神社おそうじ隊、見参!公式ブログ

カタチ以前にある「いのち」への感謝。 天の恵み 地の恵みへの感謝を、一緒にお届けしませんか?

神社おそうじ隊、見参!

人のカラダは宇宙そのもの。 そして人のカラダは神聖な魂が宿る神社そのもの。
新世紀の「神社」認識とは、その土地に存在する神社だけを指すのではなく、人そのものが神社、すなわち 「 動くパワースポット 」。 その大切な社(やしろ)である肉体、そして人の思考や行動が調和で満たされることにより、関わる全てが明らかなる変容を遂げます。 自らの心身を健やかに保ち自己実現することこそ、関わるすべての人・場所・物の保持する磁場が健やかに保たれることとなり、それすなわち地域が、日本が、そして地球が、太陽系が、そして宇宙にまで、その調和波動が遍く届いてゆくこととなります。
「共生・協調・調和」 をメインコンセプトに、 神職介添えのもと『 社(やしろ)』そのものである“ 人・場所・物 ”に神道的アプローチにより働きかけ、それに連なる地域→日本→世界→地球→宇宙の調和が図られる、というのが Planetary Work の種子。 一人一人小宇宙である実体を、神社などの縁ある土地に運ばせていただき、相互交流させていただくことにより、つつみ気枯れが祓われ、人も土地も物もすべてが本来の輝きを放つ、というのが神社おそうじ隊の種子。 すべての意と土地と人とを、神職が那珂執り持ちさせていただいています。
現在日本全国各所に鋭意見参中。 清祓ワーク、及び清祓ノ儀での御玉串料、およびワーク代は、プラネタリーワーク活動支援費として運用させていただいており、その一部は神社おそうじ隊が活動する中で、全国の地域・神社に納めさせていただいております。


 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆2013.4.21~23 神社おそうじ隊、見参! 大和(奈良)番外編その6

2013年05月08日 | 2013.4.21~23 奈良・大和

『高鴨神社』

御祭神は、
本殿 阿治須岐高日子根命(あじすきたかひこねのみこと)(迦毛之(かもの)大御神(おおみかみ))、事代主命(ことしろぬしのみこと)、阿治須岐速雄命(あじすきはやおのみこと)、下照姫命(したてるひめのみこと)・天稚彦命(あめわかひこのみこと)。
東宮 天照大御神(あまてらすおおみかみ)、天兒屋根命(あめのこやねのみこと)、住吉大神(すみよしのおおかみ)。
西宮 多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)(母神)、塩冶彦命(えんやひこのみこと)、瀧津彦命(たきつひこのみこと)。

全国鴨(加茂)社の総本宮で、弥生中期より祭祀を行う日本最古の神社のひとつとされています。
この大御神と名のつく神様は天照大御神・伊邪那岐大御神と三神しかおられず 死した神々をも甦えらせる事ができる御神力の強き神様であります。
主祭神の阿治須岐高日子根命(あじすきたかひこねのみこと)(迦毛之(かもの)大御神(おおみかみ))は、鴨族が守護神として斎(いつき)祀った神であり、「記紀」の中では、この「大御神」と名のつく神は天照大御神・伊邪那岐大御神と三神のみであり、死した神々をも甦えらせる事ができる御神力の強き神様である、と伝えられています。

大和朝廷が成立する以前、大和には倭國(やまとのくに)と葛城國(かづらぎのくに)が存在していました。
「高鴨神社」は、その葛城國の一ノ宮であったそうです。

神域は、鉱脈の上にあたるという。


今回、西神社は参拝できていません…。
次なるその時には…。










そして、高天原伝承地を通過し…


『高天彦(たかまひこ)神社』へ。

御祭神は、高皇産霊神(タカミムスヒノカミ・タカミムスビノカミ)。
市杵島姫命と菅原道真も祀られています。
背後の「白雲峯」と呼ばれる美しい円錐形の山を御神体としています。






「蜘蛛塚」

「蜘蛛窟」
神社東方にあたる場所にあり、巨大な土蜘蛛が住んでいたとも、千筋の脚があった土蜘蛛が埋められた跡とも…。
土蜘蛛とは日本の先住の人々を指す、ともいわれています…。


そして、今回の「番外編」最終参拝とさせていただいた…


『鴨都波(かもつば)神社』
御祭神は、積羽八重事代主命(つわやえことしろぬしのみこと)、下照姫命。
配祀として大己貴神、少彦名神。

第10代崇神天皇の時代に、葛城氏・鴨氏によって祀られた神社とされています。
高鴨神社を上鴨社、葛城御歳神社を中鴨社、そして鴨都波神社を下鴨社とも呼んでいるそうです。
当初は、「高鴨神社」付近を本拠としていたそうですが、水稲農耕に適した地に本拠を移し、大規模な集落を形成。
そのことは、この一帯が「鴨都波遺跡」弥生時代の遺跡が発掘されたことによって明らかになったそうです。あ

また、大神神社の別宮とも、いわれています。






御所市内にて、油長酒造、その近くの販売店にて「風の森」をお土産に購入。


奈良市内へと、帰路に着きました…。




「番外編」、無事終了。
まずは、御参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
日常において大変ながら、間隙をぬって御参加いただいた方もあり、一仕事終えてから参加、という方もありの今回の「番外編」。
ご同行いただけましたこの御縁に、心よりの感謝をさせていただきます。

さて、
「大和國」とは、狭い意味では現在の奈良地方を指しますが、かつては「この國の名前」のことでした。
(その意味もいわれも、解釈の仕方によってさまざまあるようですけれど)
「箸墓古墳」などにみられるように貴重な遺跡も数多く存在し、日本最古の道ともいわれる「山辺の道」、その周辺には古い神社も多く存在しています。

「伊勢」「出雲」「熊野」と「番外編」をさせていただいてきて、ある意味満を持しての今回の「大和(奈良)」となりました。
まったく意識していなかったにせよ、「大和(奈良)」「出雲」の関係性の深さもわかりましたし、物部氏、蘇我氏ほか各古代氏族の神社、また鴨一族の総本宮とされる神社にまで身と心を運ぶことができました。
古代にロマンを感じる…ことは私はありませんが、その事実関係にはそれ相応の興味も関心もあります。
今回は、その意味でも大変に“おもしろき”「番外編」であったなと、思います…。




今後の予定として決定しているのは、まず来月(六月)五日六日で福島(会津)へ見参!いたします。
参加者、現在募集しておりますので、ご関心ある方はこちらからお問い合わせください
申し込みの場合は、こちらから、お願いいたします。
そして、「番外編」は…十月。
「出羽」へと向かいます。
「月山」を中心に巡拝予定…こちらも、ご興味あればお問い合わせください。

コメント

☆2013.4.21~23 神社おそうじ隊、見参! 大和(奈良)番外編その5

2013年05月06日 | 2013.4.21~23 奈良・大和

『石上(いそのかみ)神宮』
日本でも、最も古い時代に創建された神社のひとつといわれ、饒速日(ニギハヤヒノミコト)を祖とし、連(むらじ)を姓にもつ物部氏の総氏神とされています。

御祭神は、布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)、布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)。
配祀神(はいししん)として、宇摩志麻治命(うましまじのみこと)、五十瓊敷命(いにしきのみこと)、白川天皇(しらかわてんのう)、市川臣命(いちかわおみのみこと)。
『日本書紀』において、「神宮」の名称をもつ神社は、「石上神宮」のほかには「伊勢神宮」のみであることからも、極めて重要視されていたことが伺われます。



最終日。
毎朝大祓詞、十種祓詞などを奏上する神拝行事が行われていることを知り、少し早めに宿を出発。
どういうワケか、やや運転者にとってハードな道行きでしたが、無事に時間前に到着。


ニワトリは、暁に時を告げる鳥として神聖視され、神様のお使いともいわれています。



「朝拝」の開始。


…「朝拝」の終了後に、「近江八幡 賀茂神社」の岡田能正禰宜のご好意で「石上神宮」の道上権禰宜に、ご由緒ほかさまざまなお話を伺うことができました。

(副長に写真を拝借。ありがとうございます。)
元々は本殿がなく、現在の本殿はそもそも禁足地であり、うっすらと暗いその辺りは、「布留社」と刻まれた剣先のような石垣に囲まれていました。


摂社『出雲健雄(いずもたけおじんじゃ)神社』
草薙剣(くさなぎのつるぎ)の荒魂(あらみたま)と伝わっている…。
草薙剣は、いわずと知れた「三種の神器」のひとつ。




「石上神宮」周辺は、古墳の密集地帯。
…ということで、


『峯塚古墳』へ。


竹林、というべきか何というべきか…「竹」の密集した地帯に、忽然と、しかしひっそりとあります。。。



ここから、巡拝は一路「葛城」へ。
…というのも、「石上神宮」で「オススメの神社は…」と聞いたところ、葛城・御所周辺ではまず出たのがこの神社でした。


『葛木坐火雷神社(笛吹神社)』

御祭神は、宮中大膳職坐神 火の神様 火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)、笛吹連御祖神 笛・音楽の神様 天香山命(あめのかぐやまのみこと)。
相殿として、天津彦火火瓊瓊杵命(あまつひこほほににぎのみこと)、大日靈貴命(おおひるめむちのみこと)、�・皇産靈神(たかみむすびのかみ)、伊古比都幣命(いこひつべのみこと)を祀る。










本殿の北西に横穴式石室。
家形石棺を安置した径26mの円墳があり、笛吹連七代目の墓であろうといわれてる。
その笛吹連の子孫が代々宮司を務め、現在で84代目にもなるらしい。



そして、次なるは「ミスター葛城」ともいわれる…


『葛城一言主神社』
願いを一言だけ聞いてくれる「いちごんさん」として地元の人から親しまれる神社。
御祭神は、一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)、雄略天皇を合祀している。
かつては、事代主命(ことしろぬしのみこと)を祀っていたとも。




樹齢1200年ともいわれる銀杏の古木(御神木)。







…お昼は、次なる神社のすぐそばにある「一本挽き鴨神そば そば小舎」にて。


なかなか、ここまでのモノは食べれない…美味しいおそばでした。
ありがとうございます。

コメント

☆2013.4.21~23 神社おそうじ隊、見参! 大和(奈良)番外編その4

2013年05月03日 | 2013.4.21~23 奈良・大和

大和國一之宮・『大神神社』

御祭神は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)。
配祀として、大己貴神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)。

大和東南に位置し、円錐形の「三輪山」を御神体とする。

「三輪山」といえば、たとえば…

「秀麗な弧を描く円錐形の山容に、彼らは大地にズッシリと腰を据えてトグロを巻く祖神を感じたので、大和の三輪山をはじめとして(中略)…全国に名のある円錐形の山々には必ずといってよいほど、蛇神話が伝承されている。」(「山の神」・吉野裕子)

…とあるように、蛇伝承で知られています。
古来、明神の巳さんが三輪山を七巻半している、という伝承もあるようですが、これなどもこの山容にトグロを巻く蛇を連想(?)していたということでしょう。





こちらの宮司様は、「近江八幡・賀茂神社」の岡田宮司の後輩でもあられるということで、早速ご挨拶して神社について色々ご質問を…と思っておりましたが…あいにくご不在。
そこで、権禰宜の野上さんにより、拝殿奥の三つ鳥居ほかをご案内いただけました。
これもまた御縁、ありがとうございます。



大神神社は酒造りの神でもあり、摂社として杜氏の始祖、高橋活日を祀る活日(いくひ)神社を祀っています。
拝殿に吊っている大きな杉玉「志るしの杉玉」。


『狭井神社』
大神神社の摂社であり、その御祭神の荒魂を祀る神社でもあります。
御祭神としては、大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)・大物主神(おおものぬしのかみ)・媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)・勢夜多々良姫命(せやたたらひめのみこと)・事代主神(ことしろぬしのかみ)。
病気を鎮める神としての信仰が厚く、ご神水の湧き出る薬井戸があります。





そして、


卑弥呼の墓とも伝えられる『箸墓古墳』
孝霊天皇の皇女・倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)が埋葬された墓として、宮内庁が管理しています。
箸墓古墳が造られたのは、最近の学説では3世紀中頃から後半と見られており、その全長は280mの巨大前方後円墳です。


そこから、山辺の道を抜け…

『檜原神社』
大神神社摂社。
社殿はなく、三つ鳥居のみ。
三輪山の中にある磐座をご神体としています。









そして、


『穴師坐兵主神社』『大兵主神社』
もともと上社下社に別れていたらしく、下社が穴師大兵主神社で現在地に鎮座。
上社が穴師坐兵主神社で巻向山中に鎮座していたようですが、、応仁の乱の頃に社殿を焼失。
御神体を下社に合祀し、同時に山中に同じく鎮座してた巻向坐若御魂神社も下社に合祀した…という経緯らしい…。


御祭神
中央 兵主神
左殿 大兵主神
右殿 若御魂神

実際のところ経緯はどのようであったことか…
ちなみに、「穴師」というのは、「鉄穴(かんな)師」のことらしい。






こちらの宮司さまには、ちょうど犬の散歩に出る直前に「御朱印を…」とお願いしたものの、快く引き受けていただけました。
ありがとうございました。

この神社の手前に、


『相撲神社』
あまりにもあっさり祀られているため、行きには見過ごしてしまいました。
御祭神は、野見宿禰(のみのすくね)・当麻蹴速(とうまのけはや)
知る人ぞ知る、相撲発祥の地とも伝わる神社です。


土俵…なのだろうか…。





さらに、


『伊射奈岐神社』
国生み神話の伊邪那岐命、そして菅原道真公も祀られています。







そして、神社としてはこの日の最後になる…


『大和(おおやまと)神社』
御祭神として、日本大国魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)(中央)、 八千戈大神(やちほこのおおかみ)(向右)、御年大神(みとしのおおかみ)(向左)。
天照大御神と同列に扱われていたという、日本大国魂大神。
「大」を頭に冠しているだけに、その重要度が伺われる。








このあと『開化天皇陵』を少しカスり…終了。


夜には、「旬彩ひより」さんで、素敵な野菜料理の数々を。
いや、美味しかったです。






奈良の夜は早い…といいますが。
それは、やはり早合点。


日本酒で二次会、「いにしへ長屋」さんへ。
奈良の酒造好適米、露葉風や秋津穂を使った、奈良県御所市の地酒「風の森」九種類ほか、ワイン、ビールといった醸造酒中心のバー。
とはいえ、置屋を改装した店内には座敷もあり、「おそうじ隊」七名の宴の場へと。。






こちらにて、翌日の予定が変転することに。。
それもまた、御縁の為せるワザなのか…。


…ということで、この日はやすらかなる眠りへと…。
コメント

☆2013.4.21~23 神社おそうじ隊、見参! 大和(奈良)番外編その3

2013年05月01日 | 2013.4.21~23 奈良・大和



奈良の鹿は、カミの使い(神鹿)。
その由来は、春日大社の主祭神である武甕槌命が本拠である鹿嶋より春日大社のある御蓋(みかさ)山に遷座した際に乗っていた白鹿が繁殖したもの、と伝えています。
朝早い時間であることもあり、人もまばらで、神鹿たちもどこか悠々としているように感じました。




『春日大社』




この日は、祭典執行日以外には開かれている「朝拝(ちょうはい)」へ、参加しました。
「朝拝」というのは、御本社で「大祓詞」を唱え、お参りののち、若宮神社を始め各神社を順次参拝していくというもの。
遷都千三百年を記念し、一般参拝者も参加できるようになった、ということです。
東日本大震災後は、被災地復興と併せて奥吉野・熊野大水害における被災者救済と災害復興成就のため、この朝拝に合わせ大祓詞による「萬度祓」を厳修。


権禰宜・岡さんによる解説







そして、今回の特徴でもある、「古墳」参拝。
『赤坂天王山古墳』






ここから中に…



このような石棺が…。

全長約15m、花崗岩の巨石を用いて構築されており、玄室部は長さ約6.5m、幅約3m、高さ約4.2mらしい。
6世紀後半の築造と推定されており、被葬者として崇峻天皇の名前が挙がっているそうです…。
この古墳に入らずして、横穴式古墳は語れない…と、いう声も…。


そして、次なる神社へ…と、その前に…

「そうめん処 森正」で、お昼を。

温かいにゅうめんを美味しくいただきました。
コメント

☆2013.4.21~23 神社おそうじ隊、見参! 大和(奈良)番外編その2

2013年04月26日 | 2013.4.21~23 奈良・大和


いまなお巨石四個、大神の幽居した処と伝わる岩窟を御神体とした『天岩戸神社』
拝所のみの、古代祭祀形態を残しています。


そして…



『天香山神社』

2010年、ここ大和(奈良)を一人で巡拝してまわったことがあります。
その経緯は上のリンクにある通りなのですが、その際に、参拝予定の神社のなかでただひとつ、時間・体力さまざまな都合により参拝できなかったのが、こちらの神社でした。


山裾の、鬱蒼とした茂みのなかに忽然と。

その昔は占いに用いられたという「波々架(ははか)の木」。



御祭神は、櫛真智命神(くしまちのみことのかみ)。

三年越しの参拝。
ありがとうございました。


そして、間髪入れず…

『神武天皇御陵』へ。


さまざまな考え抜かれた、気のルート、という印象。

雲天、ここにてやや晴れゆく兆し。

…こちらも、是非参拝したいと思っていた

『入鹿神社』


この日は、ちょうどお祭りの後だったようで、

境内にある『正蓮寺」大日堂が、開放されていました。

図らずも、大日如来はじめ所蔵の仏像ほかを拝観。


橿原市周辺は蘇我氏ゆかりの地であり、「蘇我」、「曽我」といった地名も残っています。
全国で唯一、蘇我入鹿を御神体とする神社。
素盞鳴尊(スサノオノミコト)と蘇我入鹿を合祀。


そこから、一足飛びに


『飛鳥石舞台』へ。



雲天から晴天。
寒さは肌に沁みるものの、明日香村は大変に気持ちのよいエリアでした。


石舞台と並び知られている(らしい)「亀石」。

なぜ、有名かというと…以前は北を向いていたのだけれど、次に東を向いたといわれ、そしていまは南西を向いています。
西に向きをかえて当麻のほうを睨みつけると、奈良盆地は泥沼になってしまう…と伝えられているため。

本当に、動いているそうです…。


そして、いよいよ、

『雄神神社』

奈良市都祁白石町。
市内とはいえ、標高五百四十メートルの雄雅山の奥に鎮座。
「三輪さん(大神神社)奥ノ院」ともいわれる、原始的自然崇拝の形態を伝える神社でもあります。
御祭神は、出雲健男命。



別名「金銀銅鉄社」。





御祭神に「出雲」の名があります。
車での道中、地名にも「出雲」の名称が見えました。
このあたりから興味を広げていくと、より「神社」の本質へと導かれていくようにも、感じます。


宿泊先へと向かう道の途中、本日最終参拝。


『和爾(わに)下神社」


三間社流造の桧皮葺で、重要文化財に指定されている。
この社殿は、前方後円墳である和爾下神社古墳の後円部の上に建てられている。
古墳の上に神社が建てられているケースというのは…さて、やっぱり珍しいのでは…。



…しかし、改めて大和(奈良)の奥行きを肌で感じます。



この日の夜は、『鶏 田村』という焼き鳥屋さんでした。
「紀州梅鶏」の焼き鳥で大変に美味しく、また接客も気持ちのよいお店でした。
今回、カメラを忘れ写真がないのがちと心残り…


このままこの日は、おやすみなさい…

コメント

☆2013.4.21~23 神社おそうじ隊、見参! 大和(奈良)番外編その1

2013年04月25日 | 2013.4.21~23 奈良・大和


その道の先、想い馳せれば深く果てしなく…



今回の「神社おそうじ隊、見参!番外編」は、満を持しての『大和(奈良)』

『大和」とは、現在ではすぐに奈良県を思い起こすのが一般的かと思います。
しかし、かつては日本全体を指す言葉だった、といわれます。
この「ヤマト」という言葉には、かつての大和朝廷ウンヌン…邪馬台国ウンヌン…という諸説ひっきりなしであることは先刻承知。
でも、そういうことをここでウンヌンしてもしかたがないので、ここではスッキリかつての「國」の名前ということで。


…やはり深く、そして果てしない。
古代のロマンあふれる日本の聖地…と、ガイドブックなどでは表現されることは多けれど、「大和(奈良)」は確かにそういう雰囲気が古都全体に行き渡っています。
七九四年平安京遷都により、都が京都に移ったのち、さほど大きな戦乱の舞台になることもなかったこともあってか、いたることころに古墳や遺跡が存在します。

過去と未来の、その狭間。
かつてそこにあった何かが、いまも変わらずそこにある。
この意味の大きさを、しかと体感できた三日間であったように思います。


まずは、近鉄京都駅にて「せんとくん」とご挨拶。




そして、現地にてレンタカー手配し、まずは



大和三山・天香具山の麓に鎮座、天岩戸神社よりの巡拝。






…ここから、始まりました。
コメント

★行ってきました♪神社おそうじ隊、奈良見参!

2013年04月24日 | 2013.4.21~23 奈良・大和

行って参りました、神社おそうじ隊、奈良見参!
今回は、毎年年に二回敢行の番外編、ということで
かねてより前傾姿勢だった古墳ワールドも存分に味わいつつ、奈良という多層古代ワールドを堪能させていただく道幸となりました
出発した早朝の新横浜は土砂降りの雨だったにもかかわらず、京都に到着した時には曇天ながらも雨は上がりかなり冷え込みは厳しかったものの、三日間素晴らしい天候に恵まれました
集合場所は近鉄奈良駅ではなく、近鉄京都駅F隊員、初っ端からビックリさせてゴメンナサイ(前回の京都見参でまさかの近鉄ホーム内はこの先触れ
              
今回廻った神社も、どこもとっておきの(いわくつきの)素晴らしい神社ばかり、そしてどの神社も古墳(山?ピラミッド?)とワンセット
              
              
              
              
さらにこれも以前から楽しみにしていた神社の朝拝、
二日目に、春日大社の朝拝:東日本大震災と併せて奥吉野・熊野大水害における被災者の救済と一日も早い災害復興成就のための大祓詞による「萬度祓」に参加し、そのあと権禰宜:岡さんによる境内ご案内
              
三日目には個人的に弾みたくなる石上神宮の朝拝に参加させていただいた後、権禰宜:道上昌幸さんに大変興味深い御話しを直接伺うこともできました
              
このようなご縁を頂けるのも本当に有難いばかり

【 一日目 】
   天香久山:天岩戸神社
橿原市:天香久山神社耳成山畝傍山神武天皇陵入鹿神社(空海祭)飛鳥石舞台亀石雄神神社直会「鶏・田村」

【 二日目 】 
春日大社:朝拝天王山古墳大神神社狭井神社箸墓古墳:倭迹迹日百襲姫命檜原神社大兵主神社・穴師坐主神社相撲神社伊射奈岐神社大和神社開化天皇陵ひより二次会:いにしへ長屋


【 三日目 】 
石上神宮:朝拝峯塚古墳葛木坐火雷神社(笛吹神社)葛城一言主神社鴨神そば高鴨神社高天彦神社蜘蛛窟鴨都波神社   


うーん、改めて行程を出してみると、やっぱりこのマニアック度と参拝総量、すごいかも
これも神社おそうじ隊ならでは (おそうじ隊は決して沢山の数を回ることを意図したことはありません
そしてなによりご一緒させて頂いた隊員の皆さまのお蔭です そしてしっかり手綱を緩めない隊長のお蔭
そしてそしてみんなで沢山沢山笑いました それが何より有難く

あっという間にいつもの生活に戻ったものの、未だに浦島太郎のような時空間トラベラー感覚に浸っています
じんわり湯当たりしながらですが、少しずつあっぷしてゆきま~す

コメント

参加概要

初年度は神奈川県を中心に隔月ペースで各所に見参、4年目を迎えた今年も磐座・巨石参拝をメインに見参中。周る神社やルートなどの行程詳細はお問い合わせください。見参地は決まり次第、ブログやホームページで随時発信してゆきますので、どうぞご確認下さい。

※ 基本事前振込
■ 参加費 日帰り参加:5,000円 2日間:15,000円 3日間:25,000円
■ 中途参加・離脱の場合 : 2日間:10,000円 3日間:20,000円
※ 車出しをお願いした場合など金額に変動があります。詳細はお問合せ下さい。
▼ 前日キャンセルの場合参加費の10%を頂きます。
▼ 就学児以上の年齢による参加費の変動はありません
▼ 現地までの交通費+宿泊費+食事代諸費用は個人負担となります
▼ レンタカーを借りた場合は中途参加・離脱に関わらず人数割(ガソリン代含む)

■ 宿泊手配など詳細はお申込み後ご連絡させて頂きます
◎ 歩きやすい靴、服装、荷物軽量でご参加ください
◎ 御朱印帳をお持ちの方はご持参ください

Planetary Work

神聖なものとは、神社など特定の場所だけに宿っているわけではなく、すべてのものにそれは純然と在りて在るもの。人もまた然り。人が集う場所、物も然り。 それらが生かされるうちに自然に重なる“つみ=包み” “けがれ=気枯れ”を清祓いさせていただくことにより、すべて=宇宙からの慈愛のエネルギーが降り注がれ循環∞し、必要な人・場所・物との縁を結び、縁あるすべてが活性化することの援けをさせて頂きます。

お申込&お問合せ


どなたでも参加できます♪詳細はコチラ お問合せ・お申込みはコチラ