雑種犬「風(ふう)」のひとりごと

元保護犬でセラピー犬風愛(ふあ)7歳の楽しい毎日を575で綴ります。天国に旅立った鈴ちゃんの話も出るよ

他界して 一週間が 経ちました

2024-07-19 23:04:04 | 心の中で生きる風ちゃん、鈴ちゃん

鈴ちゃんが亡くなって、一週間が経ちました。

お骨になった鈴ちゃんの周りには、今もたくさんの花が手向けられています。

鈴ちゃんがいなくなって、ちょっと寂しい風愛ちゃんに元気を贈るポチっとをお願いします。

←すみませんが両方押してください→

いつも押してくださってありがとうございます。

今、こちらの棚が鈴ちゃんコーナーになっています。

亡くなった当日や翌日は、お花を持って鈴ちゃんとのお別れの挨拶に来てくださる方絶えず

本当にありがたかったです。

そして今は、遠方の鈴ちゃんのお友達からも、プリザーブドフラワーなどが送られてきます。

 

届けられる花を見て、パパは思わず「鈴ちゃんってこんなにもむ愛されていたんだね」と鈴ちゃんのすごさを感じているみたいです。

 

ブリザーブドフラワーは、これからも鈴ちゃんの遺骨や遺影のそばに置いておけますが

生花は、そろそろ弱っているものも見受けられます。

いくつかのアレンジメントは、鈴ちゃんの葬儀の時に持参して、そのお花を鈴ちゃんの棺に入れました。

なのでお別れの時の鈴ちゃんは、花に包まれていました。

 

荼毘に付す時にいっしょに送ったお花などもあるので、それぞれ写真に収めることにしていました。

葬儀までの期間は、鈴ちゃんのそばにずっと置いていました。

どれもかわいく、美しく鈴ちゃんのことを想って届けてくださったことに感謝します。

一週間経って、少しずつですが

鈴ちゃんのいない生活にも慣れてきている感じです。

 

とても静かな毎日で物足りなさは感じますが、風愛ちゃんがそばにいてくれるので

元気をださなきゃって感じです。

 

鈴ちゃんは、今も心の中で生きています。

 

今までとは毎日が違っていて当たり前。

鈴ちゃんがいない分、もっと風愛ちゃんと遊んであげなくっちゃと思います。

多分、今飾られている生花が終わるころには、きっと新しい生活にも慣れて

いるんだろうなぁ・・と思います。

 

でも、鈴ちゃんへの感謝は忘れませんよ。

 

風愛ちゃん、これからもママのことをよろしくね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。


庭に出た またも涙が 止まらない

2024-07-18 22:58:23 | 心の中で生きる風ちゃん、鈴ちゃん

ずっと雨模様が多かったけれど、今日はすっきりと晴れたのでおもいっきり洗濯をしました。


まずは、ポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。

今まで当たり前だった私の朝は、

目覚めて、ベッドから降りて、寝室から出ると

私が起きたことに気付いた鈴がクレートからニョロリと出てきて、階段を下りる私を追いかけるようについて降りてくる。

まずは、トイレに入る私をじっと待つ鈴ちゃん。

そして、トイレから出てきた私に「りんもトイレなの!」とばかりに「お外に出して」ポタンを押して

お庭へ。

私もいっしょにお庭に出て、花や芝生、プチトマトなどの家庭菜園に水やり。

庭のいつもの場所で排泄を済ませた鈴ちゃんは、登校中の子供たちを見ていたり、庭をあちこち走り回る…。

そして、手押し式の草刈り機で私がゴロゴロ押して芝生を刈っていると

ちょっと興奮した感じでワンワンして、その周りを行ったり来たりして邪魔する鈴ちゃん。

 

「鈴ちゃん、邪魔せんといてよー」などと言いながらゴロゴロと芝刈りしていると、鈴のはしゃぐ姿に気が付いた風愛ちゃんがリビングからとび出てきて、2頭で追いかけっこ。

そんな光景が1か月前も当たり前だった。

今朝、6日ぶりに庭に出たら、挿し木していたピースのパラが咲いていました。

雨が多かったこともあり、庭は草がボーボー。

鈴ちゃんが亡くなったあの日から、庭に出ていなかったことに気が付きました。

 

お庭が大好きだった鈴ちゃん。毎日数回は天気に関係なく「お庭に出して」とリクエストされていたんですよね。

鈴ちゃんがいないと、庭に出ることも減ってしまいました。

今までの当たり前だったの日常は、もうないんだ。

そう思うと、庭で草刈り機をかけながら、また涙があふれてきました。

 

 

↓の写真は、亡くなる1か月前のもの。2頭でお庭で追いかけっこした後のものです。

庭から、リビングに戻る時につい「りーん、お母さん部屋に戻るよ。おいでー」といつものように庭に向かって

言いかけて

あっ、庭には誰もいなかったと思いなおす私。

 

何年も続いた日常が変わったことに、頭ではわかっていても、ついついカラダは今までのように反応してしまいます。

 

 

こちらは、朝のお散歩シーン。パパとママ、風愛ちゃんでの散歩で、ひさしぶりに風愛ちゃんのノーズワークをしました。

ちゃんと見つけて持ってきてくれます。

 

風愛ちゃんはノーズワーク遊びが好きだから、もっとやってあげないとね。

 

風愛ちゃん、おりこうさん。

ママとパパと楽しいことをいっぱいやろうね。

 

最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。


「ただいま」で 風愛がダッシュで お出迎え

2024-07-17 23:02:34 | 心の中で生きる風ちゃん、鈴ちゃん

今日は、千葉県動物愛護推進員委嘱式・講習会に行ってきました。こちらのステッカーとクリアファイルは、そこでいただいたものです。

県のキャラクターのチーバくんと、わんことにゃんこが描かれていて

「人と動物が幸せに暗い社会に向けて 私たちができること」と書かれています。

そして、人と動物が幸せに暮らすために知ってほしいこと、考えてほしいことの動画のQRコードもついていますよ。

 

まずは、ポチっと押してくださいませ。

←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。

応援よろしくお願いします。

家にいるときは、仕事をしていたり、いろいろと用事をしているし、風愛ちゃんもいるので

涙することが少なくなりましたが

駅までひとりで歩いていると、どうしても鈴ちゃんのことを想ってしまい

まだ涙がポロポロとしてしまいます。

 

この写真は、1か月前の鈴ちゃんです。

いつもいっしょにいてくれた。

隣りで笑わせてくれた。

私の膝をトントンと叩いては、いろいろとおねだり…。

そして、頭をくっつけてきて、スリスリと甘えてくる…。

それが鈴ちゃんとの毎日の当たり前でした。

パソコンに向かっている時も、足元を見るといつも、そこにあなたがいた。

ときどき寝言が聞こえてきて、思わず吹き出すこともあった。

あなたは、私の行動を一番よく知っていたね。

先回りして、いつも私が行くところで待っていた。

だけど今は、その姿がどこにもない・・・・・。

 

あかん。書いていて、また涙があふれてきたので話を切り替えますね。

 

今日もアンニュイ風愛ちゃんでしたが・・・・。

夕方帰宅すると、ダッシュで玄関まで駆け寄ってきて、嬉しそうに動き回りながら、お出迎えしてくれました。

そして、しゃがんで頭をなでると珍しくチュッでしてくれました。

 

少し元気がもどってきたのかもしれません。

 

ヒマチーをガリガリしたり、ちょっとしたイタズラ(?)も。

 

ママがメソメソしていたダメよね。

風愛ちゃんが楽しくなることをやっていこうと思います。

 

最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。


風愛ちゃんは 家でほとんど 動かない…

2024-07-16 21:19:21 | 愛犬風愛(ふあ)と鈴(りん)の日常

今日からなるべく普通の生活に戻って・・と思っているのですが

風愛ちゃんが家の中でほとんど動かなくて、鈴の存在の大きさを実感しています。

 

鈴ちゃんのことが大好きだった風愛ちゃんにポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。

雨が降ったりやんだりの一日でしたが、朝のお散歩はまだ降っていなくて

涼しい気候で難なく行けました。

風愛ちゃん1頭での散歩に少し物足りなさを感じてしまいます。

 

そういえば、鈴といっしょに散歩に行っている頃は、準備をしている時には、うれしそうに玄関で待っていた風愛ちゃん。

なのに今は、床でゴロリとしたままパパが呼んでもなかなか玄関に来なかったり・・・・。

行きたくないのかな?しんどいのかな?と思ったりするけれど、外に出ると歩いてくれるので問題はなさそうです。

でも、おうちの中ではほとんど動かない風愛ちゃん。

だいたい床で伏せたり横になっている状態で、私たちに何の要求もしないんです。

 

鈴が亡くなってバタバタしている時は、ついつい風愛ちゃんにご飯を与えることを忘れてしまい、かなり遅く与えたことが何度かありました。

 

鈴が元気なころは、食事の時間近くなると、鈴ちゃんは「ごはん」って要求したり

ママの膝をとんとんしてきました。

そして「もうちょっと待ってて」というと、めっちゃキレイなスフィンクス伏せで待機し、目ヂカラで

「私お利口で待っているから、ご飯出してね」と訴えてきていました。

 

そんな鈴ちゃんに便乗して、風愛ちゃんも食事の前にはオスワリして待っていることが常だったんですよね。

 

それが風愛ちゃんのご飯の準備をしていても、この状態。

「風愛ちゃん、ご飯よ。おいで」と呼ぶと、来てくれるんですが

自分から動くって感じが見受けられません。

与えると全部食べるので、食欲がないわけじゃないんですけど・・・。

 

一日のほとんどをこんな感じで寝そべっています。

鈴が元気なころは、鈴が家でも動き回っていたので、それにつられて風愛も。

そして、鈴は「ママなでて」とか「遊んで」とか「退屈なの」っていろいろリクエストしてきて

それがけっこうしつこかったりしたんですよね。

それで、静かにしてほしい時は、フード入りのおもちゃを与えたりしていました。

 

そんな時は、風愛も鈴の横にいて「私にもフード入りのおもちゃください」という顔をしていたので

それぞれに与えていたんですが・・・・。

風愛だけだと、そんなリクエストもありません。

「お庭に出して」のリクエストもありません。

 

そういえば「庭に出して」のリクエストもいつも鈴ちゃんがしていて、鈴ちゃんが庭に出るときに

便乗して風愛ちゃんも庭へ。

鈴ちゃんがお庭で駆け回ると、風愛ちゃんが喜んで追いかけるって感じでした。

 

今は、私が庭に出るときに誘って、庭に出たりするんですが、すぐに芝生で伏せてしまって動きません。

 

そんな状態だから、フード入りのおもちゃを与えて、動いてもらおうと思いました。

フードが入っていると、転がして遊んでくれていました。

 

今までは、鈴ちゃんが何でもママにリクエストしてくれていたので、風愛自身はリクエストする必要がなかったから

希望を伝えることができないのかしら?

 

それとも鈴ちゃんがいないこの環境に凹んでしまって、元気がない?

動きたくないのかな。

 

風愛ちゃんがはしゃぐモチベーターは鈴ちゃんの存在だったから、

鈴ちゃんがいないと、風愛ちゃんははしゃがない・・・・。

そんな感じにも見えます。

風愛ちゃんが元気ではしゃぐシーンをどうやったら見れるかな。

いろいろ工夫してみますね。

 

そうそう、鈴ちゃんのベットを全部洗濯しました。

まだ使えるから、捨てるのはもったいないけれど、どうする?

ピンクのふかふかベッドは、風愛ちゃんもそこで寝ていたことがあるから、これは残す。

でも他のは、ちょっと風愛ちゃんには小さいかも。

入って寝たいたこともあるベッドもあるけれど・・・・・。

 

鈴ちゃん愛用のものをどうするのか、ぼちぼち考えなくっちゃです。

あー、鈴ちゃん用のクレートもあるし、洋服なども・・・・。

次の子を迎える可能性があるのなら、残しておくべきかなぁ・・・・・。

 

最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。

 


荼毘に付し 鈴ちゃんお骨に なりました

2024-07-15 22:02:51 | 心の中で生きる風ちゃん、鈴ちゃん

まだ正直、鈴がいない日常の実感がない私。

家のあちこちに鈴がいる残像のようなものがあって、まだそこにいるような気持ちになりす。

ただ今は、ありがたいことに沢山の方から、美しいお花をいただき

それがかなりのボリュームになっていて、心を癒してくれています。

まずは、鈴ちゃんの冥福を祈り、ポチっとお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。


今日は、鈴ちゃんの葬儀の日。いったん、保冷剤を外して、旅立ちの準備に入りました。

「鈴ちゃん、そろそろ出かけるから、起きてや」というと、

本当に起きてくれそうな感じで

この姿があるだけで、鈴は寝ているだけと思えてしまっていました。

ペット葬儀のリン・ペットセメタリーに到着しました。

 

風愛ちゃんもいっしょです。

前回こちらに来たのは、風ちゃんの葬儀の時。その時は、鈴ちゃんが今の風愛ちゃんの場所にいたような気がします。

 

お洋服やおもちゃ、メッセージカード、写真などを添えて、いよいよ旅立ちの時です。

入れているおもちゃは、「もってコーイ」遊びをついこないだまでしていたふわふわのボールと

子犬の時からお気に入りだったリボン型のおもちゃ。

自宅に届いたフラワーアレンジメントのお花も供えることにしました。

たくさんのお花に包まれた鈴ちゃん。

セラピー犬としてたくさん活動してくれた鈴ちゃんだから、活動用のバンダナとコスチュームも

いっしょに送ることにしました。

遺影もとびきりの笑顔のセラピー犬スタイルの写真にしました。

鈴ちゃんは、小学校での活動後、自信に満ちたいい顔をするので、そんな表情を撮ったものです。

準備が整い、いよいよお別れです。

お別れの直前に家族写真も撮ってもらいました。

 

さよなら鈴ちゃん。お空で元気に走り回ってね!!

そして荼毘に付された鈴ちゃん。

この下にお骨の写真が出てきますので、見たくない方は、ここで戻ってくださいね。

 

 

 

 

 

2時間ほどして、鈴ちゃんがお骨になって出てきました。

そして丁寧に骨壺に収めていきました。

鈴ちゃんの骨壺カバーは、かわいい色のものにしました。

 

 

自宅に戻ってきて、今はお花や遺影とともにこちらに。

鈴ちゃん、今まで本当にありがとう。

あなたがいてくれて、パパもママも風愛ちゃんも幸せだったよ。

 

最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。