STEP WORLD LL日進駅前教室

ステップワールド英語スクール LL日進駅前教室:講師のブログ

英検の勉強 何をがんばる!?

2021-12-29 02:09:39 | 英語教室

英検の筆記問題を“がんばる!?”

 教室に長く通っている皆さんの多くは、英検のリスニング問題の方が筆記よりも易しく感じるはずです。それは問題ありません。もちろん、筆記もリスニングほどでなくても、出来た方が良いです。

 以下、小学生クラスの生徒さん達とよくあるやりとりです。

私:「筆記はリスニングよりも難しいでしょどうすれば良いのかな

生徒:「がんばって筆記を勉強する

私:「どうやってがんばるの

生徒:「たくさん読む

私:「でも読み方が分からない単語が多いんじゃない?

生徒:「じゃあ、書いて覚える・・・。」

私:読み方の分からない英語を書いても意味があるのかな

 「大切なのは、いつものテキストやCDを使った日頃の勉強だよ。いつものテキストやワークに出て来る英語は、英検に出てきている問題と似たような英語が出てきているよね。英検の練習問題ものっているでしょ。」

 

まず日頃の学習が大切です!

 日頃の学習(いつものテキスト&CDなどを使用した学習)を確実に行っている皆さんは、いきなり英検の過去問題に取り組んでも、合格基準に達する位に出来ています。

 

過去問題も取り組みましょう! 

 もちろん、過去問題も取り組んだ方が良いです。問題のパターンに慣れるという意味では、より確実になります。

 特に、リスニングのCD(音声)を繰り返し聞いて、覚えてしまう位に何度も台本を読む練習をしましょう。リスニングに出ている単語&熟語は、筆記にも沢山出ていますので、リスニングの音読練習をすれば筆記にも強くなります。

 しかし、過去問題ばかりやっていても、英語力が飛躍的に伸びる訳ではありません。日頃のテキストを使った学習を抜きにして、過去問題ばかりやっても、しっかりとした実力は身に付きません。

 

さらに詳しいことは、教室で配布している「教室NEWS」やブログなどに掲載しています。

「英検のために何を勉強するのでしょうか?」

https://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/73dab401352674069163361faecff68f

 

(水野克哉)

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 英検のために何を勉強するの... | トップ | 幼&小&中&高クラスの学習内容 »