僕らはみんな生きている♪

生きているから顔がある。森の葉っぱ、なんちゃって小説みたいなもの…

HR…③

2009年06月30日 | その辺の木や花です
今日はみんなに謝らなければならないことがあるの

ううん、ケンカなんかしないわ

いいえ、意地悪もしてないと思う

借りたものはちゃんと返したわよ



ごめんなさい、嘘 言ったの



頑張れば何でもできるって言ったこと

自分のことが ちゃぁんと分かる人は

きっと望みが叶うんだって言ったこと


もう何年も頑張って頑張って

ずっとずっと望んでいたんだけど

まだ、思いは届かない人のことをお話しするわね



その人はボクサー










紫陽花たちが応援してくれる

でもあなたにボクは映っていない

ボクにはあなたしか見えない















コメント (2)

みどり組のHR…②

2009年06月29日 | その辺の木や花です
すけちゃんより早くできる人って誰かな?

みんな偉いのね

自分のことがちゃぁんと分かる人は

きっと立派な人になるわね

みんなのお父さんやお母さんみたいにね



ボクのお父さんって立派じゃないよ

あらどうして?

だってお母さんがそう言ってたもん

あたしのお母さんだって立派じゃない

そぅどうして?

だってお父さんがいつも言ってるから

ぼくんちだって…
うちだって…


そんなこと競争しないの!



ジレがお留守番してるとね
決まってシロモンが現れるの
シロモンってゆーのはあっちこってで蜜を吸ってる浮気者で有名な奴

でもジレにはいつも優しかった

いきなり吸ったりもしないで
お話しだけして帰っちゃったりもしたの
ジレは何度もそれで救われた気がしたわ

ある時ジレが「私ってこうゆう風に生まれたからそれでいいの」って言った時
シロモンが「ばか!」って言って急に吸い付いてきたの


今まで言わなかったけど、君の蜜が一番甘いんだ、君はそれを知らないだろう、自分で自分の蜜を吸ったことがないから、ボクがネレの蜜を吸った時、ネレは言ったんだ


あたしはジレの蜜を知ってる、妹だもの、あの子がまだ赤ちゃんの頃あたしのお膝でよくよだれを垂らしながら眠ったわ、ジレは素敵に甘い蜜を持ってるの、私にはとてもかなわないすばらしい甘さよ

あたしは嬉しかった、妹として誇りに思ったわ、いつかあの子は自分の魅力に気がつく時が来る、その時あたしはすごく悔しく思うに違いない、そんな自分が嫌だし、ジレを憎く思ったりしたらもっと嫌

だからあたしは武道に励んだの、絶対に負けないものを今の内に作っておこう、そう決めてね、何かひとつ自信が持てたら、ずっとずっと姉妹でいられるから、ジレがあたしの妹でいてくれるから、そう思ったの


ネレはボクにそう言ったよ









コメント

みどり組のHR

2009年06月28日 | その辺の木や花です
みんな、落ち着いてね そう静かにするの

最初に静かに出来る人は偉いと思うわ

自分のことが、ちゃぁんと分かる人だから。


今日は自分のことが、ちゃぁんと分かる人のお話をするわね。






はーい、静かにします
いつだってボクできるよ
先生がそうして欲しいってゆうときは
いつでも最初にするんだ

すけちゃんって嘘つきだね
静かにするの今日だけじゃん
いっつもうるさいじゃん
いっちばんうるさいと思うけど




むかしむかし ねじれ山の麓に ネレとジレという姉妹がいたの
妹のジレは姉のネレのようにうまくねじれないのを恥ずかしく思っていた
何をやってもネレは上手でしかも美人だったんだって

ネレがお城の武道大会に行く時はいつも家でお留守番だったわ
ジレは床を磨いたりかまどの灰を掻き出したりして
姉が帰ってくるのを待っていたの

辛いことは他にもいっぱいあった
両親もネレのことは心配するけど
ジレが熱を出して食欲をなくした時なんか
「あっそうなの」
としか言ってくれなかった

あたしはきれいじゃないから
愛してもらえなくても仕方がないんだって
子ども心にそう思っていたの





ある時ねジレが

あっ先生チャイムなってる

そうね

お昼だよ

え? ん?

じゃおしまい。      ったく…







コメント

横 顔 (6月の健康診断もかねて)

2009年06月27日 | その辺の木や花です
きき、今日は、おと、お当番な、なので
ぼ、ぼ、ボクが、はっぷ、はっぷ、はっぷ、発表しま、んます。

  そう、よく言えたわ
  偉いわよ、頑張ったね。

トメちゃんの家は今どき珍しい7人兄弟です。お父さんもお母さんも宗教上の理由からか避妊をしないので今8人目を身ごもっています。お友達のお母さん達は「兄弟が多くてたのしいわねぇ~」などと言っていますが、陰では「他にすること無いのかしら、でも給付金いっぱいもらえていいわねぇ」ってちょっとひがんでいます。





なになになにない、発表って?







もこもこツンツンだろもこもこツンツン?







それ、よく分かんないよ。それよりバナナダイエットだよね?








きちんと言ってよきちんと、ズバッとね!








じゃぁ思いきって言います。
「ボク、陽花ちゃんが好きです。ずっとずっと好きでした♪」








え、え~、  ぽぅ~♪


















コメント

腰 痛

2009年06月25日 | 何でも掲示板
魔女の一撃


   痛!


歩けない…


   そうも言ってられないだろ


整形外科  接骨院  整骨院  謎の整体師  あんま  エステマッサージ

何でもいいから何とかしてチョー




てわけで低周波マシン購入

これがスゴイ

昔のピクピクマシンとは全然違う

いろんな刺激がプログラムされてて

単調にならずに楽しめる

特にこれはedionオリジナルの商品で

いろいろパワーアップされているのだ

価格comの口コミを参考に選んでみたが

正解だった!



刺激が欲しい方におすすめの逸品なり。。。







コメント (2)

「パトスとエロス」 その家の弓

2009年06月22日 | ケータイ小説「パトスと…」
開け放した玄関が垣根続きの門から見えた。

小さな平屋の家で、薄暗い室内に何年も使い込まれた廊下が黒く光っている。
のぞき込んで妖しい奴と誤解されてはいけないと思いながらも立ち止まってしまった。そこに懐かしいものを発見したからだ。

それは弓だ。

洋弓に対して和弓と呼ばれることもあるが、2メートルほどのそれが弦を張った状態で立てかけてあった。そばに「ゆがけ」と呼ばれるグローブ状の指手袋もある。
通常弓は弦を外して保管する。弦が張ってあるということは今使う事を意味している。

改めて狭い庭を見ると、巻藁もあったことに驚く。
巻藁は弓の練習用に藁を俵のように堅く巻いたもので、直前で射る羽のない専用の矢を受け止めるものだ。

辰雄は弓道部だった高校時代を思い出し、弓の持ち主が現れるのを待った。


バタバタと廊下を走る音が聞こえ、奥の暗闇からスリップ姿の老女が何事かを叫びながら走り出てきた。






弓がけ(かけ)











コメント (1)

「パトスとエロス」 路 地

2009年06月21日 | ケータイ小説「パトスと…」
このまま会社に帰ってもつまらない。

思案に暮れる辰雄の前をリサイクル回収車がパソコン、ラジカセ、CDラジカセ、エアコン何でも無料で引き取ると大音量で告げながら通り過ぎた。

ラジカセとCDラジカセをわざわざ言い換える意味があるのか。

スピーカーは若い女性の声をはき出していたが、壊れたコタツをひとつ乗せた軽トラックをくわえ煙草で運転していたのは50を超えたであろうひげ面の男だった。


うまくいかない日もあるさ。

軽トラックを見送った後、辰雄は気持ちを切り替えようと少しの間このまま迷子でいようと決め細い路地に入った。

高層ビルが建ち並ぶ都会でもひとつ裏通りへ入るとまだまだ昭和の匂いが残っている。
近代的なオートロックのマンションの隣に取り残されたように残る一軒家。
狭い庭の濡れ縁に木製のサンダルが脱ぎ捨ててあったり、○○水産と書いてある発泡スチロールの箱で枝豆が栽培されていたり、三毛猫がにゃぁと鳴いてのっそりと起き上がったりした。

家族はみんな勤めに出ているのか、平日のこの時間は人の気配がしない。
寝たきりの年寄りが定期的に訪れるヘルパーを頼りに一人で留守番をしているのかも知れないな、などと思いながら歩く。











コメント

森の子ども達

2009年06月20日 | いろいろな顔たち
今日はよぅ、オラが森のみんなを紹介するよ

みんなまーだ小学校前なんだ

まぁ元気だけんど、頭の方はからっきしだな…




ぱー君のパパは一流上場食品会社に勤めています。いつも帰りは午前様です。仕事のつきあいだと言っていますが、携帯のメールに妖しい着信があったりします。いつもブランドものの服を着て、ヴァイオリンも習っています。




そんなぱー君と一番仲良しなのが、のり君です。彼の家はほか弁屋さんです。日曜のお昼時と夕方は少しだけ忙しいので1人でテレビを見たりお風呂に入ったりします。男ばかり4人兄弟の末っ子で甘えん坊ですが、お兄ちゃん達にはいっつも虐められています。





そんなのり君をいつもかばってくれるのが、ほぅ君です。ホゥ君のお父さんは大学教授です。ご飯の時に保育園の出来事を話したりすると、決まって「ほぅ。ほぅ。」とふくろうのようにうなずいてくれます。ちょっと老け顔はお父さん似です。





そんなほぅ君のお母さんがパートで手伝っているスナック「ふれんど」のママの連れ子が、ぎざちゃんです。ぎざちゃんは物まねが得意でチビッコ物まねでテレビに出たこともあります。「ゆーよねーっ」ってゆーのが口癖です。





そんなみんなが通う保育園の園長先生は独身ですが、誰も過去を知りません。佐伯何とかさんを崇拝していて、アンチエイジングなお顔にいつもきれいな赤い唇をしています。「おほほほ、さいですわねぇ」などと上品に笑いますが、それが嫌で辞めていった先生が何人もいます。













コメント (2)

不機嫌な白ジャビット

2009年06月18日 | いろいろな顔たち
んだよぅ、西武なんかメじゃないよ

全くさぁ、秋山楽天?ふ~んだ

愛だよ愛、


つまり、いわゆるベースボール・ラヴですか?

そうゆうものを感じて

スパーンとどうでしょうか

ぐいぃ~っとかみしめてですね

いわゆるひとつの51ですか?

ナイスな感じでメジャーですね

シンプルでプレーンな

ホワイトラヴなんですね


って、ノットアンダースタンドですか?


















コメント

「パトスとエロス」 缶コーヒー

2009年06月17日 | お知らせ
少し歩くと高速道路があった。
その下をくぐるとすぐに目的のビルがあるはずだ。そう思って歩き続けた。

まだ時間的には余裕があることに安心して自販機の缶コーヒーを飲んだ。
最近マイブームになっているシナモンコーヒー缶が目についたからだ。


目的地が見つからず、別の高速道路が交差していることに気付いたのはそれからまもなくのことだった。

通り沿いの公園前に立っていた地図を見た時ふと感じた違和感、間違いに気づいた。
急いで戻っても約束の時間には間に合わない。


小学校の遠足の時、自分だけ水筒を忘れた事に気がつきバスの中で気分が悪くなった事をなぜか思い出した。

先方に電話を入れると、それなら後日にしてくれと言われ何度も謝ったがその通りにせざるをえなかった。


仕方なくとぼとぼと戻る道、シナモンコーヒーの自販機が再び辰雄を誘っていた。


















コメント

植物って不思議

2009年06月15日 | その辺の木や花です
ルピナスの種がとれました。

枝豆のようなさやに入っています。



見て下さい。

どのさやにもこうやって

左右に分かれてくっついているのです。

なぜ?



そうゆうふうに出来ているから

そうゆうDNAだから。







コメント

他の店は大丈夫か?

2009年06月14日 | ウォッチング
某定食屋「大○屋」での出来事です(かなり前です)


手頃な値段でしっかり飯が食えるので
好きなお店でした。

食事の後のプチアイスは
安くてうまいです。
数年前にあったゆずシャーベットのハチミツがけは
120円ですばらしく美味しかった。

今回ご紹介するこのアイスは画像の通りの姿で
どうぞと言って女の子が運んできました。

この状態で出てきたのですよ
いいんですか?それで…
本当に何も感じないんですか?
いいんですね…


じゃぁみんなにお知らせします

溶けちゃってます!


アイスは溶けちゃったアイスとはいいません。
お腹に入っちゃえば同じ           じゃないよ!

大人しそうな客だし
出しちゃえば分かんないだろ
って、その考え方がお店の寿命を縮めます。

かわいそうな「大○屋」
この名の店はあっちこっちにありますが
マイムにこれを出した南池袋店は
例に漏れず、つぶれてしまったのは
言うまでもありません。











コメント (2)

「パトスとエロス」 迷子?

2009年06月13日 | ケータイ小説「パトスと…」
都会ではいつでも迷子になることができる。

地図は頭に入っているはずなのにいつの間にか方向の感覚が90度ずれていたりするといつまでたっても修正ができずますます未知の世界へ踏み込んで行ってしまう。

約束の時間にはまだ早かったこともあり、辰雄はふと目に止まった紫陽花の美しさに誘われてビルの地下ショッピング街に入った。
道に面したショーウインドウにはアンティークな家具とステンドグラスのテーブルライトに浮き出たようなブルーの紫陽花が道行く人の目を楽しませていた。


5-6分時間をつぶせそうだ、と思ったのだったがあちこち見て回って気がつくと30分ほど過ぎていた。
慌ててさっき降りてきた階段を探したがとりあえず近くのエスカレーターに乗って地上に戻った。

その時に方向を勘違いしたのだろう。










コメント (2)

知らない人が多すぎる

2009年06月11日 | 何でも掲示板
何度も載せましたが

本当にみんなに知って欲しい

警察の嘘つきに負けるな ← クリック

このサイトの左側

「白バイ事件のシリーズ」を

一番下から見て欲しい(それぞれのビデオマークをクリックすると見られます)












コメント

怖い話

2009年06月09日 | ウォッチング
心臓の弱い方は見ないで下さい









本当ですよ







夢に出てきても責任は負えませんからね














木の洞に近寄ってはいけません
戻れなくなります
蕎麦に夜と
じゃなくて
側に寄ると
聞こえてくるのです
何がって、声ですよ声




ほら、
木の洞から…



次は止めといた方がいいですよ
特に
今が夜なら
危ないです
ということは
危険だということです







ぼこぼこにされます







もう止めときましょうね




次は本当に




怖いよ




怖いんだってば








み た な~





ほらね

まだあるけど

もうやめときなね

この次が一番怖ぇ~からね

本当にあった話なんだよ

そうゆうのが一番怖いんだからね









ホスト風のいい男が













ぎゃぁぁぁぁ



















これも見ようによっては

こ わ い ?







END















コメント (2)