hiroべの気まま部屋

日ごろの出来事を気ままに綴っています

超ミニの世界!

2018-05-04 10:14:06 | 首都圏散歩


 タイトル見て、お!と思われた男性もいたでしょうか?写真見て、今日の昼の定食はさんまにと思われた方もいたでしょうか?

 一昨日の銀座ソニープラザの帰り、京橋方面に歩いて行くと、偶然ポーラミュージアムを見つけたので入ってみると、超ミニの世界が広がっていました。


(パンフより)

 そうなんです。冒頭の写真はミニチュアです。

 

 

 中はほぼ100%女性でしたが、その中でリックを背負った妙なおじさん一人、びっくりしながら見学してきました。

 多くの作品が並んでいましたが、写真OKでしたので、何点かご紹介です。











 

 最後のは、ミニチュアではありません。おなじみ銀座木村屋のあんぱんです。






 
コメント (2)

野川の桜

2018-03-29 09:47:13 | 首都圏散歩


 24日の土曜日は五分咲きだった地元野川の桜、4日たって満開です。まずは、例年どおりの写真を冒頭ご紹介です。

 桜に鳥たちも浮かれています。「鵜」でしょうか?野川では初めて見ました。



 「カラス」も花の蜜を吸っています。



 こちらは、ヒヨドリです。






コメント (4)

府中・東郷寺の枝垂れ桜

2018-03-28 09:25:15 | 首都圏散歩


 23日の金曜日は半年ぶりに府中の弓道場に。その弓道場での話題はこの時期ですから、やはり桜です。
 何でも、府中の東郷寺というところの枝垂桜が凄い、ということでした。
 そして、翌日は近くの野川の桜の様子を見に行ったのですが、これはすでにご報告のようにまだ5分咲き程度でした。それでも、1本だけある枝垂桜は満開で、その枝垂桜を一緒に撮っていた人に東郷寺の枝垂桜のことを聞いてみたのです。そうしたら、その人が驚いたように大きな声で、「え!東郷寺の桜観たことないの?そりゃ観なくちゃ!凄いよ!」まるで、観たことないのが犯罪者のような言われ方をされました。

 ということで、翌日の25日の日曜日に妻と一緒に観に行ってきました。駐車場はないし、休日の路駐は無理なようなので、京王線で。多磨霊園駅から徒歩で5分と、電車を使えばある意味ご近所さんでした。

 で、結果は、地味な写真で冒頭スタートしましたが、以下の通りです。はっきり言って、私の技量ではあの凄さは表現できません。是非、お出かけください。

































コメント (4)

雨のバス旅(2):東京ドイツ村など

2018-03-13 07:44:51 | 首都圏散歩


 先週8日(木)のバス旅、迎賓館の後は東京アクアラインを通って房総半島へ。海ほたるで休憩後、江川海岸というところを経て、日帰り旅の最後の目的地「東京ドイツ村」でイルミネーションを観て地元まで帰って来ました。

 

 房総半島自体がおそらく20年以上ぶりで、アクアラインも、海ほたるも初めてでしたが、雨で海ほたるからは何も見れませんでした。
次の江川海岸には4時過ぎの丁度夕暮れ時に着いて、晴れていればここからの夕日が素晴らしいということでしたが、雨では無理でした。それにしても、海のなかに電信柱が並んでいる風景、これ面白いですね。

 そして最後は東京ドイツ村です。
「東京」と付いていますが、場所は房総半島のど真ん中です。
 

 ここのイルミネーションは結構凄いです。昨年末からイルミネーションを観るのは、カメラ教室も含めて4回目ですが、その中では、会場全体を見渡す広がり感は一番といった気がします。
 もっとも、雨で会場をゆっくり巡る気はしなくて、入口の辺りをざっと見ておしまいにしました。






 
 イルミネーション、露出調整でかなりイメージが変わって写ります。この三枚は同じところですが、照明が変わったのではなく、露出を三段階に変えて撮ったものです。(左から、標準露出、暗め、明るめ)



 以上、十分に堪能、とはなりませんでしたが、メインの迎賓館をはじめ、雨の日帰りバス旅を楽しんできました。


 

 

 
コメント (4)

雨のバス旅(1):迎賓館

2018-03-09 10:48:48 | 首都圏散歩


 昨日はあいにくの雨でしたが、地元出発のバス旅に妻と行ってきました。行ったのは「迎賓館赤坂離宮」、「東京ドイツ村」などです。
 今日は迎賓館のご紹介です。

 過っては抽選で年1回の特別招待日以外は一般の人は見学できなかった迎賓館ですが、一般公開されて1年ほど経つでしょうか、いつか行こうと思っていました。
 都内にあるので、バス旅で行くこともないのですが、丁度地元を午後出発のバス旅があったので、妻を連れ出すにはこれが良いと出かけたわけです。

 当然ながら本館内部は写真撮影できませんので、迎賓館のパンフを見ていただいてご紹介ですが、ともかく凄い!の一言です。細かい説明は不要と思います。是非!お出かけください!

(以下、迎賓館のパンフからの転載です。)














 あいにくの天気でしたが、これがある意味幸いでした。空いているんです。ゆっくり見学できました。主庭と呼ばれる庭園がありますが、見学は本館内部がメインです。雨の日は狙い目かもしれません。和風別館というのもあるようですが、こちらは今も抽選のようです。



コメント (4)