僕らはみんな生きている♪

生きているから顔がある。森の葉っぱ、なんちゃって小説みたいなもの…

秋を呼んでくる空

2018年09月11日 | ウォッチング

 

 

 

 

収穫の時が来て、酷暑がやっと去って行く

爽やかな青空に踊る白雲

 

 

反対側の空はこんな感じ

 

 

水色に吹き渡る風の中を

自転車人が走り去っていく

 

 

 

 

煙突も、雲に敬意を払って煙を出すのを止めた

 

 

 

 

んなことはないね

だって雲さんは、また

 

 

 

暴れ出しそうだよ

結局この時は暴れないでいてくれました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

空模様

2018年08月29日 | ウォッチング

 

 

 

怪しげな雲が空を覆うように広がってきた

 

丁度車で移動中だったので、広い場所に向かったのだが…

 

暗雲はそれまでの青空を食い尽くすようにみるみるうちにひろがる

 

 

光が遮られ、わずかのすきまから差し込む

明るい時は何も感じなかったが

光ってまっすぐ進んでいるんだと実感するよね

 

 

反対側の空を見ると

正に今、虹が立ち上がろうとしている(中央)

 

 

ここなら大きな180度の虹が見られるに違いないと思って

待つこと5分

 

 

虹ができるどころか、辺り一帯が黒雲に覆い尽くされ

虹が消えてしまったなぁと思った瞬間

 

激しく降り始めた雨

あっという間に豪雨の中心にいる

強い風も伴って、こりゃ台風みたいだ

バケツをひっくり返したような、滝のような雨だ

 

空のどこにこんなに沢山の水が保存してあるのか

とにかくものすごい量の水だぞ

 

 

20分ほど降り続いた後

雨は緩やかに小粒になり、収まっていく

暗雲の隙間からさっきまであった青空がのぞく様になる

 

 

雲は渦を巻いているようだが

一応、お空のショーはフィナーレを迎えたようだ

 

 

1時間弱の壮大なショーだったなと帰路につく

途中、空が再び真っ暗になり

突然の爆雨!

ヘッドライトをオンにしても、とても走れる状態では無い

車はみんな一斉に徐行

コンビニを見つけると、駐車場に逃げ込んだのでした。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

キノコ雲

2018年08月26日 | ウォッチング

 

 

 

 

!北がアレを発射したのか?

 

 

ふと見上げるとキノコ雲がわきあがっている

ぐんぐんみるみる大きくなって

てっぺんが横に広がっていく

 

きょうも本当にクソ暑い1日だったから

空も爆発したくなったんだね

 

上を向いて歩いて行くうちにも

どんどん大きくなっていくのだ

あの空の下はきっと、激しい雷雨や突風に襲われているのだろう

 

アップで見ると

顔を出したプードルに見えちゃったりして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今日まで秋なのか?

2018年08月19日 | ウォッチング

 

 

 

 

晴れ渡った空

全部、青い

 

 

涼しい風が爽やかです

稲も黄金色に実ってきたし

 

 

もう、このまま秋に突入しちゃおうよ

 

 

 

それがいいと思う人、手~挙げて。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

あ~きよこい、は~やくこい

2018年08月18日 | ウォッチング

 

 

 

こんなに秋を待ち焦がれるなんて生まれて初めてですよ

秋になると、失恋もしてないのに何だかもの淋しくて

どっちかって言うと活気のある夏の方が好きだった

 

今年の夏はもういいや、充分堪能した

クーラーとオサラバしたい

 

でも、そうもいかないんだろうなぁ

 

明日もこんなお天気だったら

電線のない広~い空を見に行こうと思っている…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

大型商業施設

2018年08月08日 | ウォッチング

 

 

 

3年前にできたらしいのだが、一度も行ったことがなかった

隣町のららぽーとに初めて行ってみた

車で30分くらい、こんなに近かったのかと驚く

 

まぁすごくでかい!

当然駐車場も広い、つーか施設の周り中にあって

どこからどうなってるのか分からん(やっぱり帰りに車を探しまくることに…)

 

 

 

3階建ての建物に(田舎のオジサンはあまりオヨビデナイ)ファッション系の店が並んでいる

それでも冷房が程よく効いていて、猛暑を忘れさせてくれるのは嬉しいぞ

 

最近の施設で一番嬉しいのトイレがきれいなこと

一昔前までの、公衆トイレは臭い汚いなんてイメージは全くないよね

案内図まであったりして…

 

男性用にもちゃんとチャイルドシートがある

しかも

 

気配りがすごいね(座った子どもがいたずらしても大丈夫)

 

歩き回るだけで疲れてしまうくらい広いから

また今度歩きに来ようと思ったのでR。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

結局最後は見た目なんだね

2018年08月05日 | ウォッチング

 

 

 

 

オリーブの木の下に虫の糞を見つけて探してみた

 

毎年やってくるこのイモムシ

たぶんスズメガの仲間だろうと思う

 

 

美しい夏色のグリーン

丁度大人の人差し指くらいの大きさ、かなりでかいのだ

もちろん毒も無いし、いつの間にか(犬の糞のような)さなぎになって

地面に転がっていたりする

 

こんなに洗練されたデザインの虫なのに

成虫の蛾はすごく嫌われているよね

格好良すぎるからか、ただ蝶じゃ無い 蛾 だからか

ずいぶんと差別じゃねぇの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

なんて仕打ちだ

2018年08月04日 | ウォッチング

 

 

 

用事帰りの昼下がり

少し遠回りをする

 

道の左右に青々と稲が育つ田舎道が好きだ

 

かなり遠くに煙が上がる

今時分野焼きも籾殻焼きも時節では無いのに

何だろうと思いながら走ると、煙は進行方向に揃ってくる感じだ

 

煙は次第に大きくなり

もうこれは、疑いようも無く火事!

 

田舎道なので大渋滞ほどでは無いが

道の真ん中にポンプ車とパトカーが陣取って交通を遮断している

人手不足なのか、交通整理までしている余裕がない感じで

通行している車はのろのろと迂回路を探って進む

 

側を通り抜けながら見ると

もう全焼だ、、

 

何とも言葉が出ない

ただでさえクソ暑くてどうしていいか分からないほどなのに

この家の人たちは、これからこの夏をどうすればいいの

 

地震も洪水もそうだが、災害が突然やってきてしまった

これも神様の仕業なのだろうか。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

はじめての 

2018年07月25日 | ウォッチング

 

 

 

おつかい が有名な絵本作家

林明子の展覧会に行ってきました

 

この人の絵、本当に大好き!

 

会場はかなり混雑していたが

ベビーカーを押した若い女性がほとんどで

年老いたひと(そうでもないか)も若い人も含めて

男性はほとんどいない

 

出口付近のグッズ売り場もごった返していて

結構なお値段の品々が飛ぶように売れていた

レジも9台並んでいてフル稼働している

 

入場料は前売りで700円と、美術館よりは安いが

グッズ販売でものすごい利益になるのだろう

 

 

話は逸れるが、TOKYO2020の入場料も

マイムの常識からすると、馬鹿高いヨ

グッズも相当だろうね

何だか足下見られてる気がするのはひがみか

 

ミライトワもソメイティも欲しいけど

悲しいかなきっと手が出ない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

変なものと変になっちゃったもの

2018年07月23日 | ウォッチング

 

 

 

 

何じゃこれ!?

 

そう感じたら、それはアート

 

 

機能的で素敵じゃない

 

そう思ってたカプセル住宅は

あの黒川紀章のデザインで一世を風靡したが

立て替え問題やアスベスト問題で変なことになってしまった

 

中はこんな風なのだ

タイプライターとオープンリールデッキのオーディオが

時代を感じさせるね

 

今ぽっつりひっそりと公園に置かれている。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

いすコレクション

2018年07月19日 | ウォッチング

 

 

 

先日行った美術館です

ここにはいつもいろんな椅子があって、

いつでもどれにでも座ることできます

 

みんな個性的で座り心地も素敵なのです

 

 

単品では無いのですが、絵画や彫刻と同じように芸術的だと思います

 

高い背もたれはちゃんとRがついていて、垂直なのに背中が楽です

 

 

 

 

一見普通のどこにでもありそうな…?

 

そう、でかいんです

 

 

屋外の噴水の回りは

どれに座りたいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

信仰とは…②

2018年06月07日 | ウォッチング

 

 

 

建物が見えた!

もう少しでたどり着けるぞ

 

気を取り直して、最後の階段を登る

 

崩れかけた階段が月日の流れを感じさせる

昔からこうやって村人達を受け入れてきたのだろう

 

 

見ると、こぢんまりとしたたたずまいながらも

日光の陽明門のような立派な作り

ど派手な色彩に圧倒される

 

 

隙間からのぞくと中もど派手で美しい

日本独特の わび、さび とは無縁のせかいだ

これはお寺とか神社という概念とは違う

 

いわゆる「お宮」なんだね

以前初めて見て驚かされた →聖天宮 に似ている

 

 

 

 

標高とともに、わざわざ東経・北緯の記された標識は

ここが占いにより建立場所を限定した

スピリチュアルスポットだということを示している

 

村人達は昔から、ことあるごとに幾度となくこの山に登り

祈り、懺悔し、祝い、貧しくとも希望を失わずに生活していたに違いない

 

信仰心をほとんどなくしたオヤジ達は

眼下に広がる町並みを見下ろしながら

涼しいそよ風に身をゆだね

久しぶりの山登りで吹き出した汗が引くのを

じっと待つのであったのでR。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

信仰とは

2018年06月06日 | ウォッチング

 

 

 

無条件に信頼すること

特定の対象を絶対的なものと信じること

なのだ

 

その一つ、とあるお寺に寄ってみた

 

一見普通の本殿だが、よく見ると普通ではないカンジがぷんぷんする

 

キティちゃんだったり、曰くありげな大石だったり

猫に 小判 お賽銭だったり…

 

 

裏に回ってみると

 

入浴するヴィーナスだったり、めっちゃ迫力ある竜吐水だったり…

 

 

うっそうとした木々に覆われた裏山に誘いかける階段は

行き着く先が見えないほど奥が深い

 

とても直登はできそうにないので

迂回路をのんびりと進む(それでも息がきれる)

 

 う~m、何だか深い…

 

いい加減くたびれてきたのだが

時折見える下界の風景と涼やかな風が背中を押してくれる

(人も車も見えないのでムスカも言葉がないのだ)

 

 

 

そして、その先にあったものは、、

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

遠 近…②

2018年06月05日 | ウォッチング

 

 

 

 

いよいよ参拝です

 

参道の途中にあった小さなお地蔵様にも、お賽銭好きなやさしい日本人

みんなたいしてお金持ちじゃ無いのに…

願わくば坊さんの小遣いではなく、必要な人に届けて欲しい

 

 

礼儀をわきまえる友人は

きちんと作法に則って手水を使います

って、あれ? 何か変じゃね?

 

! ノータッチ自動手水蛇口なのだ

やっぱできたての大仏様は近代的なのだ

 

んじゃいくよ

 

やっぱりでかい

 

 

微笑を浮かべるそのお顔は

 

モナリザ か はたまた 高木ブーか…

仏像界のニューカマー、噂に違わずイケメンなのである

 

お水をかけて手を合わせます

(昔マイムが通った幼稚園はお寺の幼稚園だったので

甘茶をかける行事がありました)

 

 

さっきより一段と高い場所からの眺め

登頂した者のみが味わえる開放感です

 

わ~っはっはっは、見ろ、車がアリのようだ(byムスカ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

遠 近

2018年06月04日 | ウォッチング

 

 

 

遠くの物はよく見えるのに、近くの物が見えにくい

遠くの物は小さく見えるから、近くに寄らないと見えにくいのだ

それでも人間の目はうまくできていて

遠くにあっても大きい物は大きく見えるのだ

 

できたての大仏様を友人達と見に行った

まだ整備されていない駐車場に車を止めると、伐採された山肌の向こうに

期待を裏切らず姿を見せてくれる

 

山の上っぽいぞ

ちょっと大変そうだけど側まで行かなくっちゃね

鹿野とかいて「ろくや」と読むのだそうだ

この参道はまだ行政の許可が下りていないとかで、通れません

「このはしわたるべからず」って立て看板に書いておけば面白かったのになぁ

 

とりあえずこっちが現在の参道になりますが…

参道というより山道の様子なりよ

竹の杖を貸してくれるお年寄りにはありがたいね

これは参拝用であってチャンバラ用ではないことを子どもにはよ~く言い聞かせておこう

 

いい感じの杉林

まっすぐに伸びたそれは凜として清々しい気持ちにさせてくれる

あと100年くらいしたら熊野古道みたいになるかしら

それもいいけどこれってみんな杉だぜ

花粉とかはどうなるのさ…

 

そんなことを話ながら、ぶらぶら登っていきます

山道の前は頭だけだった大仏様も

やがてその(できたての)美しい姿を見せ始めます

 

折り返し点の見晴らしはとっても気持ちがいい

わっはっはっはっ、ほら人がアリのようだ(byムスカ)

 

もう一息ですぜ

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)