神社おそうじ隊、見参!公式ブログ

カタチ以前にある「いのち」への感謝。 天の恵み 地の恵みへの感謝を、一緒にお届けしませんか?

神社おそうじ隊、見参!

人のカラダは宇宙そのもの。 そして人のカラダは神聖な魂が宿る神社そのもの。
新世紀の「神社」認識とは、その土地に存在する神社だけを指すのではなく、人そのものが神社、すなわち 「 動くパワースポット 」。 その大切な社(やしろ)である肉体、そして人の思考や行動が調和で満たされることにより、関わる全てが明らかなる変容を遂げます。 自らの心身を健やかに保ち自己実現することこそ、関わるすべての人・場所・物の保持する磁場が健やかに保たれることとなり、それすなわち地域が、日本が、そして地球が、太陽系が、そして宇宙にまで、その調和波動が遍く届いてゆくこととなります。
「共生・協調・調和」 をメインコンセプトに、 神職介添えのもと『 社(やしろ)』そのものである“ 人・場所・物 ”に神道的アプローチにより働きかけ、それに連なる地域→日本→世界→地球→宇宙の調和が図られる、というのが Planetary Work の種子。 一人一人小宇宙である実体を、神社などの縁ある土地に運ばせていただき、相互交流させていただくことにより、つつみ気枯れが祓われ、人も土地も物もすべてが本来の輝きを放つ、というのが神社おそうじ隊の種子。 すべての意と土地と人とを、神職が那珂執り持ちさせていただいています。
現在日本全国各所に鋭意見参中。 清祓ワーク、及び清祓ノ儀での御玉串料、およびワーク代は、プラネタリーワーク活動支援費として運用させていただいており、その一部は神社おそうじ隊が活動する中で、全国の地域・神社に納めさせていただいております。


 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014.3.20~21 『神社おそうじ隊 淡路島・神戸見参!』その3

2014年03月29日 | 2014.3.20・21 神戸・淡路島


二日目は、朝7時半出発で、淡路島・洲本から道すがらいくつかの神社を参拝させていただきつつ神戸へ…という予定であったものの…


当初全く予定になかった伊弉諾神宮 ・末社『櫛毛神社』 へ。
その過程で「伊弉諾神宮」の正面を、四拝することに。




『岩屋神社』
春分・秋分の日に、社殿から鳥居中央を昇る日の出を見ることが出来る神社。
御祭神は、國常立尊(くにとこたちのみこと) 伊弉諾尊(いざなぎのみこと) 伊弉冉尊(いざなみのみこと)。
方位と天文学を駆使した日本唯一の神社といわれ、十二支をあしらった天井の方位磁石で知られる。




境内左側「八百萬神社」、右側には稲荷神社も。


そして、

『岩樟(いわくす)神社』

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)とその子・蛭子(ヒルコ)の尊の三神を祀る。
拝殿裏には、

伊弉諾尊の幽宮とも言われる高さ1.8m奥行き8mの洞窟がある。



神戸に入る前に、早めのお昼を…ということで、

淡路島の最北端、明石海峡大橋のたもとにある『道の駅あわじ』にて、海の幸を堪能。





神戸に入り、まず参拝させていただいたのは…

全国一万社ある天満宮の二十五霊社のひとつ『綱敷天満宮』
御祭神は、「天満宮」といえば菅原道真公。
「須磨の天神さま」として、知られています。

道真公は九州太宰府に左遷された際、須磨の浦で波が高くなり航海を中断されました。その時、漁師達が網の大綱で円座を作り、休憩の場を与えたことにちなんで創建されたのが綱敷天満宮です。(「綱敷天満宮」ウェブサイトより)



「波乗り祈願像」…時勢の波に乗る、ということのようです。
その他、境内には縁起物がたくさんあり、なかなかにアミューズメントな展開をされていました。


道路を隔てたそのすぐ横に、

『諏訪神社』を発見。
この位置関係が実に興味深いんですよねぇ…。




そして、「神戸三大神社」のひとつ…

『湊川神社』
御祭神は、楠木正成公。
配祀として、楠木正行公(小楠公)
湊川の戦に殉職された楠木正季卿以下御一族十六柱(菊池武吉命 江田高次命 伊藤義知命 箕浦朝房命 岡田友治命 矢尾正春命 和田正隆命 神宮寺正師命 橋本正員命 冨田正武命 恵美正遠命 河原正次命 宇佐美正安命 三石行隆命 安西正光命 南江正忠卿)
創建は明治5年(1872年)、明治天皇の勅による。
延元元年(1336年)から、500年の時を経て後の創建。
ご由緒に
「元禄5年(1692年)水戸光圀公(みとみつくにこう)(義公)はそのお墓に「嗚呼忠臣楠子之墓」の碑を立てられ、御墓所を立派に建立されました。この御墓所が建立なるや、さらに多くの人々が墓前にお参りし、正成公を偲びその御遺徳(ごいとく)をたたえました(『湊川神社]ウェブサイトより)」

とあり、水戸光圀公の登場以降このように祀られるようになったといいます。
さて、それ以前はどうだったのか…。







「菊水紋」。
神戸市営バス、神戸大丸など、街のいたるところに「菊水紋」という御紋が埋め込まれているといいます。


拝殿天井画。

菊水天満神社。


そして…


『西宮神社』
「福の神として崇敬されている えびす様をおまつりする神社の総本社です」
「向かって右からが第一殿で、蛭児大神を祀り、中央が第二殿、天照大御神及び 明治初年に大国主大神を配祀、左が第三殿で須佐之男大神を奉斎しています。」(「西宮神社」ウェブサイトより)



廣田神社・摂社『南宮神社』


火産霊神社・百太夫神社・六甲山神社。

神明神社 豊受比女命。

松尾神社。

市杵島神社。


六甲に入り、雪のお出迎えを受けつつ…

『石宝殿・白山の宮』






そして、

『越木岩神社』

当社は東六甲山麓唯一の霊場で、天然記念物の森におおわれた霊験あらたかな神社です。
創立不詳といわれるぐらい由緒深く、甑岩を霊岩とし、今なお全国的に信仰を集めています。
また、古代信仰の磐境(いわさか)・磐座(いわくら)祭祀と呼ばれ学術上でも貴重とされています。(「越木岩神社」ウェブサイトより)


御祭神は、総本社・西宮神社より蛭子大神(ひるこおおかみ)を勧請し、蛭子太神宮と称している。
境内は、磐座信仰の原初の在り方を色濃く残す。














この日はここまで。


まずは、今回隊員として御参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
「はじまりの島」淡路島~「神の戸」神戸。
二日間でしたが、実に濃厚かつ凝縮した巡拝ができたのではないかなと…思います。
古代から脈々と継承されてきた太陽(星)信仰、磐座信仰…「神社」の、奥行きがさらに垣間みれたような気もいたします。


さて、『神社おそうじ隊 見参!』。
今後は、

まずは

4月23・24日『大阪 春の陣』
そして、6月8日~10日で「番外編」となる『隠岐島』見参!となります。
「行ってみたい!」方、ご興味のある方、まずはお問い合わせください。
お問い合わせ方法は、こちらを参照くださいね
コメント

☆2014.3.20~21 『神社おそうじ隊 淡路島・神戸見参!』その2

2014年03月26日 | 2014.3.20・21 神戸・淡路島

“ひのわかみやと陽の道しるべ”
「ひのわかみや(日之少宮)」とは、淡路一宮・伊弉諾神宮の別称。
また「夕日」を尊称しているともされています。
同神宮を中心とした太陽運行を計測した結果を記すモニュメントが、境内にありました。


北緯三十四度二十七分二十三秒、これが『伊弉諾神宮』の所在地。
ここを基点に真東にラインを伸ばせば飛鳥・藤原京、更には伊勢皇大神宮(内宮)。
真西には、対馬一宮・海神(わたつみ)神社。
これは、春分秋分には伊勢の神宮から日は昇り、海神神社へと沈んでいくということ。
緯度線より北への角度、二十九度三十分にあたる夏至の日の出は諏訪大社、日没は出雲・日御碕神社。
南へ二十八度三十分にあたる冬至の日の出は熊野・那智大社、日没は高千穂・天岩戸神社。
真北には但馬国一宮・出石神社、真南には山上にイザナギ・イザナミの二神を祀る諭鶴羽神社(ちなみに、諭鶴羽神社のある諭鶴羽山は、「元熊野」といわれる)。

これらをラインで結んだ図が、このモニュメントには記されています。
これらを、単なる偶然と片付けるか否か…これだけではなく…


淡路島の伊勢の森『伊勢久留麻神社』
御祭神は、天照大神の別名とされる大日霊貴尊(おおひるめのむちのかみ)。


『舟木石上(いわがみ)神社』



現在においても、近隣の方々は「女人禁制」を厳守されています。

この「伊勢久留麻神社」「舟木石上神社」から東の伊勢市の神島まで、東西約200キロメートルに渡り北緯三十四度三十二分の同一線上にあります。
このラインを、一般に「太陽の道(レイ・ライン)」といい、伊勢神島、斎宮跡(三重)、室生寺、長谷寺、三輪山、箸墓古墳(奈良)などが並び、古代の太陽信仰の顕れであるということから、こう称されています。

「北緯三十~四十度の間は、肥沃な土地であり人が暮らすには最適である」と古来より伝えられますが、古代の人々にとって、こうしたポイント(龍穴)を探し当てることなど、そう難しいことではなかったのでしょう。


この日のお昼は、


「のじまスコーラ」
2010年に閉校となった小学校を「農・食・学・芸」をキーワードとした新施設へと再生させたそうです。

淡路島の玉ねぎ…甘みの深み、素晴らしいです。

雨の中、アルパカも外でお出迎え。







近年発掘された製塩遺跡である『貴船神社遺跡』

さらに、










『伊弉諾神宮』

伊弉諾神宮は、古事記・日本書紀の冒頭にその創祀を記し、神代の昔に伊弉諾大神 が、御子神の天照皇大御神に統合の権限を委ね、淡路の多賀の地に「幽宮(かくりのみや)」を構えて余生を過された神宅の旧跡と伝えられてゐます。ここで終焉を迎へた伊弉諾大神は、その宮居の敷地に神陵を築いて祭られました。これを創祀の起源とする最古の神社が伊弉諾神宮です。明治以前は、神陵の前方に本殿がありましたが、明治初年の国費により造営で、神陵の墳丘を整地して本殿を真上に移築し、現在の景観に整へました。

平安時代の延喜式の制では、名神大社。三代実録には神格一品。明治の制度では官幣大社に列格し、古くから淡路國の一宮と崇められ、地元では日本第一番の宮であることから「いっくさん」とも呼ばれます。また日之少宮、津名明神、多賀明神、淡路島神、一宮皇大神とも別称されてゐます。
昭和二十九年に、昭和天皇が「神宮号」を宣下されましたので、伊弉諾神宮と改称し、兵庫県下唯一の「神宮」に昇格しました。(同神宮ウェブサイトより)



さらに、












『岩上神社』
神籬岩(ひろもぎいわ)と呼ばれる卵型の巨石で知られ、淡路島を代表する巨石(磐座)信仰の地。
社伝には、大和国・石上神宮の分霊を勧請した、と伝えている。



そして、この日の最終参拝。






『自凝島(おのころじま)神社』
御祭神は、伊弉諾尊(イザナギノミコト)伊弉冊尊(イザナミノミコト)。
古代には入江の中にあり、国生みの聖地と伝えられる丘にあったといいます。

夜は、


「御食国」にて。


こうして、「はじまりの島」にて、静かに春分を迎えました。。

コメント

☆2014.3.20~21 『神社おそうじ隊 淡路島・神戸見参!』その1

2014年03月24日 | 2014.3.20・21 神戸・淡路島

『淡路国一宮・伊弉諾神宮』

「国生み」神話の舞台・淡路島。
『古事記』編纂より1300年余の時を経て、『神社おそうじ隊』は今年(2014年)、初見参となりました。

毎回のことながら、今回もまた大いなる何かの導き、を感じつつの巡拝。
「はじまりの島」は、やはり神秘と不思議に満ち溢れていました。



『自凝島(おのころじま)神社』の大鳥居。
高さ21.7メートル。
厳島神社、平安神宮と並び「日本三大鳥居」のひとつ、とする向きもあるようです。
「自凝島」伝説は諸説あり、「自凝島=淡路島」という説もあれば、淡路島本島南西の「沼島(ぬしま)」という説もあります。
さらには播磨灘を隔てた「家島」こそ、という説もあるなど、さまざまな観点があります。

イザナギ、イザナミの両神様により、高天の原と地上の間に浮かぶ宇宙ステーションのような天の浮き橋からアメノヌボコという槍のような祭器で地をかき回されできた大地、それがオノコロ(オノゴロ)島。
『神社おそうじ隊 見参!』としては、それがどこかということよりも、いまここにこうして島があり大地があり、水が流れ、草木生い茂り、鳥、動物、人々が日々を暮らしている…という事実の神秘に、深く畏敬と感謝をさせていただきたいと思います。




『神社おそうじ隊 見参! 淡路島・神戸見参!』
やわらかに雨降り注ぐこの日、



北緯34度32分、淡路島の伊勢の森とされるこの神社からのスタートです。
コメント

参加概要

初年度は神奈川県を中心に隔月ペースで各所に見参、4年目を迎えた今年も磐座・巨石参拝をメインに見参中。周る神社やルートなどの行程詳細はお問い合わせください。見参地は決まり次第、ブログやホームページで随時発信してゆきますので、どうぞご確認下さい。

※ 基本事前振込
■ 参加費 日帰り参加:5,000円 2日間:15,000円 3日間:25,000円
■ 中途参加・離脱の場合 : 2日間:10,000円 3日間:20,000円
※ 車出しをお願いした場合など金額に変動があります。詳細はお問合せ下さい。
▼ 前日キャンセルの場合参加費の10%を頂きます。
▼ 就学児以上の年齢による参加費の変動はありません
▼ 現地までの交通費+宿泊費+食事代諸費用は個人負担となります
▼ レンタカーを借りた場合は中途参加・離脱に関わらず人数割(ガソリン代含む)

■ 宿泊手配など詳細はお申込み後ご連絡させて頂きます
◎ 歩きやすい靴、服装、荷物軽量でご参加ください
◎ 御朱印帳をお持ちの方はご持参ください

Planetary Work

神聖なものとは、神社など特定の場所だけに宿っているわけではなく、すべてのものにそれは純然と在りて在るもの。人もまた然り。人が集う場所、物も然り。 それらが生かされるうちに自然に重なる“つみ=包み” “けがれ=気枯れ”を清祓いさせていただくことにより、すべて=宇宙からの慈愛のエネルギーが降り注がれ循環∞し、必要な人・場所・物との縁を結び、縁あるすべてが活性化することの援けをさせて頂きます。

お申込&お問合せ


どなたでも参加できます♪詳細はコチラ お問合せ・お申込みはコチラ