Beyond yourself with gratitude

津東高校男子テニス部の練習の様子や大会結果などを日々更新中…

2024県総体 団体戦 抽選会

2024-05-15 11:43:00 | その他
5月10日(金)、津アストのアストホールにて5月末に行われる県総体の団体戦抽選会が行われました。


年度初の団体戦となるこの県総体だけは、各校のキャプテンなどの代表生徒と顧問の先生が一同に集まり、皆の前で抽選をひきます。


この日も今回の団体戦に出場する全ての学校の代表者等が集まりました。

まずは第①シード校と第②シード校による抽選。

その後はノーシード校の抽選。

そして⑦⑧シード校による抽選、⑤⑥シード校による抽選、最後の最後にに③④シード校による抽選と続いていきます。


前回の大会で第3位だったため、本校はドローの③④シードのみが残った中での最後の抽選です。


シード校となり、今では少し気持ちに余裕を持ちながら各校の抽選を見ていますが、ノーシードの時は、ドキドキワクワクしながら席から見ていたころが懐かしく、令和に入り、シードを守り続けてくれている先輩たちをはじめ、選手に感謝やね。




そしてキャプテン野村が緊張した面持ちで、舞台に立ち、抽選を引きました。



場所は第④シードの位置を引きました。

そしてシード校は必ず意気込みを舞台の上で話すことになっています。

キャプテン野村からは
『僕たちがドラマを作れるようにチーム一丸となって戦いたいです』
と意気込みが語られました。



どんなドラマになるのか。
良いドラマを作り上げるために舞台、最高のプレーを引き出してくれる対戦相手、観客が必要です。

そういった環境に感謝して、監督としては周りを感動させられるドラマをぜひ作っていきたいです。



初戦は津工業高校、3回戦は川越高校、飯南高校の勝者と対戦します。




応援のほど、よろしくお願いします。

それぞれの場所で、それぞれの目的で。

2024-05-10 02:50:00 | 練習
ゴールデンウィークが明けるとテスト期間に入るため、5月5日(日)がテスト前最後の練習でした。

そんな最終日は午前練習組と午後練習組に分かれての練習。
一緒に練習できるのが、もちろん一番良いのですが、1.2.3学年が揃うこの時期の最初は、部員数が多く、またレベル差も大きすぎるため、余裕があるならば、どうしてもこの練習の形にせざるを得えません。


その分、こちら側は丸一日と大変ですが、若かった時期を思い出しながら奮闘するしかないですね。。苦笑


この日の午前は新1年生を中心としたグループでした。1年生だけだとなかなかどう動いてよいかわからないので、2年生も数人混じっています。
2年生はまだわからない1年生にしっかりと指示を出してくれています。
自分たちでしっかり動ける姿勢に感心しています。

そして練習内容のメインは、まずは軸足を使ったストローク、スタンスの違いによるストローク、そしてスライスに触れてみました。スライスやオープンスタンスは1年生にとっては悪戦苦闘しておりましたが、とにかく今はチャレンジ。たくさんのことを経験して、そこから色々なことを吸収していってもらいたいと思います。

また1年生にとってはボールの行方がすごく気になるとは思いますが、今ではなく、1年後などに大きく変わっていくためには、どのように身体を使って、どのように動くのが下半身の基礎を大切にさせて頂きました。





基礎がしっかりできれば、たくさんのものを積み上げることができるので、一見つまらない基礎練習こそ大切にしてもらいたいと思います。



午後練習は5月に県主催の個人戦を控えているメンバーを中心に福祉センターにて練習しました。


ここも基本を大切にした練習+シングルス、ダブルスにおいて自らポイントを奪いにいく展開練習、ゲーム形式を行いました。



ゴールデンウィーク最後の練習は、みんなで一緒にというわけにはいきませんでしたが、各選手のレベルや目的に合わせての練習がたくさん行えたので充実した部活動となりました。

今より強くなって勝利を目指す。最終的な目標は同じはず!
一日一日の練習を大切にしていきましょう。






マネージャーもしっかり活動しました。

自作ボール拾い機を制作。マネージャーの性格が制作されたものの出来栄えに少し出てました。笑
けれど、いざ使ってみると便利な道具でした。

想像以上に便利だったので、竹中家用にも一つ制作してもらいました。




さぁ…ここからはしっかり切り替えてテスト勉強頑張って下さいね。


2024県総体 個人戦②

2024-05-03 14:15:00 | 大会
4月28日(日)、四日市テニスセンターにて、県総体個人戦、男子ダブルスが行われました。


本校からは野村(3).森下(3)組、村田(3).長谷川(2)組の2組が出場しました。


【結果】
野村.森下組 ベスト16
1回戦 8-3 四日市南
2回戦 7-9 四日市工

村田.長谷川組 
1回戦 6-8 四日市工




野村.森下組は1回戦は順当に勝ち上がり、2回戦の対戦相手は強豪校の1年生でした。

お互いサービスキープし、ゲームカウント2-2となり、続く相手サービスで40-40まで持ち込むもノーアドを取り切れず、続くサービスゲームもノーアドを落としてしまい、流れが相手にいきかけました。
しかし、そこは3年生として、また第3シードとしての意地もあり、盛り返し始め、一度はゲームカウント2-5となったものの、ゲームカウント5-5と追いつきます。


緊迫したプレーが続き、最後はゲームカウント7-9と惜敗しました。苦しい場面が何度もありましたが、強気のプレーで粘り強さを見せてくれたことは、成長を感じさせてくれました。




村田.長谷川組は、1回戦から同じく強豪校の1年生。
ボールを低く収め、我慢しながらのテニスでした。序盤よりリードを保ち、4回あったノーアドも3回取り、ゲームカウント6-3とします。



ここで、もっと攻めていきたかったのですが、ポジショニングも含めて少し引いてしまい、相手のペースにさせてしまいました。
逆にポイントがなかなか取れない展開となり、ゲームカウント6-8と敗戦しました。

ぜひ同じ場面が訪れた時は、次は強気に攻め抜いてもらいたいと思います。



1ヶ月後は団体戦。厳しい戦いになると思いますが、団体戦に向けて、心技体ともに高めていってもらいたいです。




保護者をはじめ、関係者の皆さん、応援ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

2024県総体 個人戦①

2024-04-27 23:04:00 | 大会
本日4月27日(土)、四日市テニスセンターにて、県総体個人戦の男子シングルスが行われました。

本校からは、野村.村田.坂本.森下.若江の3年生5名、長谷川.岡本の2年生2名、脇田.山本の1年生2名、合計9名が県大会に挑みました。


【結果】
ベスト32
森下(3).脇田(1)



1回戦を突破したのが9名中2名でした。結果としては物足りない形にはみえますが、明日以降に繋がる前向きな試合だったと思います。


3年生は皆、苦しい試合でも最後まで粘り強く戦っていました。
格上の相手選手にラブゲームで終わりそうな展開でも、一本でも多く返し、必死で食らいつきゲームを奪いました。
相手にマッチポイントを握られても諦めずに一本でも多く戦いました。





最後の県総体個人戦。

皆の前で戦うのはもしかすると最後になるかもしれない。
応援してくれる仲間や、初めて試合を見に来た新1年生に情けない試合は見せられない。と少しでもコートに長くいたいと気持ちを見せて戦ってくれました。


1.2年生はコート上で必死に戦う最上級生から少しでも何かを感じとってもらえればと思います。




2年生は学年内の団結の良さが見えました。長谷川(2)の試合を後ろで応援する2年生の仲間たち。


やはり同級生の応援は、一番心強く、嬉しかったと思います。
1年生もまずは横との繋がり、そして縦へと繋げて、津東テニス部として、団結力をさらに高めてもらいたいと思います。


1年生にとっては高校での県大会デビュー戦。

緊張も人一倍あったと思います。二人ともに今日は満足できない内容だったと思いますが、その悔しさを決して忘れず、津東というチームの力を借りて、ここから化けていってもらいたいと思います。



明日はダブルス。今日の借りは明日しっかり返しましょう!



保護者の皆様、早朝からの送迎を含め、部活動へのご協力に感謝いたします。

明日もどうぞ応援のほど、よろしくお願いします。









県大会 個人戦まであと2日

2024-04-25 21:28:00 | その他
今週末は、四日市テニスセンターにて県総体個人戦が行われます。

個人戦ドローも出ました。


今年度の男子シングルスは全国総体に2本、東海総体に6本出場できます。
男子ダブルスは全国総体に2組、東海総体に3組出場できます。


この県総体の結果で東海出場、全国出場が決まります。


勝負に絶対はありません。

大会まで残り2日。
1球1球大切にして、チャンスを創り出せ!