宇宙麻雀理論

Welcome to the game!

トップ獲りの押し引きとは?

2017-08-07 20:20:01 | 列伝
自分37000南家13000北家10000北家40000以下の捨て牌で対面から立直が入る。上家は二副露している。ドラ 十一順目ここで何を切るだろうか?大抵の人はを切るのではないだろうか?でも、ここでの切りはトップ取り麻雀なら甘すぎる選択である。言うまでもなくここではを切るべきなのだ。中途半端には一番ダメであろう、だってカンも全然考えられるので、筋なんか当てにしてはならない。何せがアンコ期待なんてほ . . . 本文を読む
コメント

相手の思考を先読みする押し引き

2017-05-18 20:19:20 | 列伝
自分がどうでるかによって相手がどうでるか、そこで押し引きを考える人間もいる。こういう先読みは押し引きを判断する材料に使えるし、時には裏目に出ることもあるが、この考え方は上級者を突き抜けたいならおさえておきたい所である。かなり堅い強い面子が相手であり、こんな局面があった。南一局 北家 16順目 ドラ3順くらい前に一枚切れのカン待ちで聴牌しており、をツモって切りで生牌のカンで黙聴をし続けた。ここでツモ . . . 本文を読む
コメント

ドラ対子を叩き切るケース

2017-01-17 20:32:41 | 列伝
親 八順目 ドラツモ 赤は入っている。何を切るかだが、、、ほとんどの人間が筒子か索子に手が掛かりそうである。赤が入ってることも考えると、も普通に思える。これならでもでもどちらでも対応できる。それか打も面白い。こちらでもでもでもどちらでも対応できるし、これなら萬子の伸びにも対応できる。と、誰にも思いつかないような打牌を打ち手はしたのだ。打である。ドラがだとまず、使い切ることを考えるだろう、それに断 . . . 本文を読む
コメント (1)

闇聴の極意

2016-12-24 20:02:41 | 列伝
ちょっと、普通の人間はやらないであろう、特殊な打ち方をする人間がいた。南二 西家 ドラ 八順目くらいである。点棒的には東家14000南家25000西家25000北家36000くらい。 場にはが1枚飛んでるだけである。立直と思いきや、これを黙聴に受けたのだ、黙聴が多い打ち手でもあるが、これは立直でも良いのではないかと。で、チーした上家から打ま、ダマにしてるだけに親流しも . . . 本文を読む
コメント

これこそが勝ちへの執念?

2016-10-11 20:01:42 | 列伝
東場で場況も点棒もフラットである。六順目 親 ドラここからが対面から出て鳴いて、打 はラス牌なので鳴くのも普通ぽいが、ま、私だったら絶対鳴かないであろう。1、もも一枚見えで山に残ってそう。2、ドラがで打ちたくない、鳴いて聴牌した所でほぼ出る形。3、残った牌も割りと鳴けそうではあるけども、なんか安定性に欠ける。で、3順くらいして、ここからをツモりポン  これも少し難しい . . . 本文を読む
コメント

これがハイレベルな麻雀か4?

2016-09-02 19:14:32 | 列伝
こんな局面があった、十一順目くらいから親リーチが入る。自分は以下のような仕掛けをしている。ラス前ドラ  ツモ チー  ポン 点棒的には以下のような状況東家10000南家20000西家30000自家40000親リーには萬子が一切通っておらず、は1枚切れ、が現物である。和了連荘だしこんな形では勝負ならないので、を先に切りたくなるだろう。が現物になれば、形聴も . . . 本文を読む
コメント

これがハイレベルな麻雀か?3

2016-08-25 20:23:54 | 列伝
この打ち手、枚数や確率にも相当強いが放銃にも結構厳しいものがあり、リーチに対しての凌ぎ方にもハイレベルなものがある。 相手の手牌まで見越して凌ぐことを考えているのだ。 例えば自分の手牌以下のような感じで以下の捨て牌、()()()は後に通った牌、とりあえずを切るだろうか。真っ直ぐいっても良いだろうが、打ち手も私もそうする。で、次にが通って→打ち手は現物切り→下家が左端からを1 . . . 本文を読む
コメント

これがハイレベルな麻雀か?2

2016-08-24 19:33:16 | 列伝
東2局 西家 ドラ ツモが下家が場に1枚切っており。もも生牌だ。愚形でも2600ならリーチというセオリーから言うと、ここで曲げたくなるだろう。何と打ち手はここで現物のを切りダマにした。別にこういう聴牌を一々黙聴にするタイプでもなく、愚形でも2600ならリーチというセオリーを理解しているタイプだということである。理由としては以下のような感じだ。1、が場に1枚切れており、そんな分の良い待ちではない。 . . . 本文を読む
コメント

これがハイレベルな麻雀か?

2016-08-04 22:41:32 | 列伝
親がを鳴いており、捨て牌にが切れている。十順目くらいだっただろうか。ドラは 自分は西家 ポンここからツモ ほとんどの人間はツモ切るのではないだろうか? で、何とここから打としてしまう。で、親の手牌は ポンとなっていた。私だったら100回打って100回を打つ。も場に1枚も切れていなく。待ちだけだと和了易さに差が出るはずだ。なぜを切ったのかというと親の . . . 本文を読む
コメント