27motorsports & MaruhaMotors Blog

27モータースポーツ&マルハモータースが送るチューニング情報ブログ。

R53用S/C小径プーリーの落とし穴

2011年04月22日 | Weblog


ナント、171km/h。
キューバ出身の23歳。
シンシナティ・レッズのアロルディス・チャップマン!!

すげぇ~  見たい!!!・・です。
バッターも怖いけど、キャッチャーも怖いと思いますよ。 

__________________

ハイ、27MS&MARUHAのブログの時間です。

スーちゃんが亡くなってしまいまして、非常にショックですな。
同世代ですから・・。

ご冥福をお祈りいたします。

さてさて、今日も27MS関連から。

BMW MINI53用の小径プーリーのTESTがほぼ終了し、いよいよ生産に入ります。
正式発売にはもう少しだけ、お時間をください。

今から、R53??なんて思う方、いますか??
それは、完全業者側からの考えですな。 既に56ターボの時代ですから、53は旧型。
確かに

しかし、市場の価格も下がっています。
これからMINIの市場に入り込む若い世代も増えていますので、ここは27MSがガーンっとバックアップしたいじゃぁありませんか!

小径プーリーで、ちょこっと過給アップ。

これが,俄然面白い。

でも、過激な小径サイズはダメですな。

1)S/Cの過度な高回転は本体やベルト周辺トラブルの元。

2)S/C軸上にW/Pも有りますので、冷却水の圧力上昇も出てしまいます。

など、やはり性能安定を考えながら、チューニングを”楽しむ”方向に導くのが、プロの役目。

27MSらしい設定を提案していきます。

画像の様に2分割になっています。

インナー =ステンレス製
アウター =ジュラルミン+硬質アルマイト

で、軽量化。耐久性。装着性。など結構頑張っています。

互いのテーパーを使って、インナーをS/Cシャフトに食い込ませる方法ですから、これは中々設計が難しい。
で、画像は、仮のシャフトをマシニングで削り出し。
状態をチェックする為のものです。

さらに、シャシーダイナモで性能安定性を再度確認しております。

勿論、当社お得意のDMEチューニングのプログラムも再度念入りに確認を取っています。

 さて、今日のメインディッシュ。
小径プーリーの落とし穴について・・。 (心配でしょ?)

<R53 A/Fの観点>
 
赤=標準R53
黄= +小径プーリー(DME・純正のまま)

↑になるほど、リーン(燃料が薄い)
↓になるほど、リッチ(燃料が濃い)

大事なデーターなので、概要だけ、チョコット。
   ____________

分かります??  後半になると、小径プーリーをつけた車両は、リッチが進み、最後の方はガーンっと落ち込みますね。
これ、A/F値が測定外になるほどに、濃くなってしまうってこです。

何%プーリー付けて、過給が上がって、HAPPY♪ って人ばかりですが、こんなデーターを追及している所は少ないと思います。

ヤッパ、DME(ECU)をしっかりと煮つめて、チューニングパーツに合ったプログラムを使わないと、意味がないのですね。

もっと詳しいデーターはWEBで正式にページを近々UPしますので、そちらをご参考ください。

ご心配な方は27MSに是非ご相談ください。

  ______________

奥深いですぜ、チューニングってのは!

デハデハ。


Porsche 996の不安な性能

2011年04月13日 | Weblog

プロ野球が開幕しまして、選手の熱意が感じられます。

デイゲームですと、中々集客が難しい面がありますが、それも仕方がないと思います。

 

 

逆に、そんな平日に開幕戦を観戦できる人たちが羨ましい限りです。

 

いいですねぇ、野球!!

 

特に今年の新人は楽しみです。
           _____________

ハイ、27MS MARUHAのブログの時間です。

桜も見ごろで、靜岡では春満喫です。



通勤途中に車から撮影です。
東北の方たちにも暖かい春が早く来るように願います。 


さて、今日は27
MS関連でお伝えいたします。

 

27MSでの主な業務にデーターチューニングがあります。

 

ポルシェ996のデーターチューニングが増えています。

 

この車も他車同様に、海外輸入データーをそのままインストールするケースが多い。

選択支が少ないこともありますね。

 

27MSはオリジナルデーターチューニングが最大のセールスポイント。

先ず、自社設備を使って測定、基準を踏まえた上でデーターチューニングに入ります。

 

何ゆえ、996は先ず測定(パワーチェック)なのか?


実は、996の場合、エンジン性能のバラつきが非常に大きく、パワーの出ていない車両が結構多いのです。

 


高級車のポルシェ。
”Porsche”と書くと、なおさら高級感が沸くので不思議。

  

最新モデルは997ですので、996は既に一世代前の旧モデル。とは言え、高価な車であることは間違いありません。

 

そのポテンシャルの高さに、わざわざデーターチューニングなどしなくても・・と考えるオーナーが大半なのでしょう。

しかし、ポテンシャルの性能の高さ!とは、まさにカタログ値が基準。

996-3.4L300PS! 3.6Lならば320PSもあるのです。・・カタログ上では。

 

ところが、実際には、全く程遠いポルシェ996が大変多い。

       オーナーの皆さん、こんな事実をご存知でしたか?   

  知らないですよね。パワー測定なんてしないから。

だって、PORSCHEですもん。高いお金でディーラーでバッチリ点検も受けていますし・・、

 

       しかし、現実は辛い!!悲しい!!!

だったら、一度、27MSにお越しください。

そして、愛車の996を当社でパワーチェックに掛けてください。

勿論、997最新モデルも問題有りません!!
安全・確実にパワチェックできるのは、日本でも当社だけだと思います。 

 

当社、シャシーダイナモは世界最新モデルのです。
前後のローラーが油圧制御でシンクロ回転しますので、ABSやトラクションコントロールなどの問題もクリア。

ここのところが大きなポイントでもあります。

ダイナパックでは出来ない技術ですな。




こんな風にチューニングを行う時には、各部サンプリングを丁寧に行いながら、進めていきます。

”ウチもデーターできるよ!”なんてお店も他にありますが、やはり設備を整え、安全に正確にチューニングするのが大事。

他人の車に出来合いチューニングデーターを入れて、サーキットで最高速が上がった!なんて喜んでいるのは、ナンセンス。

最高速中のA/Fや点火時期はどうなんですか?→しらねーでは、チューニングになりません。
      __________________

さて、本題。

そこで、以下パワーグラフをご覧ください。

 

 996-3.2Lの測定値。

最初は、240PSにも満たないオリジナルパワー。
それを280-300PSくらいまでに
引き上げます。

なんだ、カタログ値じゃぁねーか?って、・・違いますよ。

最初のパワーを考えてください。 プラス40-50PSのアップですぞ。

これが、ホントのチューニング。
先ず、現状を知る。
そして個別にセッティングをする。

オリジナル300PSをさらに+20PSなんて謳うWEBもありますが、パワーがカタログ値に満たない996ばかりなのに、どこからこんな数値を出すのか??っと不思議でもあります。
深く追求は止めますが・・。

PORSCHEのパワーのばらつきの酷さには、個別セッティングが効果ですな。

先ずは、パワーチェックからどうですか?

お気軽にご相談ください。


デハデハ。


オイル・リモート新製品の予告

2011年04月08日 | Weblog



4月に入り、新年度開始。

チューニング・マーケットも頑張りますぞぃ!!


 

協賛SHOP様にも活躍頂いております。


浜松市のアイスタイリングさんも参加決定!!

ありがとうございます。

格安メンテ用ラジエターNA用(キャップつき)・・破格値です。

詳しくはコチラまで

VPヘッダー&キャタのSALEも4月SALEだよ~ん。
       _____________

 

東北三陸沖にまた地震がありましたね。

・・・中々、収まりがなく心配です。 

 

先日、知人が被災地救援活動から帰って来ましたが、“あんな光景見たら・・簡単に頑張れなって言えないですよ!”・・って。


ホント、そうなんですね、現地は。   


現実は誠に厳しい。
 

でも、やっぱり心から、“頑張ってください!!”って言ってしまいます。

       _____________

  

ハイ、マルハ・ブログの時間です。

 

          ちょっと話がかわりますが。

 午前中の仕事が終わってお昼にする時、手が汚れていて、且つトイレ(小の方ですよ)にも行きたい。

 1)手を洗ってから→トイレ→ポコチン触って→また手洗い。

 2)上手くチンチンを指先でコントロールして→手洗い1回で済ます。

皆さんなら、どっち??

俄然2)の様な気がしません?

自分のチンチンが若干汚れても、他人に見せるわけではありませんし、早くトイレに

行けて解消、手洗いも1回でOK。時間も水も節約。

しかし、ウチのメカ、1)でしょう!って言うんです。

大事な息子が汚れて、嫌じゃぁないですか~。

う~む?? デカくて、ピカピカなのか? 奴のは??

で、俺のは
な感じ??


こうやって何でも悩む事は大事なですんが、ロードスターのオイルカートリッジの交換も同様。

カートリッジを外すと、ダラ~と汚れたオイルが垂れますな~ぁ!

これが、滴り、メンバーやパワステラックの周辺に残る。

で、結果、下回りが汚れるのですが、

オイルブロックをリモート(移動)させて、カートリッジを他に移そうって企画。


どこに? 右フェンダーの内側??


これ、他でもやってんじゃん。

MARUHAは違います。


詳細は、次号を待て 

今日は特別の3D画像。飛び出すよ~ん(ウソ)

ポコチンリモ-トからの発想から生み出した、オイルカートリッジ・リモート企画。

短いポコチンから長~いポコチンに・・・

えっ、もーいいって??

ハイハイ、下ネタで、すみませんね。

オヤジっすから。