いきいきライフこれからだ

やっと秋の気配が感じられるようになりました。
外に飛び出して、自然と仲良く遊びましょう。

久しぶりの青空の下で

2017-10-30 10:51:16 | 日記

この10月の土・日は雨続きで、土・日に開催されるイベントが中止になりました。そのため、開催予定のコンサートや観察会も中止になり、ブログのネタに困りました。
なので、先日の久しぶりに青空がのぞいた日万博に出かけると、結婚式の前撮り写真を撮っている方たちがいました。写真撮影とブログへの掲載をお願いしたところ承諾を頂きました。

   

とても幸せそうなお二人で、これからの未来が開けているようでした。お幸せに

先日、花壇に植えていた花の苗が、きれいに咲いてきていました。

  

鳥たちも、久しぶりの青空を喜んでいるようでした。

  

END

コメント

台風の後の万博

2017-10-27 13:44:57 | 日記

昨日久しぶりの青空に心惹かれ万博に行きました。驚きましたね、至るところに通行止めのロープが張られていました。

  

一番のショックは西大路の、あの大木のプラタナスが倒れていたことでした。あちこちで後片付けがされていました。

  

片付けには業者の人たちが入っていましたが、まだまだ人手が足りず、片づけ終わるのには何日かかるか目途が立たない状況だとか。

 

でも、ながい雨のため遠足が延期されていたのでしょう、幼稚園や小学生の元気な子供たちが、万博にあふれていました。

  

  

  

子どもたちや先生方も、待ちに待った青空の下で、楽しい遠足になり良かった、良かった。

END
 

コメント

台風一過 我が家の花たち

2017-10-26 09:48:18 | 日記

すごい台風でしたね。家が吹き飛ばされるのかと思いました。これほど怖い台風は初めてでした。
朝、花たちを見ると、案の定かなりの花が傷められていました。ペチュニアは半分になっていました。
そして、ダリアの花はすべて飛ばされ、跡形もなくなっていました。

残された花たちを紹介します。

         小菊                       百日草             ストック(11月ごろ花をつけます)

  

 コスモス(万博で頂いた苗です)     ルピナス(来年の春花が咲きます)    ガザニア(とても強い花です)

  

ダリア(かろうじて残った花です)    ペエチュニア(大部分が風に飛ばされました)   百日草(百日ぐらいは咲くのかな)

  

今日は久しぶりに青空です。今から万博に行って自然に親しんできましょう。

END

    

コメント

民博の縄と綱

2017-10-24 16:15:22 | 日記

国立民族学物館に展示されている「縄と綱」について紹介します。

「縄と綱」 説明書きより

縄目や結び目に呪術的な威力を込めようとする考えは、しめ縄をはじめ、さまざまな縄と綱の造型を生んだ。
それを飾ることは、聖域の証であり、競技や芸能の扮装にこれをもちいるのも、超人的な力の表現であった。

  道祖神の仮面 長野県長野市           やんなごっこのみこし 神奈川県大磯市  
   
        

     正月のわらづな 滋賀県長浜市                  婚礼のしめかざり 岐阜県高山市

           

   婚礼のしめかざり 愛媛県久万高原町                 歌舞伎の仁王襷 大阪府大阪市

       

      相撲の横綱 東京都台東区

  

END

コメント

オペラ 鬼娘恋首引(おにむすめこいのくびびき) 

2017-10-22 14:40:09 | 日記

10月21日(土)山二公民館にて、台本:茂山千之丞 作曲:鈴木英明のオペラ「鬼娘恋首引」が、テレビ上映されました。
私は、オペラなるものを最近見た記憶がなく、ひょっとしたら初めてだったのかもしれません。

鈴木英明先生が進行をしてくださいました。  

   

はじめはちょっと緊張しましたが、見終えると、面白くそして楽しかったというのが感想です。最近私は耳が遠くなり、マイクを通した声は聴きづらく、内容が理解できるか不安でしたが、いただいた資料と演じられた方々の素晴らしい表現力で、楽しく見ることができました。

あらすじ(2009年の「公演プログラム」から引用)

二枚目の伊呂波匂之助は道を間違えて山の中でウロウロ。そこに出てきたのが鬼の親分・素天童子。
娘の番茶娘も年頃、一人前になるには人間を食わせねばならない。
手ごろな人間を探していたところ運よく匂之助に出会い、素天童子は彼を捕らえて食べさせようとする。
ところが、娘は匂之助に一目惚れ。大きな岩をお手玉代わりにする娘が、恋のせいで何をやっても勝ち目なし。
とうとう双方が、首に綱を巻き付けて首での綱引きとなる。勝てば匂之助の命は助かる。
さあ、お立ち合い。勝つのは素天童子か匂之助か、山全体を揺るがしての大綱引き。果たして勝負はいかに。

    

    

    

  

END

 

 

コメント