hiroべの気まま部屋

日ごろの出来事を気ままに綴っています

今朝の東京のお天気:晴れ

2016-07-31 09:23:53 | 日記

(9:15頃)

 今朝の温度(6:30) 室温 リビング:28.3、洗面所:29.0 湿度(リビング):58%
 (昨日の外気温 東京、最高気温:32.9、最低気温:22.1
本日の予想気温 最高気温:30、最低気温24)


 昨日のイチローは結果無安打でした。偉業達成の楽しみがまだ続きます。
 今日はベンチスタートのようです。

 (本日コメント欄お休みをいただいています。)


コメント

今朝の東京のお天気:晴れ

2016-07-30 09:07:05 | 日記

(7:45頃)

 今朝の温度(5:30) 室温 リビング:27.6、洗面所:28.0 湿度(リビング):60%
 (昨日の外気温 東京、最高気温:32.4、最低気温:22.9
本日の予想気温 最高気温:33、最低気温22)


 今日は朝から珍しくMLBをTV観戦。イチローの偉業達成、しっかり観たいですね。

 (本日コメント欄お休みいただいています。)


コメント

先週の夕食当番(ウインナーとミックスビーンズのトマト煮 ほか)

2016-07-29 10:42:53 | 主夫業


 金曜日になりましたので、先週の夕食当番の結果報告です。

 7月22日金曜日:金目の煮付け(肉じゃが:スーパーの総菜、他)
 

 金曜日は刺身の日ですが、金目の切り身が安かったので、刺身よりは手間をかけました。

 7月23日土曜日:ラム肉の焼き肉(オクラと長芋の和え物:スーパーの総菜)
 

 ラム肉、マトンと違って、独特の臭いがほとんどなく、柔らかくて美味しかったです。

 7月24日日曜日:ウインナーとミックスビーンズのトマト煮(中華サラダ::スーパーの総菜)
 (冒頭の写真です)
 名前のとおりの料理ですが、上沼さんのレシピ(7/21放送分)を参考に作りました。トマトは缶詰でなく生を
使いました。

 7月25日月曜日:豚肉とナス、ししとうの味噌煮(冷や奴・納豆とシラスがけ、他)
 

 万願寺とうがらしが食べたかったのですが、売っていなくて、ししとうに変りました。

 『先週のトピックス』
 
 MyGardenの夏野菜、ゴーヤは芽が出ず、オクラは成長せず、キュウリは花は咲いても実はつかずですが、
大葉だけは何とか食用レベルに成長しました。この夏は大葉はどうやら新鮮なのがすぐ使えます。
 先週も、日、月と一寸した彩と香りづけで使いました。


コメント (2)

大画面TV

2016-07-28 10:52:37 | 買い物


 昨日は2日連続で自宅映画でした。

 昨日は妻が出かけたので、いつものアクション系の洋画です。それも「スターウォーズ1」でした。

 昨年の暮にスターウォーズの新作が公開されましたが、結局観ませんでした。当然、映画館の方が
音響も含めて迫力は断然凄いのですが、自宅映画館は間近で気楽に観れる良さもあります。おそらく、
今年の年末ごろにはWOWOWでの放送もあると思い行きませんでした。

 そこで、どうせなら、エピソード1から事前に観ておいて、最後に新作を観ることにしたのです。
妻の外出機会も少なく、この時期からスタートしておかないと間に合わないと、昨日エピソード1を
観ました。

 ということで、スターウォーズはご紹介の必要もないと思いますので、今日は大画面TVのことを
少し紹介します。

 購入したのは、パナソニックの最新の4K対応の65インチTVです。
 昨日のスターウォーズもプロジェクターではなくテストの意味もあって、このTVで観てみました。
プロジェクターの画面はおそらく70インチ以上はあるので、一回り小さいイメージですが、リビングで
観るにはそれなりの迫力があります。
 もっとも、アクション系の映画はこれからも、プロジェクターも活躍することにはなると思います。

 実は、大画面TVは購入を予定していたのですが、1年以上先と考えていました。
 それは4K放送はまだ規格が決まっていないのです。NHKもやっと試験放送を開始したところです。
おそらく、規格が決まって正規の4K対応のチューナー付きのTVが発売されるのは、早くて1年後くらいかと
思います。

 また8Kも予定されています。ということで、技術開発状況を見ながら決めようと思っていたのです。
ところが、先月あたりだったと思いますが、パナソニックが液晶パネルの生産中止(9月末)を発表したのです。
そこで、出来れば純国産のTVをと思っていて、生産中止前に急遽購入することにしたのです。

 もっとも、国産パネル生産をしているのは、あとは台湾のフォンファイに吸収されたシャープだけで、液晶TVで
定評のあるソニーや東芝も海外のパネルですから、TVの技術の根幹はパネルではなく、別のところにあるようです。

 ともあれ、国産にこだわって、パナソニックの大画面TV購入しましたが、4K対応チューナーが付いていなので
規格が決まり4K放送が開始されたら、4K対応のブルーレイレコーダーを新たに購入する予定です。
 加えて、現在のAVアンプも4K対応の物に変更予定です。これが最後の贅沢となると思います。

 8Kはどうするか?ですか。おそらく、8Kは諦めとなると思います。



 

 
 
コメント (4)

自宅映画:小さいおうち

2016-07-27 10:09:58 | 映画


 リビングのTVを大画面TV(65インチ)に変えました。

 これまで自宅映画館と言えば、プロジェクターを使って、WOWOWで放送したアクション物などの洋画を
妻が外出した時に観ていたのですが、WOWOWでは当然邦画も放送していて、観たい映画を沢山録り溜めていました。
 やはり映画は大画面で観たい、邦画なら妻も一緒でも観られるということで、いつかは大画面に、
と思っていたのですが、ついに決断しました。(TVそのもののことは、あらためてご紹介したいと思います。)

 そこで最初に観たのが「小さいおうち」です。

 なぜこの映画だったのかは、別に映画の内容が気に入ってという訳ではないのです。それは、「黒木華」の
出世作ということだったのです。
 TVドラマはNHKの朝ドラくらいしか観ませんが、「花子とアン」で知って黒木さんがちょっと気になる存在になり
「天皇の料理番」でそれが決定づけられました。
 そんなわけで、彼女の映画を観てみたいと思い、WOWOWで放送された時録画しておいたものです。

 今朝、ネットで調べて初めて知ったのですが、この映画は直木賞作品の映画化だったようです。内容はタキという
おばあちゃんの回想録で、戦前タキが女中さんをしていた家の奥さんの恋愛(今年はやりの不倫)を扱ったものです。

 映画は、ほぼタキが女中さんをしていた山の手の「小さな赤い屋根の家」を舞台に進みます。特別な盛り上がりもなく
淡々と、不倫映画にも関わらず何となくホンワカと進行します。
 こういったところはさすがに「山田作品」ですね。2時間半と結構長い映画ですが、その長さを感じさせないのも
さすがの気がします。

 結局、妻もいましたが、妻は用事をしていてほとんど観ていなくて、一人での鑑賞となりました。

 いつものアクション物とは全く別次元の映画ですが、映画の楽しさを広げてくれました。




コメント (4)