船橋競馬 矢野義幸厩舎公式ブログ Be The Best

☆ご声援よろしくお願いいたします☆

リンクスクイン エンプレス杯

2008-02-29 00:11:20 | 所属馬紹介
27日、エンプレス杯に出走したリンクスクイン

今まで経験した最長距離は1600。
今回、500メートル長い2100にトライしました

当日は書き込みいただいた方はどこかに・・・?
とパドック周辺を眺めながら思っていたり
お会いしたことがある方にご挨拶したり・・・
ご声援ありがとうございました。







名前入り、色付ゼッケンをつけたリンクスクイン。
馬房の入口から「なあに?」とコチラを見ている愛らしい姿と一転して
お仕事モード、立派なJpnの晴れ舞台です
よそ見している姿に
「前見て」なんて思ったり
たくさんのお客さんや報道関係の前を歩く姿に感動したり・・・

それは授業参観や発表会を見守るママのような気持ちなのか
妹を見守るお姉さんのような気持ちなのか
大好きで仲良しな親友を応援する友情のようなものなのか

とにかく確かに言えるもの
それは いつも どんな時も味方でいてあげたいと思う

そんな気持ちでした







曳いているのは土田さん
スーツ姿も決まってます


鞍上は張田騎手




レース1周目 結果は7着ですが、先の見通しが明るい内容でした



もどってきたリンクスクイン
「おつかれさま」

手前でピンクの曳き手を持っている方は
笠松のクインオブクインのスタッフさんです
こうしてお馬さんが戻ってくるのを待っている姿を見ると
無事にゴールできてよかったとしみじみ思います。

そのクインオブクインも戻って来ました


来週からは3月の船橋開催。
注目のジェネロジーは2日目に登場
どの仔も無事に、たくさんの勝ち星が輝く開催になればと思います。

そして、そして、3日目メイン競走のダイオライト記念では・・・

船橋開催もご声援よろしくお願いいたします


コメント (4)

ビッグサクセス

2008-02-25 20:18:07 | 所属馬紹介
7月に入厩、その後の調教試験では
ノシノシ
オレ様オーラを出していたビッグサクセスが戻って来ました

船橋の転入初戦・9月の白露特別B2B3に出走して2着した後は
脚元の療養のためにお休み。
久しぶりの対面に「お帰り」と言うと・・・



気難しいお馬さんですが、
よーく見るとまつ毛がとっても優しくて・・・

そんなサクちゃん、脚のお手入れ中は
ずーっとホウキの柄をガジガジとかじっていました


エース・ルースリンド、
おちゃめで愛嬌いっぱいのネオスレイプニル、
プライベートはちょっぴりナゾ(一生懸命匂いをくんくん嗅いできます)な
フリートウェーブ、
そしてビッグサクセス。

厩舎の頼れる7歳牡馬たち

お馴染みの3頭とともに、
この先、矢野厩舎で頑張っていくビッグサクセス・サクちゃんへのご声援も
よろしくお願いします

リンクスクイン エンプレス杯出走

2008-02-24 12:19:22 | 所属馬紹介
27日 川崎でのエンプレス杯(JpnII)に
リンクスクインが出走します

転入3戦目


朝の馬房では寝ぼけている仔や
もしゃもしゃ食べている仔、いろいろです

ミスジョーカー


ハートライン


食べているときはみんな知らん顔です
コメント (3)

兄弟登場♪よろしくお願いします☆

2008-02-23 16:13:52 | 所属馬紹介
今日は入厩組をご紹介

芦毛のオデコがチャーミングなのは
ヒデサンジュニア


言葉を話しそうな目ですね
「もう~、何そんなに見てるんだよぉ」ってかんじでしょうか。




こちらはヒデサンジュピター
栗毛クンです


「ん?もぐもぐなあに??」


実はこの2頭は兄弟なんです
お兄ちゃんはジュニア、弟がジュピター。
お顔の大きさが似てるんですよ

これからの兄弟の活躍、応援よろしくお願いいたします。
コメント (2)

お久しぶりです☆

2008-02-22 21:41:28 | 所属馬紹介
”お久しぶりに登場チーム”をご紹介しましょう

放牧から戻って来ました

「ただいまぁ
食いしん坊は健在です。ギャングダンディー。


そのダンディーに「久しぶりだねぇ」とくっついていたら

「・・・」


おけいこを終えて洗ってもらった毛がまだ少し濡れています。
なんとなく?雨に濡れた小鳥ちゃんちっくな
マイハマアロー

怒りんぼなアロちゃんですが珍しくなでさせてくれました


でも、なでてたら

「・・・・・・・・・ふ・・・」

ふがっ!!!

・・・とやはり怒られました

こちらはリサちゃん・リサイトアチャーム
コックスグリーンとダンスコンビが組めそうな熊癖をしていますが
コックスみたいにいい走りをしてくれたら・・・と思います。
お馬さんの気持ちは繊細。
とくに女のコはなかなか難しく、
以前、牝馬と牡馬の扱いについて伺った際に、
先生が「牝馬は怒ればすねるし、甘くすれば図に乗るし・・・」と・・・
思わず「す、すみません・・・」と女子の一員として
お詫びしてしまいました

成績が低迷していたスカイキャッスルを
調教の工夫で連勝させた先生の腕は記憶に新しいところ。
きっとリサちゃんも

環境の変化、いろいろなことに
一生懸命対応しようとしているリサちゃんのがんばり、
これからも応援してあげてくださいね。

「リサちゃん」とカメラを向けると
ふ?と近寄ってくれました



ルースリンド・金盃

2008-02-21 16:13:48 | 所属馬紹介
ルースリンド・金盃出走へのご声援、
ならびに勝利のお祝いメッセージありがとうございました。

人気を背負っての勝利
レース後の矢野調教師のインタビューでは
ゴールするまで勝利の確信はなかった、というコメントも・・・。

強い競馬でありながらも、どうか、どうか無事に先頭で・・・
そんな願いを込めての2:06:4でした。





曳いているのはお馴染みの上永吉さんと小菅さん






鞍上は内田博幸騎手


1周目


最後の直線




映像だけが記憶に残っていて
音はいっさい憶えていない・・・そんな瞬間でした。


戻ってきたルースリンド


戻ってきた直後 動画(音声付)

優勝レイをかけてもらうシーン動画(音声付)

みなさんの集合を待つ間もきちんと立ってじっと撮影に応えていたルースリンド


全てを判っているようなまなざしでした


撮影後は再び紫のメンコをつけて戻りました。
終始落ち着いた様子はさすがでした


「向こう正面あたりでペースが徐々に遅くなって
3コーナー手前ではかなり遅くなったので馬なりで。
この馬の末脚はしっかりしているのでかわされることはないだろうと
馬を信用して乗っていました。
今までで一番いい内容のレースだったのではと思います。
最後の直線では、隆さんが後ろから押してくれたんです。」

よく晴れた2月の空の下、
表彰式での内田騎手の勝利ジョッキーインタビューでの言葉でした。

このレースが30戦目。
ここ2戦は思った通りのおけいこをこなせるようになっているとのこと。
脚元の不安もなくなり、まさに充実の時を迎えたルースリンド。
この先の予定は馬と相談しながら・・・とのこと。
さらなる大舞台での走りが楽しみです

これからもご声援よろしくお願いいたします。


コメント (2)

ルースリンド大井金盃勝利!

2008-02-20 19:34:34 | 所属馬紹介
今日の大井競馬 東京中日スポーツ賞第52回 金盃(S2)で
ルースリンドが勝利しました。

大井・内田博幸騎手の大井重賞騎乗最後を飾ることもできました。
「最後の直前は隆さんが押してくれたんです。
これからは競馬人として中央地方関係なく頑張りますので
競馬を応援してください。」
勝利ジョッキーインタビューで、一瞬声を詰まらせての内田博幸騎手の言葉です。

口撮りを終えたルースリンド




ご褒美のバナナの味はきっと格別でしょう。

パドックの様子や
勝利後の動画、矢野調教師のインタビューなど、
詳細は後ほど掲載いたしますが、
まずは速報にてご声援に御礼申し上げます。

ありがとうございました。
コメント (8)

フリートウェーブ&高橋利幸騎手

2008-02-18 17:03:27 | 所属馬紹介
乗ってるとゴーグルつけてても
砂が目に入る、口にも入る・・・

以前、そんな話をうかがったことがありました。

レースから戻ってきた馬と騎手を見ると
いつもそのお話を思い出します。

こちらはフリートウェーブと高橋利幸騎手


ウェーブはこの日久々のレース。
とってもイケメンのきれいなお馬さん。
レースではメンコにくっつけた黒いブリンカーが眉毛みたいになってて
とってもキュート
キラキラの栗毛もステキです

高橋騎手は所属は違いますが
矢野厩舎のお馬さんとも馴染みが深い騎手です
まだ船橋に通って間もなかったころ
明るい性格で何度も助けてもらいました





ふさふさのタテガミが
目もとにも砂・・・がんばったね


そんな二人を小菅さんが「ありがとう」と迎えました


明日は能力調教試験、
あさっては大井金盃にルースリンドが出走します
鞍上は「大井の内田博幸騎手」。
早くからこのレースに狙いを定めての調整でした。
あの目、あの走り・・・
応援よろしくお願いいたします

コメント (2)

ヒゲ&ジェネロジー

2008-02-17 18:56:07 | 所属馬紹介
北海道では仔馬が生まれる季節になっていますね

鼻を撫でているときなど、
ふと思うのですが、

ヒゲ

って、いつからあるのでしょう

コチラ、以前、友人の牧場で会った生後1日の仔馬ちゃん



ヒゲはまだ・・・?
よーく見るとほやほやのが・・・?

そしてコチラは撫でるとペロっとするトロンハイムくんの口元です



種付け時から、
どんな仔が生れるかな・・・
牡馬かな牝馬かな・・・
父似かな母似かな・・・
そんな風に誕生を楽しみに、生まれることを待たれていた小さな命。
いつか矢野厩舎にやってくる仔が
今、こうしている間にも馬産地で生まれてきているかも知れませんね
今厩舎にいる仔たちも、そうやって生まれてきました。

無事に産まれ、競走馬としてデビューできること。
それは簡単なようで、
出産、育成、調教、毎日食べている飼料を作っている方、馬運車の方や、
獣医さん、装蹄師さん、馬具屋さん、馬主さん・・・
ひとつひとつの過程に誰かの手が添えられ、
手作りの時間が積み重なった、
どれひとつとして同じものはない貴重なもの・・・
競馬場はそんな時間が積み重なった場所。
だからこそ、目を離さず、見ていてあげたい気がします

19日の再能力試験、ジェネロジーが最後のチャンスをかけて挑みます。
能力はピカイチ
無事に合格できますように






おすまし♪ハーベット

2008-02-14 20:59:39 | 所属馬紹介
バレンタインデーなので(?)
本日も矢野厩舎自慢のかわいい牝馬ちゃんに
登場してもらいましょう

最初はとってもとっても警戒
私と目が合ったとたん、
馬房の奥にひっこんでしまったりもしましたが

今ではこんなかんじ


桶を吊るす鎖で遊ぶ余裕も見せてくれました
ハーベットです


そばにいても、大丈夫になりました


ちなみに黄色の○印の壁の向こう、首をのばしているお馬さん(ルナマリア)の
お隣の馬房で暮らしている仔、
誰かおわかりなりますか

ココだけ仕切り板が噛まれて擦り減っていますね

・・・そう、

いつも



カメラにめいっぱい迫る



コックスグリーンです