Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

初対面!待ってたよ!Husqvarna FE250 2020 Model 開梱式~!

2019年09月19日 | Husqvarna

YOです!

YOYO初上陸!2020モデルの Husqvarna FE250 です!

国産モデルでハイパフォーマンスなオフロードモデルとして、YAMAHA WR250R が長きに渡り支持されて
来ましたが、残念ながら生産終了となり、国産モデルとしてはHONDA CRF450L/CRF250L、そしてYAMAHAの
長年のベストセラーSEROW 250と、軽二輪以上の軽量モデルとしてはこの3機種に絞られる?かと思います。
10月にはKawasakiからKLX230が発売されると聞きましたので、選択肢が増えるのは嬉しいですね!^_^

 

★整備性も向上しています。エキパイが分割式になった事で、とても外し易いと思います。

 

そしてWR250Rは、中古車市場でも高騰している現在では、KTM / HusqvarnaのENDUROがとても身近な存在に
なってきているのも納得です。。。でも、用途はあくまでもENDUROモデルですので、一般市販車とは違って
使い難い事も多々ありますし、車高の高さもネックにはなりますよね。しかし、同じオフロードモデルとして、
純粋にダートを楽しむには、この装備が安全面でも必要だったり、ダートを楽しむ為にアイテムは殆んど装着されて
いるので、後々カスタムする必要が無いんです。もちろん、更にマシンやライダーを守るオプションも充実して
いるのも、KTM/Husqvarnaの良い所なんです!

★BLACKのサイレンサーは、チョッと転ぶと痛いかなぁ~(笑) でもカッコ良いから仕方ない!

 

そして、今回入荷したHusqvarna FE250は、ある意味ENDUROモデルのスタンダードモデルとも言えるモデルで、
水冷4サイクル単気筒インジェクション、そしてトラクションコントロールなど、あらゆる面でライダーに優しく、
頼もしい存在であること間違い無しのモデルなんです。WPの前後のサスペンションは、2020年で更にソフトに
粘り強く、何事も無かった様に大きなギャップをクリアーしていきます^_^。エンジンだって、250ccとは思えない
低速から高回転まで伸び切るパフォーマンスは最高です!

このFE250をお買い求め頂いた時に、最低限必要なオプションは、

  • 巻き込み防止の為の、フェンダーレス加工

この1点だけ作業すれば大丈夫です!もちろん色々なプロテクション部品はご用意していますが、シンプルに
スタートされて、必要に感じた物だけを、徐々に装着していく事も、オフロードバイクステップアップとして経験
していかれるのも良いと思いますよ。

 

★WP XPROR サスペンション。リヤは少し硬めです。

 

エキパイの中間パイプがお魚みたいに縦長になっています。

 

★リヤリンク廻りです。2019とは全て違います。

 

★サイドのエンジンハンガーが良い形しています!

 

★フロントは少し柔らかい様な気がしますが、この位が良い感じです!

 

★テールライトが変わりました。レンズにHusqvarnaのロゴが。。。こんな事すると惚れちゃうじゃないけ!

 

Husqvarna EDモデルにはフロントプリロードアジャスターが標準装備です

 

★綺麗なボルトです!

 

★新デザインを施したラジエータシュラウド 電動ファンも標準装備です。

 

 ★エキパイ側のエンジンハンガーはとても匠的な形状です^_^

 

 ★黄色がチョークで、赤がアイドリングアジャスターです。

 

そして、今回の便でご注文頂いていましたS氏が、早速お立ち寄り頂き、開梱式を開催致しました!^_^
ご自身でダンボールをカッターで切ってバラし、日本人が初めてFEに触る事がオーナーとしての最高の喜び!^_^
そして、日本の地に降り立った時の感動は最高ですよね!

 

 ★ タッチ!

 

Sさん!FE250からFE250へのお乗換え、GoodJobです!前のFEからの感覚の継承が出来るのは、腕を磨くことの
最大のメリットです!250 4サイクルエンジンの素直なモデルを、愛馬として末永く可愛がってあげて下さい!

ありがとうございました!納車まで今しばらくお待ち下さい! 

10月のDOAは新型のFE250で楽しみましょう!^_^。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« DUNLOP 月刊オートバイCUP!ジ... | トップ | 日野カントリーでのワンショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿