神社おそうじ隊、見参!公式ブログ

カタチ以前にある「いのち」への感謝。 天の恵み 地の恵みへの感謝を、一緒にお届けしませんか?

神社おそうじ隊、見参!

人のカラダは宇宙そのもの。 そして人のカラダは神聖な魂が宿る神社そのもの。
新世紀の「神社」認識とは、その土地に存在する神社だけを指すのではなく、人そのものが神社、すなわち 「 動くパワースポット 」。 その大切な社(やしろ)である肉体、そして人の思考や行動が調和で満たされることにより、関わる全てが明らかなる変容を遂げます。 自らの心身を健やかに保ち自己実現することこそ、関わるすべての人・場所・物の保持する磁場が健やかに保たれることとなり、それすなわち地域が、日本が、そして地球が、太陽系が、そして宇宙にまで、その調和波動が遍く届いてゆくこととなります。
「共生・協調・調和」 をメインコンセプトに、 神職介添えのもと『 社(やしろ)』そのものである“ 人・場所・物 ”に神道的アプローチにより働きかけ、それに連なる地域→日本→世界→地球→宇宙の調和が図られる、というのが Planetary Work の種子。 一人一人小宇宙である実体を、神社などの縁ある土地に運ばせていただき、相互交流させていただくことにより、つつみ気枯れが祓われ、人も土地も物もすべてが本来の輝きを放つ、というのが神社おそうじ隊の種子。 すべての意と土地と人とを、神職が那珂執り持ちさせていただいています。
現在日本全国各所に鋭意見参中。 清祓ワーク、及び清祓ノ儀での御玉串料、およびワーク代は、プラネタリーワーク活動支援費として運用させていただいており、その一部は神社おそうじ隊が活動する中で、全国の地域・神社に納めさせていただいております。


 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆2013.2.9~10 『神社おそうじ隊 見参! 常陸ご当地隊&磐座巡拝』その5

2013年03月02日 | 2013.2.9・10 常陸


その泉の見事さに、そこにいる誰もが思わず感嘆の声を挙げた
『泉神社』

参道脇には「三峰神社」。





御祭神は、天速玉姫命(アメノハヤタマヒメノミコト)。







道を挟んだ「イトヨの里泉が森公園」では、イトヨ(糸魚)、ホタルも見られる。


そして、今日は磐座参拝。
その神社は、『大甕倭文(おおみかしづ)神社』
御祭神は、武葉槌命(タケハヅチノミコト)。


瓊瓊杵命(ニニギノミコト)といえば、天孫降臨。
葦原中津国(あしはらのなかつくに)を平定するために鹿島・武甕槌神と、香取・経津主神は地上に送られた、とされる。
『日本書紀』に

「二(ふたはしら)の神遂に邪神及び草木石の類を誅(つみな)ひて、皆已に平(む)けぬ。其の不服(うべな)はぬ者は唯星の神香香背男(かかせお)のみ。」

とある。
香香背男は、別名を天津甕星と呼ばれ、東国のみならず海上にまでその勢威は及んでいた、という。
武甕槌神、経津主神ですら、一説にはどうにもならなかったらしい。
この香香背男を破ったのは、この神社の御祭神、武葉槌命の「知恵」であったという…。






何度撮影しても、こうとしか写らない『宿魂石』。
ここに、香香背男の荒御魂を封印している、といわれている。


そして、この二日間のフィナーレとなる神社へ。

『熊野神社』
御祭神は、天地創造の神伊邪那伎命(イザナギノミコト) 伊邪那美命(イザナミノミコト) 生産の神 熊野傍樟日命(クマノクスビノミコト)





神社の境内、「枝垂桜」のように地面近くまで枝が垂れている。
約30本という古木も、あたたかな春を待ちわびているような…。


…以上で、今回の『神社おそうじ隊 常陸見参!』は終了。

まずは、今回ご当地にて御参加いただいたSさんご夫婦、Tさんご家族、SさんYさん。
移動の際の運転、宿泊、地元ならではの情報ほか、とても安心して「おそうじ隊」を進めることができました。
本当に本当に感謝しております
ありがとうございました。

「常陸ノ國」といえば、やはり東国の要、というイメージがありました。
そして、実際に身と心をそこに運び、地元を愛する方々と共に「神社」を巡拝することで、その「虚」と「実」を改めて垣間みれたような,気もいたします。
また、「おそうじ隊」を主宰する側としては、ご当地の方に「この神社はオモシロい」「…ここは知らなかった…」というようなお言葉をいただくことは嬉しく、そこから新たな視点や興味が拓かれていくことのキッカケにでもなるのなら、それもまた嬉しく思います

おそらくは、近い将来「第二弾」があるような…気もいたします。
もしよろしければ、その際にもまた、宜しくお願いいたします



さて、『神社おそうじ隊 見参!』の今後の予定。

まず、三月は二十・二十一日で京都へと。
今回は、伏見~鞍馬・貴船を巡拝予定。
(こちらは締め切りました)

四月は二十一~二十三日で「特別編」。
今回は、奈良へと。
大和三山・山辺の道・大神神社・石上神宮など、巡拝予定。
(こちらは、三月十五日まで受付いたします)

そして、六月には福島県へと、見参いたします。
(ドシドシ募集中です)



三年目を迎え、いよいよ(ゆる~く)加速し始めた「神社おそうじ隊 見参!」
今後もさまざま予定しております。

コメント

☆2013.2.9~10 『神社おそうじ隊 見参! 常陸ご当地隊&磐座巡拝』その4

2013年03月01日 | 2013.2.9・10 常陸


早朝。
旧暦正月のこの日、初日の出を拝するべく、全員で海岸に。






そして、海に浮かぶ鳥居から真っ直ぐに
『大洗磯前神社』

御祭神は、大己貴命(オオナムチノミコト)、少彦名命(スクナヒコナノミコト)。
御創立は八五六年。
「案内記」には、「全国に名社、大社と云われる神社は数多くありますが、当社のように御創立の年代の明確な神社は稀であります」とある。
















ホテルでの朝食後、出発。
どういう流れか…

「アクアワールド大洗水族館」




最年少隊員、H少年もかぶりつき
Tさんご夫婦のお子さんです。








イルカとアシカショーも見学。





そして、椿の参道も見事な

『酒列(さかつら)磯前神社』
主祭神に少彦名命(スクナヒコナノミコト)、配祀に大名持命(オオナムチノミコト)。
「大洗磯前神社」と、伝承を同じくし、主祭神と配祀を逆にする。





稲荷神社、天満宮、事比羅神社、冨士神社、水神社。
ああ、ナルホドの布陣。







ここから、昼食。
そして、午後からさらに濃厚に…。
コメント

☆2013.2.9~10 『神社おそうじ隊 見参! 常陸ご当地隊&磐座巡拝』その3

2013年02月23日 | 2013.2.9・10 常陸

『大戸神社』

社伝では、十二代景行天皇40年(111年)日本武尊(ヤマトタケルノミコト)東征の際、蝦夷征討祈願のため現在の香取市大戸に勧請、とのこと。
その後幾度かの遷宮の後現在地に宮柱造営と伝えられている。
江戸時代までは、香取神宮第一末社(明治時代から摂社)であるも、他の末社とは事情が異なっていた。
古い時代から神領も香取・大戸と区分され、近世も別々に神主、大禰宜その他神官がいたという。
ちなみに、香取神宮、息栖神社、そしてこの大戸神社は東西同一線上にある。
御祭神は、天手力男命(アマノタヂカラオノミコト)。

御神木も見事。



そして、
次なる『神崎(こうざき)神社」の鎮守の森の水脈より湧く井戸水を仕込み水としている『寺田本家』に。
「香取神宮」のお神酒にもなっています。
創業は江戸初期、昔ながらの「百薬の長」としてのの自然酒を生み出している蔵元さんです。
今回のご当地隊で大変お世話になったSさんご夫婦のご主人も愛飲されているとのこと。
もちろん、この時期の無濾過生原酒をば、購入


御祭神は、天鳥船命、大己貴命、少名彦命。


国の天然記念物、「なんじゃもんじゃ」の木。
周囲13.1メートル、樹高は19メートルの大クスです。


さて、時間も押し迫ってきました。
周囲は暗さを増してきたころ・・・


『坂戸神社』
御祭神は、天児屋根命(アマノコヤネノミコト)。

『常陸国風土記』によれば、古くは鹿島神宮とこの坂戸神社、そしてこのあとに参拝させていただく沼尾神社の三所をもって「香島(鹿島)天大神」と総称されていたという。
境内は神宮境内とともに国の史跡に指定されているとのこと。
神宮境内に両神社の遙拝所もありました。


そして、『沼尾神社』

御祭神は、経津主(フツヌシ)神。


この二社を、鹿島神宮の「元宮」とする向きもある。
やはり、神社はそもそも「異界」、ですね。

そして、ようやくこの日の宿泊先へ。
ご当地隊・Sさんの御縁で『大洗シーサイドホテル』に。
その名の通り、窓からは大洗の海全開です
写真撮影し忘れましたが、「あんこう鍋」出ました…やっぱり美味しかったぁです。。





二次会(「直会」ともいう…)での一コマ。
こちらのお酒は、お昼もご一緒いただいたS隊員の持ち込みです。。
ごちそうさまでした

コメント

☆2013.2.9~10 『神社おそうじ隊 見参! 常陸ご当地隊&磐座巡拝』その2

2013年02月19日 | 2013.2.9・10 常陸
「神宮」。

「神宮」とは、ひらたくいえば、「天照大神(アマテラスオオミカミ)」や、天皇、皇族の霊を祀る社のことをいう。
(ちなみに、アマテラスオオミカミは天皇家の祖先神とされている)

この「神宮」と付く神域が「常陸」、そして隣接する「下総(しもふさ)」の一ノ宮にあたる。
ちなみに「下総」は、現在でいえば千葉県北東部、埼玉と東京の東部、そして茨城県の南西部までを含んでいた。

常陸一ノ宮・鹿島神宮
下総一ノ宮・香取神宮
この二社に、伊勢神宮を加え「日本三神宮」と呼ぶらしい。
だが、この二社の御祭神は、皇家直系ではない。

武神、である。

刀剣のモノを切り裂く音を神格化したともいわれる香取の「経津主神(フツヌシノカミ)」。
群雄割拠でもあった常陸ノ國、その一ノ宮には「武甕槌神(タケミカヅチノカミ)」。



『鹿島神宮』。




本宮(拝殿)。

奥宮。



深い森。
心身の喜びを、感じる。

その奥に

要石。

真ん中が窪んでいる。
「香取神宮」にも同様に「要石」があり、対になっているともいわれる。


誰が入っても同じ深さ、と伝わる「御手洗(みたらし)池」。


やっぱり、参道脇には「稲荷」。


ここ、「鹿島神宮」は、武に造詣が深い者にとっては、その意味での「聖地」でもある。
「御神刀」、入手。



続いて、

『息栖神社』へ。
この「息栖神社」を加え、「東国三社」とされる。
地図上で見ると、この三社の位置関係は三角形…。






「力石」。






そして、昼食。
次なる目的地、「香取神宮」への途中にある「丸光亭」に。
ボリュームたっぷり、元々割烹であったこともあり美味しい定食の数々。。


地元参加、S隊員とY隊員と同じテーブルでいろいろ地元情報を伺いつつ…
せっかく(?)なので、撮影。



そして、『香取神宮』へ。





見事な御神木。
今回、大変残念なことに社殿工事中。
しかたのないことなれど、あまりに残念で写真を撮影はせず…。
とはいえ、そのご神威はすばらしく…。


奥宮、要石へ。

こちらが「香取神宮」の「要石」。
「鹿島神宮」とはちょうど凸凹の関係にあるような。。。




「東国三社」すべてを巡拝。
「東国」とは、京の都から見たときに、そう呼ばれていた、ということだろう。
そう考えると、東北への玄関口としてこの地に武神を…ということだろう、か。

「常陸」、やっぱり奥深い。
この時点でもそう思っていたけれど…
実は、ここから更なる深みへと…。

コメント

☆2013.2.9~10 『神社おそうじ隊 見参! 常陸ご当地隊&磐座巡拝』その1

2013年02月17日 | 2013.2.9・10 常陸


「常陸ノ國」は、現在の茨城県全域とほぼ重なる。
國としても古く、「古事記」にもヤマトタケル神話のなかで出てくる。

この國は、古来より人の住む豊かな國であったという。
また、戦いにおいても強かったという。



今回の『神社おそうじ隊 見参!』は、この「常陸ノ國」を、巡拝させていただきました。
その道行きは、さまざまにバラエティに富み、この國の懐の深さを多々実感するものでした。

やはり、東の『要』たる國なのだなと、改めて…。




ご参加いただいた全体の七割が、ここ「常陸ノ國」を地元とする方々。
この國を愛する方々と、とても濃密な時空間を共有させていただきました。

まずは皆様、本当にありがとうございました。
心より感謝しております



早朝、東京駅より直通の高速バスに。
降りてほどなく『鹿島神宮』の参道に。
その参道途中に鎮座される、鹿島の水を護るとされる「龗(りゅう)神社」を、バス組でまずは参拝。


そして、




いよいよ、始まります

コメント

★神社おそうじ隊、常陸見参!二日目:旧暦元旦

2013年02月10日 | 2013.2.9・10 常陸

窓を開けたら、目の前が海 旧暦元旦 10日の日の出は6時31分、
6時10分にはロビーに全員揃って、いざ海岸へ
          
日の出時刻、海岸線には厚い雲が立ち込めていたけれど、
タイミングを見計らったように飛んできた鴎がしばら~くお付き合い
          
そして海岸から真っ直ぐ伸びた道そのまま、大洗磯前神社にご挨拶
          
          
          
          
          
体は冷えたものの、心清清しくそのまま有難く朝食へ
          
          
暖かい朝食を頂いた後、再び大洗磯前神社に
ちょうど朝拝の最中で、境内もまた少し違う趣 
神職の方々が境内を掃き清める姿も清清しく
          
          
          
さあ、ここから酒列神社に向かうはずが、なぜか想定外の展開に ということで
玉依姫のご案内により 到着したのは アクアワールド大洗
          
          
          
          
          
          
隊員全員でイルカショーも見学し、
緩んだ隊長と同じ顔で温泉入浴中のカピバラにも和み
          
ようやく 酒列神社 30メートル続く見事な大木、椿の参道
          
          
          
          
          
ここまでで午前の部、無事終了 
          
パスタランチの後、二手に別れ、一手は東京へ
そしてもう一手はすぐ裏の光溢れる 泉神社
          
          
杉に桜が根付いた宿木御神木 見事な玉杢
          
          
          
それはそれは美しい水の聖域
          
          
震災後そのままの聖徳太子堂
          
そして、今回の磐座参拝の要ともいえる神社、大甕倭文神社
          
          
          
          
          
          
          
          
          電撃だけに
そして今回の常陸見参!最後の〆の神社は
日立製作所創業石があるという 熊野神社
          
          
          
          
ここのキーは桜
樹齢数百年を越える見事な桜が、未だ時満たぬことを教えるかのようでもあり、
満開の頃にまたおいでと言っているようでもありました
そして今回の神社おそうじ隊、常陸見参!はここで一先ず終了となりました
          
その後、日立駅の高速バス乗り場に向かう途中の信号で、朝仕事に向かわれたSさんのご主人の車と並ぶという偶然という名の必然も起こり お世話になった方にもちゃあんとご挨拶できたという素晴らしさ
そして予定のバスにも乗り込むことが出来、東京駅で東京先発組みと合流こそできなかったものの、プチ直会も敢行
お蔭様で、今回も有難くもミラクル満載の素晴らしいおそうじ隊行脚となりました
ご縁を頂いた全ての皆様、そして全ての存在、すべての縁起に心からの感謝を
ありがとうございました

そしてどうやら近江同様、日立見参!第二弾は確実のよう
お楽しみに~

コメント

★神社おそうじ隊、旧暦元旦新月常陸見参!

2013年02月09日 | 2013.2.9・10 常陸

神社おそうじ隊、巨石&磐座参拝シリーズ第一弾
旧暦大晦日、そして元旦新月にまたがった2月9日&10日、
常陸に見参!して参りました

これまでの神社おそうじ隊をさらに上回る面白さ
(毎回、回を重ねるごとに面白さがアップしているのは気のせいではなく

今回もご当地隊員の皆さんが大活躍
さまざまに、ご当地に住まれる方々ならではのご案内により
素晴らしい道幸をご一緒させていただきました

今回の初日9日の行程は

龗神社鹿島神宮【要石】息栖神社香取神宮【要石】蔵元「寺田本家」
神崎神社大戸神社坂戸神社沼尾神社

龗神社
       
       

鹿島神宮
       本殿
       奥宮
       要石
       
       

息栖神社
       
       

香取神宮
       
       
       
       要石

大戸神社
       
       

酒蔵 寺田本家
       

神崎神社
       
       

坂戸神社
       
       
       

沼尾神社
       
       
       マゼンダの光

そしてその日は、ご当地隊Sさんの旧友が経営される
大洗シーサイドホテルにて宴会&宿泊
アンコウ鍋他のお料理も美味しく、
部屋の前から海辺の鳥居が見えるほどのオーシャンビューも最高でした
        
        

コメント

参加概要

初年度は神奈川県を中心に隔月ペースで各所に見参、4年目を迎えた今年も磐座・巨石参拝をメインに見参中。周る神社やルートなどの行程詳細はお問い合わせください。見参地は決まり次第、ブログやホームページで随時発信してゆきますので、どうぞご確認下さい。

※ 基本事前振込
■ 参加費 日帰り参加:5,000円 2日間:15,000円 3日間:25,000円
■ 中途参加・離脱の場合 : 2日間:10,000円 3日間:20,000円
※ 車出しをお願いした場合など金額に変動があります。詳細はお問合せ下さい。
▼ 前日キャンセルの場合参加費の10%を頂きます。
▼ 就学児以上の年齢による参加費の変動はありません
▼ 現地までの交通費+宿泊費+食事代諸費用は個人負担となります
▼ レンタカーを借りた場合は中途参加・離脱に関わらず人数割(ガソリン代含む)

■ 宿泊手配など詳細はお申込み後ご連絡させて頂きます
◎ 歩きやすい靴、服装、荷物軽量でご参加ください
◎ 御朱印帳をお持ちの方はご持参ください

Planetary Work

神聖なものとは、神社など特定の場所だけに宿っているわけではなく、すべてのものにそれは純然と在りて在るもの。人もまた然り。人が集う場所、物も然り。 それらが生かされるうちに自然に重なる“つみ=包み” “けがれ=気枯れ”を清祓いさせていただくことにより、すべて=宇宙からの慈愛のエネルギーが降り注がれ循環∞し、必要な人・場所・物との縁を結び、縁あるすべてが活性化することの援けをさせて頂きます。

お申込&お問合せ


どなたでも参加できます♪詳細はコチラ お問合せ・お申込みはコチラ