twins*mamaのハンドメイド生活

布小物、刺繍などのハンドメイド、ときどき着物と日々の生活を綴った日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そこそこ生還したピンキングばさみ

2014年07月21日 15時23分14秒 | ハンドメイド全般

研ぎに出そうと思ったら、
アタリをつけた研ぎ屋さんに
断られたピンキングばさみ。

「ピンキングは消耗品でメーカーでも受けていない」
と言われたが…。

いつもコメントをくださる
縫製のプロmiyokoさんが、
御用達の研ぎ屋さんを紹介してくださりました。






そして戻ってきました。


研ぎ屋さんからは、
「研いでみないと先の切れが戻るかわからない」
と言われおり、ダメ元で出しました。


うーん、残念ながら先の方のキレは戻りませんでした。
が、根元の方はよく切れるようになったので、
バザーのハギレセットを作るときに
活用できるのではないかと思っています。


握りばさみと、母の裁ちばさみも一緒にお願いしました。
母は、「びっくりするほど切れるようになった」と
喜んでいます。
よかった、よかった。


miyokoさん、どうもありがとうございました!



ピンキングばさみを研いでくれるところはあまりないと思いますので、
研ぎやさんを紹介しておきます。

TOGI-YA

ピンキングばさみは価格表に出ていませんが、
今回650円で受けてくださりました。



          


夏休みに入り、高3娘が来年受験する大学の
オープンキャンパスに付き合わされている。

勝手に行ってくれと思うのだが、
驚いたことに大半が親同伴だ。

私が大学受験をした30数年前も
オープンキャンパスなんてあったっけ?
まったく記憶にないのだが。

あったとしても、親が来てくれるなんてあり得なかったが、
ウチだけか?


          



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ -->
コメント (7)

フィードサック復刻版プリントでお弁当袋

2014年07月10日 21時43分55秒 | お弁当袋
またまた娘の学校のバザー品です。

日暮里TOMATOで、2メートル1200円で切り売りされていたこの生地。

フィードサック?というほどかわいくて、購入即決したもの。

一緒に買いに行った手作りサークルのメンバーが、
pindot(西荻窪)で「フィードサック復刻プリント」として
1メートル1180円で出ているのを発見。
日暮里では、ほぼ半額というわけだ。





前々回の、こちらマーガレット柄も、pindotで1180円、
で、日暮里では800円くらいだった記憶。

何か得した気分~。





この生地で、あづま袋2枚、巾着2枚、計4枚作りました。
(学校マスコットのタグ部分にモザイクかけています)





巾着のひもは共布で。
こうすると一段とかわいい。





あづま袋。
かわいいです。





          



中学受験が終わってからまったく勉強しなくなった息子。
人生で勉強するのはもう終わり、と勝手に決めているようだ。
暇さえあればパソコンかスマホをいじっている。
多分、ネット依存症。
注意しても逆ギレするだけ。

とうとう学校の宿題もしなくなってしまった。
提出しないで平気な顔をしている。

私の怒りはMAXに。
溜まった宿題を夜中の3時までかかってやらせた。
眠かろうが辛かろうが、絶対に許さないからな!
世の中、そんな甘くないんだよ。
私、終わるまで横につきっきりで見張った。
見てなきゃ、またすぐネットを見はじめるから。


翌朝、登校した息子の机をふと見ると…

何と、せっかくやった宿題ノートを忘れてる!!!!

救いようのない大バカ野郎だよッ!



          



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ -->
コメント (10)

ピンキングばさみは消耗品!?

2014年07月07日 17時26分21秒 | お弁当袋
大変申し訳ございません。
前回の記事を誤って消してしまいました。
下書きにしていたものを再度アップしていますが、いただいたコメントは画面上から消えてしまいました。
コメントをいただいた方々、内容はちゃんと読んでおります。
そして、私の管理画面にはちゃんと残っています。
大変失礼いたしました。



しばらく同じようなバザー品製作記録が続きます。
つまらなくてスミマセン。

今日は猫柄のあづま袋2枚と
巾着袋1枚作製。





猫好きにはたまりませんな、この柄。





布の上下方向性があるので、
巾着は底部分ではいであります。

バザー品なのでそこまで丁寧にしなくても…
と一瞬魔が差しましたが、いやいや、手抜きはいたしません。





女子校のバザーですが、男の子の兄弟用にいいんじゃない?




          



前回記事のピンキングばさみの研ぎについて。


何人かの方に研ぎ屋さんの情報をいただき、
よさそうだな、と思う研ぎ屋さんをネットで見つけ
問い合わせのメールを出してみました。



以下、その回答。


「お問い合わせありがとうございます。
大変申し訳ございませんが、
ピンキングの研ぎは、当店では、承っておりません。

ピンキング鋏は消耗品でして、
鋼がもともと1ミリ位しか入っておりません。
しばらくお使いいただいて、刃がすり減ってしまうと、
研いでも直らない場合がほとんどです。
(研いでしまうと、鋼がなくなってしまいます)

あまり使っていないのに、切れないのであれば、
お買い上げいただいた店舗か、メーカーで
取り換えなど対応してもらえると思いますが、
研ぎに関しては、メーカーも受け付けていないと思います。

お役に立てず、申し訳ございません。
また、何かございましたら、
〇〇刃物店をよろしくお願いいたします。」

とのことでした。



うーん、やっぱり諦めるしかないのかな…?。

プロの方々は、こんなに高いピンキングばさみを使い捨てているのでしょうか?




          




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ -->
コメント (6)

お弁当袋とピンキングばさみ

2014年07月05日 15時00分56秒 | お弁当袋
学校バザーのための量産、続いています。

今日はあづま袋2枚と、
(学校のマスコットキャラクターはモザイクかけいます。)





巾着1枚。






PTAの手作りサークルで日暮里に生地買いツアーに行き、
私が選んだマーガレット柄。

日暮里ツウのメンバーのガイドで、面白い店をいくつか回ってきました。
バザーのためのかわいい生地も購入し、楽しい一日でした。




          



ずいぶん前に母が「もう使わない」と言ってくれた、このピンキングばさみ。
出番がないまま十数年たってしまった。


先日、手作りサークルで、「バザーでハギレを出そうか」という話になり、
ピンキングばさみでカットするとよいかも、と切ってみたら…


まったく切れない!



切れ味を復活させるのに、何かよい手はないかとネットで調べてみたら、
アルミホイルを何度が切るとよい、とあったので早速試してみた。


すると…


ますます切れなくなってしまった!!!



ずっと忘れた存在だったのに、使えないとなると何かくやしい。

ピンキングばさみを研いでくれるところもあるようだが、
結構な金額がかかりそう。
新品を買った方がいい?


切れ味が戻ったら、今後も何か使い道がありそうな気もする。


そもそも洋裁でピンキングばさみを使うのって、どんな時なんだ?
高いお金を出して研いでもらう価値はあるのか?


安心価格で研いでくれるところ、
ピンキングばさみはあった方が便利ですよー、
というような情報をお持ちの方、ぜひお教えください!


          




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ -->