神社おそうじ隊、見参!公式ブログ

カタチ以前にある「いのち」への感謝。 天の恵み 地の恵みへの感謝を、一緒にお届けしませんか?

神社おそうじ隊、見参!

人のカラダは宇宙そのもの。 そして人のカラダは神聖な魂が宿る神社そのもの。
新世紀の「神社」認識とは、その土地に存在する神社だけを指すのではなく、人そのものが神社、すなわち 「 動くパワースポット 」。 その大切な社(やしろ)である肉体、そして人の思考や行動が調和で満たされることにより、関わる全てが明らかなる変容を遂げます。 自らの心身を健やかに保ち自己実現することこそ、関わるすべての人・場所・物の保持する磁場が健やかに保たれることとなり、それすなわち地域が、日本が、そして地球が、太陽系が、そして宇宙にまで、その調和波動が遍く届いてゆくこととなります。
「共生・協調・調和」 をメインコンセプトに、 神職介添えのもと『 社(やしろ)』そのものである“ 人・場所・物 ”に神道的アプローチにより働きかけ、それに連なる地域→日本→世界→地球→宇宙の調和が図られる、というのが Planetary Work の種子。 一人一人小宇宙である実体を、神社などの縁ある土地に運ばせていただき、相互交流させていただくことにより、つつみ気枯れが祓われ、人も土地も物もすべてが本来の輝きを放つ、というのが神社おそうじ隊の種子。 すべての意と土地と人とを、神職が那珂執り持ちさせていただいています。
現在日本全国各所に鋭意見参中。 清祓ワーク、及び清祓ノ儀での御玉串料、およびワーク代は、プラネタリーワーク活動支援費として運用させていただいており、その一部は神社おそうじ隊が活動する中で、全国の地域・神社に納めさせていただいております。


 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014.8.26~28 『神社おそうじ隊 信濃国見参!』 その5(諏訪大社 守矢史料館)

2014年09月08日 | 2014.8.26~28 長野・戸隠

『下社・秋宮』

『下社・春宮』

『上社・本宮』

『上社・前宮』

「諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社です。
信濃國一之宮。神位は正一位。全国各地にある諏訪神社総本社であり、 国内にある最も古い神社の一つとされております。
諏訪大社の歴史は大変古く古事記の中では出雲を舞台に国譲りに反対して諏訪までやってきて、そこに国を築いたとあり、また日本書紀には持統天皇が勅使を派遣したと書かれています。
諏訪大社の特徴は、諏訪大社には本殿と呼ばれる建物がありません。代りに秋宮は一位の木を春宮は杉の木を御神木とし、上社は御山を御神体として拝しております。
古代の神社には社殿がなかったとも言われています。つまり、諏訪大社はその古くからの姿を残しております」
(「諏訪大社」ウェブサイトより抜粋)



夏の上諏訪(諏訪湖)では、7月末から8月最終日まで毎晩花火が観れます。

諏訪湖の湖畔に宿をとり、花火鑑賞…。

翌朝、『信濃国一宮・諏訪大社』四社を巡拝。
現在でこそこの四社は「諏訪大社」として総称されているが、上社と下社はそれぞれ由緒も発展の歴史も異なる。
上社では「山」を、下社では「木」をそれぞれ祀っていることからも、それは伺える。
その歴史的な紆余曲折は、どれほどのものか…。
数多ある神社の祭祀のなかでも、とりわけ奇祭としても知られる「御柱祭」「御頭祭」ほか、年間を通じての祭祀の数が極めて多いとされる諏訪大社。
この事は、その複雑に錯綜した歴史を如実に語っているように思える。





「下社・秋宮」
二重楼門造りの拝殿と左片拝殿及び右片拝殿が横に並ぶ。
安永十年(1781)春に立川和四郎初代 富棟の棟梁で落成。



「下社・春宮」
「春宮と秋宮の社殿の建替が諏訪藩に依って計画された時に同じ絵図面が与えられたと見え、大きさこそ違いますがその構造は全く同じ…」(「諏訪大社」ウェブサイトより)





「上社・本宮」
現在修理中の幣拝殿。今年いっぱいはこのようであるらしい。





「上社・前宮」
現在でも「御頭祭」の行われている十間廊。








それぞれの「一之御柱」。




『御頭御社宮司総社』
諏訪大社御祭神・建御名方神以前からの諏訪土着の神「ミシャグチ神」を祀る。
ちなみに、「ミシャグチ」の呼称は多様にあり、定まっていない。


『神長官守矢史料館』を見学。
守矢家は中世より諏訪神社上社の神官の一つである「神長官(じんちょうかん)」を明治時代まで勤めてきた家柄。

「空飛ぶ泥舟」を、大祝・諏方家の墳墓から眺める…。


ちなみに、昨年の「諏訪見参」の様子はこちら



今回の『神社おそうじ隊 信濃国見参!』はここまで。
御参加いただいた皆様、本当にお疲れさまでした


まずは、ご当地隊を務めていただいたOさんご夫妻。
思えば、御主人に「久しぶりに戸隠に行きたい」というお話を聞いた時から、今回の「信濃見参」は始まっていました
年齢的には私の方がだいぶ下なのですが、とても腰も頭も低く丁寧に他者と接されるその姿勢には恐縮することしきり。
御一緒できましたこと、本当に感謝しております。
ありがとうございました
そして、奥様は昨年の「諏訪」、そして「出羽見参!」月山登拝以来のご当地隊。
何というか…まかせて安心
今回はご主人様も同行ということもあり、安心度もグッとアップだったように、思います。
また、お願いすることもあるかもしれませんが…、その節には何卒宜しくお願いいたします

さらに、今回初参加のMさんにもご当地隊を。
Mさんは私の主宰する「指南塾」塾生でもあります。
あちこち巡拝するので疲れたかな~、と思っていたら、「とてもオモシロかったですぅ」と言っていただけ、一安心
今後ともよろしくお願いいたします。。

そして、同じく初参加のKさん。
忙しいなか御参加頂けましたこと、心より嬉しく思っております
あまり直接お話できなかったのがちょっと心残りでもありまして…よければまたの御参加を、お待ちしてますね

…ここまでは長野県を地元とする皆様。
本当に感謝しております


さて、遠く鳥取県と島根県から御参加いただいた御二方。
いつもながらありがとうございます
体調の優れないなか戸隠の山中まで来られたTさんには、是非とも元気になって戻っていただきたいと今回は祈念しておりました
戸隠~諏訪までのご神気も、意識の奥深くまで作用していることでしょう。
また、Fさんには、今回ありがたくもだいぶお酒をいただきました
次回お会いできました折には、私がつがせていただきますね

そして、指南塾生Tさんは茨城からの参加。
ちょこちょこといろいろな場面でお気遣いいただき、ありがとうございます
前回は家族全員車での御参加でした。。
今回はあまり疲れることもなかったようで、何よりでした

そして、副長。
副長の八面六臂の活躍あっての「おそうじ隊」
いつもありがとうございます




このあとの「おそうじ隊」の見参地

まずは九月『おそうじリトリート』
そして、十月はいよいよの『宇佐』となっております。

お問い合わせはこちらから
お申し込みはこちらからお願いいたします。

コメント

2014.8.26~28 『神社おそうじ隊 信濃国見参!』 その4(善光寺三社+一社 皆神山)

2014年09月06日 | 2014.8.26~28 長野・戸隠

『湯福神社』
善光寺三社(三鎮守ともされる)の一社であり、戸隠神社の守り神である戸隠三所権現の一社ともされる
御祭神は諏訪の神・建御名方神、風鎮祭の神として奈良・龍田大神(「4月・大阪春の陣」にて参拝)、地域の神を祀る。
健御名方命(お諏訪さま)の荒御魂を祀る神社として知られる。

梶の葉。



『健御名方富命彦神別神社』
信濃国水内郡には、「健御名方富命彦神別神社」は三社あり、そのいづれが「延喜式」に記載された名神大社なのか、現在おいても不明。
御祭神についても、「健御名方富命」、建御名方命の御子神(「彦別神」)、両神を祀る説があるという。




地主大神。

千幡社。

木匠祖神社。





『武井神社』
善光寺三社の一社。
御祭神 建御名方命
相殿神として前八坂刀売命・彦神別神


松尾社。

猿田彦大神。

雷電の力石。



『妻科神社』
善光寺三社の一社。
善光寺鎮座以前の水内神として諏訪大社の県内に最も古い分社のひとつ。

御祭神  八坂刀売神
建御名方神の妃神とされている。
相殿   建御名方命   彦神別命






湯福神社・武井神社・妻科神社・健御名方富命彦神別神社の四社持ち回りで、寅年・申年に御柱祭を行なっている。
そのため、この四社の境内には御柱が立っていた。
また、この四社は、地図に照らすと善光寺を四方で囲うような位置にある。
これは善光寺にとっての「結界」なのか、はたまた逆の意味なのか…。




ランチは、お酒と味噌の醸造元「善光寺外苑 西之門よしのや・レストランさくら」にて(味噌コロッケ)。
食前酒に純米大吟醸の蔵元ならではサービス…酒盃が並んでいるのは皆様の分も頂いたから…

「清酒工場見学」もできる(副長は見学したらしい





皆神山・皆神神社神門。

『侍従神社』
御祭神 侍従大神・大宜都比売命


クロサンショウウオの産卵地といわれる池のほとりの弁天社。

天満宮。

天地カゴメ之宮。
隣に石碑あり。
「(前文略)…天地カゴメ之宮は、上に元津御祖大神、また、ヒマラヤから国常立大神の元津神霊を宮 の御大将と迎え、日之出大神はじめ天地八百万の神々、竜神眷族、モーゼ、キリスト・ギ リシャ神話の神々に至るまで参集され、現在は伊都能売神業にあり。此度神々 守護のため宮の建立を許され、ここに謹んでお受け致した次第を印す」



『熊野出速雄神社』

御祭神 出速雄命 伊邪那岐尊 伊邪那美尊 速玉男命 予母都事解之男命
配祀  舒明天皇 古人大兄皇子

「熊野出速雄神社は皆神山上にあり、一般に皆神神社として知られている。熊野出速雄神社はその本社に相当し、出速雄神ほか計7神を祭神として祀る。中世以降、熊野系の修験道の聖地として栄え、「熊野三社権現」と呼ばれたが、明治維新の神仏分離令により、山伏は還俗し、社名を「熊野出速雄神社」に改めた。」(長野市文化財データベースより抜粋)


『富士浅間神社』
御祭神 木花咲耶姫命

皆神山の東側山頂。
境内中、最も高い位置に鎮座。


その裏手は…こうなっています。






「岩戸神社』
御祭神 天照大御神
皆神山の南側中腹の古墳。




その上方に別の社殿。

ここで、

ここから信越本線・篠ノ井駅へ。
駅にて、今回のご当地隊を務めていただいたOさんご夫婦、Mさん、また戸隠、この皆神山をご一緒いただいたKさんと別れ、諏訪へ。
このあとの“その5「諏訪」編”で、参加者の皆様への感謝をさせていただきたいと思います

 
コメント

2014.8.26~28 『神社おそうじ隊 信濃国見参!』 その3(宝光社・火之御子社)

2014年09月03日 | 2014.8.26~28 長野・戸隠

『宝光社』

御祭神 天表春命(あめのうわはるのみこと)
中社御祭神・天八意思兼命の御子神様であり、武蔵秩父国造の祖とされる。




270段余の石段。

石段途中にある境内社。

社務所裏の境内社。




『火之御子社』

御祭神  天鈿女命(あめのうずめのみこと)
ほか、天忍穂耳命、栲幡千々姫命、、高皇産霊命の三柱を祀る。
「火(日、ヒ)之御子」であるのなら、本来の主祭神は天忍穂耳命(あまのおしほみみのみこと)と思われるが…。


中社と宝光社の間辺りに位置する。

社殿脇に、小祠が祀られている。
コメント

2014.8.26~28 『神社おそうじ隊 信濃国見参!』 その2(戸隠中社・鏡池・天命稲荷神社)

2014年09月01日 | 2014.8.26~28 長野・戸隠

『戸隠神社・中社』
奥社相殿として、1087年に現在地に鎮座。
「戸隠五社」とはいうものの、通常「奥社」「中社」「宝光社」で「戸隠三社」とするらしい。

御祭神 天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)
天照大神が天岩戸にお隠れになった時に、岩戸神楽(太々神楽)を創案し、岩戸を開くきっかけを作ったとされる神。


境内の御神木(杉)



大鳥居。



諏訪神社。

天神社。

宣澄社。
天台宗大先達・宣澄阿闍梨を祀る。

日枝社。



鏡池
面積約40,000㎡。
湖面に四季折々の戸隠連峰のシルエットを鏡のように映し出すことから、その名がついたという。



『天命稲荷神社』
鏡池から徒歩で約10分ほどのところに鎮座。
戸隠修験道を継承する姫野公明という尼僧により、お告げを受け昭和37年に造営したという。



この日の宿は、『戸隠山宿坊 お宿 諏訪』
気の行き届いた館内と、美味しい料理と手打ちそば、お風呂も気持ちいい。

飲み比べセットも、地酒を中心に品揃えグッド♪



コメント

2014.8.26~28 『神社おそうじ隊 信濃国見参!』 その1(戸隠奥社&九頭龍社)

2014年08月29日 | 2014.8.26~28 長野・戸隠


『戸隠神社』は、創建紀元前二百十年と伝えられ、奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社からなる。
かつては修験場としても名を馳せ、天岩戸伝説も残る。


東京から長野へと向かう道中、ドンドンと激しくなっていく雨。
最初の見参地である奥社・九頭龍社までは、駐車場から約30分を徒歩で山道を行くことになる…。
「大丈夫なのかな…?」と思いつつ、長野市内で今回のご当地隊でもあるOさんご夫婦、そして初参加のMさん、Kさんと合流。
水が道路を叩く音で話す声がかき消されてしまうほどの強い雨の中、戸隠山へ向かう。

有名な「七曲り」と呼ばれるヘアピンのカーブを抜け、白樺などが立ち並ぶ高原の自然の中に入る頃、その雨も小降りになり、やがてほとんど止んだ。
奥社駐車場に到着してみれば、それなりに人もいる。
これならば、もし快晴であったなら、人でごった返していたかもしれない…。

霊山・戸隠。
朝から降りしきる雨は、その静寂を深めるためであったのだろうか…などと、ふと思う。



まずは、参道入口・大鳥居脇の『奥社の茶屋』で、美味しいおそばを堪能。
「つけ麺」は、汁が温かくなっている。


大鳥居。

随神門。
ここを抜けると樹齢400年ともいわれる杉並木。







『九頭龍社』
御祭神・九頭龍大神
創始年代不詳とされ、天手力雄命が奉斎される以前の地主神。
奥社本殿の左に位置する。

ちなみに、戸隠神社の御神紋は「鎌卍」。
四本の鎌を卍型にかたどった物。
この「九頭龍社」の御神紋は、写真でもわかるように「菊(黒)」。
「戸隠五社」としながらも、「九頭龍社」は別枠、ということになるのだろう。



『戸隠神社・奥社』

御祭神・天手力雄命(アメノタヂカラオノミコト)
いわずと知れた「天岩戸伝説」の神であり、天の岩戸をお開きになった神。
岩窟といった風情で、上からかぶさるような勇壮な気が感じられる。

その本殿脇にひっそりと佇む祠(写真真ん中くらい)。
「戸隠大神」の社殿脇でもあり、この祠は御神体に鎮座している。

コメント

参加概要

初年度は神奈川県を中心に隔月ペースで各所に見参、4年目を迎えた今年も磐座・巨石参拝をメインに見参中。周る神社やルートなどの行程詳細はお問い合わせください。見参地は決まり次第、ブログやホームページで随時発信してゆきますので、どうぞご確認下さい。

※ 基本事前振込
■ 参加費 日帰り参加:5,000円 2日間:15,000円 3日間:25,000円
■ 中途参加・離脱の場合 : 2日間:10,000円 3日間:20,000円
※ 車出しをお願いした場合など金額に変動があります。詳細はお問合せ下さい。
▼ 前日キャンセルの場合参加費の10%を頂きます。
▼ 就学児以上の年齢による参加費の変動はありません
▼ 現地までの交通費+宿泊費+食事代諸費用は個人負担となります
▼ レンタカーを借りた場合は中途参加・離脱に関わらず人数割(ガソリン代含む)

■ 宿泊手配など詳細はお申込み後ご連絡させて頂きます
◎ 歩きやすい靴、服装、荷物軽量でご参加ください
◎ 御朱印帳をお持ちの方はご持参ください

Planetary Work

神聖なものとは、神社など特定の場所だけに宿っているわけではなく、すべてのものにそれは純然と在りて在るもの。人もまた然り。人が集う場所、物も然り。 それらが生かされるうちに自然に重なる“つみ=包み” “けがれ=気枯れ”を清祓いさせていただくことにより、すべて=宇宙からの慈愛のエネルギーが降り注がれ循環∞し、必要な人・場所・物との縁を結び、縁あるすべてが活性化することの援けをさせて頂きます。

お申込&お問合せ


どなたでも参加できます♪詳細はコチラ お問合せ・お申込みはコチラ