒。昨日より22秒速かった。一人で頑張ると限界が早くに訪れるけど、他人の圧力が加わると限界+アルファ。今日はそれが22秒だった。


【本日の大鬼・あっくんのゴール】

OTKやTGGで鬼ごっこの楽しさは十分味わっているけど、どちらも長丁場での話。
3km強、トラックで言えば5000m走的鬼ごっこは、また別な意味でワクワク感満載。
以前は絶対にやらなかった練習だけど、「ランパフォーマンスはトレーニング時間よりもトレーニング強度とより高い相関関係あり」、、、そう言うからね^^)v

 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火曜日、辰巳の日

2016年07月27日 | トレーニング


【帰り道】

7月5日、パーソナルレッスンからスタートしたハリ天的スイム月間。
そのままの勢いで毎週火曜日の夜は辰巳国際水泳場で開催されていたSwim to Kona 5thへの参加。何十年ぶりのスイム練習会(?)に大いに戸惑いながら昨日全4回を一応終了。
最終日の昨日はさらにその後9時からのクリニック「浮心」にも参加させていただいた。ちょうど仕事が休みの火曜日はまさにスイムデー。(でも昨日の帰りは午前零時を回ってしまったよ)
Aso swim farm代表の麻生さん(ロンドン五輪1500m最終選考会ファイナリスト)から学ぶあれこれは、勝手泳ぎだけでここまで来たハリ天にしてみるともの凄く新鮮。新鮮であればあるほど当然のように楽しい。

Don't Think, Feel !

・・・とは言うものの、その感じる部分を言葉で説明してもらえるのがありがたい。頭では理解!したつもり。が、現実は超厳しい。これだけは確か。

伸びしろありとは聞こえがいいけど、要するに泳げるように見えるけど実際はあっちもこっちもズタズタであることが、一つ一つわかっていく。
泳ぐことも走ることもその真髄は共通することばかり。走る時にはすっかり出来ているような体重移動一つにしても、水の中だとダメだ。
自分ではこれでよしとしていた動きが、なんだと、実は全然なっていないことを知らされてがく然とする。この繰り返し。

でも、楽しい。ダメであればあるほど、進歩の振れ幅が大きくて楽しくなるのだ。そのはずだ。
がっかりしつつも明るい未来を夢見て、今日の昼休みもしっかり復習をしに行って来たのだった。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第69回富士登山競走レポ

2016年07月22日 | 大会レポート


【富士登山競走HPのトップ動画の最後に登場していた!】

第69回富士登山競走の朝。
全くもって上がって来ないモチベーションに追い打ちをかける激しい雨足。
案の定5合目打ち切りとなって(山頂の気温が5℃と低く下山時の低体温症懸念のため)ホッとしたかと思いきや、残念無念に打ち震える心情。(一体どっち?)


【心の目で富士山を仰ぎ見る】

富士登山競走特製ビニールを被って冷えちぎったスタート前。例によってアップも皆無なのでスタート直後は無理せず体を温める。


【スタート直後の写真。山梨日日新聞!】

1kmちょっと行ったあたりで前方に弟発見!
黙ってかわすのもなんなんで近づいて声かける。目の上のたんこぶ(失礼!)生駒山賊さんがいたのでお喋りしながら走っていたら、、、付いてきていると思った弟・ハリ野豚の姿形はすでになく・・・、2016兄弟対決あっけなく終了。

浅間神社を過ぎればやっぱり暑く、雨粒が気持ちいい。
今日は五合目ゴールなのでみんな突っ込んでいる様子がヒシヒシと。全然走っていないので心拍160ってところで抑え目にしておく。


【Specialthanks 江藤さん】

きちんと体重移動、体幹有効利用の虎拉ぎ、、、フォームを乱さないように。それにしても走り続けることがちょびっとつらい。歩きたいなぁという気持ちだけを押さえて頑張っておいた。

長い距離を走るのはケアンズ以来、それを忘れちゃならん。馬返しからは登山道突入。
現地練習が減ってからの方が楽になってきたってどういうこと?
年々高所も楽になっている。強くなったのではなく鈍くなってきているらしき(汗)。
馬返しからもそこそこに走れる所はしっかり走って五合目ゴールラインを越えることが出来た。去年より(五合目関門)7分も速く到達でいい感じ(1時間57分26秒)。



【雨の中、ハリマネ・マキちゃん・チャコちゃんに応援いただきサンクス。間もなくゴール地点】


【ゴール直後。Specialthanks J子さん】

来年はしっかり練習してAブロック(五合目だいたい1時間50分以内)狙ってみようかな。(って毎年思ってる)

☆☆☆ハリマネ撮影の写真(ゴール手前)はこちらから☆☆☆

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原宿にて

2016年07月17日 | 日々奮戦



日曜日の遅い午後の原宿駅に降り立つ。何だこの息苦しさは。

人波の流れに乗り改札を抜け、ようやく駅の外に出た。さらに人並みは膨れ上がっている。ここは多民族国家かと見間違うかのような光景。人、人、人。そして蒸し暑い空気に溶け込む食べ物の匂いや香水、体臭、、、。

うっ、気づくと息を止めている。早くここを抜け出さないと命が危ないぞ!んな訳はないのだがそんな緊迫感が迫ってくる。
目的地までの案内時間6分。
しかし、縦横無尽に襲いかかる人波に翻弄され思うようには前に進めない。
やっとの思いで到着した先で長い長い吐息を吐いたのは10分も経過したあとだった。


こうしてヘロヘロになって向かった先は妻の高校時代の同級生・Mamiさんの個展会場(Cafe)。
妻達はこれを機会に同級生が集まり今宵銀座で同窓会が催されるという。
ハリ天は彼女の絵(色使い)がとっても好きで、本物が見られるチャンスとばかり個展の部だけ乱入させてもらってきたのだ。

日曜日の原宿はむせかえるような熱気と人の群れで呼吸困難に陥りそうになったが、彼女の描く絵の独特の色使いに癒されたハリ天、すっかり元気になって一人プールへと向かったのだった。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あらためて量から質へ

2016年07月14日 | 日々奮戦


【目指す先は見えているはず】

とりあえず距離を踏むとある程度はやれるようになる。
ランにもバイクにもそしてスイムにも言えることだ。

ただ、足し算を続けていくだけでは限界があるわけで、そこでかけ算的な発想が必要になる。
昔、故佐々木功監督が1の土台が10倍の努力を払って10になった時、さらに上の11にするためには11倍の努力が必要。だけど、土台を1.1にすると同じ10倍で11になる、、、みたいなことを書かれていた(「ゆっくり走れば速くなる」)。

さて、ここで。
自分自身のことを冷静に考察していくと、ランでは少ない時間で効果をあげていくノウハウが溜まってきていて足し算は使わなくなっている。大丈夫だ。
バイクもしばらく遠ざかっていたので昨年から今年にかけては、ひたすら回数と距離にこだわる足し算的な練習が多かった。でも今春のパワーメーター導入でかけ算的練習が可能になってきた。

そして、スイム。これこそひたすらの足し算に終始してきていた。だいたいが昔から泳げたからという程度の自己流だから底が知れていて、でもこんなもんでいいや的考えだった。
ところが今、完全に量から質への転換期。意識改革。可能性の追求。
お昼休みのわずかなプール時間。量を捨てひたすら質を求める時間にしていこう。

まずは軸をぶらさないこと。生き延びるための最低限の修正だ。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BIKE & SWIMデー

2016年07月13日 | トレーニング


【Goさんのバイクアドバイス中、一番後ろでのんきに写真撮影】

昨日は珍しい平日ライドに人が集まるというところへ声をかけていただき、檜原藤倉コースへ。
日曜日の甲斐駒行きによる興奮が収まっておらず(3時起きとか体の興奮で夜中覚醒とか)、さらに筋肉痛もあちこち痛もあるのに、行こう行こうと脳内本人がその気になったので、、、。
ケアンズからちょうど1ヶ月、あれ以来の外乗り。



声かけて下さったGoさん以外はみな初めましてだったけど、トライアスリート特有のワイワイしたノリで楽しいバイクライドを。後ろからくっついていただけなので楽ちん楽ちん、今はちょうどいいな。
お昼はみんなに青梅まで来てもらい、体育館前のいつも素通りしているレストランにて。



しっかり牛100%のハンバーグで腹ごしらえしておいて、夕方からは、、、今日は一人で7時半からの「Swim to KONA 5th」の第2回目へ参加のため辰巳国際水泳場へ。
せっかくなので練習会前に色々復習泳ぎ、合計1500m程。
いつもの25mプールの感覚で泳いでいるけど往復すると50mじゃなくて100mだからね。お得感倍増。

メインの練習会ではもう必死。楽に楽にと呪文を唱えながらなのだけど、思いっきり力入ってしまっている様子、嗚呼。
終了後のアドバイスタイムでは、お見事にバッサバッサと切って落とされた。
視線・体軸がぶれていて(なんか自覚はあるんだよなぁ)武術だったら死んでるって、、、。嗚呼嗚呼。
長い間よかれと思い込んでいたツービートキックのタイミングも逆だと、、、。嗚呼嗚呼嗚呼。

それでもずっと一人でやっていたこのハリ天にとって、外からの視点で修正点を指摘してもらえるのはもの凄く新鮮かつありがたいこと。今更ながらだけど。
めげずにまた来週もだ。

それにしても最寄り駅に到着は23時半を回っていて、もう疲労感(足ピクピク)と腹減りと眠気の三重苦。
なんと丼弁当(風)夕食+ビール付きで妻が迎えに来てくれて、家に着く10分の間に助手席で貪り喰らうという初めての体験に感涙!

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満身創痍

2016年07月11日 | 日々奮戦



昨日ちゃんと甲斐駒に行って来られたのだけど、(今出す必要はないのだけど)全力は出せないことがよくわかった。
右手で鎖や岩をつかんで体を引き寄せようとすると右胸が痛む。
同じような動作でも登りの時はさほどでもないのに、下りでははっきりする。
先週の日曜日に打って、痛くなったのは水曜あたりから木〜金曜日がピーク。肋間筋一部剥離?
ピンポイントで痛みが見つけられるので皮内鍼治療(小さな鍼を皮下に入れて留めておく)をしておいた。治すというより痛みをコントロール。
絆創膏がかゆくなって昨日は全部はずしてしまい山に出かけた。表に痛みが出たのはそのせいか。



先月の市民トレイルでは左足を痛め、史上最大の内出血で目を喜ばせてくれた。これも処置が抜群だった(自画自賛)ので見た目の醜さとは裏腹に日常生活では困ることがなかったし、走るのもOKだった。
スイムのキックは若干影響があったけど、だいたいキック打ってなかったし。
ただ山の下りで足の置き方をヘタすると実はまだ危うい。不安が増大する状況。もちろん自分の足なのでわかっていたけどあらためて確認せざるを得なかった。
昨日の下りもガツンと走りたいところをちょっと気にして足を置いているので、そんな時に限って岩にスネやら膝の横やらをぶち当ててしまう。やっぱ痛いし、しっかり内出血。



手首や指の横にも打撲の痕がまだ残るし、結構筋肉痛も。
なんだなんだ、笑ってるけどボロボロじゃないか、オレ様。

 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰、甲斐駒!

2016年07月10日 | 山岳ランニング



大変ご無沙汰しました。ってことで実に3年ぶりとなる黒戸尾根〜甲斐駒ヶ岳に行って来た。
さんざんどうしようか迷った挙げ句、天気が良さそうで、後で行っておきゃぁ良かったと後悔するのもなんなので。



久し振りのアルプスだったけど、やっぱり気持ちいい。
もう10回以上も訪れている山だけど、久し振りなので新鮮。写真ばっかりでちっとも進まない。ま、いいか。


【もう10年以上も前、ハリ天狗襲名の折に初めて訪れたその名も刀利天狗】


【八ヶ岳!】


【鳳凰三山の向こうの富士には早くも雲が】

富士山が徐々にせり上がってくるのを楽しみに登っていたけど、なんと頂上近くなると鳳凰三山、富士山には急激に雲が涌き出してしまった。見えない。


【これは好きな光景】


【あちこちに塔が】

なんか先週の富士山よりきついよなぁって感じでようよう頂上へ。
2013年7月28日以来!



せっかくだから頂上でお昼寝タイム!
って、思ったけど紫外線きつく、気温も高く、寝られない。
昔は北沢峠まで降りて2度登りとかやったけど、今日は帰るか。頂上には30分の滞在。


【沈思黙考】


【地蔵岳のオベリスク】

さて、ここで。
先週の富士山で、もうだいぶ下まで降りてきてから(3〜4合目あたり?)実は転倒したのだ。岩で横滑りしてスローモーションのように回転。手や指に擦り傷作っただけで別にどうってことないはずだった。なのに、時が経つに連れて右胸が痛む。何故かスコンと右胸も打っていたみたい。内出血のなの字もないのだけど痛い。一昨日がピークだった。でも振動大丈夫、スイムOKだったのに、岩場の下りで鎖をつかんで力を入れると結構痛い。


【左は大丈夫】


【Favorite Collection】

急にヨレヨレ。疲れも出てきた。
写真撮るためにしょっちゅう止まって誤魔化していたけど、いやぁ、疲れた。


【前後に誰もいない静かなここを一人で走るのが好きだなぁ】 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Infinity swim

2016年07月06日 | トレーニング


【美しき連動】

勧められ、興味を抱き、ヤル気満々になっていたのに延び延びになっていたInfinity swim
ようやくご縁が出来て、昨日は「泳いで幸せになろう」の「Aso swim farm」代表の麻生さんにお願いしてパーソナルレッスンを、なんとあの憧れの辰巳(北島康介が世界新を出した東京辰巳国際水泳場)で、さらになんと妻と一緒に(妻は別にトライアスロンをやるわけじゃないよ)受けてきたのだ。(妻の感想はこちら


【緊張の二人】

すでにトライアスリート・Goさんや最近参加させていただいているInfinity Body College終了後の懇親会で麻生さんから、これまで習ってきた(見聞きしてきた)泳ぎ方をひっくり返すことになるInfinity swimの理論についてはだいぶレクチャーを受けてきていて、おぼろげながら自分なりのイメージも湧きつつあった。
そこへとどめを刺すように実際に水の中で動きを確かめ、修正してもらうという指導はとてつもなく得るものが大きかった。
麻生さんから「めちゃくちゃ伸びしろありますよ」とお褒め、いや励ましのお言葉も。
つまり修正点はものすごくあるけど、それが正されてくれば、、、いやぁやる気出ちゃうことこの上なし。
無駄な力を省き、楽に、気持ちよく、体中のパーツが連動して進んでいく美しい泳ぎ。
そんな泳ぎをマスターして伸びやかに泳ぎ続ける自分の姿が目に浮かんできて、知らず知らず楽しくなってきてうっとり。単純な還暦親父だ!

正味90分、みっちりとパーソナルレッスンしていただき、その後は妻と二人で復習会。
さらに夜にはこの日から始まったその名も「Swim to Kona」(トライアスリートのための長距離レースを楽に、効果的に泳ぐための練習会)にも参加。
なんだかんだ5時間も水と戯れた1日だった。起こるか革命! 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加