ハリ天狗の日々奮戦

天狗のごとく山を駆け、野を走る(かな^^;)。 東京は西の端・青梅発、全国行き。日々鍼を打つランニング鍼灸師の奮戦記。

アメリカンデザイン

2017年01月16日 | 日々奮戦


【数字のフォントもいいな】

日本だけどここはアメリカンのフロストバイトロードレース。
今年は走らなかったけど参加賞はちゃんと貰ってきた。

昔、ランナーズの参加賞人気投票で確か第2位をゲットしていたフロストバイトのトレーナー。最初はこれが目当ての参加だったかな。
日本人は描かないようなド派手なイラストが個性的だったけど、最近はちょっとなぁ、、、だった。

しかししかし、今年は自分的にはナイスセンス。過去最高評価を与えちゃいます。
ついでにナンバーカードもなんか一新された感じ。完全に日本の大会のナンバーカードとは一線を画していますね。
この大会に限らず参加賞のデザインにはものすごく(過剰な程の)期待しているのです。
(いいのが少ないんだ、、、)
せっかくだからこの大会に出たんだよ!って誇らしく見せ合えることが出来るようなものを是非!

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

応援フロストバイト

2017年01月15日 | 大会レポート



直前まで数度にわたる「一緒にゆるゆる走ろうよぉ」という妻の誘いも鬼の決断で固辞し、ここはぐっと我慢の子!
ゆっくりだとしても2時間20分も走る必要は今、ない。ってことで。

・・・そんな訳で、新年2戦連続の不戦敗になってしまったけど、これでいいのだ。
応援で走り回ってみたけど、とにかくキロ5分くらいまでなら何の問題もなくなった。ただ、レースに出ちゃうと、しかもハーフってことになるとムキになってしまう恐れあり。
61年間も自分自身を演じてきた身に心の声を尋ねてみれば、やっぱり今日はまだ我慢我慢。

じれる気持ちも湧き上がることなく、久々の応援業務に邁進してみた日。それはそれでとっても楽しい1日でした。



後の新年会では、走らない分だけいつもより余計に飲んで笑って帰ってきた。あと少しだ! 

本日のハリスポ写真です。(⇨こちら) 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

燃やす

2017年01月14日 | 日々奮戦



まぁ寒い。本当に冷えちぎっていた1日。
午後用足しに車であちこち回っていて車外気温4℃なんていう表示を見ると、さらにさらに寒くなった。
だけど、そのおかげで思いっきりストーブに薪をくべることができる。

まだまだ薪はいくらでもあるぞ。3年前に積み上げてあったかたまりから取り出してくる薪の間からはヨロヨロしたヤモリが出てきたり、ぎょっとするようなゴキブリの糞の痕と死骸が挟まっていたりする。
見えないところでいろんな奴がいろんなことをしている。かなりの必死さが伝わって来る。
よく蛇の抜け殻なんかも出てくるが、やっぱり脱皮、時々必要だよな。小さな脱皮でもしっかり繰り返すことだ。
そうして、いらなくなった抜け殻は燃やしてしまうのだ。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3本ローラー再開

2017年01月13日 | トレーニング


【戦闘開始】

何だかなぁ、、、。

原点回帰だということで、ここ数年ひたすら追い続けていた「効率」とやらをちょっと脇に置いといて。 
泥臭く走って走って次のステップを模索していた。

そして迎えた新年。ある程度の方向が見えるようになるはずだった30kmレース(川崎新春マラソン)でまさかの2.5kmリタイア。
数日経過した今、走らない人なら全くなんの問題もないが、走る人だと全力走が出来ないという致命的な状況。
元気に飛び出したところへいきなりのカウンターパンチを喰らってしまって、計画は見直し、練り直しだ。

で、色々検討。走らずに今の力をキープし、さらにアップさせるための手立て。やっぱりバイクトレーニングしかない。
ランニングに関する研究書を読み直してもランとバイクの連動は効果絶大。そうだよな、トライアスリートの特権だよな。

・・・ということで、しばらく封印というか遠ざかっていたバイクトレ、本日再スタート。
久々の3本ローラーだけど安定して良く回せた。しばらくこれで負荷をかけていく。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文庫X

2017年01月12日 | 日々奮戦



友人からの情報でさっそく手に入れていたのに(妻は即読み)今頃になってしまった。

という文庫X。タイトルを明かさず手書きのカバーをして売り出したと話題になったという本。
販売している本屋を検索し、昭島まで出向いて手に入れていたのだ。

昨年末にその正体も明かされて新聞記事にもなっていたので、、、『殺人犯はそこにいる』清水潔著(新潮文庫)。

昔無理矢理書かされていたからか、読書感想文が大嫌いというか、書けないので本ネタってほとんどないハリ天。
だけどこの『殺人犯はそこにいる』、、、
読み始めから最後まで衝撃の時間が続いてしまい、何か書かないとという気持ちが沸き立った。

”それでも私達は、この本を読んで欲しいのです。”

同じ思い。少しでも多くの人の目に触れ、読まれることをひたすら願うのみです。 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左ふくらはぎ問題

2017年01月11日 | 日々奮戦


【凹に見えるか凸に見えるか】

日曜日、超快速リタイアのおかげで怪我もひどいことにはならずに済んだと一安心していた。
月、火と完全休養し、日常生活はもちろんのこと、階段上り下り、ピョンピョンとバネを使っての繰り返しジャンプもOK。
体内感覚もゴーサインが出たので、今日のお昼休みはゆっくり走ってみることにした。

さてさて。だがだが。

やっぱり状況はそう甘いものではないことが判明。
走れるけど、スピードを上げ始めると途端にふくらはぎの奥の方が突っ張って来る。え”〜。やだなぁ。
って言っても突っ張ってくる。7分15秒くらいで一緒に走っていた妻の姿が徐々に遠くなっていく。この前どうしても履き心地を味わって欲しくて(珍しくへそくりで)買ってあげた(アピール)サーモンピンクのOn Cloudsurferが光ってる。

今日はスピードを上げてみようと思っていたのに、これでは絶対に危ない。日曜日と同じ状況になることが見えている。
押しても動かしても痛くないふくらはぎだけど、奥の方に小さなビー玉大の震源地が潜んでいて、ここを引っ張るな、使うなと訴えかけてくる。そのことにはよ〜く気付いた。さて、、、。

速い、遅いとか関係なく、全力で走れるって素晴らしいことだよなぁと今更ながらにため息の水曜日。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晴れの日には

2017年01月10日 | 日々奮戦



快晴の休日(世間と3連休がずれているのさ)。
筋細胞の修復は一般的には48時間から72時間と言われている。つまり2日から3日。
さらに欲を言えば、痛みが消えてからもう少しだけ我慢。痛みはなくツッパリ感だけだが、年齢と今シーズンのこれからを考えればここはしっかり休養するに越したことない。

休養日、空は抜けるような青。どうする? 
そりゃぁ行くでしょう。

正月早々、実は風邪気味だったし、一昨日あんな目にあったし、ここは一発栄養つけよう!
ってことでちょっくらビートル飛ばしてうなぎを食べに行ってきた。
腹を満たした後は西湘バイパスをかっ飛ばし、湘南の女神になれるかしらという妻の淡い希望を叶えに海と戯れに。

 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

具合良好

2017年01月09日 | 日々奮戦


【大木だって治療中】

ありがたくない最速記録更新に揺れ動いた昨日でしたが、、、

いつも言ってる、「自分の体は自分で守る」能力を遺憾なく発揮した結果が最速記録更新に繋がったのだと確信。
血が出ていない、腫れていない、要するに外から他人が見たのでは何も異常に気付かない症状。
「違和感」とか「痛み」とかは客観的な数値等で表せないだけに、なんたって自分の感覚が全て。
我慢していい痛み(違和感)と絶対に我慢してはいけない痛み(違和感)があるけど、昨日スタートしてたった10分後に突如感じた感触(違和感&痛み)は一瞬の迷いも生じない「我慢してはいけない」ヤツ。なので「即断即決」が出来た。

帰りに1km以上ある駅までの道はちょっと足をかばって引きずるようだったけど、電車で座ると全く痛みはなし(安静時痛なし)。
この場合は表の方に出ては来ていない奥の方が震源地だとしても出血はしていない(切れたり破れたりはしていない)と判断。

河辺まで帰ってきたところで「まさか」の仲間たちとの合流⇨お風呂。
出血していなければ傷まではなしということで、まずゆっくり温めた後、水風呂で冷却。これを繰り返す。
その間に押して一番痛みを感じるふくらはぎの中央部分に指先を当てて足首を底屈。つまり筋肉を縮める。リズミカルにこれを繰り返すことで一気に緊張は緩む。
帰宅してからは患部をしっかり圧迫しつつアイシング。いい加減冷えた後はもう一度お風呂で温まる。Lグルタミン+豆乳をたっぷりとって就寝!
翌日、残る気になる部位には鍼治療。

・・・・ってな感じで、非常に順調に回復、というかひどい状況にはならずに済んだようです。
見えるわけではないけど、ふくらはぎの奥の方(ヒラメ筋か後脛骨筋)の筋膜がチラッとイエローカードちらつかせたような具合というのが自分の見立て。
怪我の場合は最初にどうするかで予後がほぼ決まってくる、、、かな。今回の判断は我ながらお見事でしたと自画自賛。

で、坂道調教の翌日なんかよりずっと楽に階段を下りてるし、晴れたので走ろうと思えば走れるほどなのですが、本日は自重。
昨日走ってないけどグダグダに過ごした1日でした。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川崎新春マラソンにて最速記録更新

2017年01月08日 | 大会レポート


【嬉しそうだけど凹んでるんだぃ】

新春マラソン30km。記録10分41秒!圧倒的新記録達成!


んなわけない。



真っ平らな多摩川河川敷に「真坂」の出現。

まさか!まさか!そうあの衝撃のまさか!久しぶりの登場だったのだ。

気温6℃という寒さの中、ノースリーブ&ランパンという超やる気モード全開でスタート。
特に目標は定めてはいなかったけど、4分15秒近辺のペースでどの程度走りきれるかの実験。
予定通り無理なく1㎞地点をちょうど4分15秒で通過。
間もなく最初の折り返し後の走路は不整地。なぜかやや戸惑ったのが予兆だったのか、2km地点でいきなり左ふくらはぎ奥に違和感発生!
スピード落としてみたけど即痛みに変わって来たので迷わずストップ。
走行距離2.5km。最速DNF記録更新。係員も呆然。
※これまでのDNF最速記録は・・・
 トレイル部門:2006年北丹4km35分
 ロードレース部門:2006年板橋シティマラソン8km38分

やる気満々だっただけにちょっとかなり凹んでます。
ゴール地点のいつもの甘酒だけもらっておしまい!
やっぱり(いつも)走って応援に来てくれていたよっちマンにDNF証拠写真激写されました。目撃者あり、、、だな。サンキュー。



早々に帰宅で駅に着くと何やら聞いたことのあるような笑い声。妻たちは青梅トレラン部の仲間たちと七福神巡りだったが、ちょうど解散式の最中とか。いやぁ、これは持ってるぜ!ってことで打ち上げ合流して悪夢を追い払って本日の締めとしました^^v(こっちの方だって「まさか!」)

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017上半期予定

2017年01月07日 | 日々奮戦



毎日ブログ更新しなくなってしまい、どうにも時がズルズルと流れてしまっている、、、気がする今日この頃。
気がつけば1月7日、松の内もおしまい。

そして、迎える明日は2017年1発目のレース。お馴染みの川崎新春マラソン・30kmを走る。
いつも今後のトレーニングの試金石となるレースだ。

この冬は久々にがっつりロードで狙うぞと宣言した。多分していた。と思う。
ここ数年、どれだけ少ない練習量で大きな成果をあげられるかという所に一番の関心を置いていたけど、効率云々の前に改めて泥臭く地道な積み重ねの必要性を叫ぶ声が内側から聞こえてきてしまい、12月は「とりあえず毎日走ろう月間」と心した。(あまりにだるかった3日間だけ勇気を持って休養日にしたのは昔と違う点)
「月間走行距離」という考えは捨て去っていたけど、ちょっと拾い出してみたら何年ぶりかの400km超え。足は出来てきた。
ガンガン走って、ガンガン飲んで食ってしているので体重はほとんど減らないのだけど、この辺りに関してはあまり神経質にならずに、重りを背負ってトレーニングしているモードσ^_^;

あれもこれもと欲張ってる輩なので、本来ならスイムもバイクもって話だけど、今はとにかく「ラン」に集中モード。走れないと何も始まらないのだ。

ということで、今後の私のレース予定を公開いたします。とりあえず確定しているもののみ。

【1月】
  08日 川崎新春マラソン・30km
  15日 フロストバイトロードレース・ハーフ
  28日 東京30K冬大会・30km

【2月】
  05日 守谷ハーフマラソン・ハーフ
  19日 青梅マラソン・30km

【3月】
  05日 鹿児島マラソン2017・フル ← 最初の本命
  12日 古河はなももマラソン・フル
  26日 フォトロゲイニング日の出2017・5時間混合

【4月】
  02日 青梅高水山トレイルラン・30km
  23日 宮古島トライアスロン・S3km/B155km/R42.195km

【5月】
  05日(未定)OTK(青梅〜鴨沢)・64km

【6月】
  11日 五島長崎国際トライアスロン大会・S3.8km/B180km/R42.195km

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!


 


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくです。

2017年01月03日 | 日々奮戦


【赤ぼっこで初陽に向かって愛を叫ぶシリーズに登場したが、、、思わず咳き込む61歳】

我々夫婦二人の年齢合わせの歴史・・・
知り合った時が39歳(21歳+18歳)。結婚したのが47歳(25歳+22歳)。

年を重ね重ねて今や119歳(61歳+58歳)。驚くべき数字です。
そして今年2017年、ついに2人合わせて120歳を超える年になっちゃいます。
アベレージでも還暦です。アンビリーバボーです。

人生はあみだくじ。
色んな横棒が引かれたり、引いてしまったり。
1本の横棒があるかないかで行き着く先は急展開。
当たりか外れか、あみだくじ。
これまでもたくさんの横棒が加わったおかげで、当初目論んだ行き先とはどんどん変わって来ています。
これはこれ、その時その時と真剣に向き合った結果。なので、このままどんどん進みます。
後ろは見ずに進みます。
脱皮出来ない蛇は死ぬのだそうだから、必要に応じてこれからもどんどん脱皮目指します、ハイ!(赤ぼっこ)


【新たなる出会いや展開ともなっている青梅トレラン部の面々と元旦に新年を祝う】

ということで、2017年、新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお付き合い下さい。

【新たなる出会いや展開ともなっている青梅トレラン部の面々と元旦に新年を祝う】

ということで、2017年、新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお付き合い下さい。
 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大晦日坂路調教

2016年12月31日 | トレーニング



一匹狼を自称していたハリ天、6年前(55歳)に25年ぶりのフルマラソンPB達成した時のトレーニング2本柱の一つ「坂路調教」。登りっぱなしの10km&しっかり心拍落ち着いてからのレースペース以上の下り10km。20km走ではなく、10km走2本って感じ。フルマラソン対策激練です。



実はこのきつい練習を一人でこなすことで「心の支え」というか「心の糧」を得ていたのだけど・・・。
前に人がいるとペース上がるなぁ。きっつ。
ということで、青梅トレラン部の面々に声をかけて、すっかりコソ練ではなくなって第2回目。



昨日の夜の告知にも関わらず、しかも今日は大晦日というのにまさかの集まり。
お許しをいただけた人、オレは行くのだと強引に家を出てきた人、気付かれないようにそっと来た人、主婦なのに来ちゃった人、、、みんな意外に暇なんだということがわかった大晦日の朝。



最後の最後にハリ天のコソ練「坂路調教」にお付き合いいただきありがとうございました。
足、ガックガクで1年を締めくくることが出来ました。(残念なことに上り2番、下り3番、、、くっそぉ)



帰宅後、ちゃんと掃除もやりました。



みなさん、良いお年を!
来年もいい年にしましょう!

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回TOKYO八峰マウンテントレイル・レポ

2016年12月28日 | 大会レポート



この大会、なんとトレラン界のスーパースターとなった鏑木さんがゲストランナー。にお目にかかるのも久しぶり。
ハリ天にとっては久しぶりの鏑木さん。彼が役所を辞めて独立しプロになった頃、みんなで盛り立ててあげようよっていう突貫さんの呼びかけで集まった時以来?


【スタート前の青梅トレラン部の面々。須藤さんは来年還暦というのに女子総合5位!】

せっかくなのスタートはちゃんと前目で。



みたけ山トレイルランで味をしめたので、今回もペースメーカーにはリキちゃんを指名。彼にとっては勝手知った我が家の庭みたいなものだから心強い。コースそのものは馴染み深いところなのだけど、ハセツネと昔のTTRを合体させたコースで様子は分かっているつもりだけど、ペース配分は難しい。
いきなりのロード全力走には加わらずに年相応の対応を。みんなを見送りつつしっかり走る。


【来年は宮古島&五島長崎とトライアスロンでご一緒する佳輔氏と。トレラン大会でバイク練の約束】

ロードの上りはいつもの坂道調教だと思って淡々と。
トレイルに突入の前にリキちゃんに追いつき、以後完全ボイスモードで進む。
ハセツネコースの一部でよ〜く分かってる。アップダウンをやり過ごすくらいの気持ちで進む。
水はたっぷり(500ml義務付けのところを1.5リットル+500ml)持ったので、和田峠のエイドはスルー。スタッフやってくれていたほえるちゃんとハイタッチだけ。
懐かしの陣場〜高尾コース。いつも真夜中から明け方通過だった場所なので、日中感覚が新鮮。リキちゃんと快調に飛ばす。
先行していた青梅トレラン部の仲間たちも一人ずつゲッツ&パス。



妻たちの大応援団が控える小仏峠も超元気に走り抜ける。きついけど十分走れる。


【一応リキちゃんと記念撮影も】


【仲間の大声援を力に後半へ】

応援は本当に力になる。なんたって元気が湧き上がってくる。
さぁ、後半飛ばすぜ!
・・・と意気込んだ矢先、内腿の叫びが聞こえてしまった。これ以上スピードアップすると、、、わかってるだろうな!
心してスピードを落とす。リキちゃんとの差が徐々に徐々に開いていく。

そして、甲州街道をまたいで南高尾エリア。標高は低いけど小刻みなアップダウンが延々と続く。最後の最後まで続く。
昔TTR(東京トレイルラン100)で泣いたエリアだ。そのTTRでは100km以上走ってきてからのここだったから辛いのは当たり前と思った。今回はここまで20km程しか走っていないのに、、、なのにきつい。

痙攣が顔を出さないギリギリのペースを保ち走り続ける。ほぼ単独走になってきた。レース中に前後に選手がおらず一人で走るのは好きだなぁ。
さて、それはそうとペースメイクさせておいてなんだけどリキちゃん、最後にちぎってやろうと目論んでいたのに、、、今回はとうとうちぎられてしまった(大洞山の上りまでは見えていたけど、、、)。

そんな状況でほぼ単独走になった終盤戦。距離にしたら20〜30m程なのだけど、イヤっていう程、最後の最後まで繰り返されるアップダウン。ハーハーヒーヒー。↓


最後尾スタートの鏑木さんからは逃げ切れたかと思った矢先、残り1.5km程のところでかわされてしまった。コンスタントに登りを走り続けられるってすごい!(失礼ながら)
下りではなく、上りでのこの差(走力)がとてつもなく大きいのだと実感。

それでもようやく平らな所にたどり着き、ラストスパート。
青梅トレラン部の仲間がフラッグを手渡してくれた。
おぉ、初めてのフラッグゴールだ。気持ちいいねぇ。青梅トレラン部(プロの部を除く)でなんと1着だぜぇ!



12月というのに風が涼しくて気持ちいいって感じたありえない冬の1日。無事60歳代の部では優勝できました。(リザルト
この時期のこの大会、なんだかいいかも。


【そして、走っている最中に誘って、ゴール後青梅トレラン部への入部完了!】 

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も東雲山荘忘年会

2016年12月25日 | 日々奮戦


【今年の1枚!】

八峰のバタバタも冷めやらぬ土曜日、ギリギリまで仕事してからケーブルで御岳山→日の出山東雲山荘入り。
そう、すっかり恒例となったYahoo!掲示板(現在はYahoo!テキストリーム)「奥多摩発山を駆けるトピ」繋がりの仲間との合宿忘年会。
今年はなんとクリスマス絡みです。



今年はついに公募できずに山荘いっぱいの19人満員御礼。



高級スパークリングワイン(シャンパングラスで)で乾杯。



今年のメインディッシュはクリプトナイト夫妻仕切りのおでん!



これまた恒例のハリマネ仕切りで一人ひと言(結構長い!)。



【トピ主のヤフシゲさんより、長らく火の番人を務めたルイト(ヘロリン長男)に感謝状】


【そして弟ノゾムにタッチ交代の任命式】


【早速の兄弟引き継ぎの火入れ式】

途中で昭和記念公園の花火見学。⬇︎(山荘デッキの望遠鏡にて)







【スカイツリー&クリスマス東京タワー】

10時半の消灯時間の後、日の出山山頂で光の海見学会。


今年の夜景はハリ天20何回目でも三本指に入る美しさでした。MerryXmas!!





一夜明けた今朝は残念ながら日の出は拝めなかったけど、、、



おでん&お餅&残りのスイーツ等々で豪華な朝食を済ませて解散。
お昼前に帰宅した後、高校駅伝見ながらバタリ。超過密日程の3日間だったのでした。

緑風堂鍼灸院WEBSITE
ハリ天狗マネージャーの笑顔いっぱい!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TOKYO八峰マウンテントレイル速報

2016年12月23日 | 大会レポート



第2回TOKYO八峰マウンテントレイル2016。

冬のフルマラソン強化練の一環、今月のロング走がわり。
御岳同様古くからのラン友・リキちゃんをペースメーカーにボイスモード全開の前半。懐かしのTTRコースをなぞる後半。
最後にまた千切ってやろうなどと虎視眈々とその機会を伺いつつ走っていたけど、逆に千切られちゃいましたσ(^_^;)
痙攣殿がチラチラとその存在をアピールし始めたので、大丈夫なギリギリ上限を保った粘りの走り。タイム的にはちょっと不満でしたが、老人の部は一等賞頂けました!



この時期にこんなレース。いい感じです。

そうそう、青梅トレラン部一般の部(プロの部では栗原さん、宮地さんが!)では1番とったぞ〜♪

初めてのフラッグゴールさせてもらえました。気持ちいいですね! 
応援の皆さん、どうもありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加