見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

草没お野菜救出作戦

2018-07-16 21:36:21 | 自然農業

 朝5時から、夕方7時半まで、考えて見たら休憩なしの一日だった(^^;;

 朝は、畑のお野菜の管理で草取りをしたり、支柱の補強や脇芽の処理などなど。
 午後は、“いけずご王国キックオフイベント”の打合せ会でしたが、来たい方は夏野菜カレーを作って食べよう!何て案内したものですから、引き続きカレー作り。
 おまけにご飯まで炊いちゃった(@@

 打ち合わせの後、お客様。
 僕のために休日の今日、わざわざ行政職員の方が訪ねてくださいました。
 しまね暮らし推進課の職員の方でしたが、よくやってくれますよね。

お野菜草没!
 その後、我が家の近くの畑、気になっていたのですがほとんど手付かず。
 植え付けたお野菜が水没ならぬ草没、あの里芋がほぼどこにあるかわからない状態でした。


 無肥料を目指していますが、里芋って、結構肥料が必要かな?特に条件の悪い圃場ですから猶更。
 しかも、水を欲しがる里芋、小豆ですが水やりも全くせずに放任状態。

 ほぼ日が暮れようとする草刈りの後ですが、刈った草で隠れているかも、、、
 あと数時間、里芋回りの草刈りと、それでも施肥と土寄せ、何より水遣りをしてやらないと、、、
 またまた、水やりの日々になるのか?


 タンクに水を汲むのに、ポンプの調子を見ておかなきゃ。
 百姓仕事は切れ間がありません。

コメント (5)