神社おそうじ隊、見参!公式ブログ

カタチ以前にある「いのち」への感謝。 天の恵み 地の恵みへの感謝を、一緒にお届けしませんか?

神社おそうじ隊、見参!

人のカラダは宇宙そのもの。 そして人のカラダは神聖な魂が宿る神社そのもの。
新世紀の「神社」認識とは、その土地に存在する神社だけを指すのではなく、人そのものが神社、すなわち 「 動くパワースポット 」。 その大切な社(やしろ)である肉体、そして人の思考や行動が調和で満たされることにより、関わる全てが明らかなる変容を遂げます。 自らの心身を健やかに保ち自己実現することこそ、関わるすべての人・場所・物の保持する磁場が健やかに保たれることとなり、それすなわち地域が、日本が、そして地球が、太陽系が、そして宇宙にまで、その調和波動が遍く届いてゆくこととなります。
「共生・協調・調和」 をメインコンセプトに、 神職介添えのもと『 社(やしろ)』そのものである“ 人・場所・物 ”に神道的アプローチにより働きかけ、それに連なる地域→日本→世界→地球→宇宙の調和が図られる、というのが Planetary Work の種子。 一人一人小宇宙である実体を、神社などの縁ある土地に運ばせていただき、相互交流させていただくことにより、つつみ気枯れが祓われ、人も土地も物もすべてが本来の輝きを放つ、というのが神社おそうじ隊の種子。 すべての意と土地と人とを、神職が那珂執り持ちさせていただいています。
現在日本全国各所に鋭意見参中。 清祓ワーク、及び清祓ノ儀での御玉串料、およびワーク代は、プラネタリーワーク活動支援費として運用させていただいており、その一部は神社おそうじ隊が活動する中で、全国の地域・神社に納めさせていただいております。


 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016年2月7・8日 『神社おそうじ隊 熱海・箱根見参!』 その5

2016年02月16日 | 2016.2.7・8 熱海・箱根
2016-02-16 | 神社おそうじ隊 2016

『伊豆山神社・本宮社』
御祭神 正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊 拷幡千千姫尊 瓊瓊杵尊


早朝、旧暦初日の出を期し登拝。
伊豆山神社社殿の脇は登山道への入り口となっており、そこから入山。

十数分ほど歩くと、「白山神社」が鎮座している。
(今回、写真撮影したものの・・・真っ暗
この地では、病気平癒の神として知られるらしい。
御祭神は、菊理媛命(ククリヒメノミコト)。

そこからさらに登ると、ほどなく「子恋の森公園」に。
伊豆三勝と名高く、「古々井」「古々比」ともいうそうです。
この公園を抜け、車道に出ます。
すると・・・



鳥居が見え、そこに『結明神・本社』が鎮座。
御祭神は日精・月精、男女の縁結びの神としてつとに有名。

ここからさらに登っていくと



このような鳥居が見えてきます。
こちらが本宮社。

早朝参拝、および大祓詞奏上をこちらで。


朝食の後、早速出発。

途中、十国峠で休憩しつつ、箱根へ。

富士山。




『箱根神社』はこちらから。

御祭神・箱根大神は、瓊瓊杵尊 木花咲耶姫命 彦火火出見尊 三神の総称。


九頭龍神社 新宮の横には古代山岳信仰の名残りをとどめる通称安産杉
古代祭祀の象徴たる神籬(ヒモロギ)として崇めてきたといいます。
神籬とは、神道において祭祀の際、神の降臨のための依り代の事。

『箱根神社』から車で数分、とある駐車場から徒歩で行くのが…

『九頭龍神社・本宮』
御祭神 九頭龍大神
芦ノ湖の九頭龍伝説(龍神信仰)を今に伝える神社。
現在は、恋愛成就の神として、つとに知られる。
この日も、一人芦ノ湖を歩いてきて参拝する女性が目立った。



『白龍神社』
御祭神 白龍大神
「おそうじ隊」としては、こちらの神社を箱根・龍神信仰のコアと捉えます。


また、湖岸ということもあり、配置されていた『弁財天社』
御祭神は市杵島姫命。


ここ、九頭龍神社・本宮への行き方は結構分かりにくいので、簡単に概略を


【ザ・プリンス箱根】の駐車場の脇に「神山通り」という道があります。
 
この道を15分くらいひたすら歩くと、

という看板が見えてきます。
ここから中に入って(有料)参拝となります。

また、駐車場と駒ヶ岳ロープウェイは隣接しているので、そのまま『箱根元宮』にも参拝可能。


『箱根元宮』
御祭神 箱根大神

「駒ヶ岳は北に霊峰神山を拝し、古代祭祀=山岳信 仰が行われたところ。その起源は、今から凡そ2400年前、人皇五代孝昭(こうしょう)天皇の御代、聖占仙人(しょうぜんしょうにん)が、神山に鎮まります山神の威徳を感應し、駒ヶ岳山頂に神仙宮を開き、次いで利行丈人、玄利老人により、神山を天津神籬(あまつひもろぎ)とし、駒ヶ岳を天津磐境(あまついわさか)として祭祀したのに始まる。・・・」(箱根神社HPより)


外国人観光客多数の中、丁寧に参拝。
頂上だけに残雪もあり、氷の世界が広がっていました

  


今回は、ここまで。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました

熱海、箱根というと、関東では有数の観光地ながら、そこにはじっくり地域に根付いた歴史があり、神社が祀られています。
広さという尺度で測れば、確かに限局した、スケールに欠けた観は否めず、神社フリーク(いるのか)からすれば、そういう意味でのオモシロみには欠けるかもしれません。

けれど、

やはり、そこで生きてきた人や森、湖などの歴史が確かに刻まれ、力強い息吹が躍動しています
観光地、温泉、・・・という一般的な切り口ではない、「神社」という視点からこの一帯を捉えると、また通説とは違った見方、考え方もできますね

ちなみに「神社」は、「神頼み」するところではないですから。
自らの「意」…想いを「宣る」…宣言するところ。

そこのところ、大切です


コメント

2016年2月7・8日 『神社おそうじ隊 熱海・箱根見参!』 その4

2016年02月13日 | 2016.2.7・8 熱海・箱根
2016-02-15 | 神社おそうじ隊 2016

『御神木 大楠』(国指定天然記念物 平成四年環境庁調査による本州一位の巨樹)

『來宮(きのみや)神社』の御神木。
樹齢2000年、「神の御魂にお降り願う木」として古くから知られる。
江戸末期までは現在の「來」ではなく「木宮明神」と称し、熱海郷地主の神として地域では古くから信仰されている。
全国四十四社、「キノミヤジンジャ」の総社。(以上、御由緒より)



御祭神 大巳貴命(おおなもちのみこと) 五十猛命(いたけるのみこと) 日本武尊(やまとたけるのみこと)


また、こちらの神社の前に参拝させていただいた『耳石神社』には、


スダジイが、その威容を誇っていました。


三島から熱海へ向かう道すがら、昼食でしたが・・・

“風の谷のビール”という、自然食に詳しい方には知られる地ビールの工房のある「酪農王国 オラッチェ」に。
あ、ちなみに、僕は運転しないので、遠慮なくランチビール



『湯前(ゆぜん)神社』

式内社の「久豆弥神社」の論社。
927年に纏められた律・令・格の施行細則を集成した法典「延喜式」の巻九および十のことを延喜式神名帳といい、これに記載されている神社を「式内社」と呼び、その社数は二千八百六十一あります。
「論社」とは、この式内に記載された神社が現在判然とせず、またそれに類する神社が複数あるような場合にこう呼びます。

御祭神は少彦名神。

社前には

熱海温泉本来の源泉とされる「大湯」が湧出しています。
ちょうどこのような例大祭の記事を見つけました。





『走湯(はしりゆ、あるいはそうとう)神社』
この社殿の下に、

「走湯温泉跡」があります。
中に入ることもできて、奥まで進むと

このように温泉が。
温泉地には、このように湧出する温泉そのもの、もっといえばそれを為す何がしかの力を神と崇め、神社を建立していることはよくあります。

かつては一昼夜に七千石(1296t・毎分900L)の湯を噴き出していたといいます(現在は毎分180L)。
コメント

2016年2月7・8日 『神社おそうじ隊 熱海・箱根見参!』 その3

2016年02月13日 | 2016.2.7・8 熱海・箱根
2016-02-13 | 神社おそうじ隊 2016

『伊豆山神社』

明治になり神仏分離の原則によって改名された神社は、実は数多い。
関八州総鎮護、源氏の守護神として名高い「伊豆山神社」も、そうした社の一つです。

「…古来は伊豆大権現、走湯大権現、伊豆御宮とも走湯社とも称され、略して伊豆山又は走湯山と呼ばれていました」
(「伊豆山神社』ウェブサイトより)


この走湯山、そして、山王、春日、熊野三山、祇園三所、熱田、蔵王などが平安以降、「権現」と称された神々。
「権現(ごんげん)」の「権(ごん)」とは「仮の」といった意味で、“権化(ごんげ)”“化現(けげん)”ともいい、“神は仏が日本の衆生を救済するために仮に姿を変えて現れたもの”とする本治垂迹説の背景のもと、中世にはこの「権現」を称する神社は広まっていったといいます。

御祭神は、火牟須比命(ほのむすひのみこと)、伊邪那伎名(いざなぎのみこと)、伊邪那美名(いざなみのみこと)の三柱を祀った伊豆大神とされます。

ちなみに、伊豆山は熱海市東部にあり、古くから海岸に走るが如き温泉が湧き出ていたことから、走湯山(そうとうざん)とも呼ばれていたそう。
つまり、その地底には、42℃以上の高温の源泉がその9割を占めるとされる熱海の温泉がグツグツと・・・。



古くから赤白の龍が棲まうといわれる伊豆山。
今回は、この伊豆山神社、そして、その本宮への早朝登拝(旧暦初日の出)を期して、見参!いたしました。






伊豆一ノ宮『三嶋大社』
源頼朝が源氏再興を祈願したことで知られる。
この地域での信仰は篤く。この日も日曜だったこともあり、参拝に行列する必要がありました。

御祭神

大山祇命[おおやまつみのみこと]、
積羽八重事代主神[つみはやえことしろぬしのかみ]、
御二柱の神を総じて三嶋大明神[みしまだいみょうじん]と称す。

境内にある樹齢1200年の金木犀の大樹は見事の一言。


また、こちらには



鹿苑があります。



「熱海・箱根見参!」、ここより始まる

コメント

2016年2月7・8日 『神社おそうじ隊 熱海・箱根見参!』 その2

2016年02月10日 | 2016.2.7・8 熱海・箱根
2016-02-10 | 神社おそうじ隊 2016
明治5年(1872年)12月3日、「陰暦」は廃止。
この日を明治6年1月1日とすることにが決まり、現在の日本で採用されている暦、「太陽歴」は始まりました。
この時から、「陰暦」は『旧暦』、ということになったのです。

『旧暦』とは「太陰太陽暦」のこと。
月の一年(354日)と太陽の一年(365日)の11日の差を活用した暦。
4000年くらい前から中国の黄河流域で使われ始め、6世紀中頃に日本に伝播したようです。

ちなみに、「太陽歴」は「新暦」と呼ばれ、太陽の運行を基準としたもの。
「太陰歴」は、月の満ち欠けのサイクルを基準としたもの。
そして、「太陰太陽暦」は、上述のように月と太陽、その両方の運行を取り入れた暦です。

この「太陰太陽暦」『旧暦』の大晦日から元旦。
今回の『神社おそうじ隊 熱海・箱根見参!』は、この2日間に行われました。


今回の見参!(参拝)させていただいた神社は、

三嶋大社 耳石神社 皇産霊神社 来宮神社 湯前神社 走湯神社 伊豆山神社 
伊豆山本宮 箱根神社 白龍神社 九頭龍神社・本宮 箱根元宮


「おそうじ隊」としては、かなりゆったりとしたペースでの巡拝でした。
けれど、余裕を持った参拝であることで、ひとつひとつ印象深く心に残ったようにも、思えます。



伊豆山神社本宮


箱根神社


箱根神社・芦ノ湖畔


箱根元宮


箱根元宮・駒ヶ岳山頂にて


コメント

2016年2月7・8日 『神社おそうじ隊 熱海・箱根見参!』 その1

2016年02月09日 | 2016.2.7・8 熱海・箱根
2016-02-09 | 神社おそうじ隊 2016


奈良時代、箱根の万巻上人が、海中に沸く熱湯によって魚類が焼け死に、甚大な被害を被っていた漁民たちの訴えを聞き、祈願によって泉脈を海中から山里へ移し、「この前にお社を建てて拝めば、現世も病を治す、来世も幸せに暮らせる」と人々に説いたと伝承されています。この源泉が現在の大湯であり、そのお社は薬師如来と少彦名神をお祀りしてこの地の守り神とした、湯前権現(現在の湯前神社)であるといわれています。
また、「熱海」と書いて、「あたみ」と読むこの地名の由来は、海中より温泉が凄まじく沸きあがり、海水がことごとく熱湯となったため、「あつうみが崎」と呼ばれ、それが変じて「あたみ」と称されるようになったと言われています。(熱海市役所ホームページより)


旧暦の大晦日から年明け、初日の出まで。
2016年、『神社おそうじ隊 見参!』のオープニングは、『熱海』。

『熱海』いえば、“温泉”“海”といったイメージが強いかと思います。
江戸時代、徳川家康公が湯治に訪れ、三代将軍・家光公の時代には、毎年数回、そのお湯を江戸城まで運ばせたといいます。
「熱海よいとこ 日の丸たてて ご本丸へと お湯がいく」…総湧出量毎分約16,600ℓ、42℃以上の高温の源泉がその9割を占めるというから、上記のような謂れも肯けます。

『熱海』に神社・・・というと、あまりイメージできないかもしれません。
けれど、『熱海』も、やはり・・・。

また、正月明けの8日には、『箱根』へ。


古代祭祀が行われたとされる駒ヶ岳山頂。
『箱根大神』を祀る『箱根元宮』を参拝。
眼前には、霊峰・富士山が、雪化粧を纏い現れました。


『熱海』と『箱根』は地理的に隣接していて、十国峠の山道をウネウネ抜ければ、40分前後で芦ノ湖に到着します。
隣接していて、どちらも温泉地として有名ですが、『熱海』は比較的温暖でしたが、『箱根』は寒かった
箱根駅伝で知られていますが、「箱根の山は 天下の険」と箱根八里で歌われるように、その峠は厳しく、また深い。

2日間とも晴天で、スムーズな巡拝ロードとなりました。
今回ご参加いただいた皆様、ありがとうございました

コメント

参加概要

初年度は神奈川県を中心に隔月ペースで各所に見参、4年目を迎えた今年も磐座・巨石参拝をメインに見参中。周る神社やルートなどの行程詳細はお問い合わせください。見参地は決まり次第、ブログやホームページで随時発信してゆきますので、どうぞご確認下さい。

※ 基本事前振込
■ 参加費 日帰り参加:5,000円 2日間:15,000円 3日間:25,000円
■ 中途参加・離脱の場合 : 2日間:10,000円 3日間:20,000円
※ 車出しをお願いした場合など金額に変動があります。詳細はお問合せ下さい。
▼ 前日キャンセルの場合参加費の10%を頂きます。
▼ 就学児以上の年齢による参加費の変動はありません
▼ 現地までの交通費+宿泊費+食事代諸費用は個人負担となります
▼ レンタカーを借りた場合は中途参加・離脱に関わらず人数割(ガソリン代含む)

■ 宿泊手配など詳細はお申込み後ご連絡させて頂きます
◎ 歩きやすい靴、服装、荷物軽量でご参加ください
◎ 御朱印帳をお持ちの方はご持参ください

Planetary Work

神聖なものとは、神社など特定の場所だけに宿っているわけではなく、すべてのものにそれは純然と在りて在るもの。人もまた然り。人が集う場所、物も然り。 それらが生かされるうちに自然に重なる“つみ=包み” “けがれ=気枯れ”を清祓いさせていただくことにより、すべて=宇宙からの慈愛のエネルギーが降り注がれ循環∞し、必要な人・場所・物との縁を結び、縁あるすべてが活性化することの援けをさせて頂きます。

お申込&お問合せ


どなたでも参加できます♪詳細はコチラ お問合せ・お申込みはコチラ