船橋競馬 矢野義幸厩舎公式ブログ Be The Best

☆ご声援よろしくお願いいたします☆

ノトキング&グレイトヒット

2006-06-30 23:33:37 | 所属馬紹介
ノトキングさん(父マジックマイルズ 母ミドリリュート 3勝2着4回)
馬房で行ったり来たりウロウロしています。





これが結構すばやいんです。

そのため、お隣のグレイトヒットくんとのツーショットはこんな具合に・・・

ノトキングさん登場


ノトキングさん移動中


違うトコロを探すクイズみたいな図になってますね。。。

こちらは後姿とか馬房の奥とか・・・
私が行った時にはあまり顔を出してくれないグレイトヒットくんの貴重な?様子です。
デビューからもうすぐ1年。次こそ勝利できますように!

祝・アジュディミツオー(船橋オススメキャンペーンその2)

2006-06-29 22:25:44 | 編集日記
昨日のレース、ご覧になりましたか?!

強かったですねー!
アジュディミツオー!!
船橋の誇りですね。


ところで、この帝王賞。
ずっとずっと前は指定席を取るために、
馬が走る前に人が走ってたんですよ(ホント)
開門と同時に
ドワァァァ~!!!!!!・・・と。
普段は走りそうもないオジサマとかが
全力疾走、上がりのタイムもいいアンバイに
ゴール・・・
いえ、お目当ての指定席の整理券獲得のために猛然とダッシュ!

その姿が可笑しくて、力が入らず、私はちっとも走れませんでした・・・。

あれはたしかコンサートボーイの頃でした。


さて、今日はスタンド5F、来賓室からの風景です。
船橋競馬場、上から見るとこんな風景なんですよ。


ご一緒していたグリーンチャンネルのキャスターさんが
レースを見ながら生中継してくれました。
さすが!のひとこと。




幕張も見えます。
競馬場ができた頃にはすぐ近くだった海も少し離れて・・・。
でも、こうやってみるとなかなかいい風景ですよね。


今日の締めくくりはネイティブハンター。
彼はよくこの姿勢でこちらを伺っています。
この”ちょっと覗くポーズ”好きなんですよ。


明日のスカイキャッスルで今回の大井開催は終了。
3日からの川崎開催ではタイムワープの復帰戦、
そしてこのネイティブハンターも登録しています。
川崎はコースがより一層近くてレースの迫力も満点。
スタンドから装鞍所も見えて一味違った楽しみ方もできます。
駅からの無料バスを使えばアクセスも便利です。
応援よろしくお願いいたします。

船橋オススメキャンペーン(その1)

2006-06-27 23:26:01 | 編集日記
南関競馬のサイトに先日のイベントの様子が公開されています。
その中で

「6月20日、船橋競馬場で『駐日ガーナ大使招待AKUWAABA!(アクワバ)賞競走』、
ジュピターグループによるガーナの民族音楽の演奏、
ダーレー・ジャパン・レーシング(有)と川島正行厩舎によって
ガーナ共和国の子供たちへのためのチャリティーセール&オークションが行われました。」

という内容の文が掲載されています。


あのー ちょっとだけ文章を修正してよろしいでしょうか?


6月20日、船橋競馬場で『駐日ガーナ大使招待AKUWAABA!(アクワバ)賞競走』、
ジュピターグループによるガーナの民族音楽の演奏、
矢野厩舎スタッフ(と、美浦トレセン組とグリーンチャンネル、競馬ライターな人々)
遅くまで設営に参加したステージにて

ダーレー・ジャパン・レーシング(有)と川島正行厩舎によって
ガーナ共和国の子供たちへのためのチャリティーセール&オークションが行われました。

その時の様子はこちらから

北島三郎さんもご来場。
合計608,831円が集まり、ガーナ共和国へ寄付されました。
たくさんのご協力ありがとうございました。

このステージ。
設営後、ご一緒していたみなさんとららぽーとでお食事。
実は競馬場の駐車場ってレース後もしばらく停めていられるってご存知でした?
最終レース後は混雑しますので、しばらく周辺各地でお買い物や
お食事を楽しんでいるのも◎です。
翌日のレースの予想とか、その日のレースのこととか話してると
帰るのを忘れちゃいそう!
な気分になるか・・・どうかは不明ですけど。。。。。

その逆にお買い物でいらした方も、ぜひ 船橋競馬場へ!
競馬見て、お買い物して、競馬見て、お茶して
競馬見て・・・船橋って結構楽しいですよ。

そういえば以前、馬の仕事をしているひとと競馬の話をしているとき
「1-2とか、3-7とか、
番号が走るんじゃなくて、馬が走る。
だから競馬場に来て馬が走るところを見て馬券を買って欲しい」
という話を聞きました。

来月の船橋開催まで約1ヶ月。
次の開催で楽しい船橋をぜひ満喫してください。

P.S.個人的なことですが、日曜日に福島競馬場へ行ってきました。
知り合いの担当馬が2頭出走していたためですが

馬がいる場所は遠くないの!!!

と、まるで
「氷川き○しとかヨ○様を追いかけてるみたいなかんじ?」
という状態です。

矢野厩舎のお馬たちにも力強い応援団がついてくれるといいなと思います。
そのためにも、こちらで所属馬たちのこと、
いっぱいお伝えしていきたいと思いますので
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

今日のはデビュー戦のジョルト。
真剣!です。


サンウッドマリーン

2006-06-26 21:44:32 | 所属馬紹介
今日のヒロインはサンウッドマリーン(父ダイナガリバー 母クインサンシー)

きれいなタテガミでしょう?



こちらは普段の様子。
6月14日の午後です。


次回はスタンド上階。
来賓室からの風景をご紹介します。

ダークドーン デビュー

2006-06-24 18:38:45 | 所属馬紹介
6月19日1R、期待のダークドーンがデビュー戦を迎えました。
結果は2着。

馬房ではおとなしい彼。
一度使われてサンデーサイレンス産駒らしい気性が出れば
先頭ゴールする日もすぐに訪れることでしょう。

木・金と開催2日間は雨だった船橋も
この日はデビュー戦にふさわしい初夏の陽ざしが降り注いでいました。

ダークドーンの次走も応援よろしくお願いいたします。








タイムワープ

2006-06-23 18:44:08 | 所属馬紹介
先日ご紹介したクラマササンバのお隣は
タイムワープ(父エルコンドルパサー 母タイムトゥダンス)

彼もまた夏の復帰に向けて日々おけいこを積んでいます。
きれいな涼しい顔をしているイメージが強い彼ですが、
この日は藁をもしゃもしゃ振り回したり、鎖で遊んだり。

今日はそんなタイムワープの様子をご覧くださいね。

馬房動画 音声付(もしゃもしゃしています)

馬房動画 音声付(鎖で遊んでいます)

馬房動画 音声付(クラマササンバと遊んでいた直後)






こんな風にして毎日を過ごしているんですね。

競馬場での復帰、待望の勝利を掴める夏となるよう
応援よろしくお願いいたします。

もうすぐ会えます!クラマササンバ

2006-06-21 23:36:26 | 所属馬紹介
今日は休養→乗り出しを始めている
クラマササンバ
(父ワカオライデン 母クラマサシャトル 2003年生まれ 牡馬 1勝2着1回)

をご紹介します。

馬房はタイムワープのお隣。
二頭とも夏の復帰を目指しておけいこに励んでいます。

こんにちは~♪
と、訪問したのは午後1時過ぎ。
静かな昼下がりの訪問者に「あれ?」という顔の二頭。
この後、一生懸命鼻をこちらに向けてくんかくんかと鼻息しながら
「だれー?」と確認していました。


サンバはきれいな栗毛馬。


きれいな馬もあくびをします。


・・・・・。


たてがみ、きれいだね!

と思った瞬間、

ふさぁ~~っ


シャンプーのCMに出られそうな見事な” 髪業!!

この後もときどき、くんかくんかと鼻息しながら、
お隣で飼葉をもりもりかじっているタイムワープを覗いてみたり・・・。

心優しい芦毛馬・ペロっと舌を出してるクラマサシンバと名前が似ているので
てっきり兄弟かと思っていたのですがそういうわけではないみたい。

サンバの父ワカオライデンは貴公子テンポイントの姉オキワカの仔。
ワカオライデンを父に持つライデンリーダーは
地方競馬所属で初めて、そして今現在唯一3歳牝馬三冠
(当時はエリザベス女王杯)全てに出走した馬です。
彼女の産駒・ベンテンリュウコー(父マイネルラヴ)は船橋・大久保福治厩舎所属。
今回の開催にも出走していました。

少し前のものですがこちらはサンバの父・ワカオライデンの故郷吉田牧場。


貴重な血統でもあるクラマササンバ、
復帰の際には応援よろしくお願いいたします。





ひとあしお先に交流競走?

2006-06-20 01:12:40 | 編集日記
20日には中央交流競走、最終レースは駐日ガーナ大使招待
「AKUWAABA!(アクワバ)賞」があります。
それにともなって、
先日こちらでもご紹介した次のようなイベントも行なわれます。

では、忘れてしまった方のために 復習  しましょう。


◆駐日ガーナ共和国特命全権大使が来場
 駐日ガーナ共和国特命全権大使バフォ・アジェバゥワ氏が、
「AKUWAABA!(アクワバ)賞」のプレゼンターとして来場。
日時:6月20日
レース名:駐日ガーナ大使招待AKUWAABA!(アクワバ)賞(第11レース:最終競走)
発走時刻:18時30分(予定)
競走条件:ダート1600m 

◆民族楽器の演奏
 ガーナ共和国の人々による太鼓などの民族楽器の演奏を実施。
日時:6月20日
場所:船橋競馬場内特設会場
演奏時刻:第1回、14時20分(予定)
      第2回、16時40分(予定)

◆チャリティーセール&オークション
 ガーナ共和国の子供たちへ学用品などをプレゼントするため、
ダーレー・ジャパン・レーシング(有)と川島正行厩舎がチャリティーオークションなどを行います。
日時:6月20日、開場時間内
場所:船橋競馬場内特設会場


19日のレース終了後、
この会場の設置を川島先生、矢野先生、それぞれの厩舎のスタッフのみなさんが
行なっていました。
そして、
美浦トレセンの調教助手さん、調教厩務員さん
グリーンチャンネルの関係者さん
競馬ライターさん
がお手伝い。

ひとあしはやい
交流競走
のようなシーンでした。


設営風景↓





デビュー戦前夜

2006-06-18 16:15:44 | 編集日記
19日にデビューを迎えるダークドーンとジョルト。

14日の様子です。

飼葉をブンブン振り回して頭からかぶっていた
ダークドーン、利発な瞳も魅力。
1R 8枠9番 内田博幸騎手でデビューです。


こちらはジョルト。
「さっき、新顔のプラネットのこと、かわいいって思ってたでしょ?」
なんて調子。
ジョルト、もしかしてちょっといじけちゃってるの?
と聞きたくなるような目をしていました。
のんびりしているところを覗いたからかも知れませんね。
この時の彼女はじっとしながら、下唇フルフルさせて遊んでいたんですよ。
2R 4枠4番 佐藤祐樹騎手でデビューです。


1頭の競走馬がデビューするまでには
たくさんの人々の手と時間かかっています。
生産牧場で、育成場で、そして入厩後の競馬場で。
生まれて数時間の当歳や離乳シーン、馴致での苦労、調教、厩舎での様子など
何頭かの馬たちの姿をその都度見てきましたがその作業はまさに手作り。
そうやって多くの人の手を経て競走馬への道を一歩ずつ進んできた彼・彼女たちが
コースを駆ける姿、一生に一度のデビュー戦、ぜひ応援してくださいね。

デビューを迎える二頭がみなさんの記憶に残る馬となりますように。



コメント (2)

はじめましてプラネットワールド

2006-06-17 21:07:13 | 所属馬紹介
6月14日の午後、馬房巡り。
いや~、クリークくん前髪伸びたね、
ギブリー相変わらずチャーミングよ、なんて思いながら
ある馬房の前へ。

そこは北海道で休養中のバージョンアップのお部屋。

今ごろ、のんびりしているかしら・・・

と思ってふと中を覗くと


馬房の奥に ちんまり ・・・ と佇む栗毛ちゃん。


だれ?

という空気がお互いの間に瞬時に流れました。

彼女はニューフェイスの
プラネットワールド(父カコイーシーズ 母プリムールギフト 2004年生まれ 牝馬)


はじめまして、と近づいてくれました。
かわいいでしょう?
「洗白星鼻梁白鼻大白」です。



応援よろしくお願いいたします。