神社おそうじ隊、見参!公式ブログ

カタチ以前にある「いのち」への感謝。 天の恵み 地の恵みへの感謝を、一緒にお届けしませんか?

神社おそうじ隊、見参!

人のカラダは宇宙そのもの。 そして人のカラダは神聖な魂が宿る神社そのもの。
新世紀の「神社」認識とは、その土地に存在する神社だけを指すのではなく、人そのものが神社、すなわち 「 動くパワースポット 」。 その大切な社(やしろ)である肉体、そして人の思考や行動が調和で満たされることにより、関わる全てが明らかなる変容を遂げます。 自らの心身を健やかに保ち自己実現することこそ、関わるすべての人・場所・物の保持する磁場が健やかに保たれることとなり、それすなわち地域が、日本が、そして地球が、太陽系が、そして宇宙にまで、その調和波動が遍く届いてゆくこととなります。
「共生・協調・調和」 をメインコンセプトに、 神職介添えのもと『 社(やしろ)』そのものである“ 人・場所・物 ”に神道的アプローチにより働きかけ、それに連なる地域→日本→世界→地球→宇宙の調和が図られる、というのが Planetary Work の種子。 一人一人小宇宙である実体を、神社などの縁ある土地に運ばせていただき、相互交流させていただくことにより、つつみ気枯れが祓われ、人も土地も物もすべてが本来の輝きを放つ、というのが神社おそうじ隊の種子。 すべての意と土地と人とを、神職が那珂執り持ちさせていただいています。
現在日本全国各所に鋭意見参中。 清祓ワーク、及び清祓ノ儀での御玉串料、およびワーク代は、プラネタリーワーク活動支援費として運用させていただいており、その一部は神社おそうじ隊が活動する中で、全国の地域・神社に納めさせていただいております。


 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆2014.5.17~19 『TAMURATIC指南塾』群馬・榛名合宿 その3

2014年05月26日 | 2014.5.17~19 群馬榛名合宿


『榛名神社』・双龍門。
『榛名神社」は、赤城山・妙義山と共に上毛三山の一つとされる榛名山の神を祀る神社。
創建より1400年と伝わる古社であり、神仏習合が色濃く残る。
荘厳かつ霊妙。

今回の合宿でお世話になる地の霊・神への感謝。

初日。

『愛宕神社』
高崎駅からほど近い神社であり、高崎を地元とされる一期生・Sさんと縁の濃い神社。
御祭神は、

伊弉諾命(イザナギノミコト)
伊弉冉命(イザナミノミコト)
軻遇突智命(カグツチノミコト)


境内末社として、稲荷社、猿田彦社、水天宮

厳島神社

二日目。
早朝。

『御沼�轗(みぬまおかみ)神社』
御祭神は、

高�轗神。
水神であり、龍神。
榛名湖は、永い年月榛名神社の「御手洗沼」として殺生禁断の地であった。



午後。
榛名に隣接する、全国的に知られる温泉地・伊香保。
この地を守護するとされる…

『伊香保神社』

上野(こうずけ)国三宮。
御祭神は、

大己貴命(オオナムチノミコト)
少彦名命(スクナヒコナノミコト)


三百六十五段の石段。

クネクネと神社まで続く。

「豆腐茶房 だんだん」にて、「密のおまかせランチ」を(豆腐づくしでお腹にやさしい)。

稽古までの合間。
「榛名富士」ロープウェーに。
行ってみたらば行列と行列の谷間で、すぐに乗車できました。

頂上。

『富士山神社』
御祭神は、

木花咲耶姫命(コノハナサクヤビメノミコト)


少し下った場所には

饒速日大神(ニギハヤヒノオオカミ)
保食大神(ウケモチノオオカミ)
石長姫大神(イワナガヒメノオオカミ)

も鎮座。


ロープウェー内からの景色。

三日目。
朝稽古にて合宿は終了。

その後に、

『榛名神社』へ。


















御祭神は、主祭神として火の神・火産霊神(ホムスビノカミ)と土の神・埴山姫神(ハニヤマヒメノカミ)を祀る。








高崎の夏の暑さを想像させるような熱気のなか、古墳へ。


『八幡塚古墳』
墳丘の全長は96mで、周堀を含めた全長は190m、幅148m。
6000本と推定される埴輪が並べられていたという。



舟形石棺。

石棺蓋石。

その向かい側に位置する

『二子山古墳』
前方後円墳であり、墳丘の全長は100mあるという。


このあと高崎駅へ。
塾生の皆様にとっては、悲喜交々、さまざまな場面、模様に出会えた三日間だったのではないでしょうか?
今回の経験が、皆様の今後にどのように活かされていくのか、愉しみにしております。

埴輪。

コメント

参加概要

初年度は神奈川県を中心に隔月ペースで各所に見参、4年目を迎えた今年も磐座・巨石参拝をメインに見参中。周る神社やルートなどの行程詳細はお問い合わせください。見参地は決まり次第、ブログやホームページで随時発信してゆきますので、どうぞご確認下さい。

※ 基本事前振込
■ 参加費 日帰り参加:5,000円 2日間:15,000円 3日間:25,000円
■ 中途参加・離脱の場合 : 2日間:10,000円 3日間:20,000円
※ 車出しをお願いした場合など金額に変動があります。詳細はお問合せ下さい。
▼ 前日キャンセルの場合参加費の10%を頂きます。
▼ 就学児以上の年齢による参加費の変動はありません
▼ 現地までの交通費+宿泊費+食事代諸費用は個人負担となります
▼ レンタカーを借りた場合は中途参加・離脱に関わらず人数割(ガソリン代含む)

■ 宿泊手配など詳細はお申込み後ご連絡させて頂きます
◎ 歩きやすい靴、服装、荷物軽量でご参加ください
◎ 御朱印帳をお持ちの方はご持参ください

Planetary Work

神聖なものとは、神社など特定の場所だけに宿っているわけではなく、すべてのものにそれは純然と在りて在るもの。人もまた然り。人が集う場所、物も然り。 それらが生かされるうちに自然に重なる“つみ=包み” “けがれ=気枯れ”を清祓いさせていただくことにより、すべて=宇宙からの慈愛のエネルギーが降り注がれ循環∞し、必要な人・場所・物との縁を結び、縁あるすべてが活性化することの援けをさせて頂きます。

お申込&お問合せ


どなたでも参加できます♪詳細はコチラ お問合せ・お申込みはコチラ