native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

すきま

2016-11-29 19:42:08 | 建物探訪
性能面においてはあってはならないフレーズですが、 デザインにおける隙間とか、 空間の隙間とか、 人生の隙間とか、 時間の隙間とか、 言葉の隙間とか、 味の隙間とか、 とても大好物です。まぁ、ちょっと通ぶりたいんでしょう(自虐) 先日、佐渡に出張した際、数時間隙間があったので、お寺巡りをしてきました。 主に真野地区の数分圏内その他を回ってきました。 いわゆる、染みる時間を堪能してき . . . 本文を読む
コメント

「街中の狭小二世帯住宅」たぶん誰も気が付かないので、紹介しておきます。

2016-11-28 18:57:40 | タッチザスカイ!
スネークキューブを置いたわけではありません。(古っ) すっごく細かい作業をしてもらっているんですが、実はこれ完成するとほとんど見えなくなります。 そして、これと同じものが他にも数か所あります。 見えなくもなるし、気になる場所にあるわけでもありませんので、ほんと日陰な作業なんです。 見えなくなる上に細かい作業なんだけど、このおかげで全体がスッキリ見えるっていう超縁の下の力持ち的な部分です。 こ . . . 本文を読む
コメント

「街中の狭小二世帯住宅」一転

2016-11-27 22:53:42 | タッチザスカイ!
先日、1階にオークのフローリングを採用したことをお伝えしました。 欧米では、堅くて木目が美しいことから高級家具材料として使われています。 そして、2階では一転して日本の高級家具の材料として使われる桐を採用しています。 軽くて柔らかい材料ですが、肌触りがとてもよく、燃えにくいという特徴も持った材料です。 そして、たまたま色味が近くどちらも内装のイメージに合っていたので、1階と2階でそれぞれ使う . . . 本文を読む
コメント

「街中の狭小二世帯住宅」イジメ、ダメ、ゼッタイ

2016-11-26 15:30:40 | タッチザスカイ!
部屋の角に対して、右の壁と左の壁が同じような違うような。 左側は窓だってことは分かりますけど、 そもそも右の壁は隠れ身の術というかカモフラ状態に見える棚なのか何なのか。 柱どうなってんの。 先日の記事で外張り断熱のため、ニッチ収納との相性が良いとお伝えしました。 画像はその一例です。 12cmの壁厚を無駄にしないのがネイティブディメンションズ流。 12cmあれば、文庫本、ティッシュボックス、ス . . . 本文を読む
コメント

巡業

2016-11-25 18:46:45 | 設計業務
昨日今日と省エネ講習会を行う為、佐渡に訪れています。 H28年の省エネ基準を半日フルに喋り倒して来るコースです。 おしゃべりは好きな方なので、全く苦になりません。むしろ、喋りすぎて時間を超過するのに注意してます。 今日も順調に前半10分ほどオーバーしてしまったので、後半なんとか合わせました。 意外にここ気を付けないとですよ的なところに溢れてて、こんな使い方すると面白くなりますよ的な小ネタを挟 . . . 本文を読む
コメント

「街中の狭小二世帯住宅」入らないけど出ていく話。

2016-11-24 11:15:21 | タッチザスカイ!
3週間かけて外壁の板金工事が完了しました。 26坪の住宅で3週間はとても時間をかけています。 道路から唯一見える窓も格好いいです。 目深にかぶった庇がいいですねぇ。 じーっと見てるとモビルスーツに見えてきます。(たぶん私だけ) 窓回りも細かい板金の折り曲げが重なる場所ですが、釘がほとんど見えないように納めてあります。 これは格好良く見せたいのもありますが、さびや水を呼ばないのが主な理由。 . . . 本文を読む
コメント

「街中の狭小二世帯住宅」切れまくり。

2016-11-22 16:45:18 | タッチザスカイ!
柄の悪い職人さんがいるとかじゃなくてですね。 現場では現在、家具の造作が行われています。 家具工事が多いネイティブディメンションズですが、その家具のほとんどが大工さんの加工によるものです。 一般的な住宅は家具屋さんに作ってもらうんですけど、建物と一体化した家具の提案が多いため、おのずと大工さんによる家具工事になります。 一体化させる理由は、壁厚を利用することでスペースを有効に使えたり、すっきり . . . 本文を読む
コメント

【ministock-06(soho)】今週の出来事。-グランドピアノがある小さい家-

2016-11-18 23:50:16 | ministock-06(soho)
来週からの打ち合わせに向けて、模型を作っていました。 頭の中で思い描いた姿が実際にどう見えるかを確認するために、模型は私にとって必要な作業の一つです。 模型をのぞき込むことで、視線の抜けや立体感を具体的に把握できるようになります。 今回もなかなかいい「間」ができそうです。 さて、そのミニストック-06ですが、敷地面積はなんと20坪。 え? え? え? 20坪? そんなとっても小さい . . . 本文を読む
コメント

【ministock-06(soho)】先週の出来事。-グランドピアノがある小さい家-

2016-11-17 22:23:02 | ministock-06(soho)
来週から実施設計が始まるミニストック-06なので、まだ何もないんですが、 (どのくらい「ない」のかと言うと、図面は間取りの打ち合わせで使用した1/100の平面図と立面図の2枚のみ。これからの打ち合わせで実施設計図がおそらく80枚前後になると思います) 構造計算だけは先週の内にほぼ終わらせておきました。 ネイティブディメンションズの作業は意匠よりも性能が先。 格好いい家を作るための必須条件です。 . . . 本文を読む
コメント

「街中の狭小二世帯住宅」二重なので。

2016-11-16 15:20:10 | タッチザスカイ!
外壁工事が大詰めを迎えています。 サッシ廻りも格好いいです。 今日のタイトルの「二重」というのは、サッシのペアガラスの事ではありません。 壁の断熱材が外側の二重張りなので、サッシは内付の様な納まり。 通常、木造住宅のサッシは、外壁から若干飛び出しているのが当たり前なんですけど、今回は逆。 サッシが壁にめり込んでいるような見え方です。 こっちの方が断然格好いいですよね。 蔵っぽくて。 で、壁の . . . 本文を読む
コメント

【ministock-06(soho)】nLDKからの開放。-グランドピアノがあるちいさい家-

2016-11-15 14:38:00 | ministock-06(soho)
昨日のスーパームーンとっても楽しみにしていたのに、空は一面の曇り空。 隙間から見える予感すらなく夜が更けていきました。 その前日にどこから撮ろうかなとアングルを決めるために、犬の散歩をしながら片手で撮影した月が今回の唯一の成果。 月だけ撮ったって、小さいのか、大きいのか分かんないし、 第一ボケてるし、 雲で霞んでるし、 なんともやるせない思いです。 次は18年後らしいし。 18年後って . . . 本文を読む
コメント

「街中の狭小二世帯住宅」ある。

2016-11-11 18:41:19 | タッチザスカイ!
昨日から、ないとかあるとか言いたい放題です。 内部の方は各所の家具や棚の下地入れをほぼ完了し、天井下地もほぼ張り終えています。 現在はフローリングの施工中。 1階はオークを張っています。 このオーク。 いわゆる高級感ありありの材料です。 傷がつきにくいので、テーブルなどにもよく使われる材料。 柄としても人気が高く、突板や塩ビシートの家具にもオーク柄は多く採用されています。 だから、すご . . . 本文を読む
コメント

「街中の狭小二世帯住宅」ない。

2016-11-10 16:23:27 | タッチザスカイ!
現場の外では、今日も快調に外壁工事中です。 6割くらい進みましたでしょうか。 今回の外壁はガルバリウム鋼板の横葺きです。 とーっても狭い現場なので、外壁材を取り回すスペースはほとんどないんですが、設計者がわがままで、なるべく継ぎ目がない様、長ーい材料で張ってくださいね(ハート)とお願いしたばっかりに、超慎重かつ緊張、ここ最近の気温が低いからなのか、現場の空気が張りつめているからのか分かりません . . . 本文を読む
コメント

【ministock-02(lab)】着火式-省エネルギーな小さい家-

2016-11-06 21:49:55 | ministock-02(lab)
少しずつ冬の気配が見え始めている今日この頃、ミニストック-02にてペレットストーブの着火式を行いました。 ここで「え?」と思われた方。 性能好きな方です。 ここで「いいよねぇ」と思われた方。 火に吸い寄せられる方です。 私はキャンプ大好き人間なので、火に吸い寄せられるタイプです。(ただし、仕事柄、性能には責任を持ちます) 用事もないのにたき火が好きで、たき火しながらのお酒が大好きです。 火お . . . 本文を読む
コメント

住み続ける。

2016-11-05 22:31:45 | 建築雑談
13年前にお引き渡しした鉄筋コンクリート造の3階建て狭小住宅にいました。 すごく景色のいい場所に建ってます。 私の設計の中でも5本の指に入るんじゃないでしょうか。 その屋上に登って、気持ちいいなぁと遊んでいる訳ではなく、屋根防水と外壁トップコートの再施工の準備に伺っていました。 これでまた住み続ける事ができます。 愛情持って、住まいと向き合います。 . . . 本文を読む
コメント