雑種犬「風(ふう)」のひとりごと

元保護犬の鈴(りん)7歳と風愛(ふあ)1歳の楽しい毎日を五・七・五で綴ります。
天に旅立った風(ふう)の思い出写真も。

ボテボテの 風ママ走る アジリティ

2018-05-18 16:39:59 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング


昨日は、月に1回のアジリティレッスンでした。


まずはアジリティを頑張った風愛ちゃんと鈴ちゃんにポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。



いつもは、午前中からお昼にかけてアジリティのレッスンがあるんですが

この暑さのため、夕方の時間のレッスンになりました。


なのでレッスンの前に他のランでウォーミングアップ。




その時に「あれ?鈴ちゃんも後ろ足の動きがおかしい」と先生に指摘されて、ドキッ。


実は、最近

鈴ちゃんは家の階段を降りる時に、後ろ足は右しかつかずにトントン下ります。

そう、左後ろ足は上げたまんま。

多分、階段を降りる時に、膝に響くからかばっているのか・・・・。


気がついてはいたんですが、アジリティの先生に指摘されて

ああ、やっぱりか・・という感じです。


「よくマッサージしてあげてくださいね。年齢と共に硬くなっていると思うので

 今日のアジも無理しないように」と言われました。


風愛ちゃんも後ろ左足、鈴ちゃんもです。


ということで、今回は風愛ちゃん、鈴ちゃんも無理せず低いハードルで行いました。

まずは、風愛ちゃんです。





シマシマのボテボテのカラダのおばさんのことは、無視して

ワンコのほうだけ見てね。


雑種犬風愛ちゃんのアジリティレッスン。1歳の5月



お次は鈴ちゃんです。

鈴ちゃんも同じコースですよ。





一走目は、一瞬逃走がありました。

走って、どこへ向かったかというと・・・・。





そう、ワンワン呼んでいる風愛ちゃんの元・・・・。

クレート待機だと暑すぎると思って、今回は日陰のエリアに繋いで待機させていたんですが

妹思いの鈴ちゃんは、風愛に呼ばれて、様子を見に・・・・。


でも、周りのレッスン仲間が風愛ちゃんのことをフォローしてくれて、2走目の鈴ちゃんは、ママに集中してくれました。



これが2走目です。

雑種犬鈴ちゃんとのアジリティ。7歳の5月





ふたりとも足が弱いので、アジリティは、ぼちぼち楽しみながらやろうね。

ママも少しずつだけど、ちゃんと指示できるように頑張るからね。





最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

鈴ちゃんの モチベはいったい 何やろか?

2018-04-25 00:11:49 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング


今夜は雨になりました。

みなさまのところはいかかでしょうか?

まずは、ポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。


先週のオニ暑い日に、アジリティのレッスンがありました。







鈴ちゃんは、いつになくゴキゲンでこれは、期待しちゃういましたね。


そして、風愛ちゃんですが、やはりまだ膝が気になるということで

ハードルを20cmにして、トライすることになりました。



通常は、風愛ちゃんのカラダだと40cmのハードルでやるのですが

膝の負担を先生が考えてくださって、今回は20cmということになりました。


1回目は、ビデオをお願いするのを忘れていたのでありませんが

まぁまぁ順調にやってくれました。


その間、鈴ちゃんはクレート待機です。


「なんで私が待機なのよ」ってちょっと文句をいってました。


こちらが風愛ちゃんです。

2走目の分になります。


雑種犬風愛ちゃん、3回目のアジリティレッスン




ママがもたついたところは、風愛ちゃんももたつきます。


風愛のアジは、ママ次第という感じです。






お次は、鈴ちゃんです。


今まで鈴ちゃんは、30cmのハードルだったんですが

今回は40cmにトライしました。




するとなかなかカッコよく、ママが指示をもたついたところ以外はめっちゃスムーズにやってくれました。


それに気をよくして、2走目の順番が来た時に、動画の録画をお願いしたんですが・・・。


今度は鈴ちゃんダメダメで

スラロームの途中で逃亡しちゃいました。




雑種犬鈴ちゃん、スラロームの途中で逃走



鈴ちゃんのモチベーションが足りなかったんでしょうか?


トリーツがあまりモチベーションにならない鈴ちゃんの難しさを感じます。




風愛ちゃんは今のところ、トリーツでついてきてくれるので、ありがたいです。






コースの後の部分練習も、結局鈴ちゃんはやる気がなくて

風愛ちゃんとやりました。


暑さのせいもあったのかもしれません。

すぐに日陰で休んじゃった鈴ちゃん。


もっと暑さ対策が必要だったかもですねー。








最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まるで初夏! 結局どうした アジリティ

2018-03-15 17:29:30 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング
3月半ばなのに初夏の風が吹いています。

桜(ソメイヨシノ)のツボミもいっきに膨らみプクプクになってきました。


まずは、ポチっをお願いします。

←すみませんが両方押してください→

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。



今日は月に1回のアジリティレッスン。


前回、悩みに悩んだ風愛ちゃんを連れて行くかどうか。

風愛ちゃんの膝の状態のこともあるので

前日、いやいや今朝まで迷っていました。


悩みのポイントは、前回のブログにも書いたけれど

①鈴ちゃんは、アジリティが楽しくなっている→これからも続けたい

②風愛ちゃんは、はじめてやった前回のアジリティで才能開花→これからやらせたい

でも

③鈴ちゃんは、風愛ちゃんがいっしょでクレートで鳴かれると、気になってアジリティができない→風愛を家で留守番させたら、それはない

④風愛ちゃんと鈴ちゃんをいっしょに参加したら、多分風愛ちゃんはできるので優先されて、鈴がおろそかになる可能性がある。

というところで悩んでいました。


さらに、風愛ちゃんの膝がまだ本調子じゃないことも、気になる点ではあったんですが

風パパに相談すると「風愛ちゃんも連れて行ったってくれ!」と即答。


じゃあ、そうしよう!!

と、風愛ちゃんも参加させることにしました。


写真や動画はないけれど、先にコースを走ったのは鈴ちゃんです。


今回のコースは
1/ハードル
2/ハードル(オーバー)
3/トンネル
4/ロングジャンプ
5/トンネル
7/ハードル
8/ハードル(オーバー)
9/ハードル(オーバー)
10/Aライン
11/ハードル
12/ハードル(オーバー)
13/ドッグウォーク
14/ハードル
15/スラローム
16/トンネル
17/ハードル

でした。


風愛ちゃんはクレート待機だったのですが、
鈴ちゃんママがちゃんと指示したところは、とてもスムーズにやってくれました。


つまり、ママがコースを迷って、指示が遅れたところは
動かずじっとしていましたね。


それから、トンネルはかなり苦手みたい。


今回は、ちゃんと入ってくれたのですが中で慎重に歩くので、出で来るまでに時間がかかりました。


多分、前回嫌がったのは前日の雨でトンネルの中が濡れていたせいだと
後でわかったけれど

その時に、滑ったりしたんでしょうね。

なので今回は、トンネルに入っても抜けるまでに、忍び足で歩くので時間がかかっちゃいました。


コースをやっている時には逃亡もなく・・・。


つまり、クレート待機していた風愛ちゃんが、あまり声を出さなかったってこと。


風愛ちゃんがアジリティ中のクレート待機にも慣れてくれて、ほぼ静かにできるようになったみたいです。


そして、風愛ちゃんの番です。


足のこともあるので、「同じコースですがひとつずつ丁寧にやってください」と先生。


ママが速く走れないし、風愛にとっては2度目のアジリティなので

ゆっくりやろうと決めてトライしました。




ただ2つ目のハードルの着地の後の旋回で、やはりちょっと後ろ足が・・・・・。

動画でもわかりましたが、先生からも「風愛ちゃん、今は高いハードルはやめておいた方がいいですね。次からは低いバーにしましょう」と、足のことを気遣ってくださました。




ということで、風愛ちゃんとのシーンは、動画撮影をしてもらいました。

2つ目のトンネルの後のハードルで、私がコースを迷ってしまったので

「トンネルからやりなおし」と先生から言われ、そこを再度やっています。


雑種犬風愛ちゃん、2度目のアジリティレッスン






その後も、オーバーで飛ばすハードルの指示をうまく出せずに

風愛ちゃんを迷わせたけれど、それ以外はほぼスムーズにやってくれました。





ポテンシャルが高い風愛ちゃんです。


前回は、鈴ちゃんか風愛ちゃんのどちらかを選ばないといけないかなーと思ったんですが

なんとか両方とも大丈夫みたいです。

本当は風愛ちゃんとパパがやってくれたらいいんですけどねー。



最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。

頑張った風愛ちゃんにポチっをお願いします。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

わんことの トレーニングて 何だろう?

2018-02-23 15:37:09 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング
今、犬関係の原稿の執筆をしていて

今更ながら「ドッグトレーニング」って何だろう?

と考えはじめました。

まずは、ポチっをお願いします。

←すみませんが両方押してください→

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。


ワンコ仲間に「風愛ちゃんのトレーニングをしてる?」と尋ねられることがあるけれど


「全然していない…」と答える私。


しつけ教室には、月1回程度通っているけれど

それ以外で、取り立ててトレーニングっぽいことは、つくづくしていないなーと

思うんです。


ただ、困った行動が出ないように対処や管理はしているつもりなんですが・・・・。


先日、お会いした超有名な犬のしつけインストラクターの方が

「ドッグカフェに犬を連れて行くのは、犬に東大受験させているようなものだ」と

おっしゃっていました。


東大を受験するには、小学校の頃から、それなりの学校で勉強して

中学に進み勉強して、高校に進んで勉強して、その後受験して、合否が分かれる・・・。


犬の場合も、マナーを勉強して、段階を踏んで勉強して、いろいろとできるようになって

それでドッグカフェに連れて行っても、うまくいく場合と

アクシデントでいい結果に結びつかない場合がある・・。



そもそも、まだ小学校で勉強中ぐらいのワンコを

いきなり、東大を受験させようとする飼い主さんが多くて、

カフェに連れて行かれたワンコは、そこでいったい何をしたらいいのかも、

わからなくて困ってしまう。


そんな状況を多くみかけると、話していました。




それだけ犬にとって、ドッグカフェはハードルが高い場所だということみたいです。


そこに行きつくまでには、テーブルの下で伏せて待機するトレーニングや、
人間の食べ物をねだらないトレーニング、
もしも落ちてきても食べないトレーニング、
他の犬や人がいても静かに振る舞うトレーニングなど
小学校、中学校、高校に相当するいろいろな勉強が必要で・・・・と、いう話を聞きながら


うちは、鈴ちゃんはもちろん、風愛ちゃんもドッグカフェやレストランに連れて行っていっているなー。

トレーニングしてへんけど・・・。


それは、無茶をしている??

と考えてしまいました。



もちろん、パピーの頃やジュニアの頃は、風愛ちゃんも落ち着かなかったけど。

今では、こんな感じでまったり。




「風愛ちゃん、すでに東大合格かしら?」と思ったんですが

ドッグランで遊ばせた後に行ってることが多いことをしゃべったら、

「それはトレーニングができているというよりも、飼い主さんのマネージメントができているってことですね」と言われました。

マネージメントとは、管理をすること。

犬の特性、愛犬の性格などを考慮して、ベストな状態になるように、飼い主がコントロールすることを意味しています。


「若い犬は、運動して発散したい欲求が多いので、それを満たした後だと、お利口に振る舞えることが多いんですよ」と。


もちろん、それは承知していて、ランで走らせて満足させるなどの

楽しいことの後しか、我が家はカフェやレストランなどには、連れて行きません。



そういえば、我が家でシャンプーする時も、ドッグランで思いっきり運動させてから
というのが私の中のルールになっています。



もちろん、オスワリやフセ、マテ、オイデなど、愛犬と私の共通語は

ちゃんと教えていますけれど。


それも、子犬の時はトレーニングしたけれど、今は実際のシーンで使っているだけって

感じです。




そこで、ふと思ったんですが「トレーニング」ってそもそも何?

日本語で言うと、訓練や練習になるんだけど、なんのためにそれをやるのか?

と考えた時に、これって「経験を積む」ことの疑似体験と違うのかな?と思ったんです。



イヌに、オスワリを指示して座る行動をさせるトレーニングを10回やった場合

イヌが座る行動を10回経験するという事実が残るということ。


もちろんそれは成功が10回あった場合で、失敗が10回だと、経験値はゼロになる。



そう考えると、トレーニングタイムを設けなくても、生活の中の本番で

成功する経験がたくさん積めたら、それでOKのような気もします。



私たちが自宅で食事をしている時に、テーブルの下で風愛が伏せてリラックスしている

というのは、トレーニングではなく、今や習慣。

何の指示もしていないし


夜クレートで寝るのも、習慣なだけ。


もちろん、そのためには基本のしつけや、飼い主のマネージメントがベースにあってこその話ですけれど。






もちろん、風ちゃんとドッグダンスをやっていた時は、大会を目指して

トレーニングはいっぱいやっていましたよ。


大会前は、毎日練習していましたね。



だってドッグダンスは、日常の中に本番がないんで、練習でしか経験を積めないから。




それにわんこによって、トレーニング好きもいれるけれど

そうでないタイプもいる。

鈴は、食べ物に執着しない分、トレーニングも消極的なので
どうしても、トレーニングをサボっているのかも、しれませんけどね。




そんなことを考えた風ママなのでした。










最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

初アジは 意外とできた 気がするが…

2018-01-20 12:37:02 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング
天気予報じゃ、今朝は晴れだったはずなのに

朝からあいにくの雨の風鈴地方です。

まぁ、しゃーないんですけどね。

まずは、ポチっをお願いします。

←すみませんが両方押してください→

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。


先日、月に1回のアジリティレッスンに行ってきました。


風愛ちゃんも、運動解禁になったので

ぼちぼちやらせようかと連れていきました。


でも、メインは鈴ちゃん。


鈴ちゃんがやっている時は、クレート待機の風愛ちゃんです。



前回は、ここで大会があったけれど

いつものように鈴ちゃんレッスン頑張ってくれるかな?

と思ったんですが、ちょっとダメダメでした。





もともと苦手なトンネルになかなか入らない。

さらに入っても戻ってきてしまうことを繰り返しました。


アジリティレッスン 2018.2 鈴はトンネルが苦手

あとで気が付いたんですが、前日に雨が降っていて

その雨がトンネルの中に入っていて、トンネルの中かで濡れて

滑りやすくなっていたみたいです。


鈴は、繊細だから、そういう「いつもと違う」ことや

滑るなどの自分にリスクがありそうなことがあると

イヤイヤが入ってしまいます。



その上、Aフレームの時に、ちょっと足を傷めたみたいだと、先生が。


その後の、後ろ右足の動きがおかしいと。


そこからは、もう走らず、ゆっくりしか動かなくなりました。



風愛と違って、慎重派の鈴ちゃんは、怪我とは無縁だと思っていたけれど


7歳というシニア?中年世代?ということもあり、今まで通りじゃない

カラダになってきているのかもしれません。





ということもあり、クレートにいた風愛ちゃんを出して

鈴ちゃんと交代しました。





風愛ちゃんは、初レッスンということもあり

部分練習からしました。





部分練習は、全員でやっているので、残念ながら、動画などはありません。



最初やった部分練習は、ハードル、Aフレーム、ハードル、スラローム、ハードルというミニコース。


風愛ちゃん、Aフレームやスラロームは、かなりスムーズ。


でも、ハードルは、飛べるけれど私の指示で前にあるハードルを飛んだり

オーバー(向こうに回って、こちらに飛ぶ)というのが、なかなかできません。



ハードルが課題だということがわかりました。


続いての部分練習は、ハードル、トンネル、トンネル、ハードル、トンネル

というトンネル中心のコース。



風愛ちゃん、トンネルの入り口さえ、わかったら、すっと通り抜けてくれるので

難なくできました。




かなりポテンシャルが高いかも・・・って、親バカで思いました。


やっている風愛ちゃんも、かなり楽しそうでした。




ただ、こういう時に気になるのは、クレート待機の鈴ちゃん。



アジリティは、ママをひとり占めできる時間だと思ったいたはずだから

心情穏やかでないかもしれません。



これにハップンして、もっと鈴ちゃんがやる気になってくれたら、いいんですけれどね。



帰宅後は、コテンと寝ちゃった風愛ちゃんです。



頭もカラダも良い刺激になったみたいです。









最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無謀にも? 大会でたよ アジリティ

2018-01-10 11:26:04 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング
昨日から暴風が吹き荒れていますね。

まずはポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。


レポートの提出までは、予定が立たない状態だったんですが

先週末には、なんとか出せそうな目途が立ち
そんな時、アジリティのお仲間から

「1月8日の祝日に大会があるから出てみない?みんな出るよ」と誘われました。


大きな団体の競技会ではなく、ビギナーでもOKの種目もあるから」と教えてもらい


ちょうどその日は、パパがお休みで

お家で風愛ちゃんを見ていてくれるというので

これはチャンスと思って・・・。


引っ込み思案の鈴ちゃんだけど、

最近の鈴ちゃんなら、もしかして参加できるかも・・・と
思って大会の前々日に申し込みました。


ラッキーなことに、会場はいつもアジリティの練習をしている場所。


到着するなり、鈴ちゃんルンルンで

早くフィールドに入りたいと引っ張ります。




こりゃ行けるかも・・・。


と思ったんですが・・・。


リードを外すなり、いきなり「わーい!わーい!」と楽しそうに逃走。



アジリティをやるというスイッチが入れば、やってくれたんてすが・・・。




それまでに時間がかかってしまい

失格に。





こりゃあかんな・・・と思って


次の出場種目の番が来る前に

ガス抜きをしないといけないなー・・と思って


他のドッグラン広場に連れて行き

満足いくまで走らせました。





そして、次の種目も撃沈。



ガス抜きは、できていたけれど

鈴ちゃん、いつもと違う雰囲気に気が付いてしまったみたい。


いつも違って会場の周りには、出場者やギャラリーがいっぱい。

普段人が入らない場所にもテントがあって、たくさんの人がいることを

気づいちゃいました。


苦手なトンネルには入ったんですが、匂いチェックが。


普段見慣れない、番号が書いた標識にも匂いチェック。

雑種犬鈴、アジリティの初大会で撃沈



それにいつもはスムーズなスラロームも、全然・・・。

撮ってもらったビデオを見ると、ジャッジの人を気にして

何度もそっちを見ている・・・。


そして、途中で

たくさんのギャラリーや犬がフィールドの周りにいる中で

仲良しのクララちゃんを発見!

思わず駆け寄る始末。


結局、減点分もあってタイムオーバーで失格となりました。




やっぱり環境刺激に弱い鈴ちゃん。



だけど、知らないイヌと知らない人がとてもたくさんいる中で


頑張ってやろうとしてくれたことは、とってもうれしかった。


めっちゃ褒めましたよ。

途中で雨も降ってきて

コンディションは良くなかったけれど

とってもいい経験になりました。


こういう会場にも、少しずつ慣れてくれたらと思います。




鈴ちゃんは、タイムオーバーで失格だったけれど

逆走したり、違う障害をやったりで失格になるワンちゃんも多かったので

鈴だけじゃなくて、ちょっとホッ。


それだけクリーンランって難しいんだと思いました。


鈴は、7歳だけど

まだまだこれからでーす。




最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。


頑張った鈴ちゃんにポチっをお願いします。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

トンネルが なぜか苦手ね 鈴のアジ

2017-12-24 11:04:27 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング
メリークリスマス


みなさま、このクリスマスイブの日をどうお過ごしですか?




昨夜は、院のゼミがあって

終了したのが22時過ぎで・・・・・。


ブログ更新するつもりが、結局寝る前にパソコンに向かうパワーがなく、寝てしまいました。

まずは、ポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。



さて、風愛ちゃんトナカイのソリとツリーがあったのは

鈴ちゃんが大好きな「すいらんグリーンパーク


以前は、週1回は行ってたけれど

私が仕事やレポートやらで忙しくて、1カ月ぶりに行きました。



そう、月1回の鈴ちゃんのアジリティのレッスンがあるからです。




ひと月ぶりの大好きなすいらんということで

鈴ちゃんノリノリ。





ウォーミングアップもバッチリです。




レッスンは、鈴ちゃんだけなのですが

見学で風愛ちゃんも連れていきました。



でも、前回みたいな「リードを噛みちぎってフリーに」っていう


失敗がないように今回の風愛ちゃんの待機場所は・・・・・。






テントの中のクレートの中ですよー。



鈴は、ママたちが見聞している時も、静かに待てるし

どうも風愛がいるところは、落ち着かないみたいで

距離をあけて場所がいいっいうんで、外で待機です。




さて、鈴ちゃんの番が近づいてきましたよ。




かなり楽しそうなんで、今回はバッチリやってくれるかと思いきや

最初のトンネルで拒否?


なかなか入ってくれませんでした。

 今回のコースは

①ハードル
②トンネル
③ハードル
④Aフレーム
⑤ロングジャンプ
⑥ハードル
⑦ハードル
⑧ハードル
⑨スラローム
⑩トンネル
⑪ドッグウォーク
⑫タイヤ

でした。

雑種犬鈴ちゃんアジリティ「トンネルだけはイヤヤねん」2017.12



トンネル以外のところは、かなりスムーズにいったと思います。


このコースが終わって、次のコースの時は
ちょっと逃走もあったけれど、呼んだら戻ってきてくれたし

先生から「鈴ちゃんは、ママがコースを覚えていたら、ちゃんとやってくれます。でもママが一瞬でも、コースを迷ったら、すぐにストップしたり、逃走したりするので気をつけて」と。


そう、鈴の動きは全部ママ次第。


と、いいながら撮ってもらったビデオを見て

ママの太りっぷりに愕然。

これは痩せなくっちゃ。



アジリティの修了後、風愛ちゃんも少し遊ばせましたよ。





そして、ランチに行ったのが

前回の写真です。


アジリティは、大会に出ようとか、そんなことは考えていないけれど

「鈴ちゃんが楽しそうにやる」ことを目標にしていたから、

鈴ちゃんの尻尾を見ていると、それはかなり達成できたかな。


そろそろ次の段階の目標を決めてもいい頃かもです。











最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。


鈴ちゃんにポチっをお願いします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず お迎え散歩で 様子見よ

2017-12-20 22:58:00 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング
今日の更新も、めっちゃ遅くなっちゃいましたね。


まずは、ポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。


今年は、中古住宅を購入し

リフォームして9月から、今のお家で暮らしています。


前の賃貸の家も環境が良かったけれど

今の家は、遊歩道に面した角地で、車の音が全然聞こえなくて

とても静かで緑の多い環境です。


車の音が苦手な鈴ちゃんも安心。

緑の多い遊歩道伝いに、複数の公園があるので、車道を通らなくても

お散歩が楽しめちゃうんです。

ワンコが暮らすのに、超がつくほど良い環境だと思っています。

ほぼ理想に近い立地の家が見つかって、本当に喜んでいました。

イヤイヤ過去形じゃなくて、喜んでいいます。

生活は、快適です。



だけど約3カ月ここで暮らして、環境が良すぎることで
弊害も出てきました。


それは、風愛ちゃんの社会化が後退して、

車が走る通り沿いの歩道や

ちょっと車が通る住宅街の路地をあるくだけで

めっちゃビビりだしたんです。


それは、鈴ちゃんよりもかなりひどいです。




安全な遊歩道や公園ばかりを散歩していて、苦手な道を歩くことが


あまりなくって、社会化が後退。


それから意識して、遊歩道以外の道も歩くようにしていたのですが

そういうところに行くと、おやつも食べられないし

じっとすることもできない。




「あっちへ行きたくありません」状態に入ります。


考えてみれば、大阪で暮らしていた風ちゃんは

住宅密集地で暮らしていて、家の近くから車がビュンビュン。


でも、そういう道を歩いて、緑のある公園まで行って一息。

そこで、ワンちゃん友達にも会えて、楽しく遊んで帰る・・という散歩をしていました。


楽しい公園が目的地になっていたから、それが強化子になって

途中の道にもどんどん慣れていったんです。


でもね。

今の家は、家の近くが遊歩道と森っぽい公園で

犬にとってめっちゃ環境のいいところ。


その場所から、わざわざ移動して、車の多いところや

面白くないところに「なんで散歩せなあかんの?」って思っちゃいますよね。


イチバン楽しいところから、楽しくないところへ散歩なんて。


そういえば、この前まで住んでいた賃貸の家も

遊歩道の前だったけれど

大好きな泉谷公園へ行くときは、車が通る住宅街を歩いて行ってました。


それは、楽しい泉谷公園が目的地だったから

車が苦手な鈴ちゃんも歩いていましたし、風愛ちゃんも歩いていた。


でも今は、泉谷公園に近い環境が出発地点だから

それよりも良いところじゃないと、そこから出たがらない・・・。


ちゅーことなんですよね。



と、いうことで考えました。


何か行った先で楽しいとか、うれしいとか何か強化子になることがないと、社会化が促進できないと。







ということで、始めたのが夕方の散歩の代わりに

夜、会社帰りのパパを駅前まで、お迎え散歩をすることしたんです。


ただ社会化のために駅前まで行っても、風愛ちゃんにとって

なんで、こんなところに連れて行くの??って感じでしょ。


でも、パパを迎えに行くという目的があって


ちょっと怖い環境かもしれないけれど

パパに会えることがうれしくて、それが強化子になってくれたらと・・・。





まだ始めたばかりなので、ちゃんと効果がでるかがわからないけれど

続けてみようと思っています。



最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。


風愛ちゃんにポチっをお願いします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

学んだよ テリーライアン 先生に

2017-12-13 22:46:16 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング
今日は私の誕生日・・・といっても

いつもと変わらぬ忙しさなんですけれどね。


いくつになったのか聞かないで、まずはポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。


さて、12月10日に、那須のアニマルファンスィアーズクラブで
テリー・ライアン先生の「犬と楽しむ」セミナーに参加してきました。



私と、テリー先生との出会いは、11年前。

風ちゃんが5歳の時です。


それまでしつけ教室にも通ったことがなく

問題行動もなかった風ちゃん。



でも、犬のことをもっともっと知りたいて、ライターという職業を活かして、犬の雑誌にも記事を書いていたし


犬関係の取材の話があると、率先して受けていた頃です。



そんな時にJAHAでテリー・ライアン先生の「家庭犬しつけインストラクター養成講座」があるので取材に行ってほしいと仕事の依頼があり


喜んで取材に行き、ついでに講座も受けさせてもらって

初めてドッグトレーニングの基礎を学んだんです。

それが11年前。


それがテリー先生と私の出会いでした。

講座受講だけでなく、インタビューもさせてもらって

犬のしつけやトレーニングに対する疑問も、全部ぶつけて

教えてもらったことを今も覚えています。



ペットボトルを使った手作りの犬のおもちゃの話も

そのインタビューで教えてもらったのでした。


そして、その講座で優良家庭犬の認定試験のことを知り

風ちゃんと目指す決意をして、初めてトレーニング教室に通うことに。


それが今に繋がっています。




さて、今回は鈴ちゃんでの初めの受講です。

セミナー開始が10時で終了が17時。


お昼休憩1時間ありますので6時間の授業です。

鈴ちゃんそれだけの授業、つかれちゃわないかな?



と思ったんですが、午前中は座学で

犬の問題行動の解決方法についての対処の仕方について学びました。


ケーススタディももちろんあったのですが

どんな問題に対しても、対処できるよう

全体的な視点で、その犬の状況を観察するところからはじめ

鍵となるポイントをそれぞれ書き出し

応急処置と、じっくりと根本原因に取り組むの2本柱で対策を考えることを学びました。


ちょうど大学院の行動分析学のレポートでも

問題行動の変容方法について、書いているところだったので

非常に重なることころが多く


「そうそう、そうなのよ」と思いながら聞きました。


そして、お昼休憩。




鈴といっしょに参加した、セラピー犬仲間のクララちゃんとタロウくんです。


午後からは、鈴ちゃんと共に実技レッスン。


といっても、ゲームなどの遊びの要素を取り入れたものばかりで

楽しく動くことができました。



参加のワンちゃんは20頭ぐらいでしょうか?

人はワンちゃんなしの人もいるので40人ぐらい。

スタッフも入れると50人ぐらいがいます。




忘れないように書いておくと

●ウェーブ
愛犬をヒールポジションにつけて、一列に並び

隣りから順番にオスワリ→フセ→オスワリをしていく。


これによって、初めてのワンちゃんでもトレーニングレベルが
わかるそうです。


もちろん、鈴ちゃんスムーズにできました。


普段はできるワンちゃんでも、こういうたくさんの人と
犬がいる環境だとできなくなることって多いんですよね。


そう考えると、鈴ちゃんも成長したなーと・・・つくづく。


●I SPY ゲーム

2組の飼い主とワンちゃんで行うゲーム。

相手の飼い主さんに向かって「I SPY 〇〇ちゃんの頭」というと
その飼い主さんは、愛犬の〇〇ちゃんの頭を触る。

そして次は、相手の飼い主さんが「I SPY 鈴ちゃんの尻尾」というと
私が鈴ちゃんの尻尾を触る。

という相手が指示した場所を触るゲーム。


「愛犬のカラダをどこでも触れる(触らせてくれる)」ことがベースになっていて、それをゲーム感覚で行う遊び。

触るだけじゃなく、その部分のチェックをするのもいいかもです。

これは、鈴ちゃん得意中の得意。

楽しくできました。


●サイコロゲーム

サイコロの目に合わせて、その行動をさせるゲーム。
たとえば
1なら、オスワリ
2なら、フセ

といったように、出た目をみんなでやるゲームです。

そうそう、6はジョーカーで、好きなことができる目でしたよ。


●クリスマスゲーム

飼い主さんは、テーブルについて食事をする(ふりをする)。
その間、ワンちゃんは足元のマットでフセをして待機。

プレゼントの横に移動し、愛犬をオスワリさせ
プレゼントボックスのリボンをほどいて、再び結ぶ。

オーブンに見立てたアルミ箔をはった浅い箱に愛犬が入って伏せるようにシェイピングする


という3つの項目をクリアするゲーム。


ここで注意がありました。

オーブンに見立てたアルミ箔を貼った浅い箱に犬を入れる時に、「ルアーを使わないように」。


ルアーとは、犬を誘導するためにトリーツやおもちゃなどを使うことです。


「なぜルアーを使っては、いけないのか。それは警戒しているワンちゃんに、食べ物などを出して誘導すると、次から食べ物が出てくるとどんどん警戒するようになるからです」と。


うぁー、それは警戒心強いワンコのあるあるだぁ!! と思いました。


鈴がまさにそれ

警戒モードになっている時に、フードの誘導を使おうとすると

どんどんフードを食べなくなって

大丈夫な時でも、フードが目の前に出ると警戒モードに入るようになった経験が。



うわぁー、それを鈴ちゃんが子犬の時に知っていたら
こんな失敗はしなかったのに・・・。


でも、子犬のしつけなどの本を見ると、
まずは食べ物の誘導で動かすってことは、よく書かれていて
それが正しいと思ってやっていた節はある。


でも、途中でこりゃあかん・・と思ったりもしたんですけれどね。



そんなことを考えながら、クリスマスゲームに挑戦。

テーブルの下の伏せも、プレゼント横のオスワリも難なく。

そしてオーブンに見立てた、アルミ箔の箱のところへ。



私は「鈴ちゃん、ココ」ってアルミ箔の箱を指さしたら

鈴は、すっと箱の中へ。

そして「フセ」と指示すりゃ、鈴は伏せました。



そこでついてくださっていた先生(テリー先生ではないインストラクターさん?)に、「あー、ここでは指示しないで、シェイビングでやって」と言われ・・・・。


あー、そうだったと大失敗しちゃったママでした。

鈴は、悪くないのにママったら、ついつい指示しちゃうクセが出てしまって、大反省です。


●オリンピックゲーム
フラフープの輪っかを五輪マークのように並べ

スタート地点からヒールでその輪に行き

第1の輪では、3秒間愛犬をほめる。
第2の輪では、3秒間オスワリ
第3の輪では、3秒間フセ
第4の輪では、タッチ
第5の輪では、オスワリ&マテをさせ、飼い主さんはゴール位置に移動し「オイデ」で呼ぶ。

というゲーム。


これは、鈴ちゃん驚くほど、スムーズにできたので、めっちゃ褒めました。


そうそう、ワンコのおもちゃを手作りするレッスンもありました。



細長いフエルト4本を編んでいき、おもちゃを作りました。



こういう時間にワンコたちは、クレートの中で休憩できるので良いですね。


そして、人間だけでクリッカーを使ったカードゲームもやりましたよ。


なんだか、私そのゲームがめっちゃ得意で、高得点をたたき出しました。



レッスンのラストは、ダンスゲーム。

音楽に合わせて

愛犬をオスワリさせ、隣でママがタップしたり
手拍子したり、愛犬の頭に手を置いて、ぐるっと回ったり

一歩前に出て愛犬が付いてきたら、バックして愛犬を呼び戻す。

など、指示された行動をリズミカルに行うのです。


このゲームのレクチャーの時に

「ちょっとあなたやってみて。一歩前に出て愛犬が付いてきたら、バックして愛犬を呼び戻す見本を」と言われ、ビックリ。


私と鈴ちゃんができるかしら?


と、みんなの前でやりました。

鈴は、私の呼び戻しに振り返ってすぐに来てくれて

それは、めっちゃ褒められたんですが・・・・。


「一歩前へと言ったのに、あなたは2歩出ていました。ここは1歩だけですよ」と注意されて、またママの失敗てでした。


そんなママの失敗は、いろいろありましたが

鈴ちゃんは全体的に尻尾フリフリやってくれることが多かったので

ヨシって感じです。


テリー先生と記念撮影してもらいました。




参加して、とっても良かったです。


鈴ちゃんも楽しんでくれたようです。





私たちの帰宅を首を長ーくして待っていたのが風愛ちゃんです。


さっそくレッスンで作ったおもちゃを風愛ちゃんにプレゼント。




その晩、このおもちゃでいっぱい遊んであげましたよ。











最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

リード噛み ちぎって自由 手に入れた?!

2017-11-18 12:38:41 | ドッグダンスやアジリティ、トレーニング
風愛ちゃん、やってくれました。

とても心配です。

まずは、ポチっと応援をよろしく
お願いします。

←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。

鈴ちゃんのアジリティレッスンに行ってきました。

風愛をひとりでお留守番させるよりも、一緒に連れて行って

見学させた方が安心だと思って、つれていきました。


肌寒い日ので、簡易テントを持参。


ほかの人の邪魔をしてはいけないので、ベンチの足にリードをつなげ

テントの中でも休憩できるし、外で見学もできるようにしておきました。


でもね。

トップフォトのように、風愛ちゃんつまらなそう。

鈴ちゃんの方は、ヘタなママのハンドリングに頑張ってついてきてくれましたよ。



雑種犬鈴ちゃんのアジリティレッスン。2017年11月



最初のトンネルに入るときに失敗したので、その部分だけ動画をつないでいますが、そのあとはとってもスムーズでした。


先走りするタイプじゃないけれど

ママをちゃんと見てくれているし

ママの声掛けをちゃんと聴いているのがわかります。



高い声で褒めると、鈴ちゃんのしっぽも

楽しそうにやってくれるのが、ママにとっての幸せです。




鈴の番が終わって、ほかの人がやるときは、鈴もつなぎます。


でもね、鈴ちゃん「風愛ちゃんのところはイヤ」って。


テント中で待機させていたら、風愛がテントの上から乗っちゃうし


風愛のとなりにつないだら、バトルごっこをしかけて

休憩にならない。



なので、テントから少し離れたところに

鈴ちゃんをリードでつないで待機させました。




まぁここまでは、良かったのですが


ふと見ると、ベンチにつないでいたはずの風愛ちゃんがリードをひきずってウロウロしているではありませんか。


アジリティやっている人の迷惑になってはいけないので

すぐに、引きずっているリードを持って捕獲。


しっかりつないでいたはずなのに、はずれちゃったのかしら?

と思いつつ、リードを持ったら、あれれ短い。


そして持ち手もない。


見ると、リードを噛みちぎってました。





恐るべし、風愛ちゃん。





「最初のコースを2回ずつやって、次はコース替えをするので

しばらくフリーにして遊ばせてあげていいですよ」と、先生からの

うれしい言葉。



さっそく、風愛ちゃんをフリーにしました。


フィールド内をうれしそうに走る風愛ちゃん。


しばらくすると勝手に、トンネルを抜けたり

ハードルを飛んだり、小さいシーソーに上ったり・・・・。


そこまではよかったんです。

風愛ちゃんを呼び戻そうとしたときに、私の背ほどある

ドッグウォークをたったか駆け上がった風愛ちゃん。



向こう側に走っていき、待ち受けようと思ったとたん

一番高いところから、ひょいと飛び降りてしまいました。







まさかこの高さから飛び降りるなんて・・・・。




そのあとも少しは走っていましたが

どうやら、弱い後ろ左足を痛めたもよう。


歩き方からおかしくなってしまいました。





もしかしたら、最初の脱臼もこの飛び降りが原因。



たしか半年ほど前、ドッグランの斜面から飛び降りたことがあって

その時は、大丈夫そうだったけれど

後日、膝を脱臼するようになってことを思い出しました。





しばらく安静にしておかなければです。


あー、ショックです。


最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加