豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート 及び 美人画あれこれ

日本の名作文芸と東西の名画の自作豆本の内容紹介のほか、その資料として集めている東西の美人画をいろいろ紹介しています。 

読書美女

2012年10月31日 | 今日の美女

 中山忠彦                  黒田清輝               山下新太郎            飯田裕子
      

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント

読書美女

2012年10月30日 | 今日の美女

 Robert James Gordon             J.L.Stewart                 T.de Lempicka
    

 P.A.Renoir                    Charles Edward Perugini            A.Kauffman
    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村


  
コメント

読書美女

2012年10月29日 | 今日の美女
 二番目の女性は「洋行したい」というので読書というより、語学の勉強。

 柳々居辰斎             月岡芳年              菱田春草              上村松園
      

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村



コメント

読書美女

2012年10月28日 | 今日の美女
 読書週間ということでもあり・・・
 
 最後のお二人さん、もっと目から本を離して。

 Rembrandt                       Leon Francois Comerre           Albert Lynch
    

 Poynter                           Joh Lavery                    Franz Eybl
    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村





  
コメント

Veil 2

2012年10月27日 | 今日の美女
 顔を覆うといってもいわゆる覆面とは違って、やはり顔は見えなければつまらない。
 で、今回はヴェールを下したのを中心にした。

 Alexander Roslin                P.A.Renoir                    Henri Matisse               
    

 Jacques Emile Blanche          Edmund Charles Tarbell           Henry Robert Morland
    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント

Veil

2012年10月26日 | 今日の美女
 物事はすべて剥き出しのあからさまがいいわけではない。
 隠された見えない部分や見えにくいものが想像を掻き立て物事に陰影を与え深みを増させる。
 女性また然りで、ヴェールというのもそういう役割を担うものだろう。
 似たようなことは以前「夜目遠目笠の内」として述べたことがある。
 しかしヴェールといっても今回は顔を覆っていないもの中心である。
 
 Raphael                      Diego Velazquez              Mary Cassatt
    

 Angelica Kauffmann               Gustave Doyen                Eugene de Blaas
    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村





  
 
コメント

海老名正夫「源氏五十四帖」の豆本

2012年10月25日 | 豆本
 今月二冊目の豆本は、日本画家海老名正夫の「木版 源氏五十四帖」。
 源氏の場合はパターンが決まっているので、下拵えが終われば、比較的簡単に短時間で出来上がる。

     

   桐壷                                        若紫
  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村





コメント

読書女性

2012年10月24日 | 今日の美女
 昔日中国女性亦読書
      

      

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村



コメント

聖美女追加 2

2012年10月23日 | 今日の美女

 聖ドロテア  籠に入れた果物や薔薇の花                聖ウルスラ  胸のところの矢
 Lucas Cranach            Giacomo Cestaro            Francisco de Zurbaran     Marcantonio Franceschini
     

 聖バルバラ  幽閉された塔(三つの窓)               聖ルチア サンタルチア 刳り取られた二つの眼だま
 Michele del Ghirlandaio       Giovanni Antonio Boltraffio    Francisco de Zurbaran
     

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村

コメント

聖美女追加

2012年10月22日 | 今日の美女
 既述以外の聖女で、よく描かれる聖女を、そのアットリピュートとともに紹介する。

 聖アグネス 名前の agnes の関連で子羊                      聖アポロニア 抜かれた歯を挟んだヤツトコ
  Itary 派                 Onorio Marinari               Carlo Dolc              Guid Reni     
     

   
 聖ヴェロニカ キリストの汗を拭いた布に現れたキリストの顔           聖アガタ 切り取られた二つの乳房
 El Greco                   Guid Reni                    Niccolo de Simone        Francisco de Zurbaran
     

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村



コメント

五人の聖女のおさらい

2012年10月21日 | 今日の美女
 聖女を描いた名画はたくさんあって私の集めたものだけで350点ほどあり、うち270点がこの五人である。そして100点がマグダラ、チェチーリア70、アレキサンドリア60、後の二人が20ずつである。
 聖女やミューズのように複数の同じような人物を区別するためにアットリビュート(付属物・持物)を添えて描かれる。マグダラは「壺・頭蓋骨」、アレキサンドリアは「車輪・王冠・書物」、シエナ「百合・聖痕」、マルガレーテ「龍」、チェチーリァ「楽器」、そして共通して殉教者を示す椰子の葉や十字架などである。
 ところで、最後の二人は「聖女」とあるだけで持物もないので、誰であるか特定できないものである。
 
 
 マグダラのマリア                          聖マルガレータ
  Andrea Del Sarto             Anthony F. A. Sandys             Albrecht Durer           Peter Candid
      
  

 アレキサンドリアの聖カテリーナ                 シエナの聖カテリーナ   
 Carlo_Crivelli               A. Gentilesch                 作者未詳
       


 聖チェチーリア                          聖 ?
 Pietro da Cortona            Simon Vouet                 Leonardo da Vinci         Pietro Vannucci Perugino
      

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村



  

コメント

読書する女

2012年10月20日 | 今日の美女

 歌川国芳               喜多川歌麿             渓斎英泉             歌川豊国
      

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村

コメント

読書する女  PICASSO

2012年10月19日 | 今日の美女
      

  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村





コメント

Emile Vernon の豆本

2012年10月18日 | 豆本
 花と美人のエミール・ヴァーノンは以前登場していて、薔薇と美女で、特集も組んでいる。( 5月27日 )
 女の子の作品も加えて総数96点で、あちこちで目にする彼の作品はたいてい収まっていると思う。



      

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村





コメント

Saint Margaretha

2012年10月17日 | 今日の美女
 聖書中で描かれることの多い聖女はいろいろいるが、聖マルガレータも人気のある人のようである。
 時の権力者からの求婚を拒絶して拷問を受ける。牢の中で龍になった悪魔に呑み込まれるが、持っていた十字架により腹を裂いて無事脱出する。結局は斬首されてしまうのだが、彼女も実在性が疑われている。
 絵は龍の腹から出たところを描き、足下には龍を踏んでいるものが多い。

 Guid Reni                     Raphael派                Titian
    

 Giulio Romano             Antoine Auguste Herbert    Adriaen van der Werff        Fetti Lucrina
        

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村







コメント

プログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村